春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:とよいちで「ぼくうみ」を上映する会

とよいちの娘さんにお会いしましたので、
ぼくうみ上映会で発生した利益50987円を、全額とよいちに寄付しました。

とよいちでは、このお金で業務用ガスコンロを購入して頂けました。

これにて、とよいちで「ぼくうみ」を上映する会のすべての業務が終了しました。

おしまい。また、こんど。

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会のアンケートが集計されました。

結果を公表しておきます。匿名ですが、公表がまずかったら連絡下さい。



(一般用 40名)

1.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会に参加してみての満足度について教えてください。(1つ回答)

とても満足19   満足17  ふつう  不満   とても不満



2.自主上映会協力チケットのお値段は、いかがでしたか?(1つ回答)

とても高い   高い  ふつう32  安い   とても安い



3.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会をどこでお知りになりましたか?(複数回答可)

とよいち  インターネット  友人・知人25  NPO法人チャレンジド

美浜町社会福祉協議会  みつまめ  その他(つぼみの会2、母1、娘1)



4.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を観て、自閉症(じへいしょう)について理解できましたか?(1つ回答)

よく理解できた11 理解できた29 理解できなかった 全く理解できなかった



5.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を誰かにすすめたいと思いましたか?(1つ回答)

ぜひすすめたい17 すすめたい20 すすめたくない 絶対すすめたくない

わからない



6.以上の回答も踏まえた上で、ご意見、感想などございましたら、ご記入ください。

・とてもよい企画だった。もっと多くの方に理解していただけることを願いたい。

・感謝です。ありがとう。

・とてもいい映画だった。ありがとうございます。

・自閉症に対してまだまだ知られていないと思う。多くの方にこの映画を観て知って頂きたいと思った。

・自閉症についてなんとなくだが理解をすることができた。

・坊ちゃんと重なるところがたくさんあり・・・・地元で広げていきたい。やってみたい上映会。

・こういう機会にめぐまれてありがたく思う。孫が自閉症です。

・もう一度観てみたいと思った。ありがとうございました。

・自閉症という病気を間違えて理解していた。

・自閉症は1000人の中の2人〜5人と言ってたけど、実際はもっといるのじゃないかと思った。

・自閉症は1000人の中に5〜6人もいることにおどろいた。初めて聞きました。

・「ぼくうみ」も感動したが、「とよいち」さんの理念にも心を打たれた。ありがとうございました。

・観て良かった。またひとつ世界が広がった。ありがとうございました。

・企画も映画の内容もとてもよかった。障害児・者の支援をしています。ぜひ近くの人にもお勧めしたい。ありがとうございました。

・もう一度観たいと思った。

・多くの人たちに観てもらえると良いなと思った。障害のある子がいる・・・他の子どもはその子のおかげで不自由なく生きてゆける というセリフ、親としてものすごく心を打たれた。

・「そもそも自閉症とは何?」という人には分かりやすい映画だと思う。軽度の人たちはまた違うという対比もあるといいと思う。春田さんと山下さんの想いで実現したので今度はサポートができればと思う。

・社会にもっと理解してもらえるようにすることが大事と思う。この様な会をもっと広めたらいいと思う。

・とてもよかったです。いろいろなところで上映してください。内海でも。

・海のそばの、この美浜(南知多?)で上映できたのはよかった。海はここの財産だ。

・ちょっと外がうるさかった。

・みなさんの上映に対する熱い思いが伝わった。ありがとうございました。

・いい映画を見せていただきありがとうございました。

・会場がちょっと寒かった。映画を上映中に外の話し声が少し気になった。でも映画はよかった。

・自閉症は1000人の中に5〜6人もいることにおどろいた。初めて聞きました。

・身近なところで映画を観られてよかった。とよいちさんに来られてよかった。

・自閉症について言葉では聞いていたが、映画を観ることによりもう一段階深く理解できた。自分の子も含めて皆で助け合っていかなければと改めて思った。そしてその子からも私たちは得るものが多いと思った。





(ボランティア用 18名)

1.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会に参加してみての満足度について教えてください。(1つ回答)

とても満足12   満足  ふつう  不満   とても不満



2.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会で、ボランティアをしてみていかがでしたか?(1つ回答)

とても満足10   満足  ふつう  不満   とても不満



3.自主上映会協力チケットのお値段は、いかがでしたか?(1つ回答)

とても高い   高い  ふつう12  安い   とても安い



4.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会をどこでお知りになりましたか?(複数回答可)

とよいち  インターネット  友人・知人  NPO法人チャレンジド

美浜町社会福祉協議会  みつまめ  その他(          )



5.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を誰かにすすめたいと思いましたか?(1つ回答)

ぜひすすめたい10 すすめたい すすめたくない 絶対すすめたくない

わからない



6.以上の回答も踏まえた上で、ご意見、感想などございましたら、ご記入ください。

・とてもいい映画だった。  

・映画の内容も自閉症についてもよく理解できた。   

・みんなで協力して出店して楽しめたことがよかった。   

・「病気」を知らないことが多いので知らせる機会が多くあればよいのに。  

・いろんな方とも絡めて楽しかった。   

・とよいちでまたこういうのをやってほしい(^o^)   

・仲間意識が多く楽しいイベントであった。非常にうらやましい地域活動だと思う。

・手作りの良い雰囲気の上映会になったと思う。スムーズとはいかなかった部分もあったが上出来だと思う。

・チケットの組織体制があまかった。直前に断らざるを得なかったのは事前の情報(完売等)を流せていなかったことが原因の一つになった。





アンケートへご協力頂いた方、集計作業をされたとよいちの娘さん、

ありがとうございました。



【はるたの個人的な感想】

正直、予想以上に好意的な意見が多かったので驚きました。

何回も読んでると涙が出てくる。マジで。



アンケート作成については、

終了後に見るので、もしネガティブな意見が圧倒的だった場合、

心の弱い僕は、相当落ち込むと思うので、それを回避したく、どちらかと言えば消極的でした。



アンケートの分析方法や読み方は、マーケティングや統計学の視点などいろいろあると思うのですが、

そういうのは不勉強なので、ごめんなさい。



でも良かった。

終わってみて、ぼくうみ上映会とは何だったのか。

本当に良かったのだろうか。

ただ皆さんに迷惑をかけただけだったのではないだろうか。と自問自答していました。



ご厚意により利益が出て、満足度も高かったので、

これに慢心してはいけないと思いますが、

奇跡に近いことだと思います。



この間は、ちょっと愚痴めいたことを書きましたが、

苦労が報われて良かったと思います。



僕は、幸せ者です。

まだ完全には終わっていないので、乗り越えたことにはなっていないかもしれませんが、

明らかに、



とよいちで「ぼくうみ」を上映する会http://trhs.cc/1041bokuumi/



ですね。

ネガティブな意見を言いますと、

疲れました。気疲れです。

今までイベントの運営側、ちょっとした会の幹事すらしたことありませんでした。



皆さんのご協力のおかげというのは大前提です。

これは紛れもない事実です。



運営側でしたので、とにかく私情を出来るだけ排除して、

とにかく理念http://trhs.cc/1041bokuumi/cinema/index.htmlに沿う行動、上映会が成功するのみ一点に集中、

自分だけの感情は出さないようにしてきました。



私情を出さないようにしていくというのは、なかなか厳しいものです。



だからと言って、始めから嫌々やっていたとかそういうことでもないです。

偽善と言われるかもしれませんが、大きなボランティア行動、利他的な行いをしてみたかったのです。





昨日、ここにも書きましたが、最後の最後に残念なことがあり、

腹は立っています。

上映会終了でも、それなりに事後処理というのはあるものです。



お金の管理は、自分がしているのでそういうのであったり、

改めて報告はしますが、皆さまのご厚意により、利益は相当出ました。



利益は全額、とよいちhttp://1041.trhs.cc/に寄付することも決定しました。



準備期間中も、ドキッと驚くようなことはいくつかあったので、

少々のことには動じなくなっていたのですが、

今日ちょっとびっくりすることがあって、

まあ、終わり良ければすべて良しかもしれないんですけど。



後味は悪いですよね。

自分の方にも非はあるだろうし、お世話にもなっているわけですから何も言いませんが、

又聞きではなく、直接はるたに一言連絡があってもいいんじゃないかな。と思いました。



僕なんかもやっちゃいましたが、連絡・報告って改めて重要だと認識しています。

皆さんが、当日の様子を書いて下さっています。ありがたいことです。まとめてみましょう。

ここに無いよ。というのがありましたら教えて下さい。追記しますので。

また勝手にリンクしていますので、止めてほしい。という方がいらっしゃいましたら、お手数おかけしますがご連絡下さい。



とよいち日記

http://1041.ldblog.jp/archives/1093799.html

http://1041.ldblog.jp/archives/1096020.html



とよいちの掲示板

http://1041.trhs.cc/1041/cgi/joyful/joyful.cgi?list=pickup&num=1100#1100

http://1041.trhs.cc/1041/cgi/joyful/joyful.cgi?list=pickup&num=1102#1102



やましんの独り言

http://plaza.rakuten.co.jp/gogocappuccino/diary/200911290000/



おさんぽいってもいいよぉ。(^-^)

http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/10-cb79.html



ちゃれっこダイアリー(NPO法人チャレンジド・ブログ)

http://blog.livedoor.jp/kominka_cha/archives/55338582.html



ウォーリーのつぶやき

http://helper-1610.cocolog-nifty.com/hysa/2009/12/post-4b69.html



[mixi] フィンさん | とよいちで「ぼくうみ」を上映する会

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1351377707&owner_id=2271907



[mixi] ロジャーさん | 色々と雑記。その2

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1357393326&owner_id=4439507



春田 康吏 公式ホームページ

http://haruta.ldblog.jp/archives/51346393.html

人のレポートばかり紹介していたので、自分のことも書いておこう。



前週からチケット問い合わせが殺到していたので、前日まで受付担当者とメール調整。

前日、1日メール送信数の最高記録なんじゃと思うくらい各方面にメールしてました。

さらに、上映前あいさつ文の微調整も出てきて、かなりてんぱってました。



で、当日午前中。

今までで、ありえないほど緊張してました。

もともと緊張屋さんなんですが、手足が冷たくなり……

Sさんから、携帯メールで「原作の山下さん(レインボーおやじさん)、来てるよ」とのサプライズ報告を受けて、

さらにびっくり。

山下さん自身には、お会いしたいと思っていたので、それでさらに緊張が高まるわけではなかったのですが。



12時15分に、移動支援をお願いしていたヘルパーさんに来てもらい準備して出発。



13時30分前には、到着。

会場近辺で学生さんが、ぼくうみ会場の看板を持っていたのには驚き、

すごいことになってるな。と改めて実感。



開演14時までは、山下さんと写真を撮らせてもらったり少しお話させてもらったりしていました。

山下さんは、本当に思っていた通りの気さくな人でした。

話が、とてもしやすいし。

でも、あとから考えるとすごい人なんだよな。と。



話が脱線してくだらない話するけど、会っているつながりから言えば、





はるた(ぼくうみ自主上映提案)



山下さん(ぼくうみ企画・原作・脚本)



大塚ちひろ(ぼくうみ主演・白夜行出演)



綾瀬はるか(白夜行)





無理矢理つなげてみることも出来ちゃいます。



話を戻します。

開演14時前は、みんなに、お腹痛い、お腹痛いばっかり言ってました。

打ち合わせも立ち位置教えてもらったくらいで……

出店の人とかにも挨拶せず……

すみませんでした。



で、始まりで。

司会進行の人から紹介してもらって、(あの簡単な紹介の草案・基礎は、はるたが考えてました。自分で、他人が自分を紹介する文を考えると言う貴重な体験をしました)



あいさつのときは、記憶ゼロです。

ちゃんと言えてなかったような気がしています。

え?こいつが主催?って感じで、会場、ドン引きだったような……



でも、かっこよく文章をスクリーンに映すということをしてもらったので、

言いたいことは伝わったかと思います。



で、山下さんのあいさつがあって、

山下さんが登場することによって、場が引き締まったような気がしました。



上映中は、一番前で、しかも横になり、毛布・ストーブ・高級そうな加湿空気清浄機つきという・・・・。

皆さん、ごめんなさいスタイルで観させてもらいました。

要望は伝えてあったものの、あんなに楽に映画を観たのは初めてです。

ほんと、ありがとうございました。



ぼくうみ自体の感想は別に書くとして。



あいさつが終われば、気持ち的に楽になり、

最後も代読だったので助かったし、とよいちの居候さんがとよいちの説明もしてフォローして下さっていたので、

良かったです。



さらに、Sさんが、お楽しみ抽選会やろうよ。と持ちかけてくれていたので、

やってもらいました。



おかげさまで、大成功・大盛況でした。



でも、自己反省しときます。



・あとから、受付業務がめちゃくちゃ忙しそうだったと聞いたので、もう少し自分も考えれば良かったな。チケット頒布方法は良かったのか。と思います。改善点が見つからないのですが。



・上映後は主催者意識ゼロでして、普通の感覚になって好き勝手なことばかりしていました。具体的内容は書けません。



・1か月前から、ヘルパー事業所との移動支援の交渉が、現地出発時刻を中心に難航したので、お互い大変でした。僕が移動支援の経験があまり無いというのもあるのですが、今後、移動手段も含めて改善できればいいなと思っています。

結果的には上手くいったのですが。





【今後の美浜町との関係〜また、こんど】



正直な話、この上映会が終われば、美浜町との縁、とよいちとの縁が切れる、卒業するような感覚でいました。

僕が今までやりたかったこと、それも大きなことが実現できる・そして、実際にできたので、

あぁ、これで美浜町とも終わりかな。と思っていました。



すぱっと縁を切って、自分の住んでる大府市を中心に活動しよう。と思っていました。



でも、ぼくうみの最後で、

また、こんどって言ってたのを観て、かなり自分と重ね合わせてしまい、うるっときました。



あぁ、そうか。

また、こんどでいいんだ。って。(これ書いてるだけで、ちょっときてる)



それと、やっぱり、美浜町は居心地がいいときが圧倒的に多いんですよね。

大府市が悪いとかそういうわけではないんですけど、

なんていうか、世代に偏りが無いので、刺激的なこと・勉強になることが多いのも一つです。



また、縁を切りたくないな。っていう一つの理由も出てきたりして、



自分からは縁を切らずに、自然消滅とかは仕方ないかな。って思いますが、



また、こんど



この精神でいこうかなと思います。

おかげさまを持ちまして、

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会、大盛況で終わりました。



うれしいサプライズもありました。



映画ぼくうみ自体の感想もいろいろと思うことがあって、

書いておきたいし、会計をきちんとやっておきたいのですが、



今日は、





大成功





ということで。

何か書こうかと思ったけど、今週に入ってから、

チケット問い合わせが急に殺到して、対応に追われ、

体力気力的に、へなっっとなっています。



とりあえず、こなせた感じだけど。

まあ一応、去年の企画段階から決めてあったことなんだけど、

主催をはっきりさせるよう言われている。

あまり重要視していなかったということもあって、あえて言わなかったんだけど、



主催 とよいちで「ぼくうみ」を上映する会



これでやらせてもらっている。

よく誤解されそうなんだけど、主催は、とよいちでは無いんです。

説明すれば、

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会が、とよいちを使わせてもらう。という形になっています。



なので、僕がいろいろと裏工作?をやっているわけなんです。

お手伝いしてほしいのです。



ちなみに後援としては、



NPO法人チャレンジド、とよいち、torahouse、みつまめ



今のところ、こんな感じ。

とよいちは、後援なんです。全面的に理解と協力は得られているのですが、

いろいろと事を進めていくのは、



とよいちで「ぼくうみ」を上映する会なんです。



そこんとこを明記するようとのことでしたので、書いておきます。

↑このページのトップヘ