移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Category: 読書・本・雑誌・電子書籍

2010-
2002-2010
1998-2001

ぶどう社さんには、ぼくうみ続編のネット公開、了解を頂きました。m(__)m

無料で全部読ませるのは自称プロ(?)としては悔しいので、3話目あたりから1話につき100円ぐらい頂こうかなと思っています。(^o^)
http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-c8cb.html

ぼくはうみがみたくなりました・その後
https://note.mu/rainbow082/m/m1729136cb34a


関連記事:1.自分のぼくうみ上映会レポート
2.寄付総額

あれから8年ですか。。。原作出版からは、15年。

大塚ちひろさんは、わりとタイプでしたが、大塚千弘に改名したかと思ったら、
結婚してしまいました。

伊藤祐輝さんは、ぼくうみで名演技を見せてくれ今後が期待できるかと思っていましたが、
見かけることもなく・・・と、Wikipediaを確認したら、
「シン・ゴジラ」に出演していました。どこだー(笑)

ぼくは、ぼく自身は、あまり変わってない気もします。
成長度合いが少ないというか。

そんな、ぼくうみの続編がいきなり公開されました。
終わってからも、原作の山下さんのブログはずっと閲覧していました。
体調が優れないのが気になっていました。
連載形式で最後までいけるのか不安ではありますが、
読んでいこうと思います。

連載って、途中で大幅には変えられないので、
プロの人はどうしてるのかなと思いますが。

ぼくうみを知らない人は、以下からどうぞ。

ぼくはうみがみたくなりました

山下 久仁明 ぶどう社 2002-10
売り上げランキング : 582379
by ヨメレバ








ぼくは、彼を勝手に自閉症エリートと呼んでいる。
そんなこと言うと怒られるだろうか。

コミュニケーション方法を目の当たりにすると、
一瞬ギョッとするだろう。
しかし、そこから紡ぎ出される一字一字を集めていくと、
考えさせられる言葉があふれてくる。

命のバトンリレーについて
ディレクターの「自分がガンで早く死んだら命のリレーが繋げなくなる(子を作れなくなる)」という意見に「大切なのは命のリレー自体ではなく、命は大切だからこそ一人ひとりが完結していて自分がどう生きるか?繋げなくなった人の気持ちを考えて欲しい。」
反響要約「NHKスペシャル 自閉症の君が教えてくれたこと」▽作家、東田直樹さんのことば【2016年12月11日(日曜日)放送内容】


自分もディレクターと似たようなことは思っていたけど、
弟に子どもができたことで、どこか昇華できたような気がしないでもない。
そうでなくとも、完結して生ききることが大事なのだ。




啓発活動について
啓発活動をしている人は、障害の理解を広めれば、誰もが暮らしやすい社会がつくれると考えています。しかし、人の心は複雑にできています。理解できたから、協力するとは限りません。
(中略)
それでも、自閉症を知ってもらうことで生きやすくなると思うのは、僕を見るみんなのまなざしが、変わってくるからです。


跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

東田直樹 イースト・プレス 2014-09-05
売り上げランキング : 6094
by ヨメレバ


自閉症の啓発活動をしたことあるぼくは苦笑いした。
それと同時に、その通りだとも思った。

生きること
淡々と毎日を送ることを、
僕は心がけています。
自分にとって、必要な答えが出なくても、
人は生きていくことができるということを
知ったからです。
どうすればいいのかに縛られなくても、
今日を生き抜くことができます。

東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症の僕が跳びはねる理由 生きること


ぼくは、年に1、2回は消えてしまいたいと思うことがある。
なぜかは分からないが、
淡々と毎日を送る。いいかも。

彼を見ている限り、自閉症の人に言葉がないと一概に思うのは間違いだろう。



ブクログ - web本棚サービス
http://booklog.jp/

もう5年くらいブクログを使って蔵書管理をしています。
「いま読んでいる」
「読み終わった」
を分類しておくと、
次に読みたい本がすぐ分かり、実際の本棚から、
○○(書名)取ってと言うことができます。

それまでは、次に何があるか、なかなか覚えられていないので、
困っていました。

読み終わったあとは、星評価を付けておいたり、
レビューを書いておくと、例えば人に勧めたりするのも早くできます。

ぼくは、よほどいいと思ったものでないと、
読み終わったものって忘れてしまうのです。

似たようなサービスは他にもありますが、
ブクログのいいところは、DVDやCD、iTunes Store配信のものまで本棚登録できるところです。
おそらく、Amazonにある商品なら全部登録できると思います。

ここ1年で3回はあっただろう。

朝日新聞から電話がかかる。
4日連続で朝刊を入れさせてくれと。
押し売りか?

いや、無料である。

購読する気はないので、その旨を告げると、
「いいんです。ここら辺は、中日新聞(東京新聞系列)の方が多いですよねー。中日新聞さんもいい新聞だと思います。」とのこと。
特別いいとも思っていないが、
地域のニュースが充実しているので中日新聞を購読している程度だ。
無きゃ無いで構わない。
自分でお金払うようになったら購読するかどうか分からない。

でも読むのは好きなので、
4日連続、朝日新聞を読んだ。
お試し版とかではなく、ガッツリした朝刊である。
他には無い記事もあるので面白いと言えば面白い。

それっきりだと思っていたのが、
ここ1年で3回はあったのである。

どういうことだろう。
購読する気はさらさらないのである。
そのことを、きちんと伝えている。

もうここまでくると、
読みたくなったら電話して、朝刊くれへん?と言ったら、
「はい、喜んで!」と言って無料でくれそうな勢いである。



鈴木明子、申し訳ないが昔から今まで全く興味がない。
しかし、結婚したことには多少驚いた。
サッカーの澤穂希が結婚したときくらい驚いた。

まだ同居はしていないといい、「これから家を決めて、ゆっくりやっていこうね、いきなり変えていくのではなくて、少しずつお互い歩みよっていければいい」と新婚生活に胸を高鳴らせた。
鈴木明子さん、1日に小学校時代の同級生と結婚 「少しずつお互い歩みよっていければ」/フィギュア


急激な環境の変化というのは、ときとして人を駄目にする。
幸せなことであったとしても、ストレスはかかるらしい。
それに順応できる人ならいいけど、そうでない場合もある。

そう思っていたときに、
このニュースを読んで、なるほど。その手があったかと思った。

人生には、ときとしてAかBの選択を迫られることがある。
「結婚してすぐ一緒に住む」「そのまま付き合う」
必ずどちらか一方を選ばないといけないということもない。

隠された第3の選択肢、Cもあるのかもしれないのだ。
「少しずつ歩みよる」
それを覚えておいて損はないだろう。

マンガでわかる 非常識な成功法則

神田 昌典 ぶんか社 2015-07-15
売り上げランキング : 8635
by ヨメレバ


Kindleオーナー ライブラリー

Kindle端末をお持ちのプライム会員なら無料で読書


プライム会員になってから、
かかさず何かは読んで、特典の恩恵を受けているようにしている。



しかし、今月分は初日で読み終えてしまった。
次のダウンロードは、3月までおあずけ。

もともと、Kindleオーナー ライブラリーは、読みたい本があまりない。
興味の無いコミックが多くて、
あとは、ビジネス書が少し。

小説とかあるといいのに。と思っていた。

そんな中で登場したのが、川上未映子の新作。

シャンデリア (Kindle Single)
(2017-01-11)
売り上げランキング: 34


川上未映子は、きれいなお姉さん作家という印象で、
「乳と卵」くらいしか読んだことなかったけど、
嫌いではなかった。

乳と卵(らん) (文春文庫)

川上 未映子 文藝春秋 2010-09-03
売り上げランキング : 21139
by ヨメレバ


小説ということで飛びついたわけだ。

しかしKindleでは、どうやって算出しているのか分からないが、
大体、何時間で読めますよと教えてくれる。

今回、この「シャンデリア」という作品。
「30分以内」と出た。
中〜長編を期待していたので、え?と思って、
読んでいたら、
本当に、よく晴れた午前中のヘルパーさんが来る前の30分に読み終えてしまったのである。

3月1日まで無料ダウンロードはできない。
まぁ読む本は腐るほどあるのでそれ自体は困らないのだが。

あ、ちなみに、内容的には良かったです。

関連記事:【買った】読書に超集中できる端末Kindle(無印2016ホワイト)

障害者の「自立生活」と生活の資源―多様で個別なその世界

田中 恵美子 生活書院 2009-07
売り上げランキング : 1319747
by ヨメレバ


読む前から期待はしていなかったが、
その少ない期待以下でもあった。
調査年が2004年頃と支援費制度前後のことということが関係している。

よって、これから自立生活を考えている障害者の役には立たない。
障害者福祉の制度や時代背景を知るのには役に立つ。

意外と、周りとの関係が少ない人だったり、
相談ごとはあまり他人にはしないという言葉が目立った。

自立は、依存先を増やすこと
http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm


熊谷先生はこう言ったのだが、
それとは真逆だった。

この本が役に立たないということは、
裏を返せば、変わってきているということでもある。
障害者福祉が進歩しているのか。
はたまた、後退しているのか。

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1 (ビームコミックス)

おおひなたごう エンターブレイン 2013-05-30
売り上げランキング : 53296
by ヨメレバ


『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』
『とんかつのキャベツ いつ食べる?』
『カレーのルー どうかける?』
『ライス どうやって食べる?』
『みかんの皮 どうやって剥(む)く?』などなど


何となくぼんやりとは思っていたけれど、
真剣に考えたことはなかった食べ方問題。
決して、絵が上手とは思えないけれど、
とても笑えたコメディー漫画でした。





常識だと思っていたのだが、
どうも人と話していて、新書を新刊のことだと思っている人が多い。

Aさん「○○という本を読んでるんですよ。」
ぼく「へぇ。それって新書ですか?」
Aさん「えーっと、中古ですね。ぼくは、人が読んだあとのものでも気にならなくて」
ぼく「!?」

新書というのは、中古でも新書であって、
どんなにボロボロになっても新書のはずである。

説明するのも面倒になって、
悲しいまま会話を打ち切るのだ。

新書(しんしょ)とは、新書判(173×105mm、およびそれに近い判型)の叢書・本である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%9B%B8


↑このページのトップヘ