春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:カニューレ

(2010年9月9日に書かれたのはここから)
最近、身体を起きた状態(車いすに座った状態)になると、
声が前より出にくい。
横になっている状態の方が出る。

起きていると、カニューレの隙間から、プスプスと空気が漏れる感じだ。
カフ圧が足りないのか?
今、使ってるカニューレ、前からそうなんだけど、なぜかカフがなかなか入らない。
入れても、しゅっと凹む。
交換してもそんな感じなので、壊れているわけでもなさそうだ。

最近のカニューレ交換は、すごくスムーズである。
出血もほとんどないし、すっと入る。
しかし、声が出にくいときが多くなった。
出血があったり、カニューレ交換に苦労していたときの方が、
声はまあスムーズに出た。

明らかに、QOL(生活の質)の低下である。

カニューレタイプの変更も視野に入るのだろうか?

さらに理想を言えば、普通の一般的な声が出る状態だけども、
まあそれは無理として、
前みたいな、声が出る状態はキープしたい。

今は、起きている状態でのコミュニケーションは、
難儀している。


というか、この状態で今週末、おそらく、いろいろと話さなければいけない用事があるので、
とても憂鬱である。
(2010年9月9日に書かれたのはここまで)


【後日談】
耳鼻科受診して、スピーチカニューレについて聞いてみたところ、
「あなたの場合、唾液のたれ込みが激しいから肺炎になるリスクが高まる」と言われ、断念した。


その後、Y字ガーゼをしっかり下まで入れて(下から上に入れる人もいる)隙間を閉じるようにぎゅっとやって、
紐もきつめに閉めて、カニューレを固定させれば、声が出やすいことには気がついた。


日常生活を送るぶんには問題ないが、たとえば外の雑踏や、
人がたくさんいるレストランやカフェでコミュニケーションをとるには、自分の中で最高の状態で出ていたとしても、声が小さく、なかなか相手に伝わりづらい。
その場合、相手の聞き取り能力や相性が強く出るように思う。


カフについては、抜いた方が空気が上にいきやすくなって、声が出やすいとのことだが、
まだその効果は自分では分かっていない。

県心身障害者コロニー中央病院で1月、脳性まひの9カ月の男児が死亡する医療事故が発生した。病院側は、装着していた医療器具が気管内で外れたためにうまく心肺蘇生ができなかったとみている。
医療安全担当の加藤純爾副院長(55)は「気管切開した患者の対応には慣れていたが、カニューレが外れているという発想はなかった。事故を100パーセント防ぐ方法はないが、発生時に適切に対応できるようにしたい」と話している。2012031799085505

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012031790085318.html

僕が知っている限りではありえないというか、なんだこれは?と思った事例でした。
この図からして、よく分からない。気管をカニューレが突き破ったということ?
この副院長さんのコメントからも分かるように何が起こるか分からないですね・・・。

これからでも何でもなく、ただまとめてみたかっただけです。
Togetterを使用しようかと思いましたが、めんどくさかったので止めました。

下記に書いてある生理食塩水を垂らす方法は現在はあまり行われていないとの情報を頂きました。
やってみるにしても上級者の方法だと思うので、オススメする方法ではありません。
当ブログでは責任を持てないので、必ず医療関係者に確認を取ってください。























































































そして話は、水分補給の話へ・・・続きを読む

↑このページのトップヘ