春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:五木寛之

どんなにめちゃくちゃになっても、 生きてさえすればそれでいいと思う <性交を終えたる後すべての生物は哀し> 目標があってそれを追いかけた人間が何かをやり遂げる。 やり遂げると同時に、悲哀が訪れるんだ。 だから、すべての生物は哀しい。 ...

今年読んだ本は、約60冊でした。 1週間に1冊程度ですね。 雑誌も読んでいるので、読書量的にはもう少し多いかもしれません。 でも正直言って、まだまだです。1週間に2.3冊いければいいのですが。。。 読みたい本が次々と出てくるので。 では、今年2009年に印象 ...

皆さんはメーテルリンクの童話『青い鳥』をご存じのことと思います。 主人公が幸せの象徴である「青い鳥」を探して、いろいろな国に行くのですが、 結局、青い鳥は自分たちの最も身近な家の鳥かごの中にいたというお話です。運の達人1000人に学ぶ今日の秘訣 [まぐまぐ!] 書 ...

第三の人生をどう生きるのか?50歳で考えるのでは遅い!!人は何の為に生きるのか?働く為ではない。子供を育てる為ではない。家庭を維持する為ではない。人は何の為に生まれてきたのか?一生の中で、一体、どの時期が人の絶頂期といえるのだろうか。古代インドのバラモン教 ...

↑このページのトップヘ