春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Category:デザイン・アート・写真 > 芸能人・女優・グラビアアイドル






グラビアは、いかにして非日常なシチュエーションを作るかによっても、
善し悪しが変わってくるというのがぼくの持論である。

それの究極が、雪の中での水着ではないだろうか。
雪中ビキニと言うときもある。

始めにやった人は知らないが、
昔からやられている古典的シチュエーションと言えば古典的ではある。

がしかし、誰にでもやれることではなく、
インパクト、破壊力はこれ以上はないのではないだろうか。

発注する人も発注する人である。
どこか頭のネジ1本取れてないと、やってくれとはなかなか言えない。
場合によっては、違法性は無いが不適切な注文と取られる場合だってある。

スタッフ側だったら、可哀想過ぎて発注もできないし、
カメラマンだとしても落ち着いて撮れない。
早くしてあげないとという気持ちばかりが先走ってしまうだろう。

それでもぼくは、グラドルの雪の中での水着写真を観るのが結構好きだったりする。











女優・モデルの杉本有美(27)が入籍したことをブログで発表した。相手は、4歳年下の会社員男性で、この1年ほど交際をしていたのだという。
杉本有美が4歳年下会社員男性との入籍を発表


僕は、基本的に芸能人の結婚や離婚のニュースってどうでも良くて、
ファンの芸能人が結婚しても動じない精神を持っているものだと思っていた。

しかし有美さんの結婚には、
正直、とても驚いた。




猫を飼っている人、夢中になっている人は、
婚期が遅れるという何の根拠もない話を心のどこかで信じていた。

それなので、不意打ちだった…。
誰の結婚の発表でも、それは不意打ちなんだろうけど。

でも、2016年はファンの人だったら分かる
いくつかの伏線ニュースはあったのだ。
それを心のどこかで打ち消していた。
何かはここでは書かないけど。

そして僕は、なぜだか力が抜けていた。
俗に言う有美ロスになっていた。

○○ロスなんて、
くだらねえと思ってたのに。
ましゃロスとかウケるんですけどwwwって思ってた。
それがどうしたことか、
しばらく力が入らなかった。

有美さんは母性愛が強い感じだと思っていたから、
年下が良かったのかな。

どうして芸能人の結婚に動じないはずの僕が、
って思ったけど、
やっぱり、2回会って親切にされたのが大きいかなと
自分で思った。

関連記事:
1.yumi-mono-chrome Osaka 松田忠雄 × 杉本有美に行ってきた話。
2.杉本有美 ~Seven Colors 第二章~ トレーディングカード BOX発売記念握手会

さすがに、どうにかなるとは思ってなかったけど、
夢は見たいしね。

ファンの間では、祝福のコメントが多かったけど、
既婚者ファンはすぐに心から祝福できるのかなと思った。
中には、裏切られた。全部捨てるとするコメントもあった。
単価が高い商売もしていたので、それだけ付加価値はあったのだけれど、
そう思うファンを僕は否定はしない。

でも、僕は裏切られたとは思わないし捨てもしない。




これから、女優で活躍してくれればいいけど、
現状なかなか難しいんじゃないかなと思う。

個人的には、地元の大阪で、
何か別の仕事してもいいんじゃないかとも思ったりする。
どんな仕事でも、人と接する仕事が向いてるだろうけど。

と、これはいちファンのただの独白である。





ミュージカル『キャバレー』| PARCO STAGE
http://www.parco-play.com/web/play/cabaret2017/



初ミュージカルでした。というか、演劇(舞台)自体も観に行った記憶がない。
長澤まさみが刈谷に来るだと!?しかもなんかエロそう。という、
たまたま見た広告の驚きから、
速攻チケット取ってました。ぼくはいつもどうしようか考えてしまうのですが、
珍しく即断即決でした。
別に長澤まさみファンってわけでもないのですが。

総合的には、いいもん見たなという感想です。

勘違い
ミュージカルって、セリフを歌で表しているものと聞いていたので、
歌でストーリー分かるのかなと思っていたのですが、勘違いでした。
歌の合間に普通にセリフがあるんですね。

長澤まさみ
思っていたより、ガタイが良かったのが驚きでした。
筋肉質なのか、太ってるのかよく分かりませんでしたが、
そうなんだ…って感じでした。
おっぱいは確かに大きくてぷるんとしてましたが、
フェロモン的なものは感じなかったです。
あと、歌声を初めて聴きましたが、普通に上手かったです。

小池徹平
背が小さいというイメージだったのですが、
普通でした。かなり一般的。
しかし、アメリカ人という設定がどうも受け付けませんでした(笑)
ちょwアメリカ人、ちゃうやろwって。

石丸幹二
家の人がよくミュージカルに行くので詳しいのですが、
ガチのミュージカルの人だそうです。
確かに周りの役者とは違ってました。
一人だけ無駄に上手いみたいな。
素人でも分かるから、そうなんでしょう。

ストーリー
意外とコメディータッチだったり、客いじりもあったのですが、
予備知識ゼロで観たので、
ナチスドイツが絡んでるのは驚きました。
テレビでは放送できないような言葉も出てたし、
演劇はまだ規制とかなさそうでいいなと思いました。

あけましておめでとうございます👐🏼 新年快楽👐🏼 Happy new year👐🏼

長澤まさみさん(@masami_nagasawa)がシェアした投稿 -



info
news_header__98P0766
news_xlarge__98P0614
news_xlarge__98P0725
news_xlarge__98P0754
title



アイドルグループ「仮面女子」のことはてんで分からないんだけれども、
グラビアアイドルとして神谷えりなは前から注目していた。

この子、2回、斜視の手術をしている。
個人的には、アップされる写真で斜視を感じたことはないのだけれど、
そんなこともあっての殺害予告。

仮面女子・神谷えりな、涙で手術成功を報告 恐怖を語る

殺害予告受けた仮面女子・神谷えりな、今後の活動に言及

アイドル稼業に殺害予告はつきものなのか。
こういう苦労をしているアイドルを見ていると、
止めて違う仕事すればいいのにといつも思ってしまう。





ぼくは、昔からグラビアアイドルウォッチャーなところがある。
たぶん、普通の人よりグラビアアイドルには詳しいと思う。

ただのすけべえなのかもしれないけど、
AV女優(今は、セクシー女優と言うらしい)は、
全くと言っていいほど興味が無い。

そんな中で、年末に驚いたのがこちら。

<デジタル週プレ写真集> 鈴木ふみ奈「搾りたくなるなる」
週刊プレイボーイ (2017-02-10)
売り上げランキング: 32,140


鈴木ふみ奈については知っていたが、
ただの巨乳グラドルの一人という認識でしかなく、
興味的にはあまり無かった。

巨乳だけのグラドルはどうも個人的には苦手である。

しかしそこに様々な工夫が施されると一気に変わってくる。

「牛 → 乳を搾る」
「農場」


それがあったか!と。
ビキニのデザインも牛柄という何とも粋な計らい。
撮影を許可した農場にもアッパレだが、(農場名は分からなかった)
牛とのツーショットや背景に牛というのは何とも言えない良さがある。

しかし、それより何より、
鈴木ふみ奈ってこんなに目力が強かったっけという印象だ。

全くノーマークだった。
20代後半ということでグラドルとしての残された時間は少ないのかもしれないが、
これからどんな仕掛けをしてくるのか楽しみである。














http://visualweb.youngsunday.com/#v735
101
102
hq1
綺麗なおねえさんは大好きです!!!
あの伝説の美女が『ビジュアルウェブS』についに凱旋!!!
Beauty & Sexyの神髄がここにあるっ!!!


当初はこのサイトについて感想を書く予定はなかった。
というか、むしろ課金するかどうかさえ迷っていた。
ちなみに結婚うんぬんは関係ない。

ファンとは言え、資金が潤沢ではないので、
いつも課金するかどうかは迷うのだ。
結局、課金してしまうことが多く「良かった」と思うことの方が多いのだけれど。

で、結論としては、今回も良かった。

・写真ではなく、DVD撮影が主になっているロケ
・クラウドファンディングという新しい形(微力ながら応援したので数枚の写真は持っている)
・本人が制作に深く関わっている。

以上が、吉と出るか凶と出るかと思っていた。
どうやらそこの部分は、特別どちらへも影響していないように感じた。

デビュー直後の杉本有美が好きな人も、
最近の妖艶な感じが好きな人も幅広くカバーしてある印象を受けた。

しかし何より、ぼくが感じたのは、
「満ち足りている」という言葉だ。

どの写真も、とても満ち足りている。
それは新しい感情だった。

グラビアデビュー直後は、僕自身が多感な時期だったこともあってか、
衝撃はあったけれど、性的な要素を感じることが多かった。
しかしイベントに参加してご本人に直接お会いしてからというもの、
どこか癒されるようになった。写真によっては今でもムラッとくるものはあるけれど、
精神的に疲れたときなど、
写真を見ると「救われる」と感じることが多くなっていった。

ぼくは宗教性があまりない人間だけれど、
杉本有美を見ると、どこか女神様と接しているような気持ちになっている。
それだったら、水着写真から卒業しても問題ないのかもしれない。

追伸
公開期間が、2月7日(火)までらしいので、
迷っている方は急いだ方がいい。



いきなりだけど、僕は宮あおいのファンではない。
ファンなのは、綾瀬はるかだ。
でも、あおいは好きだ。

ちなみに、宮あおいが正しい表記であって、
宮崎あおいは間違った表記になる。
分からなかった人は、「ざき」をよーく見てほしい。

僕は、宮あおいが、バツイチなんて信じられないと今でも思っている。
何がどう間違ってそうなってしまったのか。
あおいの身に何があったのか。
誰か教えてほしい。

そんなこともあって、あおいの映画はわりと観ている。
観ているうちに、あることに気がついてしまった。

宮あおいの映画を観ていると、かなりの高確率で宮あおいと結婚したくなるのだ。
かつてそのような女優はいただろうか?


答えは、NOだ。

前置きは、このくらいにしておこう。
以下が、僕が選び抜いた宮あおいと結婚したくなる映画5選である。



神様のカルテ スタンダード・エディション【DVD】
東宝 (2012-02-24)
売り上げランキング: 61,081




ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2007-03-16)
売り上げランキング: 3,768




ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]
キングレコード (2012-04-13)
売り上げランキング: 30,723




きいろいゾウ [DVD]
きいろいゾウ [DVD]
posted with amazlet at 16.11.29
メディアファクトリー (2013-08-02)
売り上げランキング: 34,061


NANA -ナナ- スタンダード・エディション [DVD]
東宝 (2006-03-03)
売り上げランキング: 17,549

※NANAについては、まともな予告編ムービーが見つからなかったので、ご容赦願いたい。

これだけ観れば、93%の人間は、宮あおい何かいいな。結婚したいな。
あれ?もしかして頑張っちゃったらできるんじゃない?だって独身だし。
と思ってしまう「病気」になるはずである。

個人差はあるだろうが、宮あおいからは不思議と性的なものを全くと言っていいほど感じない。
かと言って生活臭が強いわけでもないが、
「きいろいゾウ」での濡れ場は、何かとても嫌なものを見ているような気持ちにさせられた。

ちなみに、ファンの間では人気であろう「ソラニン」は最終選考で落とした。

以上、この記事は恋愛妄想に取り憑かれた寂しい独身身体障害者によって書かれた。

普通の本を読むように手に持っては読めない。

サンワサプライ ノートパソコンスタンド CR-35
by カエレバ


ちょうど前に買ったこれがあったので、写真集を見るときは、これを使っている。
普通の書見台も持っているが、大きいのと重くて対応できない。
セッティングが大がかりになってしまうので、人に頼んで、よほどのことがない限り、
せいぜい1回眺める程度になってしまう。
そのことから、むやみに写真集は所有しないことにしている。
一番は電子書籍が有り難いが、なかなか時間が経たないと出ないし、出るかどうかも定かではない。
それで、なんだかんだ言いつつ、杉本有美さんのラスト水着写真集は買いましたよという話。

【Amazon.co.jp限定】 杉本有美 写真集 『 it's me 』 Amazon限定カバーVer.
by カエレバ


360
360_tomaru_sayaka_sample01
360_tomaru_sayaka_sample02

体育祭、文化祭、合唱コンクール。しらけたふりして妙に熱くなった、あの頃の記憶がよみがえる。

素晴らしいグラビアとは?
グラビアとは、ただ単色背景のスタジオで水着姿の女の子を撮っていればいいというものではないと思っている。
もちろん、あえてのスタジオ撮影というのはありだろう。

素晴らしいグラビアというのは、背景(ロケ場所)やシチュエーションを考えて作られている。
それも意外性があるところで水着というのは何度でも見直したい気持ちになってしまう。
そういった意味で、都丸紗也華「青春時代」は、合格点である。

教室で、
昇降口(今でもこの言葉が通用するのかは分からないが)で、
階段で、廊下で、水飲み場で、
音楽室(これには驚いた)で、
屋上で、
ビキニ、ワンピース型の水着である。

キャッチコピーにあるように、「あの頃の記憶がよみがえる」ということは一切ないのだが、
安易に考えがちなプールでスクール水着というシチュエーションを外したのは、
事情は分からないにせよ素晴らしいと思う。

武田玲奈やAKBというトレンド
都丸紗也華という子は現在のグラビアトレンドから考えると、人によって評価が分かれるのではないだろうか。
年が1つしか違わない武田玲奈という子がいるが、彼女はどこか巨乳グラドルに食傷気味だった人たちの女神として出てきたような子のように思うからだ。
巨乳に対するアンチテーゼである。画像検索していただければ分かるとおり、彼女は細すぎると言ってもいいくらい細い。
最近のグラビアは、わりとそういうモデル体系の子は多い。
AKB系の子なんかもそうなのだろう。

揺り戻し現象
しかし、そういう子たちだけでは務まらないというのがグラビアの世界だろう。
初めて都丸紗也華を見たとき、正直、え?と思った。
巨乳はいいとして、現在のモデル体系路線から言えば、真逆。
下半身が、だらしなすぎるからだ。
揺り戻し現象が始まったのだろうか。

個人的好みで言えば、下半身が少し太めの子は好きである。
他の注目株なんかも見ていると、また少しグラビアのトレンドが変わりつつあるのかもしれないと思っている。

<デジタル週プレ写真集> 都丸紗也華「青春時代」
週刊プレイボーイ (2016-01-01)
売り上げランキング: 23,384


モンストのCMに出演しているセクシー美女は何者!?都丸紗也華さんに注目が集まる! - Spotlight (スポットライト)

Smart FLASH[光文社週刊誌] http://smart-flash.jp/lifemoney/life/2439 #SmartFLASH

AKBに続き、モグラ。グラビア専属でやってる人は厳しい時代。
水着になるというハードルが昔より下がったか。
グラビアン魂の私としては大歓迎だが。

↑このページのトップヘ