春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Category: 笑いたい

ウェイトレスをしていた頃、混んでる時に入口に置いてある「お名前と人数をお書きになってお待ち下さい」という紙に「とんかつ、2」と書いてあった。


母が朝、急いでお弁当をつくっていた。昼になっておにぎりをほおばったところ中から具として出てきたのはサカナのかたちをした醤油さしだった。


図書館で推理小説を借りてきた。最初のページをめくると登場人物の紹介があり名前の下にボールペンで「犯人」と書かれていた。


歯医者から宝石店へ転職した直後のこと。お客様が商品をお買い上げになり、それをお渡しする時につい「お大事に!」と笑顔で言ってしまった。


大学生のころある高校で警備員のアルバイトをしていたのですがあるとき電話があり「テニス部の田中さんお願いします。」と言われ校内放送用のマイクで「田中部のテニスさん、お電話が入っております。」と言ってしまい、校内のあちらこちらから大爆笑が聞こえてきた。


コンビニでバイトをしていた時、新製品のカップラーメンを持ってきたお客さんが「これおいしい?」と聞くので、食べた事はなかったが一応「はい、おいしいです」と笑顔で答えたら「どんな味?」とさらに聞かれて困った。

半分冗談ですので、あまり真剣に受け止めないでください。
そうしないと、やけどします。

何が言いたいのかというと、それぞれの番組って、人間みたいに性格があるよね。ってことで、勝手なイメージです。

分かる人は、分かって頂けるものと思っていますが、評判がよくなければ考えます。

きらっといきるhttp://www.nhk.or.jp/kira/
障害者のリア充自慢番組。
私は、いかにして充実した幸せすぎる毎日を送っているか自慢する。
ちょっと、おっちょこちょいな部分も見せたりするけど、毎日がすごく楽しい。
まさしく、きらっといきる。ときとして、ぎらっとな部分も。


福祉ネットワークhttp://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/
前述の「きらっといきる」が子どもだとしたら、こちらは大人。
障害と真摯に向き合って、謙虚に生きる。お酒は、たしなむ程度。
浮ついた感情なんて抱かない。真面目に生きていれば、きっといいことがある。


ハートをつなごうhttp://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/
森ボーイ・森ガールたちが集う場。
人は人、自分は自分。マイペースで、ゆっくり生きていければいいよね。
なにかいいことがあるといいなあ。


24時間テレビ「愛は地球を救う」http://www.ntv.co.jp/24h/
とにかく頑張る。汗を流す。ときとして、死んでもいい。それくらいの気持ち。
それをみんなに見てもらう。そのことによって、もっと頑張れる。
頑張って死ねたら本望。

【ラーメン屋】僕の家の近くのラーメン屋の壁に貼ってあるメニュー
 ラメーン   480円
 ねぎラメーン 530円
 チャハーン  520円
チャハーンはなにか色っぽい。


私は高校生になるまで 都バスは「ふっとばして走っていく」から都バスと言うものだと思っていた。


友達から手紙をもらったもののなかなか返事を書かず、何日か経ってから郵便局に持って行った。「これ、速達でいつ届きますか?」と聞くと「あさってです」、「じゃあ、普通郵便だといつですか?」と聞いても「あさってです」と言われた。
「どこが違うんですか?」と突っ込むと「気合の入れ方が違うんです」と真面目な顔をして窓口のおにいさんは答えた。


友達が東京で一人暮らしを始めた頃のこと。
心配した父親が会いに来た帰りに「これで好きなものを食べなさい」と白い封筒を渡した。中には割り箸が一組入っていた。


夕方、交番から出前の電話がかかってきた。間違い電話だということを告げると「ハッ!いや失礼しました。実は一人巡回に出ちゃいましてね…スイマセン、失礼しました。」と苦しい言い訳をしていた。


あるエロサイトの表紙に、[18才未満だが素直に帰るわけがない方⇒ENTER]と書いてあった、非常に気になりクリックしたら、警視庁のホームページだった。思わず吸ってたタバコでむせてしまった。


急ブレーキで、つり革につかまろうと出した、こぶしが目の前にいたおじさんのアゴにヒットした。


交差点で右折待ちしていたら、同じく前で右折待ちをしていた新品ピカピカのバイクが発進しようとして右側に倒れ慌てて起こそうとして左側に倒れた。

dbea5e82
元警視庁捜査一課長 田宮栄一氏
20〜30代
もしくは40〜50代の犯行


http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%B5%DC%B1%C9%B0%EC

5歳になった息子。先日突然「おかあさん、えーっと、あの鳥なんて名前だっけ。は〜ぁ、白血球、って、鳴くヤツ。」と聞いてきた。ウグイスのことだった。


時報を聞こうとして110番したことがある。


弟が高校生だった頃、家に彼女を連れてきた。面白がって母とふたり、居間の2人をフスマの陰から観察していたときのこと。
彼女:「私、こういうの初めて。超〜緊張する」
 弟:「大丈夫だよ。姉ちゃんとは気が合うと思うよ」
彼女:「そう?今日はね、お姉さんにお土産持ってきたの。喜んでくれると思うんだ♪」
 弟:「え、なになに」
彼女:「これ!」
お土産はかいわれ大根育成キットだった。


ウチの社長はすごく忙しい。朝も4時から起きて仕事を始めるが、その前に犬の散歩に行くのが日課である。しかも、寝ている犬を起こして連れて行くという話だ(犬は帰ってきてから、また寝ているらしい)


この前、お店でフルーツジュースを注文するとき「100%ですか?」と聞いところ、店員はちょっと考えた後「…やや」と答えた。


近所の生協で、サンリオのケロケロケロッピのお菓子の詰め合わせを安売していた。が、ポップには「ゲロッピ詰め合わせ」と書かれていた。


ラーメン屋の看板メニューに
ラーメン400円
学生 300円
と書いてあった。


1個ずつ包装されているドーナツが1つ、弟の為に残されていた。父が食べてしまうのを恐れた母は、その袋に「○○(弟の名前)」とマジックで書いた。翌朝、その袋を見ると「○○の父」とつけたされていた。


【サメコ】昭和30年代半ば、私達がまだ純情な大学生だった頃のお話です。
当時、静岡市には「ギョウザ」を売っている店はたった2軒で、当然ギョウザ(焼き)など食べたことはありませんでした。期末試験が終り、街へ飲みに繰り出したところ、友人がスットンキョウな声で「サメコって何だ?」と叫びました。指差す先を見て一同大笑い。看板に『餃子』と書いてあったのです。
鮫と餃の見誤りでした。彼も今は立派な大学教授です。


【沈黙は金なり】駅前に、場所と品物は良いのだが恐ろしく無愛想なパン屋さんがある。そのたて看板には「年中無休で営業中」と書いてあったが、「年中無言で営業中」といたずらされていた。

うちの小2の娘が「アッ アッ アンパンマーンの だいじなところ ソーセージ ミートボール おいなりさんのかわ〜〜♪」と歌っていた。お嫁にいけるのか?


旅行のお土産を友だちに渡した。その2〜3週間後、その友だちの家に遊びに行った時、彼の母親は「つまらないものだけど、これでも食べて」と、ぼくの土産のお菓子を袋から出して、おやつの時間にだしてくれた。しかも、賞味期限が切れていた。ショックだった。


家の弟は、最近までセクハラの略をセクシーハラハラだと思っていたらしい。


友達の弟の同級生の話。そいつは学校でふざけて友達にカンチョウをして指の骨を折った。


次男が5歳の時、幼稚園の七夕の短冊に「ご飯をお腹いっぱい食べられるようになりたい」と書いていた。


「七夕笹流しのイベント」でのこと。小学4年の息子は、願い事を書いて笹に結び付ける短冊に、ためらいもせず「自由になりたい…」と書いていた。


先日東京へ出掛けた時のこと。駅の案内板をながめていると、小学生とぶつかった。
小学生は「失礼」と言ってさっそうと去っていった。


交通安全標識で「あぶない子供に注意」というのがあった。


息子が3歳だったころ「今年のクリスマスは、サンタさんに何をお願いしたの?」と聞いてみたら「ちくわ」と即答された。


なぜ母は電話に出るとき「おばんでございます」と言うのか子どもの私は不思議に思っていました。
あまりにも出る電話ごとに言っているので、母をかわいそうに思い自分が電話に出れば母は辛い目にあわなくてすむ。私は電話に出ました。「はい、若いでございます。」

ウェブでは以下から見れますが、

ランプの魔人があなたの心を見通します.
http://jp.akinator.com/

iPhoneアプリとしても出ていました。
思わず購入。

面白いです。てか、すごい。

綾瀬はるか→当てられました。

島谷ひとみ→最初、森口博子とか言われましたが当てられました。

マニアックなところで、

久保田祐佳アナ→最初、青山祐子アナとか言ってたけど、当てました。

杉本有美→最初、違う人を言ってたけど、当てました。

ソフトバンクのお父さんも、当ててきます。
キャラクターでもOKみたい。

女ばっかやってんじゃねぇよ。と言われるかもしれませんが、
小林武史とか桜井和寿とかやりましたよ。
スティーブ・ジョブズも孫正義もやりましたよ。

みんながどんどんやってデータを蓄積していけば精度が向上するのと、
有名どころは、割とすぐに答えてきます。

あと、マニアックに答えすぎると迷われるようです。

ある晩、電話が鳴り私が出ると、小2の娘の同級生の男の子からだった。
娘と代わろうとすると、「いえ、代わらなくて結構です。××ちゃんに年賀状を出したいので住所を教えてください」と言うので、住所を教えてあげ「すぐ近くに娘がいるから代わろうか?」ともう一度たずねると「いえ、やっかいなことになりそうなので結構です」と断られた。小学2年生の男女の間に横たわる“やっかいなこと”って一体何だよ?


小さいころ「ニンニク」は人間の肉のことだと思っていた。大人はすごいものを食べるんだなぁと恐れていた。


何事にもお約束というものがあるが、最近始まったヒーロー物の番組には衝撃を受けた。ヒーローが「へーんしーん」と言っている途中で悪者は攻撃しまくるのである。


小学校の頃、新聞のスポーツ欄で「サヨナラ勝ち」「サヨナラホームラン」など、「サヨナラ○○」というのを見ると、「この試合を最後に球界から引退する人がいたんだ、さみしい」と泣けてきたのを、今も新聞で同じ文字を見ると思い出します。


小学生の頃、下校中、いっしょに帰っていた田中君が、突然いなくなった。しばらくして、駐車中のトレーラーのエンジンがかかり、ゆっくりと動き出す!
するとタイヤの陰で事を済まそうとしたのか、ケツ丸出しで凄い表情の田中君が現れました。


後を歩いていた、親子連れの会話です。
パパ:「ママが居なくなったら寂しいか?」
子供:「うん!」
パパ:「パパが居なくなったら寂しいか?」
子供:「……うん」


女子トイレで若いお母さんが赤ん坊を連れて用をたしてた。赤ん坊が泣き出した時、外にいたよその子供が驚いて「赤ちゃん生まれたの?生まれたの!?大丈夫!!?」と、必死にドアを叩きまくっていた。


もうじき4歳になる末娘は一緒にお風呂に入ると、私を指して「どうしてお父さんにはしっぽがあるの?」と聞いてくるので困っている。娘と風呂に入ったときに「どうしてお父さんにはしっぽがあるの?」と聞いてこられて困っている、というのがありましたが、私の場合、娘が3才のとき「ぱぱ、うんちが出てる」と言われて狼狽してしまいました。

↑このページのトップヘ