春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ:インターネット・パソコン・スマートフォン・ガジェット・家電 > ゲーム・iPhoneアプリ・ニンテンドーDS



長時間すぎて、本気度が伝わる番組でした。
ただ全作品、褒めすぎてそれはないだろと思ったりも。
全作品やったわけではないけど、それぞれ発売当初いろいろ言われていた記憶があります。

FF1・2
ここは本当やっていなくて分かりません。

FF3
もうFF6やFF7が出ていた頃、誰かに貸してもらって少しやったことがあるくらいです。
氷の世界があったような気がするのですが……。
ちなみに今、数年前に購入していたiOS版をやり始めています。

FF4・5
4は全く分かりません。
5は、何か携帯ゲーム機で少しやったような気がするのですが、あまり覚えていません。

FF6
これも名作だと思うのですが、きちんとはやっていない。
一生懸命やってる人のを見ていた記憶はあります。
これはいつかiOS版でやりたいですね。

FF7
相当やりました。CGがすごく感動しました。今、見ると大したことないのですが、
多感な中学生の時期に見たティファには終始興奮しました。

FF8
FF7がヒットし過ぎたせいか、当時不評だったような気がするのです。
BGMとか好きでしたが、キャラクターの顔が潰れてるというか。
魔法を吸い取って自分のものにするシステムも、は?って感じだったような。
結局、ラストが難しくてエンディングまでいけなかった記憶があります。

FF9
8の不評を受けて原点回帰をした作品だと思っています。
これだよ、これ。これを待っていたんだよという空気があったと思うのですが、どうなんでしょう。

FF10
もう一度、FF8のようなリアルな人物描写にチャレンジした作品だと思っていて、
それがプレステ2によって成功した作品かと。
始め、声が付いているのは違和感や気恥ずかしさもありましたが次第にストーリーにのめり込んでいけるようになりました。

FF11・12・13
ぼくのFF認識は10くらいまでですかね。
12は、なんか戦闘時に線が出ててよく分からん。
13は少しやった程度です。
ただ、13に関してはサントラをかなり聴き込んでいて、
なんでランキングに、
FINAL FANTASY XIII プレリュード


FINAL FANTASY XIII 〜誓い〜


この2曲がどこにもないのは不満でした。
植松伸夫じゃないから?
いや、浜渦正志もレベル高いですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スプラトゥーンと言えば、インクを噴射して塗り塗りしてその色の陣地を広げていくゲームというのが、みんなの共通認識だと思うのです。
それがやりたくて購入したSwitch LIteとスプラトゥーン2だったわけですが、
なんと陣地合戦は、ニンテンドースイッチオンラインというものに入会しないと出来ないことが判明しました。
コンピュータ対戦だけでもと思っていましたが、それも出来ませんでした。

出来るのは、ヒーローモードというマリオのようなステージをクリアしていくものでした。
インク噴射は敵を倒すため。陣地は関係ありません。
これじゃないねん。ワイがやりたいのはコレジャナイ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





こちらの音ゲーで、長濱ねるが出ているという話を聞きつけたぼく。







こりゃやるしかない! やらないという選択肢はないやろと思い、
即効、ダウンロードしたわけですが……。

だらだらとしたストーリーが流れ、
推しメンみたいなものを選べと言われて、戸惑いつつ、
当然、ねるちゃんはいないわけで……。

面倒になって、
山 天というこれまた変わった名前の子を選択しました。

それはともかく、音ゲー、リズムゲーはほぼ初めて。
熱中している間に、ねるちゃんをきちんと見れず。

すぐに、ゲームオーバー。

IMG_0290


そうこうしてるうちに、右手首が痛くなってきました。

はかなくも終了です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そんな気分な2017年でした。
家族関係が少し変わりました。今は大変だった頃よりは落ち着きを取り戻してはいます。
人は老いるからそれに合わせた生活をしていかないとというのが身に染みて分かった年でした。
いずれこうなるみたいなぼんやりとした光景があってそれが現実になった年でもありました。
将来に対する不安というのはありますが、自分でコントロールできないことはそれに合わせて生活していくしかないんだなと思います。
もう夢について語るとか、夢に向かってひた走るなんて年齢は過ぎてしまったのかもしれません。
なんとかかんとか生きてく。
それはそれで寂しいというか、やるせなさもあったりします。
そんな中で将棋ブームということもあってか、子どもの頃に覚えた将棋に現実逃避してました。
今って、いろんなところで動画で観れるから分かりやすいし、
生中継も観れるから臨場感があって楽しいです。
昔は、本に書かれた符合を読んで当てはめるのがめんどうでしたから。
暇があれば、将棋を観ていたので(観る将)今年後半はほぼ現実逃避。
無駄に過ごしていた感はありますが、まあいいかなと思っています。
でも、指すのは弱いです。
現実逃避と言えば、ドラクエ11も結構、現実を忘れさせてくれる有効なツールとなりました。
正月に展望や予想していたことって、ほとんど当てにならないですね。
今年の正月に、まさか将棋にはまるなんて思いもしなかったし。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3DSドラクエ11やりたさに中古購入したのですが、


専用充電器買うのめんどいな。USB充電できへんの?と思って探していたら、


ありました。


任天堂が公認しているわけでもなさそうだったので、少し心配でしたが、


日本メーカーだったし、いいかと思い購入。


問題なく、充電できました。


古いDSでもいけます。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前々から知ってはいたが、きちんと見たのは初めて。



ファミコン、スーファミ世代なので、懐かしい感じがして面白かった。
昔のゲームって、えげつなかったよなと思った。
マイティボンジャックは知らなかったけど、
年上の知り合いは、当時やっていたとのこと。
全クリは出来なかったらしいけど。
有野さんは正直、上手いとも思えないが、
やる気と根性があるからクリアできるのかな。
マリオとかロックマンとか自分がやったことのあるゲームの回を観たいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「白猫プロジェクト」と平行してやった。
サッカーが好きなこともあり、気がついたらはまっていた。
本当のサッカー好きからしたら、あんなのサッカーじゃないとのことだったが、
ファミコン時代のサッカーゲーム的な良さはあった。

IMG_2138

レジェンド選手として、高原直泰をゲットしてから、
格段に強くなりレベルを上げることができた。
スーパーサイヤ人みたいになっている。
IMG_2140

シュートは早すぎてスクショ撮れなかった。
IMG_2148

スシボンバー
IMG_2147

一週間グランプリでは、一時期Bクラスにまで上りつめたこともあった。
IMG_2145

強くなると、弱い相手だとたるくなるので、
途中で追加されたオートプレイ機能が重宝した。
IMG_2142

しかし、新しいイベントに、野球的なゲームが追加され始めた辺りで、
迷走を感じるようになってきた。正直、あれは難しかった。
そろそろ消すかと思って見たら、
イベントなし。
IMG_2139

そして、終了のお知らせ。
IMG_2137

そりゃ、そうなるわな。
キングカズはゲットしたかったけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ぼくはゲーマーというわけでもないけれど、
本を読むのと同じくらいゲームをしてきている。
小学生の頃から本をずっと読んできているように、
ゲームもしてきた。
まるで呼吸をしているかのように。
今は、据え置き型ゲーム機には手を出していない。
もっぱら、iPhoneだ。
課金もまずしないので、これでゲームをしていると言えるのかどうかは分からない。
でもこれからは、ゲームのことでも書こうかなと思いつつある。
さて、去年2016年に最も僕が楽しみにしていたゲームがこれである。

Super Mario Run
Super Mario Run (無料)
(2017.01.27時点)
posted with ポチレバ


発表されたときは、
悟空のごとく「おら、ワクワクしてきたぞ」という気持ちになったものである。
マリオと言えば、少年だったぼくは、
ファミコンからスーパーファミコンからゲームボーイまで、
本筋から離れた亜種的なヨッシーアイランドやらワリオやら
ほとんどに手を出してきた。
もちろん、マリオRPGもやった。あれは結構、面白かったから、
サントラまでカセットテープに録音して聴いていた時期があった。
そんな思い出を持った中でのiPhoneでのマリオである。

結果
5日でアプリ削除しました。。。。

少年の心を無くしてしまったのだろうか。
まず驚いたのが、
クリボーに当たってもマリオが死なないのである。
クリボーに当たれば、チビマリオが飛び上がって死ぬはずである。
それが常識である。
なのに、ひょいと飛び越えていた。
体操選手のように。
操作性は、わりと簡単である。
手に障害があっても、ある程度は遊べると思う。
ただ、1200円課金して、
8面までやったとして楽しいのだろうか。と思ってしまったのである。
さようなら、マリオ。
ぼくの思い出のマリオ。
永遠に。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ