(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Category: 講演会・シンポジウム


もう12回目なんですね。
最近は、ご無沙汰しておりました。

廣瀬先生から、「あなた最近、来なかったじゃないの。体調悪いのかと思ってたわよ」と言われてしまいました。(笑)
ただ、予定が合っていなかっただけです。。。

ご無沙汰の年月の間に、やり方も変わっていました。
ファシリテーター役を立て、発表自体も淡々とたくさんやっていたスタイルから、
2つをファシリテーター中心に掘り下げるような形になっていました。
ファシリテーター次第で、どういうふうにもできるような感じでした。

テーマ「切れ目のない支援 ライフステージを通して」
第1題 「ぼく、みんなに助けてもらいながら大きくなるよ!〜保護者と一緒に考えた進路〜」
大府市発達支援センターおひさま


本人の意思決定支援について、子どもではどうなのかということで、
子どもは正直だから聞けばいい。という話にはなるほどと思いました。
ずっと疑問に思っていたことでした。

第2題 「障がい福祉サービスから介護保険サービスへ」
俗に言う「65歳問題」なんですが、
僕自身の他人事感がかなりあります。
いつ落とし穴に落ちるように死んでもおかしくないと思っているし、
30年後なんて良くも悪くも制度自体、変わっているでしょう。

今回は久しぶりに参加したこともあってか、
昔、ヘルパーとしてお世話になっていた方たちや
初期の相談支援の方、昔のサークル仲間に会えました。
積もる話があり過ぎて、同窓会気分。
まぁ、深い話はみんないるのでできませんが。

有料記事のあのタイトル、なに自爆してんすかwwww」
有料記事、まだ買ってませんwwすみません」と変なところも突っ込まれたり。。。

今回は、ヘルパーが付けなかったのですが、
場所が場所だけに何とかなるだろうと思って、
あらかじめボランティアしてくれそうな人、数人にお願いしておきました。

介護タクシーで現地まで行って、玄関で落としてもらって、
とぼとぼ歩いていったら無事捕獲されました。

「春田さんから招集かかりました。」と。。。

 熊谷 これまで6回引っ越して、一番生活がうまくいったのが契約型と非契約型介助のハイブリッドでした。介助員として契約した人が地域のコーラスグループのメンバーで、仲間の他のメンバーと融通し合って互いに介助の穴を埋めてくれました。日常生活は何が起こるか分かりません。契約型の介助だけだと契約外のことはしてくれません。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12813206.html?rm=149


ボランティアをお願いするって、労働力の搾取になっちゃうんじゃないかという不安が
ずっと、ぼくにはあるのですが、たまにはいいのかもしれませんね。
まぁこれまで培ってきた関係性だったりで、狙ってできるものではないのです。

ただ、何となく仲良くなった人に、ピンチのときにお願いするのですが、
出来るだけWin - Winになれるようには考えています。

HOME of 社会福祉法人愛光園
http://www.aikouen.jp/

関連記事:
社会福祉法人 愛光園 第4回実践発表会の感想
なぜ実践発表会の感想を書かないのかということについて
第6回 社会福祉法人愛光園 実践発表会の感想
第7回 社会福祉法人 愛光園 実践発表会の感想
第8回 社会福祉法人愛光園 実践発表会

大府市民活動センター【コラビア】

ずっと、あわよくば行きたいなと思っていたコラビア。
メールマガジンだけは登録していたのですが、
興味が持てるイベントや講座があってもなかなか都合が合わず行けませんでした。
今回、たまたまが重なり行けるようになりました。

初回で思ったのは、
・職員さんが親切。申し込み時から会場対応まで親切でした。
・22時までやってる。会社勤めの方も参加できるように。とのことなのだろうか。
・中がきれい。基本、公民館的なところはきれいなのですが、きれいでした。

参加してきたのは、これ。
IMG_1206
スキルアップ講座「多くの共感を呼ぶプレゼン成功のコツ」

今後、私も講演活動というか、「伝える」活動を広げていきたいと思っているので、
いい機会になりました。

講演は、わりかしいろんなのを観てて、いるいる!と思ったのですが、
質疑応答のときに、自分の意見を長々と言ってくる人への対処法は笑えたなぁ。

メインテーマ : 『 つながる支援 〜自分らしく生きる〜 』
発表事業所:障がい入所支援グループ「まどか」
障がい通所支援グループ「ひかりのさとファーム」
地域生活支援グループ「知多地域障害者生活支援センター らいふ(直接支援)」
療育・相談支援グループ「障害児等療育支援事業 らいふ」
高齢入所支援グループ「介護老人保健施設相生(リハビリ)」
高齢在宅支援グループ「相生指定居宅介護事業所」
本部長@愛光園: 愛光園実践発表会

毎年行き始めて、4回目くらいになってしまった。
そろそろ発表内容に関しては、マンネリ化は否めない。これといった目玉がないのかも。
そういった意味では、参加はもう卒業しようかしらと思わなくもないが、ここでしか会わない人というのもいるので、よほどのことがない限り、のんびり参加するでしょう。

しかし、愛光園に終わりは感じないが、この実践発表会自体は何となく終わりを感じる。
今後続けるとしたら、何か新しい一手や目玉がほしいところ。
関係者様ひどい感想で申し訳ありません。

個人的な感想としては、知り合いが突然、発表者として出てきたのが驚いた。
廊下ですれ違ったので、何で教えてくれんかったの〜?と聞いてみたら、
だって恥ずかしいから……とのことでした。
で、その発表に関して、同じく廊下ですれ違った廣瀬先生から、道代さんの生き方を受けてあなたが考える自立もどこかで発表してね。と有り難いというか、ちびってしまいそうなお言葉を頂いた。

あと高齢者部門は、とても真摯で丁寧な人だなと思いました。声が良かった。
障害者部門とは何かが違います。

総評は、去年と同じ教授先生でした。
で、去年と同じようなことをおっしゃっていた。
つながりはつながりでも、もつれたつながりというのもある。その場合は、ほどいて離してもう一度つなぎ直す必要がある。http://haruta.blog.jp/archives/51769962.html

ただ、「つながりというのは現在だけでなく、過去から現在につながるということもある。」というのは、なるほどと思った。

去年、もう総評は木全先生でいいんじゃないかと言っていた僕ですが、学校の先生は学校の先生、研究者なので、
やはり上田さんが恋しくなってきた。在籍はしているそうですが。

以上、今年は、いつになく最低な感想になりました。。。

そろそろ、医療的ケア関係で、おいら出してほしいんですけど
どうなんでしょう。そろそろ。(笑)

対談
元気を出す方法 〜学校から、家族から、地域社会から〜
スポーツ&音楽ライター 玉木 正之
作家 乙武 洋匡
乙武さんは震災当初「僕が行っても、迷惑をかけるだけ」とボランティアに加われないもどかしさを感じていました。しかし「前向きに生きるための手伝いならできる」と現地に赴き、一生懸命な姿を見せ、人々を励ましました。また、玉木さんは武道とスポーツによる石巻の復興プロジェクトに参加し、東北再生に力を注いでいます。困難や苦しみに直面した時、あきらめずに元気を取り戻すにはどうすべきか考えます。
6月1日(金) 夕5:00〜6:30
各回 2,730円 (会員2,520円) ※6回通し12,600円 (入会金不要)

中日ビルは、栄駅と直結でした。
中日文化センターで受け付けをして、上の中日パレスというところ。
結婚式場みたいなシャンデリアが下がってる豪華な会場でした。

震災に関することが中心でした。
人ごとではないことは確かですが、東京に住む人(乙武さんら)と西日本に住む僕とは温度差があるなというのは感じました。

・原発に関しては、正確な情報を出してほしい(本当に夏になると電力が足らなくなるのかなど)
・今の政治家は、PR下手。
・賛成派、反対派だけで集まるのではなく、双方が集まって話し合ってみてほしい。
・心の回復は個人差があるということを覚えていてほしい。


以上のようなことが印象に残りました。
乙武さんは、やたらと障害があっても、のほほんと明るく暮らしてます。とか、
自分に障害があることを感じたことがない。というようなことをおっしゃっていたけど、そこは別に強調しなくてもなぁというのは思った。
社会が障害を決める」のだとしたら日本という社会では、乙武さんの障害は障害ではないのかもしれない。
過度に暗くなる必要もないし、権利を振りかざさなくてもいいけど、自分の性格だけでカバーできるものでもないと思うんだよね。

帰りに、変なちゃらい感じのお兄ちゃんに、「乙武さん?乙武さんですよね?」って言われた…。ぼく、手足ありますけど…。あんなにオーラないはずですけど。

質疑応答で、おばさんが、乙武さんは障害者じゃなくて健常者に目が向いてるというのがよく分かりました。と言ってたのがクスッと笑えた。
しかし、おばさんというのは質問タイムと言ってるのに、ベラベラ自分の話をするから呆れる。

電車を待ってる間、駅員さんが、黄色い線かすれてきちゃったんですよね。とつぶやいていた。いいのか、それで。

●講演会『市民活動の要としてのふれあいの居場所−その必要性と役割について−』
http://haruta.ldblog.jp/archives/51772263.html


このように壇上が用意されていたけど、ささっとハンドマイクを手に取り、
「先生、こちらから上がってください」という声を無視し、
「ちょっとこの上からだと、上から目線だから・・・」とおっしゃって、


このように話しておられました。

あっという間の1時間半くらいの講演でした。
現在は、東日本大震災のボランティア支援に力を入れておられるようです。

バスツアーを企画して被災者を招待する活動をしているようですが、
そこで、おばあさんが一人ぽつんとしておられたので話を聞くと、
ずっと、お店(定食屋?)をしていたけどご主人を亡くされて、友達もずっと若いときからいなかったとのこと。
それはいかんということで、私たちがそこで他の方にお話をして、つなげるようにしたそうです。

仕事をしているだけでは、絆は生まれない

という言葉は、衝撃的でした。

昔と違って今は、「居場所」は、自分たちで意図的に作らないと生まれないそうです。
いろんな人が集まって、なにか目的や強制をするのではなく、
自由にそれぞれが同じ場所でしたいことをしていればいいみたいなことをおっしゃっていました。

確かにそういうのは聞いたことがあります。

最後に、みんなで記念写真を撮ってもらって、
握手もさせてもらいました。

とは言うものの、平日の昼間だからか、主催がそうだからなのか、
全員高齢者だったなぁ。(笑)





























2012年03月14日

役所

大府市役所にタッチ!(13:20)



「 春待通り2012 」
〜 ウェルフェアーふきのとう in 岡崎 〜
記念講演  落語家 桂福点氏
 「大笑いゼーションでノーマライゼーション」

http://www.geocities.jp/fukinotou07/harumati.html

きらっといきるでお馴染みの桂福点さんの講演に前から行きたいと思っていたのですが、
あるとき、福点さんご本人からTwitterで岡崎であります。と教えてくれました。
なので、これは行かなきゃと思って行ってきました。

少し遅れて、なんとか到着。
笑いと福祉を混ぜたような講演でした。

ビニール袋ごしに、目が見えなくなっていくというのはどういうことか体験できました。
一重、二重、三重と折っていくとどんどん変わっていきます。なるほどと思いました。

福点さんの生い立ちも初めて分かりました。
オペラのあの声は素晴らしかった。

福祉のことで言えば、
障害者というのは健常者よりも人とのつながりや出会いを大切にした方がいいんじゃないか。というのが印象に残りました。

障害者も仕事を得にくくなっている現状があり、
仕事がないとお金がなく、お金がないと外に遊びに行くこともできず、そうなると出会いも少なくなり、恋愛や結婚もできないと嘆いておりました。
結婚できたとしても、なんでわざわざ障害がある人を選んだのかみたいなことはよく聞きますとおっしゃっていました。
福点さん自身のことも話されるのかと思ったけど、そうでもなかったです。

おれ、仕事あるのに・・・。前より結構出歩いてるのに・・・。いろんな人との出会いを大切にしてるのに・・・。と少し落ち込んだのは日常業務になりつつあります。
でもま、信じていろんなところに出かけるようにします。

それで、一部終了で会場をあとにしました。

それはともかく、行き帰りの交通で苦戦しました。
そこで無駄な体力を使って疲れています。
行きは、名鉄バスの運転手に間違った乗り場を教えられ、乗るはずのバスに乗れませんでした。
帰りは、バスが遅れて乗るはずの電車にも乗れなかったし。

もう少し、考えておくべきでした。
電車と比べると、名鉄バスの対応はいまいちです。正直、もうバス乗りたくないなと思ったりも。

あと、帰りの共和駅で昔の友達に会ってお互いびっくりしました。

やっぱり、動けば、景色は変わるのかなぁ?

2012/02/26 10:49:53
確かに、鍵つきのau Wi-Fiスポットが出てきた。名鉄バス。ということは、車内で携帯いじってもいいのか。

2012/02/25 18:55:34
#ロケタッチ 今日はたくさんタッチしたけど、一つもシールなかったし、リーダーにもなれなかったなぁ。

2012/02/25 18:13:51
@m_m2725 僕も同じ頃、バスの運転手に違う乗り場を教えられて待ちぼうけになってました…。

2012/02/25 18:04:04
とにかく、いろいろイレギュラーなことが起こって疲れた。

2012/02/25 18:03:26
#ロケタッチ バージョンアップしてから位置取得精度が悪くなったか?
#iPhoneJP #iPhoneApp

2012/02/25 11:04:20
今日、知多コンがあるんだってって言ったら、あんた岡崎行ってる場合じゃないじゃんって言われた件。

2012年02月25日

鉄道駅

共和駅にタッチ!(17:25)


鉄道駅

岡崎駅にタッチ!(16:34)


バス停

徳王神社前バス停留所にタッチ!(15:46)


そのほか

せきれいホールにタッチ!(14:03)


バス停

徳王神社前バス停留所にタッチ!(13:48)


鉄道駅

岡崎駅にタッチ!(12:35)


商店

キオスク 共和46号にタッチ!(11:44)


鉄道駅

共和駅にタッチ!(11:44)



毎年、行っているので今年も行ってきました。

詳しいプログラム内容は、以下に書いてあります。
実践発表会|愛光園です!のブログ
個人的感想としては、今年は高齢者部門が良かったかなぁと思いました。
「在宅での看取り」と「フットケア」
というか、りんくにお世話になっているので、それなりに愛光園のことは分かってきています。
愛光園ウオッチャーです。
プラス障害者福祉もそれなりに情報収集&勉強してるので、発表に関しては、うんうん。って感じでした。
だから高齢者部門の発表が新鮮に感じたのかなぁ。
でも、気になったことがあったので初めて質問しました。
一番前に座っていたので、あんまり他の人のことを気にせず緊張せず話せました。

総評は、いつもの上田さんではなく、日福の木全先生でした。
2012/02/12 10:33:06
つながりはつながりでも、もつれたつながりというのもある。その場合は、ほどいて離してもう一度つなぎ直す必要がある。経験からも、なるほどと思った。

正直、これから総評は木全先生でいいんじゃないかと思いました。上田さんも悪くはないんですが。
って何様だ。って感じだけど。

最後の皿井先生の話は、
メインテーマ 『 愛光園の新たな歩み 〜今こそ共に〜 』
共に生きると言ってるわりには、Kさんとかアルファベットで、本人写真が載ってるのに匿名で紹介している発表があって、なんだと怒っておられました。
本名を出してる発表もあったので、バラバラなんですね。
僕もそれは何となく感じてたので、的を射てるなあと思いました。
2012/02/11 17:45:48
自閉症は、自己免疫疾患発言は衝撃的だったなぁ。詳しく知りたいな。

これもっと知りたいです。間違ってたらかなりやばい発言だけど、研究が進んでるんですかね。

あとは、
2012/02/11 18:10:57
なんかたくさんの人に話しかけられて、「はじめまして」なのか「お久しぶりです」なのかドキドキしちゃったな。

ワークの人になぜかやたらと話しかけられました。(笑)もうあまり関係してないんですが。
廣瀬先生にもお声掛けもらいました。
全然、僕には関係なかったことで、もしかして。と謝っておられたので、恐縮過ぎました。
あんなに恐縮することってあるんだなってくらい恐縮しました。
2012/02/11 18:24:24
来月はそんなにないだろうと思ってても、いろんな講演会や交流会のお誘いがあるなぁ。身体さえ持てばいいよな。

2012/02/11 20:40:37
知的障害のある方の「結婚したい」という目標の発表に対しての、あの会場の失笑みたいなのはなんだろう。知的障害のある結婚って実際あるし、笑うことでもないと思うけど。

2012/02/12 11:33:59
ひかりのさとファームの自然食レストランって、くるみ?昔よりメニューが豪華になってるなぁ。

 
 



障害学会。http://www.jsds.org/jsds2011/jsds2011-home.html

愛知大学 車道キャンパス。住宅街にそびえ立っておりました。





エレベーターで上がって、結構こじんまりとした感じでした。

最初は休憩時間だったので、ポスター報告を一通り見ることに。
人の合間を縫って(どかして?)全部、ざざっと見る。というか読むというか。
へぇ。って感じでした。きたーーーーってのは、特に無かったな。
各所で、「あ、どうも」みたいな研究者たちのやりとりを尻目に少し寂しさを感じました。

あ、でも、ホワイトハンズ代表の坂爪さんに会いました。
障害者の性にわりと熱心だった数年前に、やりとりしたことがあります。
気づかれなくて、名刺を差し出したら、「春田さん!あなたが春田さんなんですね!」みたいな展開になりました。
僕は、どんな想像をされてたんだろう。
性とは全く関係のない、当たり障りのない地域の話を少ししました。
坂爪さんは、爽やかで背が高かったです。支援者としても聴く感じが、いい感じと思いました。
これからも地味に陰ながら見守り&応援することにします。

まだ時間があったので書籍コーナーへ。障害関係があるわ。あるわ。
ヘルパーさんに一冊ずつ取ってもらって、パラパラと。
細かい字の本が多かったです。持ってる本もありました。
で、一冊。これが読みやすそうだったので購入。
人間の条件  そんなものない (よりみちパン!セ)

で、トイレに行ったら、「トイレットペーパーでいたずらをしないで下さい」という意味不明な貼り紙。




さあ始まります。

聴いたのは、
◆山田裕一「発達障害当事者会の意義と連携―熊本県発達障害当事者会立ち上げ支援と今後の展望―」
これは、まあまあ面白かった。
身体障害者だと明確な目標、自立生活などが挙げられるけど、
発達障害者は、なかなか共通の目標が立てづらいというのが印象に残った。


◆青野美和「「剥き出し」の世界との対話―アール・ブリュットの意義をめぐって―」 
これは、ごめんなさい。さっぱりでした。
ようするに何が言いたいのか。。。当事者置き去りの学者の手遊びとしか思えなかった。
もう少し素人にも分かるように説明してほしかった。


大会シンポジウム「愛知における障害者運動―労働をめぐるとりくみと現代的意義―」
これの途中で時間が来て終了。
そんな感じかな。


おまけ


向かいの古民家。

ちょこっとパソコンやれるくらいにはなっています。今のところ。
あとは呼吸器つけて寝てます。

去年から今年くらいにかけて、障害学MLとか人工呼吸器使用者・関係者のMLに入っているのですが、
たまにものすごい面白そうな催し物とかあって、ほとんどが東京なので歯がゆい思いをしてます。

↓これとかめっちゃ興味ある。
トーキングバリアフリー:あなたのカラダ、借りてもいいですか?

話題提供:熊谷晋一郎、綾屋紗月、田中みわ子、大河内直之、飯野由里子、星加良司
技術サポート:高橋麻衣子

〈概要〉
 あなたを障害者の「手足」として使ってもいいですか?
 「介助者手足論」と呼ばれる考え方があります。他者を自分の手足のように扱おうとい
うこの理念は、ずいぶん乱暴なもののように聞こえます。一方で、町に出かけるとき、食
事をするとき、人と会話を交わすとき、常に他者の介助を必要とする障害者にとって、介
助者があたかも自分のカラダの一部であるかのように動いてほしいと思うこと。それは、
「手足論」という言葉の過激さとは逆に、非常にささやかな願いであり、その中には障害
者の生が他者によって管理されてきた現実への抵抗の思いが込められてもいます。
 ただし、そこには幾つもの課題があります。そもそも、他者を手足のように動かすこと
、他者の手足のように動くこととは、どういうことなのでしょうか?それは、障害者・介
助者双方にとって、どのような経験なのでしょうか?また、それは「自己決定」の問題と
どんな関係にあるのでしょうか?さらに、それらを踏まえて私たちはどのような介助関係
を模索していくべきなのでしょうか?
 今回は、東京大学先端研でバリアフリーに関わる研究を行っている若手研究者による話
題提供を受けて、こうした課題について皆さんとともに考えてみたいと思います。また、
このイベントは、先端研キャンパス公開の「バリアフリー・ラボ」という企画の一環とし
て実施し、「デジペン」という道具を使って、皆さんの意見や疑問をリアルタイムでディ
スカッションに反映することを試みます。ぜひお気軽にご参加下さい。

          記
日時:2011年6月3日(金)14:00〜16:00
場所:東京大学先端科学技術研究センター3号館2階207号室
  (http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html)
  ※40人程度が着席できる比較的小さな部屋になります。
主催:東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー系
情報保障:手話通訳・文字通訳
参加費:無料(事前登録不要)

〈お問い合わせ先〉
バリアフリー分野  田中 みわ子
電子メール:mtanaka@bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp
電話:03-5452-5491
ファクス:03-5452-5062
☆その他何か個別にご要望等がありましたらご相談下さい。ただし、こちらでは対応で
きないこともございますので、その点は予めご了承下さい。

↑このページのトップヘ