春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:ラジオ

http://www.nhk.or.jp/kira/program/past/details/462_no.html


外国のラジオのDJが、自分の障害は、どれくらい好きかみたいなことを聞いていた。
それに対して、大橋グレース愛喜恵さんが、すごく。100%好きみたいなことを言っていた。

ずいぶん前に見た番組なので、正確に記述できていなくて申し訳ないが、概ねそのようなことだったと思う。

僕は、はっきり言って愚問だと思うし、なんか違うなという気がする。

一歩譲って、この質問で何が言いたいのか推測すれば、
おそらく、
「あなたは、自分のことが好きですか?」という意味だと思う。

それは、別に愚問ではない。
僕も言う。

「はい、自分のことは好きです」と。

じゃ、自分の障害は好きか。どれくらい好きか。って言われると、
途端に困る。

障害って、別に好きとか嫌いとか、そういうレベル、そういう好き嫌いの話ではないと思うから。

ただそこにある。僕の一部、くっついている。
そういうものだと思う。

それに関しては、まだ3年前に思っていたことと一緒で、
進歩がないと言われればそれまでだけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

radio-iから得たもの | listen | chabin's cafe
http://www.chabindesu.com/blog/l/entry-5.html


chabinさんの記事を読んで、僕なりに書いてみようと思う。

まず始めに、僕は、ラジオは滅多に聴かない。
特別嫌いというわけではない。むしろ好きな方である。
しかし、radio-iについては、一番チャンネルを合わさない局と言ってもいいくらい、ひどい付き合い方だった。

そんな奴に思い出や思うことがあるのか。
この記事を書くことによって、全国のラジオファンやradio-iファンに怒られるであろう。

でも、それなりに書いてみようと思う。

radio-iと聞いて思い出すのが、
医大に入院していたときの記憶だ。

今までに1度だけ、手術をしなければいけなくなって、
医大に入院したことがある。
2001年のことだったと思う。

手術後、念のための処置として、
ICU(集中治療室)に入れられた。
何かあったとき、すぐ対応できるためのものだったので、意識ははっきりしている。

ぼーっと天井を見上げていたとき、
きれいな看護師さん(あのときの看護師さんのきれいさや対応の良さはなぜか印象に残っている)が気を利かせて、ラジオつけてあげようか?と言った。

暇だったので、僕は、お願いした。
どこの局にするか。と言われたので、FM-AICHIと答えた。

看護師さんは、FM-AICHIに合わせてくれた。

でも、いつも聴いているFM-AICHIとは様子が違う。
なんか、英語っぽいというか、DJが変な感じというか。

そして、数時間後に、FM-AICHIではないということに気がついた。

看護師さんも気がついた。

ごめん。これ違うね。

あ、たぶん、最近、出来たやつだと思います。

そう。それが、Radio-iだったのである。

FM-AICHIを聴いていたと思っていたのに、Radio-iを聴いていたということで、
僕のRadio-iの第一印象は最悪だったのである。

それから何度か、Radio-iを聴いてはみたが、
僕の印象は改善されなかった。

何となく気にしてて、番組表を見ることはあっても聴くことはなかった。

でも、閉局を知ったときは、なんとなく物哀しい思いはした。
ウソだろ。と言われるかもしれないが、思い出があるので。

聞くところによると、radio-iは開局以来、一度も黒字化になったことがないと言う。
それはあかんだろ。とは思う。

でも、僕にとって、radio-iとは、
そんなにコミュニケーション取らないけど、たまに気にしたりする。
生きてればいいな。くらいのそういう存在だった。
決して嫌いではなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

働くひらまっちゃん劇場 〜こんにちは 平松庚三です〜第37回「沖縄研修」(10/29)

おいらの投稿が読まれたっぽい。退任の話をするためのきっかけに使われたような形だけど。聴いていて、びびった。特に何かくれるとかは、なさそう。



でも結構、自分ってラジオで投稿が読まれる確率が高い。あんまり出さない割には。

この場合は、ポッドキャストだから特殊だけど、(データとして、ずっと残る……)

中学生の頃、ココリコの快楽シャワー王国っていう、当時まだ無名だったココリコがやってたCBCラジオ番組。

2回くらい投稿ネタが読まれたことがあった。

結構、面白い番組だったと思う。下ネタ多かったけど、当時の僕は下ネタの意味が分からなかった。純粋だったんですね。



あのときが一番、ラジオを聴いていたのかもしれない。

今は、北野誠の大明神のコーナーだけ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

(´・ω・`)地元なのに、中日53年ぶりの日本一にはあえて触れなかった自分。

だってみんな書いてるもん。

野球興味ないし。って、ここで「野球のつまらなさ」なんて書いたら、大バッシングだろうな。

野球は詳しくないから分からないんだけど、落合采配は問題なのかな。

YouTube - 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 牧田知丈モノマネ集

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ