移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:サッカー

サッカーというのは、人生やビジネスに通じるところがあると思います。
ここで攻めるのか守るのか、準備はどうするのか。
サッカーファンだからなのかそう思います。

勝利を求めず勝利する ― 欧州サッカークラブに学ぶ43の行動哲学
少しドイツっぽいです。


グアルディオラのサッカー哲学
グアルディオラ絶賛本。


オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える (集英社文庫)
リスクを冒して攻めろ。


ジャイアントキリングを起こす19の方法
原作を読んだ方がいいかもしれません。弱者の生き方。


心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
どちらかと言えば、長谷部選手のエッセイっぽいかも。

バクマン。」も「ドラゴンボール改」も終わってしまったので、毎週楽しみにしているアニメが無くなってしまった。

なんかないかなぁと思っていたら、弟が、ジャイアントキリングっていうのがサッカー監督の目線で描いたマンガで面白い。って言っていた。
確かに、プレーヤー目線のサッカー漫画ならいくらでもあるけど、マネジメント側はないかもなぁと思って、
NHKのアニメを観たら、はまった。まだ3話なので、これからどうなっていくのか分からないが、

これは、面白い!!!

自分が興味のある、日ごろから模索している「弱者の戦い方・生き方」を学べる。

これは、久々のヒットです。
ジャイアントキリングを起こす19の方法

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)

弱いのかを自覚する


誰にでも幸運が流れている。
つかみ損ねたくないから、万全の準備をする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

サッカーのゼロックス・スーパーカップは1日、東京・国立競技場で行われ、天皇杯準優勝で今季J2の広島が、昨季Jリーグと天皇杯を制した鹿島と2−2で迎えたPK戦を4−3で制し、初出場で初優勝
前から、サッカーに詳しい弟から、主審の家本っていう人がすごいっていう話を聞いていたけど、

ほんとすごかった。

特に荒れた試合ってわけでもないのに、カードを乱発させてPK取って、やり直しさせて自ら荒れた試合にしていた。

鹿島サポーターのお怒りは、めちゃくちゃよく分かります。



逆に、審判ってすげえと思った。

家本さんは、ある意味「神」です。

試合をコントロールできるのだから。

家本政明 - Wikipedia



家本 政明 - Google 検索













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

悪魔のパス 天使のゴール死を招く最強のドーピング剤「アンギオン」。イタリア、南フランス、キューバと謎が拡がり罠が待ち受ける。セリエA最終節の死闘の中、日本人選手冬次は果たして死の罠から生還できるのか? 『ソトコト』連載等をまとめる。



おすすめ度 ★★★☆☆



これほどまでにサッカーを主体にした小説を読んだのは初めてだった。

サッカー&小説好きなら読めるが、それ以外の人は結構つらいと思う。

それだけサッカーの描写が凄いということ。スタジアムの温度、観客の熱気がありありと伝わってくる。

おまけに日本人選手・夜羽冬次のチーム以外、選手・チーム名すべて実名で登場。

ちなみに、著者・村上氏は友人の中田英寿選手からサッカーにまつわる話を聞いて書いたらしい。

↑このページのトップヘ