昭和末期生まれの資料室

告知、求人、各種参考資料、アーカイブス

カテゴリ: 講演会・シンポジウム

ナゴヤドームに行きたい?
〜本人の思いを尊重するためには〜
知多地域障害者支援センターらいふ
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2018/12/raihu.pdf

働きだしてからの気づき
〜K.Tさんのエンパワメントを考える〜
就職トレーニングセンター
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2018/12/syuutore.pdf

その人らしさに寄り添う
〜小川看護師との関わりを通して〜
介護老人保健施設 相生
http://www.aikouen.jp/wp-content/uploads/2018/12/aioi.pdf


参考リンク:たかおねっと https://takaonet.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1417678_566865863386364_2087777826_o


講演テーマ1 医療的ケアを受けながら地域で暮らすということ
中学1年のときに気管切開。その頃から多くの人に、たんの吸引をしてもらってきました。
ヘルパー(介護士)等のたんの吸引が正式に認められるようになった今、
たんの吸引をしてもらっている当事者の立場から、お話させてもらいます。

講演テーマ2 重度身体障害者が、就職するということ
2010年に、株式会社エヌ・エフ・ユーに在宅勤務として就職しました。
なぜ就職できたのか。それまでの経緯や考え方、また現在の業務内容についてお伝えできることをお話します。

講演テーマ3 様々な学校教育を経験してきた立場から
院内学級、普通小学校、養護学校通学、院内訪問授業、在宅訪問授業、大学通信教育部と、小学校から大学まで様々な形態の学校教育を受けてきました。
その立場から、学校教育のあり方についてお話します。

その他:「障害者の性」の対応について
これまでの主な実績は、こちらからご覧頂けます。

主な経歴
1984年 愛知県大府市生まれ
1996年 中学1年のとき、気管切開
2008年 日本福祉大学通信教育部卒業
2009年 とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の代表として、
映画「ぼくはうみがみたくなりました」の自主上映会(愛知県内では初)を企画運営
2010年 株式会社エヌ・エフ・ユーに就職

講演料金
要相談(質疑応答も含めて90分程度。途中休憩あり)

講演実績
愛知県立ひいらぎ養護学校 平成24年度夏季教員研修〜医療的ケアを受けながら地域で暮らす〜


メディア出演
2003年 中日新聞知多板「上を向いて生きよう」掲載

執筆実績
月刊誌 ノーマライゼーション2012年10月号のコーナー「知り隊おしえ隊」

連絡先はこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


愛・地球博記念公園モリコロパーク)の地球市民交流センターというのは、


体育館ではなく屋根付き屋外でした。


クーラーを想像していたので少し出ばなをくじかれるものの、


屋台が何台か出ていたので、まずはレモンかき氷を投入。


ステージの他に体験ブースもいくつかありました。


 


ステージを見ていたら、「朝日新聞出版社の者ですけど、イベント取材していて、あなたの顔が入ってしまったので雑誌に載せてもいいですか?」と聞かれました。


プロ僕「ALSのイベントなのに、ALSでない人を載せてもいいんですか?読者に誤解を与えますよ。朝日新聞の倫理観が問われますよ。」とは言いませんでした。


何の雑誌か分からないので見つけた人は教えてください。


 


体当たり指筆談 ーテンダーハート昭島・tokyo体当りチームー


https://www.facebook.com/taiatarisirayukihime/


不覚にも指筆談は知りませんでした。


指文字や指点字など特殊な配列を覚える必要があるものを想像していましたが、


ただ相手の指の先に一文字ずつひらがなを書いて読んでもらうというものでした。


なかなかの密着具合いでした。


まさしく何とか伝えたい、読み取りたい人と人のぶつかり合い。


女の子とやったら何かが芽生えるでしょう。


 


分身ロボット「OriHime」


orihime.orylab.com


 


前々から一番興味があったオリィさん。


黒いマントのお兄さん。


f:id:torahouse:20170703202056j:plain


僕は、オリィ研究所の理念



オリィ研究所は距離や身体的問題を克服し、
あいたい人に会え、 行きたいところに行ける
未来を実現します



これについては高く評価している。


身体的障害があると、どうしても行けないところというのは出てくる。


そこに光を当ててくれたのはありがたい。


ただ、水を差すようだが、Orihimeのデザインや方法については少し納得がいっていない。


何で、あの顔なのか。好みの問題かもしれないが、僕はあのデザインがしっくりこないのである。


そう思っている人はいると思うのだが、そういう声は一度も聞いたことがない。


言ってみれば、ロボットの形をした電話なのだが、


Orihimeを操作している人は相手の顔がカメラを通して見られるのに、


現地の人は声しか聴けないのである。


プライバシーへの配慮なのか、どうも生身の人間と話しているという感覚が出てこないのである。


現段階では、仕事の打ち合わせや会議が限度のように感じている。


究極は、映画「アバター」の世界だろう。


恋愛や性的なことに使えるレベルに達したら完成形のように思う。


ちなみに僕は、ペッパーのデザインもおかしいと思っていて、好きなのは今のところロビだけである。


 


Orihimeは、ロボットを通じた肉体労働も視野に入れた最新作の研究もしているとか。


f:id:torahouse:20170703212242j:image


 


視線入力装置



Orihimeだけで終わらないところが、吉藤オリィさんのすごいところで、


初めてこれを見たときからずっとやってみたかった。


そして、やれました。


外部装置をつけることなく、目の設定をパソコン上でするだけでできるというのが一番の魅力だと思う。


眼球を動かしている意識はなく、あくまで自然な感じでポインタが動いてくれた。









「孤独」は消せる。

吉藤健太朗 サンマーク出版 2017-03-07
売り上げランキング : 42890













by ヨメレバ


ゴロン


肝心のゴロンは、クーラーの効いた部屋から見物。


f:id:torahouse:20170703212847j:image


日常的にALSに近い身体なので、まぁいいかと(笑)


このあと疲れて本当にベンチでゴロンしたのだけれど。


 


それにしても、ALSオールスターズの面々や


難病界の重鎮がチラホラ見えました。


 


暑い中、お疲れ様でした。


 


保存


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

メインテーマ : 『 つながる支援 〜自分らしく生きる〜 』

発表事業所:障がい入所支援グループ「まどか」

障がい通所支援グループ「ひかりのさとファーム」

地域生活支援グループ「知多地域障害者生活支援センター らいふ(直接支援)」

療育・相談支援グループ「障害児等療育支援事業 らいふ」

高齢入所支援グループ「介護老人保健施設相生(リハビリ)」

高齢在宅支援グループ「相生指定居宅介護事業所」

本部長@愛光園: 愛光園実践発表会
毎年行き始めて、4回目くらいになってしまった。

そろそろ発表内容に関しては、マンネリ化は否めない。これといった目玉がないのかも。

そういった意味では、参加はもう卒業しようかしらと思わなくもないが、ここでしか会わない人というのもいるので、よほどのことがない限り、のんびり参加するでしょう。

しかし、愛光園に終わりは感じないが、この実践発表会自体は何となく終わりを感じる。

今後続けるとしたら、何か新しい一手や目玉がほしいところ。

関係者様ひどい感想で申し訳ありません。

個人的な感想としては、知り合いが突然、発表者として出てきたのが驚いた。

廊下ですれ違ったので、何で教えてくれんかったの〜?と聞いてみたら、

だって恥ずかしいから……とのことでした。

で、その発表に関して、同じく廊下ですれ違った廣瀬先生から、道代さんの生き方を受けてあなたが考える自立もどこかで発表してね。と有り難いというか、ちびってしまいそうなお言葉を頂いた。

あと高齢者部門は、とても真摯で丁寧な人だなと思いました。声が良かった。

障害者部門とは何かが違います。

総評は、去年と同じ教授先生でした。

で、去年と同じようなことをおっしゃっていた。

つながりはつながりでも、もつれたつながりというのもある。その場合は、ほどいて離してもう一度つなぎ直す必要がある。http://haruta.blog.jp/archives/51769962.html
ただ、「つながりというのは現在だけでなく、過去から現在につながるということもある。」というのは、なるほどと思った。

去年、もう総評は木全先生でいいんじゃないかと言っていた僕ですが、学校の先生は学校の先生、研究者なので、

やはり上田さんが恋しくなってきた。在籍はしているそうですが。

以上、今年は、いつになく最低な感想になりました。。。

そろそろ、医療的ケア関係で、おいら出してほしいんですけど

どうなんでしょう。そろそろ。(笑)



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



障害学会。http://www.jsds.org/jsds2011/jsds2011-home.html

愛知大学 車道キャンパス。住宅街にそびえ立っておりました。





エレベーターで上がって、結構こじんまりとした感じでした。

最初は休憩時間だったので、ポスター報告を一通り見ることに。
人の合間を縫って(どかして?)全部、ざざっと見る。というか読むというか。
へぇ。って感じでした。きたーーーーってのは、特に無かったな。
各所で、「あ、どうも」みたいな研究者たちのやりとりを尻目に少し寂しさを感じました。

あ、でも、ホワイトハンズ代表の坂爪さんに会いました。
障害者の性にわりと熱心だった数年前に、やりとりしたことがあります。
気づかれなくて、名刺を差し出したら、「春田さん!あなたが春田さんなんですね!」みたいな展開になりました。
僕は、どんな想像をされてたんだろう。
性とは全く関係のない、当たり障りのない地域の話を少ししました。
坂爪さんは、爽やかで背が高かったです。支援者としても聴く感じが、いい感じと思いました。
これからも地味に陰ながら見守り&応援することにします。

まだ時間があったので書籍コーナーへ。障害関係があるわ。あるわ。
ヘルパーさんに一冊ずつ取ってもらって、パラパラと。
細かい字の本が多かったです。持ってる本もありました。
で、一冊。これが読みやすそうだったので購入。
人間の条件  そんなものない (よりみちパン!セ)

で、トイレに行ったら、「トイレットペーパーでいたずらをしないで下さい」という意味不明な貼り紙。




さあ始まります。

聴いたのは、
◆山田裕一「発達障害当事者会の意義と連携―熊本県発達障害当事者会立ち上げ支援と今後の展望―」
これは、まあまあ面白かった。
身体障害者だと明確な目標、自立生活などが挙げられるけど、
発達障害者は、なかなか共通の目標が立てづらいというのが印象に残った。


◆青野美和「「剥き出し」の世界との対話―アール・ブリュットの意義をめぐって―」 
これは、ごめんなさい。さっぱりでした。
ようするに何が言いたいのか。。。当事者置き去りの学者の手遊びとしか思えなかった。
もう少し素人にも分かるように説明してほしかった。


大会シンポジウム「愛知における障害者運動―労働をめぐるとりくみと現代的意義―」
これの途中で時間が来て終了。
そんな感じかな。


おまけ


向かいの古民家。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ちょこっとパソコンやれるくらいにはなっています。今のところ。
あとは呼吸器つけて寝てます。

去年から今年くらいにかけて、障害学MLとか人工呼吸器使用者・関係者のMLに入っているのですが、
たまにものすごい面白そうな催し物とかあって、ほとんどが東京なので歯がゆい思いをしてます。

↓これとかめっちゃ興味ある。
トーキングバリアフリー:あなたのカラダ、借りてもいいですか?

話題提供:熊谷晋一郎、綾屋紗月、田中みわ子、大河内直之、飯野由里子、星加良司
技術サポート:高橋麻衣子

〈概要〉
 あなたを障害者の「手足」として使ってもいいですか?
 「介助者手足論」と呼ばれる考え方があります。他者を自分の手足のように扱おうとい
うこの理念は、ずいぶん乱暴なもののように聞こえます。一方で、町に出かけるとき、食
事をするとき、人と会話を交わすとき、常に他者の介助を必要とする障害者にとって、介
助者があたかも自分のカラダの一部であるかのように動いてほしいと思うこと。それは、
「手足論」という言葉の過激さとは逆に、非常にささやかな願いであり、その中には障害
者の生が他者によって管理されてきた現実への抵抗の思いが込められてもいます。
 ただし、そこには幾つもの課題があります。そもそも、他者を手足のように動かすこと
、他者の手足のように動くこととは、どういうことなのでしょうか?それは、障害者・介
助者双方にとって、どのような経験なのでしょうか?また、それは「自己決定」の問題と
どんな関係にあるのでしょうか?さらに、それらを踏まえて私たちはどのような介助関係
を模索していくべきなのでしょうか?
 今回は、東京大学先端研でバリアフリーに関わる研究を行っている若手研究者による話
題提供を受けて、こうした課題について皆さんとともに考えてみたいと思います。また、
このイベントは、先端研キャンパス公開の「バリアフリー・ラボ」という企画の一環とし
て実施し、「デジペン」という道具を使って、皆さんの意見や疑問をリアルタイムでディ
スカッションに反映することを試みます。ぜひお気軽にご参加下さい。

          記
日時:2011年6月3日(金)14:00〜16:00
場所:東京大学先端科学技術研究センター3号館2階207号室
  (http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html)
  ※40人程度が着席できる比較的小さな部屋になります。
主催:東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー系
情報保障:手話通訳・文字通訳
参加費:無料(事前登録不要)

〈お問い合わせ先〉
バリアフリー分野  田中 みわ子
電子メール:mtanaka@bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp
電話:03-5452-5491
ファクス:03-5452-5062
☆その他何か個別にご要望等がありましたらご相談下さい。ただし、こちらでは対応で
きないこともございますので、その点は予めご了承下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

第4回のときは、辛口コメントをブログに書き、
第5回のときは、精神的に病んでいてブログに書く気力も無く、愚痴を書き連ね、

そして、
第6回なわけですが。

フラットな気持ち(平静)で見れたような気がします。

一つ一つの感想は書かないですけど、

実践発表①(13:10〜13:20)
「実践教室と総合学習を通して伝えたいこと」


これが一番印象に残った。
僕が小学生の頃は、「福祉実践教室」や「総合学習」などというものはなかったので、
新聞の小さな記事で見る程度だった。

そして、正直、胡散臭く思っていた。

こんなものは、その場限りで終わるんじゃないだろうか。
子どもたちが、車いすで「遊んで」終わりになるんじゃないだろうか。

ずっとそう思っていた。

しかし、少なくとも、発表者が行ってる教室は、そうではなかった。
車いすを操作するときの「声かけ」だったり、
一番驚いたのは、言語障害のある方の声を聞き取る。介助者は伝えない。
そういうことをする。

これは、すごい。

分かるまで聞こうとする気持ちを育むということは、とても大事なことだと思うから。
またそういう人が増えてくると、僕も含め、声が聞きとりづらい人、自分の意思をすぐに伝えられない人が、
とっても住みやすい社会になると思う。

総評で、皿井先生も似たようなことをおっしゃっていて、良かったと思った。

さらに、個人的に付け加えるならば、
障害を持つ人自身も、伝えたいことがあるならば、きちんと分かってもらえるまで話さないといけないなと。
きちんと伝わらないと肉体的にも精神的にも疲れるので、まぁいいや。と思ったり、
無視されたり分かったふりをされると怖いので、言わなかったりすることが、いつもではないけどあるので、
そこは、無理はしない方がいいと思うけど、要努力かもしれない。

「それでも言わんとあかんねん。」と教育テレビの玉木さんも前に言っていた。

あとは、いつもよりいろんな人に声をかけられて、有り難くて、めまぐるしかったなと思う。
偉い人も多かったし。

プレゼンの技術も年々向上してるし、年を追うごとにレベルアップしているから、
発表者はプレッシャーがどんどんかかっていくだろうな。

ただ一つ思うのは、出てくる障害種別が、身体障害か知的障害(自閉症)が多いこと。
だから事例も、毎年似てるなぁっていうのは思う。

精神障害(うつ病や統合失調症)とかも気になってるんだけど、そんなに支援してないのかなぁ。
http://www15.ocn.ne.jp/~aikouen/jissennhappyou6.pdf
日時:2011年2月12日(土) 13:00〜16:00
場所:〒478−0047 愛知県知多市緑町5−1( TEL 0562−33−3600)
知多市勤労文化会館 やまももホール 定員240名 (参加費無料)
主催:社会福祉法人愛光園、ひかりのさとの会
発表内容
メインテーマ 『 地域と 〜 連携・交流・支援 〜 』
※各発表時間は 10 分。質疑応答は 3 題終了毎に 10 分間行います。
実践発表①(13:10〜13:20)
「実践教室と総合学習を通して伝えたいこと」
○障がい者福祉支援事業部 ひかりのさとのぞみの家 / 長坂俊治・神谷有花
実践発表②(13:20〜13:30)
「“私らしく働きたい”〜ファームから会社で働くことを目指して〜」
○障がい者福祉支援事業部 ひかりのさとファーム / 田中幸弘・田口絢子
実践発表③(13:30〜13:40)
「地域交流〜施設の社会化を目指して〜」
○高齢者保健福祉事業部 介護老人保健施設相生 / 中戸洋行・小島蘭
実践発表④(14:00〜14:10)
「Re:cycle で Re:smile 〜ECO で繋がる地域の輪〜」
○障がい者福祉支援事業部 障がい者活動センター愛光園 / 丹羽緑・青山和雄
実践発表⑤(14:10〜14:20)
「法人内における障がいのある人の雇用-1.8%から抜けだせ 共に働く法人をめざして-」
○療育・相談支援事業部 ワーク / 丹下靖・鈴木慶子
実践発表⑥(14:20〜14:30)
「ショートステイの役割〜家族支援機能と地域支援機能〜」
○障がい者福祉支援事業部 まどか / 荒川碧・深谷和香
実践発表⑦(14:50〜15:00)
「『ぼくの気持ち、わかってよ』〜コミュニケーションのめばえ〜」
○療育・相談支援事業部 大府市発達支援センターおひさま / 西川いづみ
実践発表⑧(15:00〜15:10)
「特性理解にもとづく自閉症の方への支援」
○障がい者福祉支援事業部 愛光園地域居住サポートセンター / 奥田将之
実践発表⑨(15:10〜15:20)
「地域との交流〜8 年の軌跡と新たな一歩〜」
○高齢者保健福祉事業部 認知症グループホームもくせいの家 / 碓井祥也
まとめと講評
上田 晴男 氏(当法人スーパーバイザー)
※展示※
各グループ、事業所の日常を紹介するパネル
利用者の皆様による作品、商品等
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘルパーステーションの職員が全員参加するということだったり、一部の方が実行委員会のメンバーに入っているということもあったためか、
すんなり利用希望が通り、午後の部に参加してきました。

真ん中のプロジェクター前で、簡易ベッドで横になっていた人、
あれ、僕です。
邪魔だったら、すみませんでした!!!

総論的な感想としては、僕自身が行っていることは最先端かなと何となく思いました。
今まで僕は、どことなく人や情報に遅れていると思いこんでいました。
このシンポジウムに参加した限りでは(限りです)、そうでもないのかな。と思いました。

もちろん、理解のある事業所や人に出会えてるってのが一番大きいんですけど、
そういった意味では、僕自身が、ものすごく参考になるようなことはなかったかもしれません。
(午後の部のみ)

でも、参加して満足というか、行って良かったと思います。
当事者は僕だけなようでしたが……。
まぁ、重心の方に重きを置いてるような感じだったので、家族はみえているようでしたが。

たんの吸引のとき、
「医療的ケアのシンポジウムで、実際に医療的ケアをやるって緊張しますよ。震えますよ。」とヘルパーさんが言っていたのが笑えました。

でも、僕が言うのもなんですけど、こういうことって意外と大事なんじゃないかと思います。
机上の空論にならないために。

http://aichipmd.umin.jp/
日    時: 2011年 1月 9日(日) 10時から16時30分
会    場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)902会議室(9階)
目    的: 重症心身障害児者が地域で安心して暮らせるための、それぞれの地域特性に応じた保健・医療サービスと福祉サービスを有機的につなけるシステムや制度について考える。
主    催: 医療・福祉・保健・教育のネットワーク名古屋
協    力: 愛知県重症心身障害児者の医療的ケアを考えるシンポジウム実行委員会
参  加  費: 無料(※事前に参加申し込みが必要です:申し込みは締め切りました)
日    程:
 10:00〜10:10 開会あいさつ
 10:10〜11:00 基調講演「たんの吸引等の適切な実施のために必要な研修の在り方について」
  大島伸一 氏 独立行政法人国立長寿医療研究センター 総長、介護職員等によるたんの吸引等の実施のための制度の在り方に関する検討会 座長
 11:10〜12:00 特別講演「重症心身障害児者の地域生活を支える」
  清水明彦 氏 西宮市社会福祉協議会障害者生活支援グループ グループ長
 13:00〜13:15 アンケート調査結果報告
  吉川雅博 氏 医療・福祉・保健・教育のネットワーク名古屋 代表、愛知県立大学 准教授
 13:15〜16:25 シンポジウム 愛知県の重症心身障害児者の方が、地域で安心して暮らせるためのシステム・制度の在り方
  コーディネータ 三浦清邦 氏 豊田市こども発達センター 医師
  シンポジスト 廣瀬治代 氏 社会福祉法人愛光園 理事
   松田昌久 氏 愛知県重症心身障害児(者)を守る会 会長
   足立 保 氏 社会福祉法人1980 生活支援員
   中山恵子 氏 在宅介護事業所「心の泉」代表取締役・看護師
   牧野俊樹 氏 社会福祉法人アパティア福祉会シンシア豊川 相談支援専門員
   土生栄二 氏 厚生労働省障害福祉課 課長
 16:25〜16:30 閉会あいさつ
後    援: 愛知県、名古屋市、愛知県医師会、愛知県看護協会、愛知県社会福祉士会、 愛知県介護福祉士会、愛知県ホームヘルパー連絡協議会、愛知県相談支援専門員協会、 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
備    考: 本シンポジウムは、独立行政法人福祉医療機構 平成22年度社会福祉振興助成事業 として実施します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

去年は、サクサクと批判を含めて書いたのですが、
今年は書いていません。
2つの理由があります。

1つ目は、状況は全く違うものの、運営側の苦しみを僕自身が十分に知ってしまったからです。
よって、去年のようにサクサクと言うことができません。
パソコントラブルがありましたが、大変だなあ。と、かなり同情してしまいました。
去年だったら、リスクマネジメントがなってないとかなんとか偉そうに言っていたことでしょう。

そして、2つ目が一番大きいのですが、
あまりにも衝撃で落ち込み気味だからです。
午前中は観ていないのですが、冊子をもらいました。
翌日にそれを読んでいたのですが、どうしても自分と重ね合わせてしまい、
なにやってんだろ。おれ・・・。と思ってしまいました。
障害があってもやりたいことを工夫して楽しくやって、
それが300人くらいの聴衆の前で発表されて、すげえなぁ。と思われるんですよ。
実際に観たわけではないので、観たら観たで違った感想を持つのかもしれませんが、
ロゴ製作者には、表彰式もあったと聞くし。

誤解してほしくないのですが、別にみんなの前で自分がやってきたことを発表してほしいとか、表彰してほしいとか、
そういうことではないのです。
そういう恥ずかしいのはあまり好きではありません。

でもなんか、あんまり僕自身は評価されてないな。と思うのです。
それを思うと、この1週間、ふとした瞬間に涙がぽろぽろ出てきます。

恩を売るつもりは無いし、見返りを期待して行動していたとかはありません。
手伝ってもらった方には、心から感謝しています。本当に。

でも僕に近ければ近い人ほど、あまり良くは思ってないだろう。という思いがあります。
そんな成功させるためには、責任ある者として、いろいろ言わなきゃいけないのは当たり前じゃないですか。
こっちは、最悪の事態を想定して動いていたのに、
ほとんど何もやってない的な、お飾りみたいに思われて、
結局、当日に実際に体動かして準備した人が注目と感謝されるんですよ。

で、最後らへんに不満とか言っていたら、逆に「あの人はこうで、この人はこうで」とそれぞれの事情を言われました。
それを言われると胸が痛いんですけど、
僕だって、求職活動とか中止して打ち込んできたし、
1日中寝込んだこともあったし悪夢も見たし……。

みなさんには帰っていく場所があるのかもしれませんが、
僕には無いです。
学校卒業してから、人間関係が一気に減って寂しくしています。
昔は、結構いろんな人に話しかけられていたのですが、
最近は、なんか人間的魅力が落ちたのかなあ。と思う時があります。

でもま、素晴らしい人たちなので、
あえて、崖から突き落としてうんぬん。ということなのかもしれませんが。

一番言っちゃいけないことだと思っていたので黙っていたのですが、
あれだけ苦労したんだから、もうちょっと何かあってもいいと思うんです。
見返りを期待してる発言です。。。

今度は、はるたが個人的に困っていることの力になります。とでもと。。。

100%道楽でやってるとは思ってほしくないです。
道楽ならどっかに行くか、DVDでも購入して勝手に楽しくやります。

そんなようなことを優しい人に話してたら、
僕は、はるたさん、すごいと思ってましたけど、野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)に、頑張って褒められるうちは二流、一流は批判されるって書いてありましたよ。はるたさんも一流になったんじゃないですか。って言われました。
まあ、みつははさんからもいつも励まされてばかりだし、
ごくごく一部の人からは、良く言われるので、それでいいのかな。とも思うんですけど。

自分の人生で、1位2位を争うほど頑張った割には、
あまり評価されていないと思う日々です。

がんばっているのに報われない人のための 「認められる!」技術

久米 信行 日本実業出版社 2009-05-21
売り上げランキング : 644288
by ヨメレバ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お知らせしときます。そんな宣伝してくれるな。と言われるかもしれませんが……

日時:2010年2月13日(土) 10:00〜16:00
場所:あいち健康の森 プラザホール 定員300名(参加費無料)
詳細は、http://www15.ocn.ne.jp/~aikouen/

今年は、スペシャル過ぎます。
第1部・横浜市にある『朋』の創設者 日浦美智江氏と障がい者活動センター愛光園前施設長の廣瀬治代氏の対談

目玉は午前の対談でしょうが、僕は午後第2部からの参加です。
しかし、無料だなんて、太っ腹です。

とよいちから車、出るそうです。http://1041.trhs.cc/1041/cgi/joyful/joyful.cgi?list=pickup&num=1126
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ