昭和末期生まれの資料室

告知、求人、各種参考資料、アーカイブス

カテゴリ: ライブ・コンサート・演劇・イベント・握手会

きっかけは、今年見た1つのネットニュースだった。

義手の「欠損アイドル」として、私が積極的に活動する理由 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン


 


ここに出てくる琴音さんという子が可愛いなと思っていた。
欠損バーの存在自体は前から知っていた。

ちなみにぼくは、義手や欠損に対して、フェチでもないし、萌えたりもしない。
そんなやつが行っていいのかと思ったが、
琴音さんが可愛いと思ったのと、半ば興味本位で、
名古屋で開催されると聞いて、話題性もあるし面白そうと思って、
滑り込みセーフで申し込んだ。

こういうのは、ほぼ思いつきで行くことにしている。

90分を1日のうちで、5回行われる。
ぼくは、2回目の「13:45〜15:15」


https://www.instagram.com/p/BUTqKODg8eT/


噂の欠損バー名古屋に潜入してきました。http://haruta.blog.jp/archives/51972856.html



高齢者グループホームが入っているビルの最上階を貸し切って開いていた。(お店の人がたまたま見つけたとか)
満席の回もあったが、ぼくが行った回はお客さんが半分にも満たなくて、
余裕で話をすることができた。

お相手は、
義手の琴音さん
義眼のリブさん

琴音さんは、おっとりした不思議な話し方をする女の子だった。
もともとそうなのか、キャラ設定でそうしてるのか、はたまた交通事故でそうなったのかは分からない。
好きな人は好きな話し方だろう。

女の子に触ってはいけないということだったが、
義手はOKみたいで、琴音さんにフック船長っぽい義手で、ぎゅっと挟んでいただいた。何かに目覚めそうな瞬間であった。
肩甲骨で、開け閉めの操作をするらしい。
裁縫などをするときに使うらしい。

普通の手みたいなのも無造作に置いてあった。
汚れていたが、洗っても落ちないそう。
汚れが落ちやすいのもあるが、それは壊れやすくて、
義手は一長一短とのことだった。

リブさんの義眼も見せていただいた。
付けている状態の、ぱっと見は全く分からない。
目線で分かる程度だが、斜視とも思われるらしい。
義眼を外すときは、何とも言えない、おおー。と思った。
玉ではなく、覆う感じのもの。
触って見ると、それほどリアルさは感じなかった。

フリードリンク制で、1人6000円は安いのか高いのか評価の分かれるところだろう。
しかし普段、経験できないことができたということは収穫である。
義手や義眼の人と仲良くならないといろいろ聞きづらいし、
義手や義眼を触る機会もないだろう。
興味あるけど行かないっていう人は結構多そうである。

ドランクドラゴン塚地似の常連さんもいた。
どこの世界にもそういった人がいるのだろう。
義手のお客さんもいた。
いろいろ話していく中で思ったのは、
本人しか分からない悩みや辛さはあるにせよ、
不便ではあるが、まぁ何とかなる。といった印象だった。

乙武さんでも思ったが、
「障害者ではない」のではないか。ということだ。
まだ名前のない別ジャンルのような。

しかし、琴音ちゃんは独特の可愛さがある。


保存


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

10月6日(土)
5年に1回、半田市で行われる、はんだ山車まつりに参加します。

現地滞在時間は、おおよそ13〜16時です。

ご一緒してくれる方は、ご連絡ください。
尚、介助者は確保してあるので、介助者の募集ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先月の上映会は、体調が回復しなかったので止めていました。
それで今日、上映スケジュールを入手しました。
CCF20120209_0000

行けるとしたら3月かなぁと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

体調不良の場合は欠席します。

・14日(土)
☆ チャレンジド新年会
日時:2012年1月14日(土) 18時〜20時
場所:チャレンジド
参加費:500円
http://blog.livedoor.jp/kominka_cha/archives/55503127.html
この日は昼間も出かける予定なので、かなり迷いましたが久しく行ってないので、今の体調状態なら行けるかなぁ。。。と思ってチャレンジしてみます。


・29日(日)
映画「だんらんにっぽん」鑑賞
開場13時30分 開演14時
東浦町勤労福祉会館
チケットあるらしいので欲しい方はご連絡を。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



はい!
てことで、行ってきました。ウェルフェア。
ポートメッセなごやまで家から車で20分くらいで行けちゃうんです。

前に行ったのは、たぶん10年くらい前。それ以来、一度も行ったことがありません。
散々、最近は良くない、良くない。といろんな人から聞かされていたので、期待値はかなり低めに設定。

そのせいか割とストレスフリーに見れました。
45分くらいで、ざっと一通り見ましたよ。

一番驚いたのが、これ。



日本の福祉を根底から覆す。
今までの常識を打ち破るイノベーション。

「陸上自衛隊の野外炊具1号」そして、トラック。

いやぁ、画期的な商品でした。非売品みたいですが。

ネタじゃないよ。マジであったんだから。
なんか関係ないのが、結構あったよ。韓国エステとか、ソフトバンクのポケットWi-Fiとか。

まぁ、共に生きるってことで、いいんじゃないでしょうか・・・・。

まじめな福祉機器・用具で言うならば、「ああ、知ってますよ」っていうのが多かったかな。
特に、自分の人生が劇的に変わるようなことは感じませんでした。

アンテナは立ててたつもりだけど、ふーん。って感じで。

ツイッターで知り合った(@m_m2725)さんにお会いする予定でしたが、時間が合わず会えませんでした。残念。

てか、親に連れてってもらって、現地では自由行動で一人で見てたんですけど、
最後の方、群集の中の孤独っていうか、ぼっち感が強くなってきて、やばい。と思いました。

あれ、俺、友達いなかったっけ。あれ・・・みんな複数で来てるよ。汗。みたいな。

ただ、重心のお子さんの家族がちらほらいたのは意外でした。いいですね。
今回は行けるかどうか分からなかったので、数日前に行くことが正式決定したけど、
大した目的がないのなら、こういうのは友達とか仲間とかパートナーとかと、適当にしゃべりながら見た方が楽しいかもね。

去年と違って、お出かけ運はわりと介助者がスムーズに見つかっていいのですが、
人気運がどうなんだろみたいな今日この頃です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨年度2月に東京・日本財団ビルで開催された「障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラム(共生フォーラム」」が今度は名古屋で開催されます。
http://blog.canpan.info/shien-net/archive/47

一瞬、これ行きたくなったけど、午後からのつまらなさそうな内容で萎えた。
政治家と官僚の話って、まぁ中心を担う人だから大事なんだけど、基本つまんないんだよね。
今年の医療的ケアシンポジウムで、つくづく思った。

僕は体調の都合で、午後からしか出かけられないから、あぁ、午前の戸枝さんの話、聞きたかったよぉぉと思った。
午前の方が興味深い話が聴けそう。
てか、戸枝さんに会いたいんです。
知ってる人は知ってると思うけど、僕は、たまに戸枝さんのブログにコメント書き込みしてます。
だからたぶん、戸枝さんは心の片隅では僕のこと知っていると思う・・・。たぶん。

いつか会えそうな気がするけど、なかなか会えない。
支援者の人は割とファンが多く、普通に会ったことある人はいるみたいだけど。

僕にとっては、芸能人とか雲の上の人くらいのレベルの人です。

それに、ブログやネットくらいしかこういうフォーラム情報は入手できない。
なにか別の情報入手方法があれば誰か教えてほしいです。
結局こういうのって、第一次情報は、支援者のところに届くんだよね。

あと、障がい当事者は大抵、介助者が必要だから、介助者ってなると、ヘルパー。

ヘルパーは、定期利用でない場合、基本的に前月の15日までに利用希望を出さないといけないから、
15日過ぎてから情報を出してもらっても困るんです。


大事なところだから太字、アンダーライン付きで書きましたよ。
どうしても!!!!というときは、ぺこぺこ頭下げてお伺い立てますけど。

今回は、違うかなぁ。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

"落語会のプリンス"柳家花緑と、"尺八の貴公子"藤原道山とのコラボレーション企画です。落語と尺八が合わさるとどうなるのか? 二人の軽快なトークも見どころです。ファンの間では伝説の公演が大府で復活します。http://www.city.obu.aichi.jp/contents_detail.php?frmId=6939

柳家花緑の落語ということで、チケット買っていました。
少し前に、とくダネ!にも出てた人です。
人間国宝・柳家小さんの孫です。

結構すごい人なので、いっぱいかと思いきや、
ガラガラでした。(笑)

まあ音楽会ということで、怪しさはあったわけです。
藤原道山なんて、知らないし。

感想は、やっぱり、尺八はいらないな。と思いました。申し訳ない。

演目は、「初天神」だったわけですが、もう一席観たかったなぁ。
花緑がピアノやウクレレも弾いて、多才ということは分かりましたが。

落語がいいな。やっぱ。

んで、これ買った。
落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)

柳家花緑 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%AE%B6%E8%8A%B1%E7%B7%91

藤原道山 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E9%81%93%E5%B1%B1

竹林庵 : 柳家花緑&藤原道山 音楽会
http://dozan.exblog.jp/13093412/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

重要なことなのに書いていなかったことがあった。まぁここは掃き溜めみたいな感じなので、自由に書いてますが……。



9月10日(日)ぽちポチの話し合い。

ぽちポチには、発足当初から4年参加してきてますが、こんなにきちんと話せたのは初めてだったかもしれない。とても有意義だった。問題が完全に解決したわけではないが、閉塞感・ストレスが溜まり始めていたときだったので、次につながると思った。

http://blog.goo.ne.jp/potipotihp/e/de1cf86bf1c599b24a4ca42b296f0ec0



9月30日(土)黒テント「ど」

劇を観たのは初めてでした。知り合いに勧められて、観てみることに。事前に劇団の宮崎さんとも掲示板でお話をさせてもらって、いざ。武豊町、ゆめたろうプラザ、響きホール。建物は新しい感じで、ホールも円型で非常に変わっていました。内容は、どもり(吃音者3人)のお話。時代設定が1960年代なので、出てくる歌はみんな不明でしたが、劇というものは同じ場所でこういうふうに場面転換するのかとかいろいろ思った。ただ、台詞にト書きを入れるのは小説を読んでいるみたいで嫌だった。これは受け付けなかった。最後に、どの方が宮崎さんかな。と思っていたが向こうから話し掛けて下さった。

挨拶程度ですみませんでした。

http://kitanet.easymyweb.jp/member/keiji_miyazaki/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

行ってきましたよ。ミスチルのライブ。

I LOVE UIt’s a wonderful world
Mr.Children 1992-1995Mr.Children 1996-2000シフクノオト


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

明日です。天気も良いみたいです。

どうなることやら……ドキドキ。。。

アンデス共同館のワニサンド、食べようと思ったけど、

やっぱお腹こわすといけないし、やめようかな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ