春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:とよいち

ずっと有料公開していましたが、無料公開することにしました。

citron-jo1
citron-jo2
citron-jo3
citron-jo4
citron-jo5
citron-jo6
citron-jo7
citron-jo8
citron-jo9
citron-jo10
citron-jo11
citron-jo12
citron-jo13
citron-jo14
citron-jo15
citron-jo16
citron-jo17
citron-jo18
citron-jo19
citron-jo20
citron-jo21
citron-jo22
citron-jo23
citron-jo24
citron-jo25
citron-jo26
citron-jo27
citron-jo28
citron-jo29
citron-jo30
citron-jo31
citron-jo32
citron-jo33
citron-jo34
citron-jo35
citron-jo36
citron-jo37
citron-jo38
citron-jo39
citron-jo40
citron-jo41
citron-jo42
citron-jo43
citron-jo44
citron-jo45
citron-jo46
citron-jo47
citron-jo48
citron-jo49
citron-jo50
citron-jo51
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tumblr_nuazteitYz1t041iko1_1280


人は、雲一つない晴天のことを「いい天気」と言う。
反対に、曇りや雨だと傘や雨具なしでは到底いられない。
そこには、煩わしさや不快感が伴う。
曇りや雨は、一般的に人が嫌う対象だ。

ところが、この写真を見ていると、
天気は晴天だけがいいとは必ずしも言えないということに気づかされる。

人生も、晴れの日、曇りの日、雨の日、雪の日…。
いろんな日がある。
晴れの日ばかりでは、人間として成長もしないし、深みも出ないだろう。

よく見ると、水平線の彼方に一隻の船が進んでいるのが分かる。
ちょうど、雲のすき間から出てきたひとすじの光に向かっているようにも見える。

どんな人生も、雨が永遠に降り続けることはないのだ。

そんなことから、この写真を
A ray of light (ひとすじの光)と名付けた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

表題のとおりです。
まあボランティアなので、辞任も卒業も無いと思いますが、
そろそろいいのかな。と思い、卒業を申し出て受理されました。

2005年の工事前から見てきたので、いろいろと思うことはあるのですが、
いい夢を見させてもらったような気がします。

楽しかったです。

とよいち自体は、まだまだ続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とよいちの娘さんにお会いしましたので、
ぼくうみ上映会で発生した利益50987円を、全額とよいちに寄付しました。

とよいちでは、このお金で業務用ガスコンロを購入して頂けました。

これにて、とよいちで「ぼくうみ」を上映する会のすべての業務が終了しました。

おしまい。また、こんど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会のアンケートが集計されました。

結果を公表しておきます。匿名ですが、公表がまずかったら連絡下さい。



(一般用 40名)

1.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会に参加してみての満足度について教えてください。(1つ回答)

とても満足19   満足17  ふつう  不満   とても不満



2.自主上映会協力チケットのお値段は、いかがでしたか?(1つ回答)

とても高い   高い  ふつう32  安い   とても安い



3.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会をどこでお知りになりましたか?(複数回答可)

とよいち  インターネット  友人・知人25  NPO法人チャレンジド

美浜町社会福祉協議会  みつまめ  その他(つぼみの会2、母1、娘1)



4.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を観て、自閉症(じへいしょう)について理解できましたか?(1つ回答)

よく理解できた11 理解できた29 理解できなかった 全く理解できなかった



5.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を誰かにすすめたいと思いましたか?(1つ回答)

ぜひすすめたい17 すすめたい20 すすめたくない 絶対すすめたくない

わからない



6.以上の回答も踏まえた上で、ご意見、感想などございましたら、ご記入ください。

・とてもよい企画だった。もっと多くの方に理解していただけることを願いたい。

・感謝です。ありがとう。

・とてもいい映画だった。ありがとうございます。

・自閉症に対してまだまだ知られていないと思う。多くの方にこの映画を観て知って頂きたいと思った。

・自閉症についてなんとなくだが理解をすることができた。

・坊ちゃんと重なるところがたくさんあり・・・・地元で広げていきたい。やってみたい上映会。

・こういう機会にめぐまれてありがたく思う。孫が自閉症です。

・もう一度観てみたいと思った。ありがとうございました。

・自閉症という病気を間違えて理解していた。

・自閉症は1000人の中の2人〜5人と言ってたけど、実際はもっといるのじゃないかと思った。

・自閉症は1000人の中に5〜6人もいることにおどろいた。初めて聞きました。

・「ぼくうみ」も感動したが、「とよいち」さんの理念にも心を打たれた。ありがとうございました。

・観て良かった。またひとつ世界が広がった。ありがとうございました。

・企画も映画の内容もとてもよかった。障害児・者の支援をしています。ぜひ近くの人にもお勧めしたい。ありがとうございました。

・もう一度観たいと思った。

・多くの人たちに観てもらえると良いなと思った。障害のある子がいる・・・他の子どもはその子のおかげで不自由なく生きてゆける というセリフ、親としてものすごく心を打たれた。

・「そもそも自閉症とは何?」という人には分かりやすい映画だと思う。軽度の人たちはまた違うという対比もあるといいと思う。春田さんと山下さんの想いで実現したので今度はサポートができればと思う。

・社会にもっと理解してもらえるようにすることが大事と思う。この様な会をもっと広めたらいいと思う。

・とてもよかったです。いろいろなところで上映してください。内海でも。

・海のそばの、この美浜(南知多?)で上映できたのはよかった。海はここの財産だ。

・ちょっと外がうるさかった。

・みなさんの上映に対する熱い思いが伝わった。ありがとうございました。

・いい映画を見せていただきありがとうございました。

・会場がちょっと寒かった。映画を上映中に外の話し声が少し気になった。でも映画はよかった。

・自閉症は1000人の中に5〜6人もいることにおどろいた。初めて聞きました。

・身近なところで映画を観られてよかった。とよいちさんに来られてよかった。

・自閉症について言葉では聞いていたが、映画を観ることによりもう一段階深く理解できた。自分の子も含めて皆で助け合っていかなければと改めて思った。そしてその子からも私たちは得るものが多いと思った。





(ボランティア用 18名)

1.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会に参加してみての満足度について教えてください。(1つ回答)

とても満足12   満足  ふつう  不満   とても不満



2.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会で、ボランティアをしてみていかがでしたか?(1つ回答)

とても満足10   満足  ふつう  不満   とても不満



3.自主上映会協力チケットのお値段は、いかがでしたか?(1つ回答)

とても高い   高い  ふつう12  安い   とても安い



4.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会をどこでお知りになりましたか?(複数回答可)

とよいち  インターネット  友人・知人  NPO法人チャレンジド

美浜町社会福祉協議会  みつまめ  その他(          )



5.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を誰かにすすめたいと思いましたか?(1つ回答)

ぜひすすめたい10 すすめたい すすめたくない 絶対すすめたくない

わからない



6.以上の回答も踏まえた上で、ご意見、感想などございましたら、ご記入ください。

・とてもいい映画だった。  

・映画の内容も自閉症についてもよく理解できた。   

・みんなで協力して出店して楽しめたことがよかった。   

・「病気」を知らないことが多いので知らせる機会が多くあればよいのに。  

・いろんな方とも絡めて楽しかった。   

・とよいちでまたこういうのをやってほしい(^o^)   

・仲間意識が多く楽しいイベントであった。非常にうらやましい地域活動だと思う。

・手作りの良い雰囲気の上映会になったと思う。スムーズとはいかなかった部分もあったが上出来だと思う。

・チケットの組織体制があまかった。直前に断らざるを得なかったのは事前の情報(完売等)を流せていなかったことが原因の一つになった。





アンケートへご協力頂いた方、集計作業をされたとよいちの娘さん、

ありがとうございました。



【はるたの個人的な感想】

正直、予想以上に好意的な意見が多かったので驚きました。

何回も読んでると涙が出てくる。マジで。



アンケート作成については、

終了後に見るので、もしネガティブな意見が圧倒的だった場合、

心の弱い僕は、相当落ち込むと思うので、それを回避したく、どちらかと言えば消極的でした。



アンケートの分析方法や読み方は、マーケティングや統計学の視点などいろいろあると思うのですが、

そういうのは不勉強なので、ごめんなさい。



でも良かった。

終わってみて、ぼくうみ上映会とは何だったのか。

本当に良かったのだろうか。

ただ皆さんに迷惑をかけただけだったのではないだろうか。と自問自答していました。



ご厚意により利益が出て、満足度も高かったので、

これに慢心してはいけないと思いますが、

奇跡に近いことだと思います。



この間は、ちょっと愚痴めいたことを書きましたが、

苦労が報われて良かったと思います。



僕は、幸せ者です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何か書こうかと思ったけど、今週に入ってから、

チケット問い合わせが急に殺到して、対応に追われ、

体力気力的に、へなっっとなっています。



とりあえず、こなせた感じだけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当日の実質的準備は、とよいち側が主動で行ってくれるとの申し出があったので、

企画段階でそういうことは思っていたし、午前中の準備に参加するのは体力的に無理と思っていたので、快くお願いした。ありがたい。



とは言うものの、まだまだ私のやることは多くある。

気が抜けないです。しんどいです。



ただ、チケットの売れ行きは、すこぶる良いそうです。

大半を美浜町に郵送したけど、すぐ売れちゃうそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

※おかげさまで、すべての申し込み受付は終了しました。







映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト



愛知県で、映画「ぼくはうみがみたくなりました」の自主上映会をします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仕方のないことをつぶやいても意味ないと思うんですけど、

まあ愚痴として。



前々から薄々思っていたことなんだけど、やっぱり、

私の自宅(大府市)ととよいち(美浜町)の距離感を感じるのです。

知多半島道路を普通に使って40分くらいなんですけど、

往復するのに、まあ1時間20分かかるわけでして。



距離感を感じるわけです。

物理的距離もさることながら精神的距離も。

とよいちのHPで楽しそうな様子とか見ると、たまにですけど鬱々とした気分になります。



これが同じ大府とか、まあ最低でもお隣の市とか、

送り迎えが出来る距離だったら、痰の吸引者だけ確保しておけば家族とかにも頼めそうな雰囲気なんですけど美浜じゃちょっと遠いから送り迎えは無理。

僕自身の体力的問題もありますし。



とよいちは、近ければ、もっと行きたい場所なので、

たまに、自分は活動場所を間違えてるんじゃないかと思うわけです。



ないものねだりしても仕方ないけど、

あー、これが大府だったらなぁ。って思うのです。



地元信仰とかあんまり好きじゃないけど、

楽しいことするなら、仲間作るなら、やっぱ大府がいいと思うのです。



でも、美浜町は魅力的なのです。

あんな何もないところと言ったら失礼だけど、

日福に在籍していたこともあったりして、心が美浜町に行っちゃってる。

NPO法人チャレンジドさんの人とかも知り合うと、もう駄目っすね。



もっと美浜町みたいな楽しいことを、大府市でできないかな。って思うんです。

人がどんどんつながっていくっていうか。



やっぱ、日福がでかいのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ようやく、ぼくうみが東京の方でロードショー公開だそうです。

これから約1ヶ月だそうです。

よほどのことが起きない限り、粛々と終わっていくだろう。というのが僕の個人的な見方です。



自主上映会に関しても、もう粛々と終わらせたいというのが本音です。

8月に入ってから、一息つけるかななんて思っていたのですが、

甘かったです。

問題噴出。(笑)まあ致命的でもないんですけど、疲れてます。



先日、上映会に関してが、しんどいとある人に話していたら、

「それは、はるたくんがバイトか何かでやってるの?」

「いいえ。ボランティアです」

「じゃ、利益が出たときは、はるたくんがもらえるの?」

「いいえ。利益が出るどころか赤字分を自分で補わなくちゃいけなさそうです。」と言ったら、

えええ。と絶句しておられました。



驚いていることに自分でも驚いたんですけどね。

まあ信じてやってるのは、

これをやれば、ここでしんどい思いをすれば、あと先いいことが巡り巡ってやってくる。

と思わなくちゃやってられません。

ネガティブにいけば、

ここで運や気力を使いはたしてしまう。という見方もできるんですけど。



原作の山下さん曰く、「先行投資」ならぬ「先行奉仕」

山下さんは、単なる言葉遊びみたいなこと言ってましたけど。



■スクリーンについて



仮設置をして頂いたのですが、写真が送られてきて思っていたより小さいなと思いました。

ゼロから手作りで、シーツでスクリーン作ってもらって、家庭用の機材で映写するのだから当たり前なんですけど。

スクリーンとプロジェクターの間を離して、大きく映すようにしても、

画質が粗く薄くなり、客席を離さないと観られないとのこと。



映写方法は、背面から。こんな方法があるとは知りませんでした。



スクリーンは、現在の小さい方がベスト。後列からもまあ普通に観られるそうです。

音は、アンプを使用するので問題ないとのことです。



背面映写するほどの詳しいお方と、とよいちスタッフ側で仮試写会をして得た結論なので、

現場に居合わせていない私としては、居合わせたとしても、

これはゴーサインだな。と思いました。



他のメンバーからは、これはもっと大きくできないのか。と言われたり、

納得できない感じのことを言われるのですが……。



確かに、進める順番みたいなのは誤ったかなと思っています。

もう少し早く先に仮試写会を行うべきだったと。

そこは反省。というか、完全に僕のミスです。



■チケット料金について



前述のスクリーン状態により、これで通常1000円は高い。と言われました。

確かにそうかもとは思いましたが、赤字分を大きくしたくなかったのと、

もう決めてしまったことだったので、値下げを渋りました。

器、小さくてごめんなさい。

そしたら、チャレンジド事務所の方で、「自主上映会協力チケット」というふうにしたらどうかと案が出されたと報告がありました。

僕は、そんな名称変えるだけでいいのかなぁ。なんて思っていたのですが、

意外と?ほとんどの人が賛成だったので、そうさせてもらうことにしました。



■開場時刻を変更(○開場13時)



開場9時は、みんなで作る上映会としては、個人的にはとてもいい案だと思っていましたが、

当初から数名の方から反対されていました。

押し通していたのですが、チケット印刷しようとしていたところへ、

混乱を招くということで、さらに反対者が増えました。



・それほどこだわるようなことでもないこと

・常識外のことはしない方がいいこと

・準備人数に何十人とか必要なさそうなこと



そんな感じのことを思ったので、開場13時に変更しました。

変更作業、大変そうだ。(苦笑)



■出店について



上映前や後30分くらい、出店を募ったらどうか。という案が出ました。

これは僕はあまり関知しなくても良さそうなので、やってもらうことにしました。



・出店料500円

・売り上げには上映会は関知しない



そんな感じでやります。出店したい方は、ご連絡下さい。



■何でしんどいのか。



最初に書いた知人と話していたのですが、メールでやってるからだよ。

というのもあるな。と思いました。

会えば、結構早いペースで物事が進んでいくと思うんですよ。

私が住んでる大府市と会場の美浜町はそれなりに遠いですから。

なかなかメンバーも各地にいますし、職業もあるので、

会う話し合いはすぐには出来ないですね。



あと、モチベーションが下がってるな。この人。と思うことがあったりして、

凹みます。

リーダー的立場の人間なら、メンバーのモチベーションを上げていくことは必須だと思うのですが、

僕は、正直そういうスキルを持ち合わせていません。



僕も今までいろんなところに参加したりして、モチベーション下がったことありますけど、

中心人物になると、あー、こういうことか。と妙に思ったりします。



■予約して頂いている方へ



これを読んで、ちょっと思っていたのと違う。止めたい。と思った場合は、

遠慮なくキャンセルをお申し出下さい。

お金を払っちゃったら返金が面倒なので、早めにおっしゃって頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先週の話し合いにおいて、上映日時を決めた方が、

宣伝活動など、やりやすい。イベントや試験週間を外して。というお話が出ました。



ということで、カレンダーを見て検討してみました。

11月の最終週

11月29日(日)で、どうでしょうか。



祭日という案も出ましたが、意外と祭日も普通に仕事という人が大勢いるような気がして外してみました。

3連休の中日、22日(日)も考えられますが判断に迷います。



意見などあれば投稿して下さい。



時間は、午前中を準備時間に充てて、

開演は、午後が良いと思います。

14時開演を目途にどうでしょうか。

上映時間は、1時間43分なのでまあまあだと思いますが、

遅いのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんなの作ってみた。





http://ilovemaker.com/?key=1218448746_3VQwZ

1218448746_3VQwZ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、言い出しっぺが率先して企画及び運営をやることの重要性について思っている。

僕は、2006年頃からとよいちというところで微力ながらボランティアをさせてもらっている。

微力なのであまり、でしゃばりたくはないけど、いろんなアイデアが思いついたので提案してみたりする。

僕は、その提案した案というのは、その場で代表者なり他のメンバーなりが、いいかどうか判断して、



・却下→ボツ

・採用→代表者か他のメンバーが中心となって実行する



このどちらかの経緯を辿ると思っていた。

しかし必ず、



「じゃあ、はるた君がやって」と言われる。

上の2点のうちのどちらかの経緯を必ず辿ると思っていたので、

最初はすごく面食らった。



だけど、これは正しいと今は思う。

障がいがあって身体は動けないけど、頭は動くので、

自分のやる気と他のメンバーの賛成と協力さえあれば、企画運営は可能なのだ。

僕自身、まだ実際には何かの企画運営には至っていないのが事実だけど。



会社にしても、何らかのグループにしても、

言い出しっぺがやることって大切なんじゃないかと思う。

社長なり代表者なりは、あらゆるリスクのことだけを考えて、

「じゃ、やってみれば」という姿勢がいいかと思う。



アイデアに対して、すぐ却下。却下。却下ということが続けば、

もう何のアイデアも出てこないだろう。

人は口を閉ざすからだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フォトストーリー3で作ったファイルを動画 - livedoor ナレッジ 知識、知恵のカタマリ



Windowsフォトストーリー3という手軽にスライドショーを作れるフリーソフトがあるのですが、

それを使って作ってみました。

「とよいちの看板の前で・・・」という動画なんですが、

作ったwmvファイルが、なぜかyoutubeなどの動画共有サイトにアップできませんでした。

アップロードは成功するのですが、エンコードで失敗するんですね。

Windowsフォトストーリー3というソフトが曲者なようです。

その作ったファイルを一度、Windows ムービー メーカーというソフトで読み込んで、

そこで保存しなおすと上手くいきました。

二度手間ですが、今のところこれしか対策が分かりません。

http://dl.video.nifty.com/js/player.js?user_id=0000004110&catalog_id=070913029262&category_id=6&lg=0&width=320&height=264

http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_070913029262_1.htm
とよいちの看板の前で・・・
動画を無料で公開・共有 - @niftyビデオ共有ではJavaScriptを使用しています。

何で、Youtubeでないのかと言うと、画質が@niftyビデオ共有の方がきれいだったからです。

これは意外でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6月17日

あんまり事細かには書けんなと思いつつ、書いてみます。

日福通信に入学したての頃に知り合ってずっと交流してくれた人と、ようやく会うことが出来ました。なかなか都合がつかず、3度目の正直!?

唯一の同い年です。

同い年、同年代の人とは、どうも波長が違うというか空気が読めんところがいつもあって、経験値足りねぇな。と思うことが毎回のパターンなのですが、

波長、かなり合う気がしました。珍しい。

こんなに波長合うんだったら、もっと面白い話でも用意しておくべきだったか。



とよいちでは、毎回いい出会いがあるものです。



<余談>

楽しくなければ、ボランティアじゃない。

楽しくないものは、排除していくべきなのだろうか。

それとも、修行の場として捉えるべきなのだろうか。

江原さん曰く、現世とはつらい場所。

美輪さん曰く、人の話は6割くらいで聴いておくべき。10割聴いたら身がもたない。だそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ