サイト(ホームページ)の入り口、出口を考えてみた場合、 Amazonは、入り口は無数にどこにでもそこらじゅうにある。 例えば、 このようなものをよく見かけると思う。 これはつまり、「入り口」 そして一旦、入るとAmazonには「出口」がないのだ。 ページを閉じない限り、ク ...