春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌と各種参考資料

カテゴリ:在宅医療・訪問看護リハビリ・病院・体調・健康 > 医療的ケア・気管切開・たんの吸引

blog.livedoor.jp 今回は「臨床工学技士=器械屋」ではないという事を皆様に知って頂きたく投稿させていただきました。 とは言うものの、ここまでのアプローチができる臨床工学技士(ME)って全国にどれだけいるの?という疑問がある。 助言はするけど結局は、医師と看護師 ...

これからでも何でもなく、ただまとめてみたかっただけです。 Togetterを使用しようかと思いましたが、めんどくさかったので止めました。下記に書いてある生理食塩水を垂らす方法は現在はあまり行われていないとの情報を頂きました。 やってみるにしても上級者の方法だと思う ...

2009年以来の調査、購入をしました。 特別、大きな変化は見受けられませんでした。 別で、子どもさんの鼻水吸引器というものが、 多く出ている印象でした。 鼻水が詰まっているお子さんが多いのでしょうか。 以前、友達に相談されたこともあるのですが、 私たちが使っている ...

石川悠加さん(1)全国から患者が集まる「駆け込み寺」に 石川悠加さん(2)「天職」に導いた患者たちとの出会い 石川悠加さん(3)「今がいい」と患者が言えるように 理念を合わせてチーム医療 石川悠加さん(4)共に生きる社会に 広げたい世間の理解 まず最初に言っ ...

たんの吸引をするためには基本的には、研修を受けます。 喀痰吸引等(たんの吸引等)の制度に関わる情報 (バクバクの会ホームページ 医療的ケア)研修の開催予定等は、都道府県のウェブサイトで確認できます。 喀痰吸引研修 | 愛知県 愛知県は、こんな感じ↑一年前と比べ ...

Astartの目的 ハンディキャップのお持ちの方に講演という仕事を提供させていただくことで仙拓が理想としている「障がい者を持っている方がフェアで働ける社会」に一歩近き、また、その人たちの想いやメッセージを広く発信することで、ユニバーサルな視点から社会の見方を変え ...

去年は非公式なものでしたが、今年は職員研修という公式になり、人数も倍以上でした。 講師とか書いてあって、びびりました。原稿を読んでもらったあと、質疑応答→控え室→質疑応答という流れ。 1時間半くらい。 帰ってきたら、ちょっと疲れました。水分はとってたけど熱 ...

以下、当事者不在討論の典型例みたいですね。 http://www.mcnet.or.jp/new/srh.cgi?act=list ☆NPO法人医療的ケアネット<春の学習シンポジウム&総会>☆  ブックレット発刊記念シンポジウム<開催案内チラシ>   どうなってんねん、これからどうすんねん”医療的ケ ...

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。 ご確認ください ↓公開は終了しました。 http://harutayasushi.net/sanko_03.pdf 上記のファイルは、自分のサーバにアップしているため、一定の時期が来たら削除します。ご了承下さい ...

↑このページのトップヘ