春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ:映画・DVD・映像・アニメーション > テレビ番組・ドラマ・動画



推しがこういうのやってくれるとファンとしてはうれしいよね。



セブンイレブンで発券しなくてはいけないというのが正直どうかと思ったけど、
何とか視聴。

選曲は、今の時世と季節に合っていたが、もっと歌を入れてほしかったな。
インタビュー中心だった。
まぁ、独立後の感想を聞けて良かったけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長時間すぎて、本気度が伝わる番組でした。
ただ全作品、褒めすぎてそれはないだろと思ったりも。
全作品やったわけではないけど、それぞれ発売当初いろいろ言われていた記憶があります。

FF1・2
ここは本当やっていなくて分かりません。

FF3
もうFF6やFF7が出ていた頃、誰かに貸してもらって少しやったことがあるくらいです。
氷の世界があったような気がするのですが……。
ちなみに今、数年前に購入していたiOS版をやり始めています。

FF4・5
4は全く分かりません。
5は、何か携帯ゲーム機で少しやったような気がするのですが、あまり覚えていません。

FF6
これも名作だと思うのですが、きちんとはやっていない。
一生懸命やってる人のを見ていた記憶はあります。
これはいつかiOS版でやりたいですね。

FF7
相当やりました。CGがすごく感動しました。今、見ると大したことないのですが、
多感な中学生の時期に見たティファには終始興奮しました。

FF8
FF7がヒットし過ぎたせいか、当時不評だったような気がするのです。
BGMとか好きでしたが、キャラクターの顔が潰れてるというか。
魔法を吸い取って自分のものにするシステムも、は?って感じだったような。
結局、ラストが難しくてエンディングまでいけなかった記憶があります。

FF9
8の不評を受けて原点回帰をした作品だと思っています。
これだよ、これ。これを待っていたんだよという空気があったと思うのですが、どうなんでしょう。

FF10
もう一度、FF8のようなリアルな人物描写にチャレンジした作品だと思っていて、
それがプレステ2によって成功した作品かと。
始め、声が付いているのは違和感や気恥ずかしさもありましたが次第にストーリーにのめり込んでいけるようになりました。

FF11・12・13
ぼくのFF認識は10くらいまでですかね。
12は、なんか戦闘時に線が出ててよく分からん。
13は少しやった程度です。
ただ、13に関してはサントラをかなり聴き込んでいて、
なんでランキングに、
FINAL FANTASY XIII プレリュード


FINAL FANTASY XIII 〜誓い〜


この2曲がどこにもないのは不満でした。
植松伸夫じゃないから?
いや、浜渦正志もレベル高いですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

第1局:先手・菅井竜也 五段 vs 後手・習甦(3月15日)


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

第2局:後手・佐藤紳哉 六段 vs 先手・やねうら王(3月22日)


第3局:先手・豊島将之 七段 vs 後手・YSS(3月29日)


第4局:後手・森下卓 九段 vs 先手・ツツカナ(4月5日)


第5局:先手・屋敷伸之 九段 vs 後手・ponanza(4月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロボット開発者・吉藤オリィが生み出した不思議なロボット「オリヒメ」。人と人とをつなぐ"分身ロボット"だ。病気で学校に行けない孤独な子どもがベッドの上からオリヒメを使い授業を受けたり友達と話したりできる。吉藤はさらに自由に動き回れる「新型オリヒメ」を作り始めた。それは交通事故で寝たきり生活を送る親友の願いに応えるため。その願いとは『いつか自由に動いて働きたい』密着2年、孤独の解消に挑む男を追った。【制作:日本テレビ】
http://www.ntv.co.jp/document/backnumber/archive/post-103.html




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年3月23日
第1局 阿部光瑠四段 vs 習甦


2013年3月30日
第2局 佐藤慎一四段 vs ponanza


2013年4月6日
第3局 船江恒平五段 vs ツツカナ


2013年4月13日
第4局 塚田泰明九段 vs Puella α


2013年4月20日
第5局 三浦弘行八段 vs GPS将棋


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2013年8月31日
将棋 電王戦タッグマッチ 完全生中継


2013年12月31日
電王戦リベンジマッチ 船江恒平五段 vs ツツカナ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月11日
人類VSコンピュータ! 世紀の将棋対局〜清水市代女流王将vs.あから2010〜
https://live.nicovideo.jp/watch/lv28720698
※実際の対局中継動画は見つかりませんでした。
棋譜動画】 【大盤解説会

2012年1月14日
『プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦 米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ』
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

酒井ひとみ


嶋守恵之+前田あゆみ


川口美怜


岡部宏生


他にもあったような気もするのですが、記録し損ないました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

渡辺一史+立岩真也
http://www.arsvi.com/ts/20190601.htm

【第一部】2019.6.1筋ジスの自立生活とは〜筋ジス病棟から自立生活へ〜
https://www.youtube.com/watch?v=6LPOY0mdC3M&feature=youtu.be&t=239
古込和宏氏の手記

【第二部】
https://youtu.be/j1gikdujOOA?t=605
以前、ある投稿で鹿野さんと直接メールのやりとりをしたことのある方が、
ボランティア集めについて、教会が大きく関わっていたという話を鹿野さん自身から聞いたとあったが、公に出てこないということは偽情報なのだろうか。
それを聞いてとても納得したのだが。

【第三部】
https://youtu.be/wNayI4LL62Y?t=510



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」-NHKオンライン2019年2月6日(水)[BSプレミアム]午後9時〜放送予定。湧き水が豊富な「水の都」の長崎県島原市を舞台に、名物「かんざらし」の名店「銀流」をリニューアルオープンする物語です。 https://www.nhk.or.jp/kanzarashi/

長濱ねるちゃんしか見ていなかった。
「かんざらし」食べてみたい。味の想像が全くつかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

fa1a4068.png

ドラマL『深夜のダメ恋図鑑』|朝日放送テレビ

馬場ふみかと佐野ひなこが出るとなりゃ、観る以外の選択肢がありませんでした。
こんな男いるのかなぁというのが本音。
この3人で水着回かグラビアやってほしかったな。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

丸く見える立体が四角だった!坂道をボールが自ら上る!今見えていることって本当のこと?それとも…?私たち人間のクセでもあり能力ともいえる“錯視”の正体とは?
http://www4.nhk.or.jp/heureka/x/2018-12-12/31/16509/1426011/


錯視が起こるのは自然なことなので、
錯視が錯視に見えない人は日常生活において何らかの困難が生じているだろうとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ff2f29b3.jpg
24fd9d35.jpg
915a9faf.jpg


録画して、1〜2週遅れで観ています。ただ、家の人が観ているのとSNSからの情報で衝撃的な展開になるとネタバレしてしまいます。
この叫び。何もないってことはないと思いますが、痛いくらい分かります。
そもそもハガキの「結婚報告」って何なんでしょう。という思いがずっとあります。
年賀状で行われるのが通常ですが、そういったものを何通か受け取ったことがありますが、受け取って気分が良くなったことは一度もありません。
これからもそういう場面に遭遇するんだなと思うと少し憂鬱です。
それはともかく、半分、青い。ですが、
タイトルの意味にもなっている、片方の耳が聞こえないというところは、大して物語のキーには今のところなっていないように思われます。
むしろ、ぼくが気になっているのは鈴愛(永野芽郁)がいつも着ているボーダー柄の服は、発達障害のボーダーを意味しているんじゃないかと思ってしまうところは、考えすぎでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Zoffの新しいメガネのせいか断定はできないので、うかつなことは書けないが、目が赤くなって目薬するけど、またすぐに赤くなる。涙も多め。前からときどきこういうことはあったけど、少しひどい。前のメガネに戻して様子見ることにする。
レンズは、+7000円のものを選んだのだけれど、こんなことってあるのだろうか。検索したけど特に出てこなかった。
ニコニコのプレミアム会員になってから、将棋中継をほぼ観ている。もちろん全時間は観れないけど。
てか、全時間観れる人ってニートだろ。
最近、昔のものも見れないかなと思って検索していたら、第1回将棋電王戦から観れることに気がついた。しばらくはこれで楽しめる。

live.nicovideo.jp

てか、プレミアム会員の使い道が主に将棋見る以外にないんだが…。
先日、ももクロのライブがあったけど、タイムシフト視聴回数1回って書いてあって、途中までしか見てないのに権利を失ってしまった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




この配信を観るためだけに登録。
今までの生配信は、突然インスタでやってるようだったけど、どれも見れず。
10月から予告ありで、アプリも変わって開始。

生放送アプリはあまり使ったことないけど、
課金してスタンプやコメントを目立たせることができる。
配信者にはどのくらい収入があるのか分からないが、
面白いと言えば面白い。

有美さんがすぐにコメントに反応してくれるのは、やっぱりうれしいもので、
イベントに参加してるような気もしてくる。自宅配信には驚いたが、
いくつか、ぼくのコメントにも反応してもらえた。

ぼくではないが少し危ないコメント(おっぱい見せて)にも、普通なら無視するところを
さらっと、「直接的だな〜」とコメントする有美さんの神対応というのか、
天然対応は笑えた。

さらっと大きい情報もあったりして、
・水着は卒業してもうすることはないが契約的にもできなくなっている。いずれにせよ私の性格上、一度決めたことは無くならないのかも。

・公式発表はしてないけど、事務所を退職して今はフリー。どこかに所属したい意思はある。
どおりでTwitterアカウント名が変わっていたわけだ。

間近でリアルタイムでやりとりできるのはうれしいし、癒しにもなる。
11月も楽しみだ。
IMG_0064

IMG_0065
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://www.nhk.or.jp/audio/html_se/se2017014.html

ラジオドラマなんて、この方1度も聴いたことがありませんでした。
それが、杉本有美さんきっかけで聴くことに。
でも放送時間が寝ている時間。
どうやって聴くかと思っていたところ、
Radikoolなるラジコとらじるらじるの録音ツールを教えてもらいました。
とても上手く録音できました。
眠くなるかなぁと思っていましたが、一気に物語に引き込まれてしまいました。

効果音の作り方がうますぎる。
簡単に情景が頭の中で思い浮かびました。

あと、主役の窪塚俊介と梅舟惟永の声の演技が分かりやすくて良かったです。
杉本有美さんは、2人に頑張ってついていくという印象を受けました。
物語上、もう少し重要な人物になるかと思っていましたが、
なんだかなぁという感じでした。こればかりは原作を読んでいないので仕方ない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ