春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:マネジメント

バクマン。」も「ドラゴンボール改」も終わってしまったので、毎週楽しみにしているアニメが無くなってしまった。

なんかないかなぁと思っていたら、弟が、ジャイアントキリングっていうのがサッカー監督の目線で描いたマンガで面白い。って言っていた。
確かに、プレーヤー目線のサッカー漫画ならいくらでもあるけど、マネジメント側はないかもなぁと思って、
NHKのアニメを観たら、はまった。まだ3話なので、これからどうなっていくのか分からないが、

これは、面白い!!!

自分が興味のある、日ごろから模索している「弱者の戦い方・生き方」を学べる。

これは、久々のヒットです。
ジャイアントキリングを起こす19の方法

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)

母が入院中や回復期など、自分でヘルパーのコーディネートをしてました。
自分しかやる人いないので。

何時に来てもらって、どういう支援か。
ここは、家族かヘルパーか。
A事業所かB事業所か。

そういう組み合わせですね。

初めてのことでもあり、正直、疲れました。

1事業所だけでは足らなくて、2事業所使いましたから。
普段、確保している時間数も、あきらかに足らなくて、
相談支援でお世話になってる人が、代理申請してくれて即受理されたのは助かりましたが。

2事業所から、本当のコーディネートと言うそうです。。。

でも、この苦労話って、分かる人と分からない人の差が大きかったのには驚きでした。

高齢者系の人でも、あんまり分からない感じだったからなぁ。

障害者福祉系の人が、やっぱ一番よく分かってくれた。

重要なこと



・組織が何をしようとしており、どこへ行こうとしているか知ること



・責任を与えられ、かつ自己実現すること、もっとも適したところに配置されること



・継続学習の機会を持つこと



・敬意を払われること。彼ら自身よりも、むしろ彼らの専門分野に敬意を払われること

↑このページのトップヘ