春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ: 電車・バス・公共交通機関

いつもミライロ・リサーチにご協力いただき、誠にありがとうございます。
ミライロ・リサーチ事務局の森田です。

今回は、外出の実態把握や、新しい移動サービスに
関するWEBアンケートを実施いたします。
結果は、今後の新しい移動サービスの構想検討に活用させていただきます。

■対象
・下肢不自由、または体幹障害などで、車いすや杖などを利用されている方

■設問数・所要時間
・設問数:30問程度(回答内容によって多少前後いたします)
・所要時間:20分程度

■謝礼
・抽選で100名に1,000円相当のクオカード
 ※最後までご回答いただいた方が対象となります。
 ※回答締め切りから2か月以内に郵送いたします。

■回答URL:
※回答締め切り:9月12日(木)18時00分
※十分な回答数が集まった場合、期日よりも前に締め切る場合がございます。
 あらかじめご承知おきください。
※差し支えのない範囲でSNSや知人の方にご周知していただける場合には下記URLをご活用下さい。
周知用URL: https://jp.surveymonkey.com/r/LCDHJR6

たくさんのご回答をお待ちしております。
ご協力をよろしくお願いいたします。

森田
- - - -
ミライロ・リサーチ事務局
Email:info@mirairo-research.jp
電話:080-4705-5419(担当:森田・祝原・笹川)
営業日:平日月曜〜金曜日の9時〜18時(土日祝は休み)
プライバシー:
https://jp.surveymonkey.com/mp/legal/privacy-basics/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いつもミライロ・リサーチにご協力いただきありがとうございます。
ミライロ・リサーチ事務局の笹川です。

今回は、「公共交通機関の移動経路検索サービスに関するアンケート」のご案内です。

公共交通機関の移動経路検索サービスのサービス改善のため、
外出時の情報収集についてお伺いいたします。
※このアンケートの回答所要時間は約10〜15分程度です。

また、差し支えのない範囲で条件に該当する知人の方や SNSでのご周知をいただけると幸いです。
ご協力をお願いいたします。

■謝礼
ご回答いただいた方全員に1,000円相当のクオカード
※最後までご回答いただいた方が対象です。
※回答〆切から2ヶ月以内に郵送いたします。

■対象者要項
・肢体不自由(手動車いす利用者)
・肢体不自由(電動車いす利用者)
・肢体不自由(杖利用者、その他)
・視覚障害者(全盲)
・視覚障害者(弱視)
・聴覚障害者(全ろう)
・聴覚障害者(難聴)
・ベビーカーユーザー

■回答締め切り
1月28日(月)10:00
※必要回答数に達した場合、期間中であっても募集を締め切る場合がございます。
 あらかじめご承知おきください。

■回答方法
下記URLから開始してください 。
ご友人や知人にご紹介いただける方は以下のURLにてご共有をお願いいたします。
https://jp.surveymonkey.com/r/8DZH99M

ご回答いただきました個人情報の取り扱いは以下の通り、順守いたします。

個人情報の取り扱いについて
◆本アンケートでご記入いただいた個人情報は、
本アンケートに関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用いたしません。
◆お客様より頂いた個人情報は、弊社にて厳重に管理し、結果のデータ化、
商品の発送、統計調査およびより良い商品を開発する目的に使用させていただきます。

ご回答お待ちしております。

笹川
- - - -
ミライロ・リサーチ事務局
Email:info@mirairo-research.jp
電話:080-4705-5419(担当:森田、笹川、祝原)


プライバシー:
https://jp.surveymonkey.com/mp/legal/privacy-basics/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

在来線の自動改札機の通路幅
550〜590mmと900mm
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

結論から言うと、どちらも運用は難しいという結論に達した。
少し複雑なので、僕の誤解もあるかもしれない。
その際はご指摘頂ければ幸いである。
ヘルパー体制の構築からすべて希望通りとまではいかないが、移動支援(外出支援)が使えるようになった。
ここ5年で相当いろんなところに行った。
名古屋駅周辺が遠い都会と感じていた昔が懐かしい。
今はもう名古屋は庭である← 始めは、おっかなびっくりだったので介護タクシーばかり利用していたが、
徐々にコスパを意識し出し、公共交通機関に手を出し始めた。
日本の電車は、ほとんど遅れがないから予定も立てやすい。

TOICA | JR東海
http://toica.jr-central.co.jp/
最寄り駅がJR東海なので、まずはここから考えてみる。
ホームページにそれっぽい記載が無かったので、メール問い合わせをしてみた。
かなり経ってから長文の読む気が一気に失せる回答が来た。
完全放置していたが(実際に、JR駅員の対応で嫌なこともあったりして)ここで決着をつける。
少しずつ噛み砕いて読んでみよう。


JRでは、障害者割引がございます。 障害者の方が、介護者の方とご一緒にご旅行される場合、同じきっぷを同時にお買い求めのときは、ご本人および介護者お2人分の運賃(乗車券)を5割引いたします。


余計なところは削除しています。
実際は、第1種および第2種身体障害者や知的障害者がどうたらとか書いてあったり、
予防線張りまくりの長文で読みづらくなっていました。
さて、つまり、障害者と介助者で1人分。
料金的には、こども2人分と同じ料金である。よって券売機で、こども2人分買うことが多い。
過去に頭の硬い駅員からは、そういうことやめてもらえます?みたいなことを言われたこともあるが、
別に、キセル乗車してるわけでもないと思う。
それで、この料金体系をトイカに適用できるかが問題である。


TOICA定期券につきましては、駅窓口にて、障害者割引を適用したTOICA定期券をお求めいただくことができます。また、障害者の方と区間・有効期間・種類が同じTOICA定期券を同時にお求めの場合には、介護者の方にも、割引を適用したTOICA定期券をお求めいただけます。


いけるか?と思ったが、定期券と書いてある。


他方、TOICA等の交通系ICカードのチャージ額をご利用になる場合は、通常の運賃でご乗車いただくこととしており、身体障害者割引または知的障害者割引の適用された運賃でご乗車いただくことはできません。


「他方、TOICA等の交通系ICカードのチャージ額」
これは、普通にみんなが使っているトイカのことだと思われる。 つまり、障害者割引で乗ることはできない。。。


障害者割引は、ご同行される方の有無やご旅行される距離などで割引の適用条件が異なるため、弊社では、きっぷの発売時または改札時において、係員がお客さまと直接確認いたしております。  TOICA等のICカードは自動改札機にタッチしていただくことで自動的に運賃を減額する仕組みであり、これらの確認をさせていただくことができないため、上述のとおり、TOICAのチャージ額をご利用になる場合は、割引の適用された運賃でご乗車いただくことはできません。


システム上、無理みたいなことが書いてあるが、こども用トイカというものが存在するので無理というよりは、不正防止の思惑の方が強いような気がする。


なお、TOICA定期券の定期券区間外をチャージ額でご利用の場合につきましても、身体障害者割引または知的障害者割引の適用された運賃でご乗車になれません。そのため、身体障害者割引または知的障害者割引を適用したTOICA定期券をお求めいただく際には、カード内に金額をチャージする機能を付与するかどうか、お客さまにご選択いただいております。


とても使えるものではないことが分かったので、諦めた。
現状、障害者割引が廃止になったら使えるものとなる(笑)

manaca(マナカ)
http://www.manaca.jp/
トイカが駄目になった今、最後の望みはマナカに託された。
相互乗り入れが可能になっているので、使える可能性が出てきたのである。


割引用マナカとは、身体障害者手帳、愛護手帳、療育手帳などをお持ちのお客様のマナカです。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/inquiry/faq/6998/007006.html



介護・付添が必要なお客様は、本人用の割引マナカと同時に購入する場合又はすでに購入している本人用の割引用マナカをお持ちいただいた場合に、介護者・付添人用の割引用マナカを購入することができます。 http://www.kotsu.city.nagoya.jp/006810.html


これを読んで、さすが名古屋市交通局。
国鉄JRとは違うぜ!
「オラ ワクワクしてきたぞ」(ドラゴンボールZより)
なんて思っていたのですが、


3.お使いいただける交通機関
市バス・地下鉄、あおなみ線、ゆとりーとライン、名鉄バス(マナカが使える路線)でお使いいただけます。
 名鉄、豊橋鉄道及び相互利用先の他エリアではお使いいただけません。
また、相互直通区間の名鉄線についても使用できませんのでご注意ください。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/006810.html



質問5: 割引用マナカは市バス・地下鉄以外でも利用できますか。
答え5: 市バス・地下鉄の他、あおなみ線、ゆとりーとライン、名鉄バスでもご利用いただけます。
名鉄電車、豊橋鉄道及び相互利用先の他エリアではご利用いただけません。 なお、名鉄バスでは割引料金の適用となる要件が市バス・地下鉄とは異なる場合があります。詳しくは名鉄バスへお尋ねください。


僕がわりと利用するのが、地下鉄とあおなみ線くらいである。
そこの部分だけ利用するときは利用してみてもいいかと思わなくもないが、萎えた。
おまけに、


質問4: 割引用マナカの更新はなぜ1年ごとなのですか。
答え4: 割引乗車券は、本来、使用資格を証明できる手帳を提示したうえでご購入いただくこととしています。割引用マナカは、手帳を提示しなくても割引料金で乗車できるので、一定期間ごとに手帳の提示をしていただく目的で有効期限を設けました。有効期限については、福祉特別乗車券の有効期限と合わせ、3月31日としています。


1年ごとに駅長室等に出向いて更新する必要があるらしい。
これにて終了。要は、萎えてしまったのである。
この記事書くまでに1年くらい時間かかりました(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

安定感ないので、記録していきます。
時間通り来ないのは、まあバスだから仕方ないかと目をつむる。
本数少ない上に、10分以上遅れると閉口はするが。

【2015年7月19日】

車いすの先客がいて乗れないとか…。車いすの人が使っていくことはいいことだけども。乗れないとか…

Posted by 春田 康吏 on 2015年7月19日



【2014年12月7日】
西コース バスの後ろの扉を開き、リフトで乗降する形。

中央コース バスの車高を低くして横から手動スロープを出してもらい、座席を畳んでそこに乗る形。
大体のバスは、この乗り方が多い。

両コースとも乗るときに別々の運転手から「いつもどうしてます?」と聞かれる。
どうするも何も乗るのである。

中央コースに関しては、乗るときにバスの車高を低くすることができず、見知らぬ乗客から低くするのではないの?と指摘される。
降りるときもスロープの向きを間違えており、降りる前に介助者が気づいて指摘。

下記において、教育を徹底していくよう知多乗合へ指導したとのことだが、
教育が徹底されていないことが浮き彫りになる。

良いことは、大きく揺れそうなところは声かけがあった。


【2014年8月22日】
下記の件について、管轄の生活安全課にメール。
回答あり。
リフト故障時の対応につきましては、手動に切り替え、昇降させることが可能となっておりますが、運転手の認識不足で手動の時は、1名しか搭乗できないところ、介助者を含む2名乗せたため、動作不良が生じ、ご迷惑をお掛けした事が判りました。
運転手への教育不足からこのような事態になり、誠に申し訳ございませんでした。
運行に関する教育を徹底していくよう、知多乗合へ指導いたしました。

介助者もリフトに乗せたことにより手動でできなかったとのことだが、
そもそも運転手は「手動で上げられる」ということを知らなかったように思われる。
なぜなら介助者は一度下りてみたり、最後に私自身もリフトから下りたりしたが、
運転手はなかなかリフトを手動で上げなかったから。
上記のメールに対して、返信はしていない。


【2014年8月17日】
初めてのバスに乗れない
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

JR東海 Central Japan Railway Company(東海旅客鉄道株式会社)
2012年頃:駅員に告げないとスロープの対応はなし。
2014年現在:スロープ強制。(急いでいたとしても)乗降口も一番後ろのみ。
ただ、他の乗客対応で忙しくしている場合は別。

名古屋市交通局(地下鉄)
2014年現在:基本スロープ対応なし。駅員にスロープの必要性について聞かれることあり。
いらない場合は、そのまま通される。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ