昭和末期生まれの資料室

告知、求人、各種参考資料、アーカイブス

カテゴリ: メモ

日が暮れちゃうわ。どっちが楽しいかで決めなさい。
宇宙兄弟(5) (モーニングKC)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

だからこそ、目標に対して情熱を失わず、前進し続けなければならないのである。
「成功は、何度失敗しても情熱を失わない者だけにやってくる」

明確なのは、楽しく笑顔が生まれる環境ほど、物事は成功しやすいということだ。
我々はそういった環境を作り出そうとしている。
グアルディオラのサッカー哲学
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

記憶も消えて無うなる
秘密はなかったことになる
それはそれでゼイタクな事かも知れんよ
自分専用のお茶碗と同じくらいにね


生きとろうが死んどろうが
もう会えん人が居って、ものがあって
うちしか持っとらん、それの記憶がある
うちはその記憶の器として、この世界に在り続けるしかないんですよね


周作さん、ありがとう。この世界の片隅に
うちを見つけてくれてありがとう
周作さん、ほいでもう離れんで・・・
ずっとそばに居って下さい
この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

危険というのもある
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この世界に居場所はそうそう無うなりゃせんよ
この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

おのれひとりだけは悪をしろ。逆もまたしかり。
英雄とは、自分だけの道をあるくやつのことだ。


書物などは学者に読ませておいてときどき話させ、
よいと思えばそれを大勇猛心をもって実行するのが英雄だ。
なまじい学問などをやりすぎれば、英雄がしなびてくる。


男子、人の恨みをいちいち気にしていては大事をなせまい。


帳中の秘策は敵に洩らさんのが軍略の第一じゃからな。


信玄でも信長でも秀吉でも家康でも負けると知った戦さをやったのは、
若いころ、開運の大博ちを打ったとき、一度か二度くらいのもんじゃ。
あとは、かならず勝つと踏んでから戦さをおこした。
英雄とは、こういう男のことをいうんじゃと思うな。
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

普通に考えれば絶対起きない出来事が、そうなってほしいと願う人間の強い意思で起きることです。
奇跡は起こるから奇跡と言います。
自分には無理だとあきらめている人には絶対起きません。
「家政婦のミタ」DVD-BOX
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

・少なくとも週に1度

・あなたがした選択について、小さなものでも大きなものでも書き出す

・その選択について考える。どんな思考プロセスを経たのか。
なにが上手くいって、なにが上手くいかなかったのか。

・次に、その選択がどれだけ成功したか点数で表す。

これを行って定期的に見直す。
上手くいかなかったときに共通している特徴は何か。上手くいったときも同様。

<情報に基づく直感>を養う
選択の科学
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

声が聞こえた
それが人に与えられた呪いだ
でもきっとそれは、祝福でもあるんだと思う
劇場アニメーション『星を追う子ども』 [DVD]
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

それはつまり、自分にできる限られたことが分かってるってことだ。
できないことを消去法でそぎ落とし、
できることだけを磨いてプレーしてる。

磨いて輝かないものはない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ