春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌と各種資料

カテゴリ: 制度・法律・福祉行政

三上委員の意見に違和感があると挙手した黒岩祐治委員(ジャーナリスト・国際医療福祉大大学院教授)は、「家族でもやっていることを、のどに何センチ入れたら医行為かというバカげた議論はやめたい」と発言。三上委員は「医行為が何か論じるのはナンセンスというなら現行の ...

■黒岩祐治委員(ジャーナリスト・国際医療福祉大大学院教授) ●何をごちゃごちゃ話してるのかよくわからない。時間のムダ。 この検討会で一番求めるのはスピード感。 ●看護職員が実施すべきとか、介護職員はやってはいけないなど、日本看護協会の言っていることは間違い。 ...

昨日 12日の出来事です 北隣の市にお住まいという方から  ホームヘルプ利用についての問い合わせがありました 担当として対応したのですが その街はサービス提供地域外だったので 内容も事情もきかず 「すみません サービス提供地域外なのです」で終わってしまった私で ...

車イスの新調を考えています。 以下、備忘録目的。 ...

ドキュメント整理していたら、こんなものを発見。 今となっては、どうしてこのような文章を送信する経緯になったのか分からないのですが、 一応、自分が書いた当時の文書の記録として残しておこうと思う。 別紙(べっし)様式(ようしき) 障害者自立支援法(しょうがいしゃじり ...

1年前、ホームヘルパーを利用しようとして動き出していました。 正直、あまり気乗りしていなかった。緊急性はなかったし、そろそろやっておかんといかんな。くらい。 しかしこの1年で、まさかこんなに上手く乗り始めるとは思ってもみませんでした。 いや、西包括支援セン ...

台風、低気圧のせいではないと思うけど今日は1日中、頭が痛い。気分もすぐれない。今年は、良いんだか悪いんだかっていう年を過ごしている感じです。 先日、西包括支援センターの支援相談員の方にようやくお会いできて、ヘルパー利用について再度検討。今度、「りんく」の ...

非常に、くだらないことを書きます。 よくテレビのニュース番組等で、 国や地方自治体の会議、会合、連絡会の様子(着席して、さぁ今から話すぞっていう画)が映し出されると思うんだけど、 必ず、飲み物が「おーいお茶」伊藤園 伊藤園が、国の会議用飲み物入札で勝ち取っ ...

↑このページのトップヘ