春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ: 読書・本・雑誌・電子書籍

久しぶりに本屋に行ってきました。買い出しのようなものです。
これで1年くらいは持たせます。
あぁ、他にも雑誌や図書館で借りた本を読んでいるので、読書量はもう少しあります。

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略を本当にフリーで読んだのでシェアはお金出して読んでみようかなと。
なにかアイデアが見つかりそうな本だし。

人を動かす 新装版

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

談志 最後の落語論

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

Mac Fan (マックファン) 2011年 09月号 [雑誌]
どうせだったら女の子が表紙のときが良かったけど、よりによって大泉洋。嫌いではないけど。

本当は、
木造迷宮 (リュウコミックス)
困ってるひと
これも買いたかったが、無かったり買いそびれたりした。ネットを使わせてもらおう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

高校生くらいの頃から、インターネット上だけでやりとりしてる人がいます。
どうして知り合ったのかは覚えていません。
土屋竜一さんという気管切開をして人工呼吸器を着けている方です。
実は、この方とは僕が高校くらいのときに、ひどいことを言って仲たがいをしたことがあります。
若気の至りというのか、本当に申し訳なかったと今でも思っています。

しかし、時を経て去年くらいから、またメール交換させてもらったりしています。
そこで今まで読んでなかった彼の本、3冊を読みました。

出会いはたからもの
土屋さんの最初の本です。作曲や音楽、ライブの部分は僕はよく分からないので、そんなもんなのかという感じで読み進めました。医療的な部分は、僕もある程度体験してることだったので分かりました。
そして、共感できたというか、一番びっくりしたのは恋愛に関して。
僕が今、思っていることとほぼ同じことが書いてあってびっくりしました。さらに、経験したこと(失恋)も何とも似ていて・・・。なんだ、このシンクロ率は!と思いました。


神様からの贈り物

神様からの贈り物
著者:土屋竜一
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

実は。ということもないのですが、今では土屋さんは家庭を持っています。
「出会いはたからもの」から数年、この本では奥さんとの出会いから第一子が生まれるまでが詳細に書かれています。
ここまでの情報公開をOKした土屋夫妻や関係者の方々には感謝するべきでしょう。
重度の身体障がいを持つ人の結婚に関しても非常に参考になる本だと思います。
とまあ、淡々と紹介しましたが、この本の数ページを読んで、「あぁ、これは僕には無いかもしれない」と思いました。
奇跡的というか、妻の美和さんみたいな素晴らしい女性に出会えるわけがない。と思ったら、急に涙がぽろぽろ出てきました。
前作の「出会いはたからもの」では、めちゃくちゃ共感できたのに、数ページ読んだだけで、心がえぐられるような思いがしました。
ポジティブ思考で考えれば、誰にでもチャンスはあるということなんでしょうが、本の最後に「実は、フィクションでした」みたいなことが書いてあるような気がしたほどです。


日本でいちばん働きやすい会社
最近、出版された本です。
これもまた重度身体障害者の在宅就労に参考になる本かもしれません。ここに出てくる会社は、ものすごく進んでいるなという印象でした。
もちろん、社員にもそれだけの技術力が要求されるようですが、とてもシステマチックで整備されていると思いました。
逆に、僕には無理かも。今の会社が合ってるかもと思いました。ステップアップのためにはいいかもしれないけど。


僕は今まで、障がい当事者が書いた本というのは、くだらないもの(自慢話的で)が多くて嫌いでした。
でも今回、同じ著者ではあるものの、悪くはないかも。なにかの参考にはなるかもというのは思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バクマン。」も「ドラゴンボール改」も終わってしまったので、毎週楽しみにしているアニメが無くなってしまった。

なんかないかなぁと思っていたら、弟が、ジャイアントキリングっていうのがサッカー監督の目線で描いたマンガで面白い。って言っていた。
確かに、プレーヤー目線のサッカー漫画ならいくらでもあるけど、マネジメント側はないかもなぁと思って、
NHKのアニメを観たら、はまった。まだ3話なので、これからどうなっていくのか分からないが、

これは、面白い!!!

自分が興味のある、日ごろから模索している「弱者の戦い方・生き方」を学べる。

これは、久々のヒットです。
ジャイアントキリングを起こす19の方法

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ノルウェイの森が、映画化。ということで、話していた。
お互い、昔に原作を読んだことある同士だ。

相手は、主人公がギターでビートルズの「ノルウェイの森」を弾くところが印象に残ってて、当時練習したとのこと。

僕は、そんなところ全く覚えていない。という感想。

僕が印象に残っているのは、キュウリがキウリと表記されていたことと、
女の子が、父親の仏壇の前で股を広げて見せてるところ。
と言ったら、

えぇー、そんなとこ、あったけな。
キウリ???wwww

そんな卑猥なシーンあったっけ。他の作品じゃないの?
と変態扱い。

別に興奮したとかそういうことではなく、なんとなく印象に残ってるだけのこと。

ここに書いたシーンが、本当に登場するかどうかは不明。
検証作業をする気もない。

だけど、人によって印象に残ってることっていうのは違うんだなという印象。
ラバー・ソウル

ノルウェイの森<上><下>/村上 春樹 - 本の感想
http://haruta.ldblog.jp/archives/51042697.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

漫画、ドラマ共に、「モテキ」は良かったなと。
いまさらながら思う。

作者が女性で、男性主人公というところも良かったのかもしれないけど、
全部が全部ではないが、あぁ、これ分かるわぁ。って思うことが多々あった。
それだけ藤本君みたいに?自分に非モテ要素があるのだろうか。

作者曰く、
「モテキ」はモテる為の成功法則書では一切ありません。気をつけて!「いかに幸せが指の隙間から砂のように零れ落ちるか」を描いてます。

だそうだ。

確かに、明らかに、なぜそうなる!?という場面は多いとは思いました。

でも結構、コミュニケーションの部分で参考になる部分もあったりはします。
モテキ (1) (イブニングKC)

モテキDVD-BOX (5枚組)

限界を決めるな、可能性を信じろっ
http://haruta.ldblog.jp/archives/51488152.html

ほぼ日刊イトイ新聞 - 愛と言うにはちょっと足りない。
http://www.1101.com/moteki/index.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

僕は、弱者か強者かと言われれば、明らかに弱者です。
社会的弱者というのに分類されるでしょう。

これは、もっと後に書こうと思っていたことですが、
数年前から、弱者の生き方や戦い方のようなものに、ものすごく興味があって、
物事を常にそういう視点で見ています。

はっきり言ってしまえば、強者にはあまり興味がないです。

具体的に言うと、
小さな会社が、うまーくニッチなところをついて、成功した事例とか、
孫子という中国古典があるのですが、それの文言とか、
果ては、ゲリラ的な戦い方とか(そういうのを推奨しているとかではないです)

弱者なら弱者なりの戦い方や生き方があるということを知ったら、
弱くても割に楽しく生きていけると思います。

実践は、難しいことは確かなんですが、
おいおい、シリーズとして書いていこうかなと思っています。
新訂 孫子 (岩波文庫)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

漫画は、あまり読みません。バカにしてるとかではなく、
何を読んだらいいのか分からないので。

しかし「3月のライオン」という漫画があるのですが、

何となく読んでみて、これはすごい。と思いました。
3巻までしか読んでいないのですが。

今まで、こんなに優しくて泣けるストーリーに出会ったことがないと思いました。

最初は、少女漫画チックなところについていけないと思ったのですが、
主人公の男の子で、キリッと締まっています。

将棋に興味があるっていうのもあったのですが、
3姉妹が優しすぎて泣けます。

最近思うのですが、優しい人に出会うと泣けます。
どこかのネジが緩んでるのかな。って思います。
詐欺的な人には気をつけないといけないんですけど。
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

チェアーウォーカーが電車に乗る場合、乗車駅の駅員さんが電車の乗務員に、チェアーウォーカーの客がどこで降車するか伝達します。

まだ若いその電車の乗務員が私が乗っている車両に入ってきて、他の乗客に触れ回るように「降車の際には三つの扉の内、車両の前後の扉からお降り下さい。車両真ん中の扉から車いすの方が降りられます」と言い回ってきたのです。他の乗客の人たちも戸惑っているようでしたが、そんなことを言い回られて一番面食らったのは私だったでしょう。

この若い乗務員さんはきっと私のために、そのような指示を出したのだと思いますが、配慮することと特別扱いすることの違いを混同しているのではないかと残念に思いました。http://atarimae.jp/blog/001/2010/05/post-73.html


こういうのは、はっきり言って難しいと思うのです。
乗務員さんだって、悪い人ではないと思うのです。
もしかすると、すごく優しい人なのかもしれません。

これに似たような経験はあります。
昔、この引用記事の投稿者さんのように書いたことがあって、
そうしたら、人の善意に対して何を言ってるんだ!みたいなお叱りを受けたことがあります。

それなので、難しいのです。

僕も、はっきり言ってしまえば、他の障がいを持つ人のことは分かっていないでしょう。
同じ車イスに乗っている人に対しても分かりません。
例えば、僕がヘルパーであったり、支援者の立場であったらもう少し分かるのかもしれません。

身体の痛みや苦しみなどは、自分も経験しているので分かりますが、
あぁ、ああいう痛みか。と分かるくらいです。
どうしてやることもできません。

僕に出来そうなこと・していることは、
お願いしてOKが出たらそのままお願いする。
疑問点があれば、質問してフィードバックを受ける。

何とも渇いた方法です。

経験談を書くと、誰だか特定されてしまうので書きませんが、
はるたくんは、ちょっと配慮に欠けるのではないかと思われている面もあると思います。

最近、読んだベストセラー本の中で、
「人の欲しがる物を先取りする」というのがありました。

結局は、障がいの有無にかかわらず、相手のことを必死で考えるようなことが必要なのかもしれません。
夢をかなえるゾウ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うわさのストレングスファインダーをやってみました。
まあ、まちがっちゃいないです。
他の資質も読んで自分で消していくと、残る感じはします。

ただ、じゃあ自分はこれからどうすればいいのかというと、謎です。
自分で考えろということなのでしょうか。

管理者向けの、こういう人はこうすると能力を発揮してくれる。というようなことが書いてあって、
確かにこんなふうにしてくれると、気持ちいいな。と思ったのですが、
他力本願ですよね。

以下、結果。

最上志向
┗確かに、いいものをもっと良いものにしたい。という欲求はあります。いいサービスや製品だと、レビューとかフィードバックしたくなります。
本や新聞でも、昔から誤字・脱字とか見つけるの得意だし。

全くダメなものだと、やる気が一気になくなります。
それは、対人関係でもそうかもしれません。

分析思考
┗これは、あんまり自信はありません。データとか好きだけど、分析力があるかというと、自信がない。

共感性
┗その場の空気や雰囲気というのは、かなり読み取れる方だと思います。でも、社交性やコミュニケーションが強みではないので、読み取れたとしても、その場の空気を変える力はないようです。

収集心
┗捨てることに重きは置いているものの、本を読んだり、人の話を聞いて記憶しておいたりする意味での収集心はあるかも。

責任感
┗やると固く決めたことは最後までやります。これは当てはまります。
自分で言うのもなんだけど、途中ごたごた言ってても、それなりの結果は残してるので。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【問題となったテキスト】
■下にある「クルーザー」という物語を読んでください。この話には、5人の登場人物が出てきます。
読んだ後に、この5人の登場人物について、共感できる順に順位をつけてください。
**************************
「クルーザー」

 突然の嵐に見舞われたクルーザー(大型ヨット)が2艇、無人島の流れ着きました。 1艇には若くてきれいな女性とフィアンセの男性、もう1艇にはヨットマンと老人が乗っていました。 日が暮れて嵐は少しおさまってきましたが、フィアンセの男性が高熱にうなされ、意識不明になってしまいました。

 若い女性は、一生懸命看病しましたが、容態は一向によくなりません。 夜はどんどん深まっていきます。彼を助けるためには、医者のいる島まで連れて行くしかありません。 しかし女性はクルーザーの操縦ができませんでした。そこで彼女はヨットマンに助けを求めにいきました。するとヨットマンは「この島から医者のいる島までは2時間はかかる。それに夜の航海はとても危険で、命がけだ」としばらく考えていましたが、「そうですねえ。あなたを今、抱かせてくれたらクルーザーを出しましょう」と言ってきました。

 思いもよらない言葉に困った女性は、老人にどうしたらいいか相談しました。老人は「今のあなたにとって何が良いのか何が悪いのか、私には答えられません。自分の心に聞いて自分で決めるのがいいでしょう」と返事をしました。 彼女は悩み苦しみましたが、彼を助けるためにヨットマンの言う通りにしました。 夜明けにヨットマンの操縦するクルーザーは無事医者のいる島に着きました。

 3日3晩、男性は生死をさまよいましたが、医者の懸命な看護により、やっと目を覚ましました。若い女性はようやくほっとして彼を抱きしめました。彼女は真実を話すかどうかとても迷いましたが、悩んだ末に正直に全てを打ち明けました。しかしそれを聞いたフィアンセは怒り狂い、「何てことするんだ!お前の顔なんかもう見たくない。出て行け!」と彼女を部屋から追い出しました。

 悲しみにくれた女性は、浜辺に座って波を見つめていました。そこに医者がやって来て彼女に声をかけました。 彼女が事情を話すと、「僕には君の気持ちがよくわかるよ。私が彼と話してみようじゃないか。 彼も病気が治ればきっと理解してくれるはずだよ。それまでしばらくの間、私があなたの世話をしてあげよう。」と言いながら、彼女の肩に手をかけました。

参考:星野欣生(2003)『人間関係づくりトレーニング』金子書房
人間関係づくりトレーニング

星野 欣生 金子書房 2002-12
売り上げランキング : 15192
by ヨメレバ


東京ポッド許可局 : 【第28回“クルーザー”論】
※これは心理テストの類ではありません。正解もありません。

酒の肴に、こういうこと話すのは割合好き。
僕は、結論から言って、誰も共感できる人がいない。

(以下、許可局員の意見も取り入れました)

若くてきれいな女性・・・フィアンセを助けるための行動は仕方ないが、おしゃべり。

フィアンセ・・・命を助けてもらったのだから、怒っちゃ駄目。

ヨットマン・・・緊急事態のときに、ヤラせてくれというところが共感できない。

老人・・・年配者なら、ヨットマンを叱ってみてもいいと思う。

医者・・・怪しい。ざわっとしたものを感じる。ただの優しい人だけなのかもしれないけど。

順位は難しいなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ご要望にお応えして、購入した書籍を書いておきます。
大したことないんですけど。。。

てか、思ったんですけど、Amazonやlivedoor Booksで買うときと大して変わらないなと・・・。
本屋さんで偶然見つけた本を買うことはないというか・・・。
レビュー見た〜い。ってなる。

てことは、逆にコスト高です。まあ僕の場合、出かけることに意義があると思っているので良いのですが。

アピタ大府店の夢屋書店の経済経営の棚は、なかなかです。
有名どころは、忠実に網羅しています。

順不同です。
悩む力 (集英社新書 444C)

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

1Q84 BOOK 2

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

夢をかなえるゾウ

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

モテキ 2 (イブニングKC)

バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去年の夏ごろから、何となく欲求不満を感じていた。
今年に入ってから、欲求不満が急上昇してきたので、
まずいな。とは思っていた。
全然、楽しんでないじゃん、俺。という、あせりがあった。

ぶっちゃけ、
知らず知らずのうちに、家の中にいることがかなり多くなっていた。
そういえば、外食も1年近くしていない。自分だけ。w

気付くの遅いんだけど、欲求不満状態でした。

たいていの人は、僕のことについて、
ストレス耐性が低い子と思っていると思うんですけど、
以上のことを考えると、それほど低くないのではないだろうか。
と自己分析している次第。


で、アピタ大府店に新しい書店(夢屋書店)が出来たと聞いていたので、
行ってきた。
思いのほか、ラインナップが充実していたので、書籍を10冊ほど大人買いした。

新聞社から頂いた図書カードもあったので、
7500円くらいの出費で済んだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

落語のお話の世界というのは、なかなか興味深いものがあります。
あーこれでいいんだ。って。

落語に出てくる登場人物というのは、
我々同様、ぼんやり生きてて、生きてても死んでても、
どちらでもいいんですけど、死ぬのも面倒だから、
とりあえず、もうちょっと生きていようよ。
そういう連中の集まり。(ある落語家さんの話)


落語っていうのは他の芸能とは全く異質のものなんだ。
どんな芸能でも多くの場合は、為せば成るというのがテーマなんだな。
一生懸命努力しなさい、勉強しなさい、練習しなさい。
そうすれば、必ず最後はむくわれますよ、良い結果が出ますよとね。

落語はね、人間は寝ちゃいけない状況でも、眠きゃ寝る。
酒を飲んじゃいけないとわかっていても、つい飲んじゃう。

夏休みの宿題は、計画的にやった方があとで楽だとわかっていても、
そうはいかない。八月末になって家族中が慌てだす。

それを認めてやるのが落語だ。
「落語とは人間の業の肯定である」(立川談志の言葉
赤めだかより)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

稲盛和夫氏に日本航空CEOは勤まるのか?(PJオピニオン) - livedoor ニュース

隠居してておかしくない歳なので、JALのCEO就任はどうかと思ったのが一番最初。

まあ取り巻きがほとんどやるのだろうけど、
稲盛氏と言えば、数年前、読んだ本をどうしても思い出してしまう。
生き方―人間として一番大切なこと
この本で、利他の心の大切さのようなものをほぼ初めて知った。
この本の影響もあってか、たまに「利他」ということを言ったり思ったりしてきた。
このブログにも、たまに書いていると思う。

一方で、宗教的と揶揄されるのも分からないでもない。
個人的には、稲盛氏の利他に対する思いが、普通の人より強すぎるからだと思うが。

今回のCEO就任は、就任だけでも「火中の栗を拾う」ような感じなのに、
さらに無給で行うと言っていた。

本に書いてあったことは、あながち間違いではないな。と思った。

■動機善なりや、私心なかりしかhttp://www.kyocera.co.jp/inamori/management/philosophy/20.html

稲盛氏がよく言う言葉。
大きな物事を行なうときは、この言葉を基準にして行なうらしい。
こんなこと自分で言うのも何ですが、
去年の上映会についても、準備を始めるときや、途中でもこの言葉を胸に刻んでやっていました。
それにより、大成功したんだと思うことにしています。

■ずっと実践していけるか

ただ、以上のことを永久的に実践していけるかというと、
それは、並大抵の人は難しいのではないかと思いました。
稲盛氏にはなれません。

やはり、利他と利己のバランス。
中庸が楽に過ごせるのかな。と思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

25歳の補習授業―学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと

ブログの内容が変な方向に行ってしまいそうだったので、
ちょっと軌道修正。
本の紹介は、もう1年に1回でいいかななんて思っていたのですが、
新年早々、いい本に巡り合いました。

僕は、25歳と言っても、就職したり大学にいたりと、
どこかの組織に属しているわけでもないし、
一般的な25歳とは、異なる生活をしていると思うので、
大して参考にならないだろうと思っていました。

でも、違いました。
何となく、悩んでいたこと、思っていたことが簡単に書いてありました。
こうすればいいんだよ。こういう気持ちになってればいいんだよ。という楽な感じで。
ベストセラーになってもいいと思うんだけどなぁ。
ちなみに、何歳が読んでもOKだと思います。

作者は違うけど、13歳のハローワーク
クチコミを見る
に近いものがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ