春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

カテゴリ: 在宅医療・訪問看護リハビリ・病院・体調・健康

関連記事:イラストアイコンを描いてもらいました。 名前:春田 康吏(はるた やすし) 住まい:愛知県大府市 生年月日:1984年3月23日 気管切開をして夜間から午前中、疲れたときなどは人工呼吸器を着けています。 そのほかは、何もなしか酸素吸入をします。 在宅勤務を ...

2010-Co-CoLife Vol.16 朝日新聞「障害者の講演 応援サイト」 月刊誌ノーマライゼーション2012年10月号「知り隊おしえ隊」 2002-2010中日新聞「発言」テーマ「リーダー」 中日新聞知多板「上を向いて生きよう」 1998-2001中日新聞「発言」 中日新聞「くらしの作文」 中日新 ...

昔は何かあると病院に駆け込むしかなかったわけだけれど、 在宅医療(往診、訪問看護)のおかげで、家で点滴治療を終えることができた。 昔は点滴するには入院するしかなかった。 ぼくは、おそらく一般的なマニュアルに当てはまらないことが多々あるので、 入院したら別のスト ...

前に春田くんは、何かあるときはすごいでかいやつがどんどん来るねと言われたことがあります。 他を知らないので、ぼくがどの程度か分からないのですが、 何となく自分でもそう思っていました。 1. 祖母入院 発端は、これでした。 「細菌性大腸炎」との診断でしたが、 CRP16 ...

世の中には、もう更新されなくなったブログが星の数ほどある。 理由は、 ・投稿者が亡くなった ・パスワードが分からなくなった ・飽きた そんなところだろう。 それを見た閲覧者は、決まってこう言うだろう。 「ここで更新が途絶えている」と。 投稿者としては、本意では ...

祖母の退院後の生活の話をするために両親が病院に行ったのですが、 いると思っていたケアマネがおらず、医療職だけで無駄足になってしまいました。 医療的にはもう退院できるレベルで病院的には早く出て行ってくれといった感じですが、 そのまま放り出されても困るレベルな ...

どうしてぼくに相談してくれたのか分からないのですが、 オムツについて聞かれました。 聞いてみると、介助者の空白ができてしまうので、 そのときにオムツを装着するしかないがどうしたもんかといった内容でした。 ぼくは今のところ、オムツ経験ほぼゼロです。 するときは ...

身体障害当事者の友達に母がインフルエンザになったと話していたら、 私は家族がインフルエンザになったときに、ヘルパー事業所も訪問看護事業所も みんな撤退して来なくなった。 だから高熱の家族に手袋とマスクを着けてもらって、 ずっとベッドから動かずに介助してもらっ ...

風邪を拾ったか祖母からの感染だと思っていた母が、まさかのインフルエンザA型陽性反応になってしまいました。 それで、予防的にタミフルを飲んでいた人の話を聞いたことがあったので、 翌日に24時間対応の在宅診療所に電話しました。 すぐ午前中のうちに、往診に来てくれて ...

祖母が入院からの母親の介護疲れ、感染で倒れてしまいました。 うーん。ピンチですね。 こういうときに限って父親は仕事が繁忙になってるし、 弟はもう家を出ていますからね。 私は生き延びることができるのでしょうか。 ヘルパーさんも、昔のように希望言ってくださいとかは ...

↑このページのトップヘ