春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ: 講演会・シンポジウム

スライド資料
通リハ お引越しプロジェクト
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2020/01/aioi.pdf

Eさんおかえんなさい〜医療的ケアと向き合うホームでの暮らし〜
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2020/01/link.pdf

Mさんから受け取った「モノ」
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2020/01/attaka.pdf




今回は聞いた情報、あったことを箇条書きで。

第2題『恵利也さん、おかえりなさい〜医療的ケアと向き合うホームでの暮らし〜』
○確か発表スライドでは、「おかえんなさい」となっていたので何か意味があるのかと思っていたが、特に言及されず誤字なのかそうでないのか。

○廣瀬さんが会場から発言。当事者とその家族と関わっていたようで、
「医師が地域生活を勧めてくれたような発表があったが、病院は2ヶ月そこらで退院させたいだけ。地域生活を本当に勧めていくのは福祉側の管理者であるべきでしょう」
→これはごもっともだと思った。近年、病院は長期入院を嫌がる傾向にあると思っている。制度的、経済的なことだろうと思うが。

さらに「医療的ケアが必要な人、もっと重度な人と「共に生きる」にはどうすればいいか真剣に考えなければいけない」

○三宅さんも会場から発言。医療的ケアが必要な人が地域生活を送ることについて、さらっと「春田さんもいますけど」と言われて、空耳かと思ったが本当に名指しされたらしい(笑)
何かコメントしなければいけないのかと思ったけど、振られたわけでもないし、特に思いつかなかった。
その中で、「医療的ケアコーディネーター」という言葉を初めて知った。まだ研修段階のようだけど。

○高校の時の今は亡き担任のお子さんが就職トレーニングセンター(就トレ)で今年から働いていることを声をかけられて知った。なかなか感慨深いものはある。

○最後の皿井さんの締めの言葉はいつもとんでもないことを言ったりするので聞きたい向きもあったが、明日も予定があるので今回は少し早めの退散。

○実行委員とは関係のないスタッフの来場が増えたのは、研修費名目のお給金が出るようになったからではとのこと。
→納得。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

68349241_1502963426512363_3174699564456214528_o


68867686_2541143002616267_1593623043672899584_n

映画上映会・大西監督トーク&ディスカッション・写真展
日時:令和元年8月24日(土)13:30‐16:30
開場:13:00〜
場所:東浦町文化センター
入場料:1,000円(障がい者手帳所持で500円)

主催:訪問看護ステーション和来




利用している訪看主催の上映会でした。
利用者は、招待券を頂けました。介助者分も頂けました。

ドキュメンタリー映画ということは聞いていましたが、
ざっくりしたあらすじを聞いた程度。

精神病棟に入院している人が沖縄へ旅行するドタバタ劇かと思いきや、
そこは主題ではありませんでした。
長期入院している人の暮らし、精神科病棟、地域移行そういったことが知れる映画でした。

監督が写真家なので動画はあまり慣れていないということと、
映画としての質はいまいちかもしれませんが、資料的な価値は十二分にある映画でした。

益田敏子さんが一旦は沖縄行きは嫌がっていたのに、どういう経緯で行けたのか、
患者の周りの支援者たちほとんど出てくるのに、主治医の許可が下りなかった患者について、
ドクター側が一切出てこなかったのは、謎と疑問が残る点でした。

上映会後の監督のトークショーが、映画の解説のようになっていました。
患者の恋人として出てくる、はるみさんは外来で逆ナンパされたとのことでしたが、
この「外来」は、病院の外来という意味ではなく、「外から来た人」という特殊用語だそうです。
はるみさんは、精神障害者というわけでもないとか。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

酒井ひとみ


嶋守恵之+前田あゆみ


川口美怜


岡部宏生


他にもあったような気もするのですが、記録し損ないました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

渡辺一史+立岩真也
http://www.arsvi.com/ts/20190601.htm

【第一部】2019.6.1筋ジスの自立生活とは〜筋ジス病棟から自立生活へ〜
https://www.youtube.com/watch?v=6LPOY0mdC3M&feature=youtu.be&t=239
古込和宏氏の手記

【第二部】
https://youtu.be/j1gikdujOOA?t=605
以前、ある投稿で鹿野さんと直接メールのやりとりをしたことのある方が、
ボランティア集めについて、教会が大きく関わっていたという話を鹿野さん自身から聞いたとあったが、公に出てこないということは偽情報なのだろうか。
それを聞いてとても納得したのだが。

【第三部】
https://youtu.be/wNayI4LL62Y?t=510



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1417678_566865863386364_2087777826_o


講演テーマ1 医療的ケアを受けながら地域で暮らすということ
中学1年のときに気管切開。その頃から多くの人に、たんの吸引をしてもらってきました。
ヘルパー(介護士)等のたんの吸引が正式に認められるようになった今、
たんの吸引をしてもらっている当事者の立場から、お話させてもらいます。

講演テーマ2 重度身体障害者が、就職するということ
2010年に、株式会社エヌ・エフ・ユーに在宅勤務として就職しました。
なぜ就職できたのか。それまでの経緯や考え方、また現在の業務内容についてお伝えできることをお話します。

講演テーマ3 様々な学校教育を経験してきた立場から
院内学級、普通小学校、養護学校通学、院内訪問授業、在宅訪問授業、大学通信教育部と、小学校から大学まで様々な形態の学校教育を受けてきました。
その立場から、学校教育のあり方についてお話します。

その他:「障害者の性」の対応について
これまでの主な実績は、こちらからご覧頂けます。

主な経歴
1984年 愛知県大府市生まれ
1996年 中学1年のとき、気管切開
2008年 日本福祉大学通信教育部卒業
2009年 とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の代表として、
映画「ぼくはうみがみたくなりました」の自主上映会(愛知県内では初)を企画運営
2010年 株式会社エヌ・エフ・ユーに就職

講演料金
要相談(質疑応答も含めて90分程度。途中休憩あり)

講演実績
愛知県立ひいらぎ養護学校 平成24年度夏季教員研修〜医療的ケアを受けながら地域で暮らす〜


メディア出演
2003年 中日新聞知多板「上を向いて生きよう」掲載

執筆実績
月刊誌 ノーマライゼーション2012年10月号のコーナー「知り隊おしえ隊」

連絡先はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナゴヤドームに行きたい?
〜本人の思いを尊重するためには〜
知多地域障害者支援センターらいふ
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2018/12/raihu.pdf

働きだしてからの気づき
〜K.Tさんのエンパワメントを考える〜
就職トレーニングセンター
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2018/12/syuutore.pdf

その人らしさに寄り添う
〜小川看護師との関わりを通して〜
介護老人保健施設 相生
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2018/12/aioi.pdf


参考リンク:たかおねっと https://takaonet.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6883894b.jpg


これ、行ってきましてん。
前回は、チケットを申し込んでいたにも関わらず、映画「君の名は。」を観に行くという暴挙に出ていたのです。
今回、チケット申し込んだときは、沈静化していましたが、
ここに来て、フォレスト・フレンド問題が再燃。
本当にアッキーは来るのか。と思ってましたが、
普通に来てました。副題の「いつもどこかで咲いている」が、意味深な空気を醸し出しています。
30分前に着いたときから、カメラマン数人がちらほら。
黒い服の強そうな人もちらほら。
外には、昭恵さん国会で話しましょう的な弾幕を持ってるあちらの方々も。
会場の空気が既におかしかったです。和やかな対談会の空気じゃない。
場内アナウンスも、暴力的な行為はおやめください。とか、
観客を凝視する黒いおじさんが数メートル感覚でいました。
福祉ふれあいどころではない。
戦争なぐりあいでも始まりそうな気配でした。


headlines.yahoo.co.jp
障害者の男性と対談形式で意見を交わしました。


CBCテレビは、散々、仙務さんを取り上げていたんですよね。
何度も何度も、もういいよ、同じ話ばかり。というように、CBCとズブズブの関係と思っていたのですが、障害者の男性ってwwww
マスコミ、怖いですねぇ。


headlines.yahoo.co.jp
イベントでは、脊髄性筋萎縮症で寝たきりになりながらも障害者自立支援活動などを行っている佐藤仙務氏と対談。


きちんと書いてあるメディアもあります。昭恵さんは初めて生で見ましたけど、人となりは普通すぎるくらい普通のおばさんですね。
感じとしては、好きなタイプです。
腹黒そうとかザワッとした雰囲気とかそういうものはありませんでした。
だからいろんな人が近寄ってくるんでしょうけど。ちなみに質問タイムはありませんでした。
「昭恵さん、あなたが話す場所は東海市じゃなくて、国会ではないのですか?」という質問を用意していたのですが。
二部の途中で出てきましたが、外に出たら、




ニヤニヤしてしまいました。こんな機会、なかなかないですからね。
愛知県警も来ていたのには驚きましたけど。
報道陣の間を通り抜けて、隣のうちの会社がやっているカフェ「くらそっと ゆうなる東海店」に行ってお茶してました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

欠損バー『ブッシュドノエル』の片腕アイドル・琴音ちゃんがパネラーとして呼ばれた「障害者の性」を語る会
http://tablo.jp/culture/idol/news002527.html

熊谷先生を脳性麻痺の太ったおじさん、熊篠さんを脳性麻痺の痩せたおじさんと言い、


一体何が悲しくて3000円も払って土曜日の朝からおっさん二人のチンポ事情を聞かされなければならないのでしょうか。これは何かの罰なのでしょうか。


と書く、琴音ちゃん愛に溢れている人の記事、新年早々、笑わせてもらいました。
しかし、公開セクハラは良くないですねぇ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



もう12回目なんですね。
最近は、ご無沙汰しておりました。
廣瀬先生から、「あなた最近、来なかったじゃないの。体調悪いのかと思ってたわよ」と言われてしまいました。(笑)
ただ、予定が合っていなかっただけです。。。ご無沙汰の年月の間に、やり方も変わっていました。
ファシリテーター役を立て、発表自体も淡々とたくさんやっていたスタイルから、
2つをファシリテーター中心に掘り下げるような形になっていました。
ファシリテーター次第で、どういうふうにもできるような感じでした。

テーマ「切れ目のない支援 ライフステージを通して」
第1題 「ぼく、みんなに助けてもらいながら大きくなるよ!〜保護者と一緒に考えた進路〜」
大府市発達支援センターおひさま

本人の意思決定支援について、子どもではどうなのかということで、
子どもは正直だから聞けばいい。という話にはなるほどと思いました。
ずっと疑問に思っていたことでした。

第2題 「障がい福祉サービスから介護保険サービスへ」
俗に言う「65歳問題」なんですが、
僕自身の他人事感がかなりあります。
いつ落とし穴に落ちるように死んでもおかしくないと思っているし、
30年後なんて良くも悪くも制度自体、変わっているでしょう。今回は久しぶりに参加したこともあってか、昔、ヘルパーとしてお世話になっていた方たちや初期の相談支援の方、昔のサークル仲間に会えました。
積もる話があり過ぎて、同窓会気分。
まぁ、深い話はみんないるのでできませんが。
有料記事のあのタイトル、なに自爆してんすかwwww」
有料記事、まだ買ってませんwwすみません」と変なところも突っ込まれたり。。。
今回は、ヘルパーが付けなかったのですが、場所が場所だけに何とかなるだろうと思って、
あらかじめボランティアしてくれそうな人、数人にお願いしておきました。
介護タクシーで現地まで行って、玄関で落としてもらって、
とぼとぼ歩いていったら無事捕獲されました。
「春田さんから招集かかりました。」と。。。

 熊谷 これまで6回引っ越して、一番生活がうまくいったのが契約型と非契約型介助のハイブリッドでした。介助員として契約した人が地域のコーラスグループのメンバーで、仲間の他のメンバーと融通し合って互いに介助の穴を埋めてくれました。日常生活は何が起こるか分かりません。契約型の介助だけだと契約外のことはしてくれません。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12813206.html?rm=149


ボランティアをお願いするって、労働力の搾取になっちゃうんじゃないかという不安がずっと、
ぼくにはあるのですが、たまにはいいのかもしれませんね。
まぁこれまで培ってきた関係性だったりで、狙ってできるものではないのです。
ただ、何となく仲良くなった人に、ピンチのときにお願いするのですが、
出来るだけWin - Winになれるようには考えています。

HOME of 社会福祉法人愛光園
http://www.aikouen.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

cn60_kouen

http://www.mbs2000.com/nhlc/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

メインテーマ : 『 つながる支援 〜自分らしく生きる〜 』
発表事業所:障がい入所支援グループ「まどか」
障がい通所支援グループ「ひかりのさとファーム」
地域生活支援グループ「知多地域障害者生活支援センター らいふ(直接支援)」
療育・相談支援グループ「障害児等療育支援事業 らいふ」
高齢入所支援グループ「介護老人保健施設相生(リハビリ)」
高齢在宅支援グループ「相生指定居宅介護事業所」
本部長@愛光園: 愛光園実践発表会


毎年行き始めて、4回目くらいになってしまった。
そろそろ発表内容に関しては、マンネリ化は否めない。これといった目玉がないのかも。
そういった意味では、参加はもう卒業しようかしらと思わなくもないが、ここでしか会わない人というのもいるので、よほどのことがない限り、のんびり参加するでしょう。
しかし、愛光園に終わりは感じないが、この実践発表会自体は何となく終わりを感じる。
今後続けるとしたら、何か新しい一手や目玉がほしいところ。
関係者様ひどい感想で申し訳ありません。
個人的な感想としては、知り合いが突然、発表者として出てきたのが驚いた。
廊下ですれ違ったので、何で教えてくれんかったの〜?と聞いてみたら、
だって恥ずかしいから……とのことでした。
で、その発表に関して、同じく廊下ですれ違った廣瀬先生から、道代さんの生き方を受けてあなたが考える自立もどこかで発表してね。と有り難いというか、ちびってしまいそうなお言葉を頂いた。
あと高齢者部門は、とても真摯で丁寧な人だなと思いました。声が良かった。
障害者部門とは何かが違います。
総評は、去年と同じ教授先生でした。
で、去年と同じようなことをおっしゃっていた。

つながりはつながりでも、もつれたつながりというのもある。その場合は、ほどいて離してもう一度つなぎ直す必要がある。


ただ、「つながりというのは現在だけでなく、過去から現在につながるということもある。」というのは、なるほどと思った。
去年、もう総評は木全先生でいいんじゃないかと言っていた僕ですが、学校の先生は学校の先生、研究者なので、
やはり上田さんが恋しくなってきた。在籍はしているそうですが。

以上、今年は、いつになく最低な感想になりました。。。
そろそろ、医療的ケア関係で、おいら出してほしいんですけど
どうなんでしょう。そろそろ。(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一般も受講OKな講義。
勉強熱心なはるたさんです。行ってきました。
もしかすると、90分の講義をリアルで最初から最後まで受けたのは初めてかもしれない。
でも、概論だからか、簡単でした・・・。物足りなさすぎました・・・。
てか、学生さん1年生だもん。
1年生ですよって書いといてくれたらなぁ。。。
そのあとは、会社の人と学食で夕食を食べて帰ってきました。
はるたさんだったら、大学院の公開講座でもいいんじゃない?と言われたけど、
大学院は難しすぎますよ。お知らせとか見たことあるけど、うわぁ。って思ったことある。
でも機会と興味があればね。。。



チキン竜田揚げ丼。安くておいしかったですよ。


私の職場がある建物(9号館)

2012年07月18日

そのほか

大府西ICにタッチ!(20:33)

そのほか

大高料金所にタッチ!(20:32)

そのほか

美浜ICにタッチ!(20:08)

大学

日本福祉大学にタッチ!(16:53)


そのほか

美浜ICにタッチ!(16:13)

そのほか

大府西ICにタッチ!(15:50)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

対談
元気を出す方法 〜学校から、家族から、地域社会から〜
スポーツ&音楽ライター 玉木 正之
作家 乙武 洋匡
乙武さんは震災当初「僕が行っても、迷惑をかけるだけ」とボランティアに加われないもどかしさを感じていました。しかし「前向きに生きるための手伝いならできる」と現地に赴き、一生懸命な姿を見せ、人々を励ましました。また、玉木さんは武道とスポーツによる石巻の復興プロジェクトに参加し、東北再生に力を注いでいます。困難や苦しみに直面した時、あきらめずに元気を取り戻すにはどうすべきか考えます。
6月1日(金) 夕5:00〜6:30
各回 2,730円 (会員2,520円) ※6回通し12,600円 (入会金不要)


中日ビルは、栄駅と直結でした。
中日文化センターで受け付けをして、上の中日パレスというところ。
結婚式場みたいなシャンデリアが下がってる豪華な会場でした。
震災に関することが中心でした。
人ごとではないことは確かですが、東京に住む人(乙武さんら)と西日本に住む僕とは温度差があるなというのは感じました。

・原発に関しては、正確な情報を出してほしい(本当に夏になると電力が足らなくなるのかなど)
・今の政治家は、PR下手。
・賛成派、反対派だけで集まるのではなく、双方が集まって話し合ってみてほしい。
・心の回復は個人差があるということを覚えていてほしい。


以上のようなことが印象に残りました。
乙武さんは、やたらと障害があっても、のほほんと明るく暮らしてます。とか、
自分に障害があることを感じたことがない。というようなことをおっしゃっていたけど、そこは別に強調しなくてもなぁというのは思った。
「社会が障害を決める」のだとしたら日本という社会では、乙武さんの障害は障害ではないのかもしれない。
過度に暗くなる必要もないし、権利を振りかざさなくてもいいけど、自分の性格だけでカバーできるものでもないと思うんだよね。
帰りに、変なちゃらい感じのお兄ちゃんに、「乙武さん?乙武さんですよね?」って言われた…。
ぼく、手足ありますけど…。
あんなにオーラないはずですけど。
質疑応答で、おばさんが、乙武さんは障害者じゃなくて健常者に目が向いてるというのがよく分かりました。と言ってたのがクスッと笑えた。
しかし、おばさんというのは質問タイムと言ってるのに、ベラベラ自分の話をするから呆れる。
電車を待ってる間、駅員さんが、黄色い線かすれてきちゃったんですよね。とつぶやいていた。いいのか、それで。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://harutayasushi.net/odekakeml.html









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



愛光園は、障がい当事者同士のつながりは、あんまり重視していないのかなぁとずっと思ってたけど、
今回参加してみて、なかなかいい取り組みだと思った。
というか、こういう場を求めていたかも。
今後も機会があれば参加していきたいな。











2012年03月24日

そのほか

大府西ICにタッチ!(15:22)

そのほか

大高料金所にタッチ!(15:21)

ジャンクション

半田中央ジャンクションにタッチ!(15:11)

そのほか

半田市市民交流センターにタッチ!(15:00)

オトナ(女)

知多娘にタッチ!(14:59)

ショッピングモール

クラシティ半田にタッチ!(12:24)

そのほか

半田ICにタッチ!(12:01)

そのほか

大府西ICにタッチ!(11:50)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ