春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:サービス

「私を馬鹿にしているのか!」という一言に尽きます。
不良品や対応の悪さは、すべて「私を馬鹿にしているからだ」と思うわけです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、親しくさせてもらってる人から、
はるたさんって、愛知県図書館は利用されてませんか?郵送貸出サービスというのがありますよ。と教えてくれた。

ふふーん。どうせ、郵送料かかるでしょ。
そんなお金ないもん。って思って見てみたら、

貸出

電話、郵便、メール等でお申し込みください。

【貸出点数】
図書6冊、AV資料(CD・ビデオなど)3点以内
【貸出期間】
郵送にかかる日数を含め、図書29日(4週間)、AV資料22日(3週間)以内

送料は、国と県が負担します(利用者のご負担はありません)。
http://www.aichi-pref-library.jp/yuusou.html


ななななんだって!?
国と県が負担????

びっくりした。
しかも問い合わせたら、期限は短いものの愛知県中の図書館からも借りられるとのこと。
そんなバカな・・・。

どうして今まで気がつかなかった?

僕は今まで、もう中学生くらいから、周りに本好きということを公言していたのに・・・。

本好きがいなかったということ?

他人のせいにしちゃあかんですが、なんで誰も教えてくれなかったんだろう。と漠然と思いました。

しかしまあ、大府市の図書館の蔵書は悲しいので、
これで快適な読書生活が送れそうです。

教えてくれた人には、ほんと、感謝です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ