春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ:映画・DVD・映像・アニメーション > テレビ番組・ドラマ・動画

交際直後と新婚の男女の「相手の人はすごく優しい人なんですよ」という言葉を僕は1%も信じていない。— 春田康吏 (@8luta) 2017年1月30日 うつつを抜かしたボーッとした結婚願望を夢見ているのなら、 見ておくと、正気に戻らされるような30個のCM とある夫婦の新婚生活をも ...

テレビは基本、録画するようにしている。 朝に中日新聞で番組表(ラテ欄)を確認して、録画予約をするという なんか少し前時代的な感じもするが、そうしている。 年末年始になると、必ずと言っていいほど容量がパンパンになって、 大体どれかは録画できない。 1番組の長さ( ...

きっかけは、NHK Eテレの「Q〜わたしの思考探究」のオープニング曲。 (結局、この曲はどこのアルバムにも入ってない。。。) なんかいいなと思って、隅を見たら、「DAISHI DANCE」の文字。 早速、ネット検索! あぁ、もう、ど真ん中。 このHOMEがいいと思えば、あなたも ...

半分冗談ですので、あまり真剣に受け止めないでください。 そうしないと、やけどします。 何が言いたいのかというと、それぞれの番組って、人間みたいに性格があるよね。ってことで、勝手なイメージです。 分かる人は、分かって頂けるものと思っていますが、評判がよくなけ ...

「バクマン。」も「ドラゴンボール改」も終わってしまったので、毎週楽しみにしているアニメが無くなってしまった。 なんかないかなぁと思っていたら、弟が、ジャイアントキリングっていうのがサッカー監督の目線で描いたマンガで面白い。って言っていた。 確かに、プレーヤ ...

録画番組を再生する際にテレビCMを自動的に飛ばす「CMオートカット機能」がついたレコーダーやテレビが、姿を消す見通しになった。 大手電機メーカーでこの機能を備えた製品を生産している三菱電機と東芝が、春以降の新製品に、この機能の搭載をやめる。http://www.yomiu ...

http://www.nhk.or.jp/kira/program/past/details/462_no.html 外国のラジオのDJが、自分の障害は、どれくらい好きかみたいなことを聞いていた。 それに対して、大橋グレース愛喜恵さんが、すごく。100%好きみたいなことを言っていた。 ずいぶん前に見た番組なので、 ...

20:06 勝手なイメージだけど、きらっといきるにたまに出てる、大橋グレース愛喜恵さんは、僕の苦手なタイプかもしれない。分からないけど。 19:31 発達障害は先天性で、精神障害は後天性ではないのか。違うの? 18:35 https://about.me/ 日本版もこういうのがあればいいの ...

障害者のお笑いパフォーマーのナンバーワンを決める「SHOW−1グランプリ」や、障害者が体当たりでバラエティーに挑戦した「バリアフリー大運動会」、「めちゃ×2イケてるッ!」などでおなじみの放送作家・鈴木おさむさんと玉木幸則さんがコラボレーションした「障害者 ...

一組の兄弟がいる。兄の押田興将(こうすけ)さん、40歳、映画プロデューサー。弟の清剛(きよたか)さん、33歳。清剛さんにはダウン症がある。 今、兄は監督初作品として、弟を主役にオリジナル自主映画を撮り始めた。その映画のタイトルは「サンキュー窃盗団」。身寄り ...

番組では、月に1度、障害のある人たちによるバラエティー番組をお届けする。第1回は、キャスター玉木幸則による「最強ヘルパー養成塾」や「暴れん坊将くん」など。 「きらっといきる」では、新企画として月に1度、障害のある人たちによるバラエティー番組をお届けする。 ...

たまに、深夜などに地味に放送されてる障害者福祉系のドキュメンタリーを録画して観てたりします。 地味に一人で観てます。 特別な意図はないのですが、録画することを誰にも言わないし、 観たことを誰にも言いません。 まあ共有する仲間が特にいないという現実もあるのです ...

ソニーが4年8か月ぶりにトップシェアを奪還したという内容だが、「ソニーを持ち上げる内容で、いきすぎではないか」という疑問の声が上がっている。 わずか2週間で終わった「トップシェア奪還」http://news.livedoor.com/article/detail/4572638/ 何が逆襲なんだ。と興味深く ...

深夜帯の番組がゴールデンにくると、パッとしないというのはよくある話だけど、 1のときのようなワクワク感はないな。 枠が30分から1時間になったことで間延びしてる感じがするし、 戸田恵梨香自身が成長したことによって、前のような初々しさが何となく無いし。(思い ...

↑このページのトップヘ