春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ: 映画・DVD・映像・アニメーション



推しがこういうのやってくれるとファンとしてはうれしいよね。



セブンイレブンで発券しなくてはいけないというのが正直どうかと思ったけど、
何とか視聴。

選曲は、今の時世と季節に合っていたが、もっと歌を入れてほしかったな。
インタビュー中心だった。
まぁ、独立後の感想を聞けて良かったけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長時間すぎて、本気度が伝わる番組でした。
ただ全作品、褒めすぎてそれはないだろと思ったりも。
全作品やったわけではないけど、それぞれ発売当初いろいろ言われていた記憶があります。

FF1・2
ここは本当やっていなくて分かりません。

FF3
もうFF6やFF7が出ていた頃、誰かに貸してもらって少しやったことがあるくらいです。
氷の世界があったような気がするのですが……。
ちなみに今、数年前に購入していたiOS版をやり始めています。

FF4・5
4は全く分かりません。
5は、何か携帯ゲーム機で少しやったような気がするのですが、あまり覚えていません。

FF6
これも名作だと思うのですが、きちんとはやっていない。
一生懸命やってる人のを見ていた記憶はあります。
これはいつかiOS版でやりたいですね。

FF7
相当やりました。CGがすごく感動しました。今、見ると大したことないのですが、
多感な中学生の時期に見たティファには終始興奮しました。

FF8
FF7がヒットし過ぎたせいか、当時不評だったような気がするのです。
BGMとか好きでしたが、キャラクターの顔が潰れてるというか。
魔法を吸い取って自分のものにするシステムも、は?って感じだったような。
結局、ラストが難しくてエンディングまでいけなかった記憶があります。

FF9
8の不評を受けて原点回帰をした作品だと思っています。
これだよ、これ。これを待っていたんだよという空気があったと思うのですが、どうなんでしょう。

FF10
もう一度、FF8のようなリアルな人物描写にチャレンジした作品だと思っていて、
それがプレステ2によって成功した作品かと。
始め、声が付いているのは違和感や気恥ずかしさもありましたが次第にストーリーにのめり込んでいけるようになりました。

FF11・12・13
ぼくのFF認識は10くらいまでですかね。
12は、なんか戦闘時に線が出ててよく分からん。
13は少しやった程度です。
ただ、13に関してはサントラをかなり聴き込んでいて、
なんでランキングに、
FINAL FANTASY XIII プレリュード


FINAL FANTASY XIII 〜誓い〜


この2曲がどこにもないのは不満でした。
植松伸夫じゃないから?
いや、浜渦正志もレベル高いですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

第1局:先手・菅井竜也 五段 vs 後手・習甦(3月15日)


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

第2局:後手・佐藤紳哉 六段 vs 先手・やねうら王(3月22日)


第3局:先手・豊島将之 七段 vs 後手・YSS(3月29日)


第4局:後手・森下卓 九段 vs 先手・ツツカナ(4月5日)


第5局:先手・屋敷伸之 九段 vs 後手・ponanza(4月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



※若干のネタバレ含みます。

アニメのシーズン1と2を観ていたので、あわよくば劇場版も観に行こうかと思っていました。
どうしても観たいというわけでもなかったので、どちらでも良かったのですが行けちゃいました。



僕がこのアニメの好きなところは、作品作りに対してのそれぞれのキャラクターの姿勢や振る舞いだったりします。
よって、恋愛関係がモロに出てしまうのは、なんだ。結局そうなのかと少し興ざめしてしまいました。

アニメ版ではそういうのは出そうで出してなかったので、あえてそういう恋愛関係じゃないのよという体にしているのかと思ってたのですが。

そりゃ、加藤恵は好きですよ。冴えない嫁感、最高と思ってしまいます。
それに、フィギュア欲しいと思ってるくらいですから。



でもね…。あぁ、そっちルートなんですね。と思ってしまいました。
ヘルパーさんが、「全く前情報無く観た身としては、これは「君の名は。」とかと違って一部受けするやつですね」と、なかなか的を射たことを言ってました。

こういう一部の人しか知らない作品を観たとき、すごくモヤモヤするので、
レビューをネット検索するのですが、
サクラなんじゃないかと思うほど、絶賛のコメばかりで、
僕の見方が間違っているのかと、さらにモヤモヤしてしまいました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロボット開発者・吉藤オリィが生み出した不思議なロボット「オリヒメ」。人と人とをつなぐ"分身ロボット"だ。病気で学校に行けない孤独な子どもがベッドの上からオリヒメを使い授業を受けたり友達と話したりできる。吉藤はさらに自由に動き回れる「新型オリヒメ」を作り始めた。それは交通事故で寝たきり生活を送る親友の願いに応えるため。その願いとは『いつか自由に動いて働きたい』密着2年、孤独の解消に挑む男を追った。【制作:日本テレビ】
http://www.ntv.co.jp/document/backnumber/archive/post-103.html




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

68349241_1502963426512363_3174699564456214528_o


68867686_2541143002616267_1593623043672899584_n

映画上映会・大西監督トーク&ディスカッション・写真展
日時:令和元年8月24日(土)13:30‐16:30
開場:13:00〜
場所:東浦町文化センター
入場料:1,000円(障がい者手帳所持で500円)

主催:訪問看護ステーション和来




利用している訪看主催の上映会でした。
利用者は、招待券を頂けました。介助者分も頂けました。

ドキュメンタリー映画ということは聞いていましたが、
ざっくりしたあらすじを聞いた程度。

精神病棟に入院している人が沖縄へ旅行するドタバタ劇かと思いきや、
そこは主題ではありませんでした。
長期入院している人の暮らし、精神科病棟、地域移行そういったことが知れる映画でした。

監督が写真家なので動画はあまり慣れていないということと、
映画としての質はいまいちかもしれませんが、資料的な価値は十二分にある映画でした。

益田敏子さんが一旦は沖縄行きは嫌がっていたのに、どういう経緯で行けたのか、
患者の周りの支援者たちほとんど出てくるのに、主治医の許可が下りなかった患者について、
ドクター側が一切出てこなかったのは、謎と疑問が残る点でした。

上映会後の監督のトークショーが、映画の解説のようになっていました。
患者の恋人として出てくる、はるみさんは外来で逆ナンパされたとのことでしたが、
この「外来」は、病院の外来という意味ではなく、「外から来た人」という特殊用語だそうです。
はるみさんは、精神障害者というわけでもないとか。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

映画『天気の子』公式サイト
https://www.tenkinoko.com/


イオンシネマ大高で、始め車いす席の電話予約は出来ないと言われましたが、
前の実績があったのでもう一度今度はメールしたところ出来ました。
車いす席は空いてるだろうけど、介助者席を確保しておかないとパイプ席でいいと言っても断られるので。
結局、満席だったので予約できて正解でした。

さて、ネタバレあり感想としては、「君の名は。」より分かりやすいストーリーで良かったとぼくは思いました。
予告編を見て似てるのかなと思っていましたが、似て非なるものでした。

「君の名は。」が田舎だとしたら、
「天気の子」は都会。

その都会の中に、実在する企業の商品や広告がはっきりたくさん流れていたのは少し気になりましたが。
映画内CMというのか…。
ちなみに、ソフトバンクのお父さん犬を探すのを忘れてました。

雨の描き方としては、「言の葉の庭」の方がきれいだったような気がするのは気のせいでしょうか。

キャストについては、ぼくは問題ないように思いました。

映画『天気の子』製作報告会見で新海誠氏が本田翼に皮肉か 「前代未聞」とファン騒然|ニフティニュース
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-331170/


監督とどうズレがあったのか分かりませんでした。気にはなりますが。
須賀圭介(小栗旬)と高井(梶裕貴)も良かったです。

ただ、拳銃とか普通に出てきたり、線路を走ってるのには少し驚きました。
あんまりコンプライアンスにビビりすぎるのも良くないと思う昨今ですが、ちょっとした性的な描写にしても子どもに見せるのはどうだろうと少し思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年3月23日
第1局 阿部光瑠四段 vs 習甦


2013年3月30日
第2局 佐藤慎一四段 vs ponanza


2013年4月6日
第3局 船江恒平五段 vs ツツカナ


2013年4月13日
第4局 塚田泰明九段 vs Puella α


2013年4月20日
第5局 三浦弘行八段 vs GPS将棋


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2013年8月31日
将棋 電王戦タッグマッチ 完全生中継


2013年12月31日
電王戦リベンジマッチ 船江恒平五段 vs ツツカナ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月11日
人類VSコンピュータ! 世紀の将棋対局〜清水市代女流王将vs.あから2010〜
https://live.nicovideo.jp/watch/lv28720698
※実際の対局中継動画は見つかりませんでした。
棋譜動画】 【大盤解説会

2012年1月14日
『プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦 米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ』
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

酒井ひとみ


嶋守恵之+前田あゆみ


川口美怜


岡部宏生


他にもあったような気もするのですが、記録し損ないました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

渡辺一史+立岩真也
http://www.arsvi.com/ts/20190601.htm

【第一部】2019.6.1筋ジスの自立生活とは〜筋ジス病棟から自立生活へ〜
https://www.youtube.com/watch?v=6LPOY0mdC3M&feature=youtu.be&t=239
古込和宏氏の手記

【第二部】
https://youtu.be/j1gikdujOOA?t=605
以前、ある投稿で鹿野さんと直接メールのやりとりをしたことのある方が、
ボランティア集めについて、教会が大きく関わっていたという話を鹿野さん自身から聞いたとあったが、公に出てこないということは偽情報なのだろうか。
それを聞いてとても納得したのだが。

【第三部】
https://youtu.be/wNayI4LL62Y?t=510



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



B-Search NEWS No.1379 2019/03/08号に掲載された文章です。
登録は、こちらから→文芸Webサーチ : 公式メルマガ


ずっと体調不良で自宅軟禁状態でしたが、予定も立てていたため、1ヶ月半ぶりくらいに外出してきました。
名古屋で最後の新海誠展だそうです。ぼくと新海誠作品の関係については、以下に書いてあります。



結構、展示イベントに行くのが好きなので、これまでにもさまざまな人の展示を観てきました。
今回あらためて思ったのは、ぼくは絵コンテや設計図などを見るのがあまり好きではないということでした。
元も子もないですが、完成前の作品物って興味がないなと思いました。
完成前に苦悩する作家の姿を見るのは好きです。
作品は、きちんと完成された物を見るに限ると思いました。
まぁ、展示イベントはそれだけではないので、新海誠作品に共通しているテーマは、「喪失」
今さらながら、なるほど。と納得しました。
作品ごとに予告編を流しているモニターがあって、人が群がっていたのですが、
いやいや、これ観たことあるし、DVDかYouTubeで見ればいいでしょ。と思いつつ軽くスルー。
それでも最後のオリジナルに編集されたクロージングムービーは、あぁぁと声が出そうになりました。

ところで、「言の葉の庭」のBlu-rayをある人に貸しているのですが、1年以上返ってきません。
これは、借りパクされたのでしょうか。



d50b1e1e.png
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」-NHKオンライン2019年2月6日(水)[BSプレミアム]午後9時〜放送予定。湧き水が豊富な「水の都」の長崎県島原市を舞台に、名物「かんざらし」の名店「銀流」をリニューアルオープンする物語です。 https://www.nhk.or.jp/kanzarashi/

長濱ねるちゃんしか見ていなかった。
「かんざらし」食べてみたい。味の想像が全くつかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

fa1a4068.png

ドラマL『深夜のダメ恋図鑑』|朝日放送テレビ

馬場ふみかと佐野ひなこが出るとなりゃ、観る以外の選択肢がありませんでした。
こんな男いるのかなぁというのが本音。
この3人で水着回かグラビアやってほしかったな。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

丸く見える立体が四角だった!坂道をボールが自ら上る!今見えていることって本当のこと?それとも…?私たち人間のクセでもあり能力ともいえる“錯視”の正体とは?
http://www4.nhk.or.jp/heureka/x/2018-12-12/31/16509/1426011/


錯視が起こるのは自然なことなので、
錯視が錯視に見えない人は日常生活において何らかの困難が生じているだろうとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ