春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:人生


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
文藝春秋 (2013-04-12)
売り上げランキング: 468



「記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても、それがもたらした歴史を消すことはできない。

歴史は消すことも、作りかえることもできないの。それはあなたという存在を殺すのと同じだから」



「どんな言語で説明するのもむずかしすぎるというものごとが、私たちの人生にはあります」



「生きている限り個性は誰にでもある。それが表から見えやすい人と、見えにくい人がいるだけだよ」
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あけおめ ことよろ

んー、何を書こう。という感じです。

年賀状は、来た方のみ返礼させてもらいます。
受け身・無礼なやつと思われるかもしれませんが、真心を込めて書いています。
年賀状とは本来、正月になってから書くものです。
メールの方は、こちらから適当に出します。

初詣に行きました。
いつもは絶対に引かないおみくじを引きました。
大吉でした。
でも、大吉と言っても、各項目を読んでみると意外と普通というか、
あんたの今年の運勢、めちゃくちゃいいぜ!みたいなことは書いてありませんでした。


正直これから、何が起こるか予想がつかない。という感じです。
良いことも悪いことも。

そういうステージに突入してる感じはします。

やりたいことは、
僕は、気管切開して13年くらいになると思いますが、
一度も愛知県を出たことがありません。

そういう欲求が無かったということもあるのですが、
まずは、日帰り旅行からチャレンジしてみてもいいんじゃないかと思うのです。

最低限、ap bank fesが今年も開催されるのなら、行きたい。
どうやって。
サポートメンバーが、普通の外出のような感じでは無理だと思います。
でも、これは前から行きたいなと思っていたので。

何とかしたいところです。どうかよろしくお願いします。

人生、そうそう良いことなんて続かないですけど、
去年、就職という夢みたいなことが起こりました。

今年も夢が見れるなら、僕と一緒に夢の続きを見ませんか。
(って、なんか怪しい人みたいだな)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、自分がいつも使っている雑記帳(ノート)を何気なく見ていた。
そしたら、今年始めくらいに書いていた、やりたいことリスト、
9割方、達成していた。
やれていない残りの1割については、まぁ、そんなにやりたい!って感じでもなかった。

今年は、自分中心な活動をしてきたけど、おおかたの目的は達成したことになる。

プラス予期せぬいいことも割と多かったように思う。
なによりも就職できたことは大きい。

もちろん、あんまり良くないことというのもあるわけだが、

総論として、良い年だったと思う。
残り2か月あるのに。

どちらかと言えば、自分から働きかけることが多かったので、
残りの2か月は、流されるままってのもありかなと思う。

でも就職や仕事に関しては、5年単位くらい、ずっと先のことくらいに考えていたので、
燃え尽きたとまではいかないけど、もう目標達成しちゃったよ感がある。

ほかのことでも割合楽しかったので、最近、ある意味、
もう死んでもいいような感覚にとらわれることもあったりする。

ほかにやりたいこと、実現したいことはあるにはあるのだが、
一定の人生の目標みたいなのは、とりあえず達成できたような気がしないでもない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自分は誰に愛されたいかを考えることが大事。
ちょっと勝手ですが、愛されたい人のために生きていきたい


自分が何をしたいかより、会社や顧客が何を求めているかを考えて行動するほうがうまくいくと思います。
社会では、自己実現したい人よりも他者実現できる人が求められているからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

分別くさくなるな。


今日が人生最後の日だとしても、今日する予定のことをしたいと思うか
スティーブ・ジョブズ-偶像復活
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何の行動も起こさない人のところには訪れず、
無我夢中でもがき、あがく人のところに降臨する。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「運」というものには、非常に興味があります。

誰しも良い時と悪い時があるものですが、

僕は、あのときはめちゃくちゃ楽しかった。とか、
あのときは、やばかった。死んでもおかしくなった。というのが割合はっきりしています。

「感じ方」なので、個人差があるかもしれませんが。

それで、まあ26年生きてきて、若造がこんなこと言うのもなんですが、

自分は、運は、いい方だと思います。

いいときが、どんどん良くなって、おかしくなっちゃうほど、
何でも思うまま、すべてが良くなるとかは無いと思いますが、

困難や窮地に陥ったときの回復力、
もう駄目だ〜。と思ったときからの、上がる力みたいなのは、
あるな。と、すごく感じます。
僕は、別に信仰している宗教とかはないんですけど、
これは、なにか「別の力」が働いているような気がしてなりません。

自分の力ではなくて。
それは、ご先祖様だったり、そういうことだと思ったりもしています。
祖母がそういうことをよく言うので、影響されてるだけかもしれませんが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここでは、あまり日記的な日常的なことを書かないので、
そういうことって書いた方が良いのかどうか分からないけど、

最近は、まあ楽しい方だと思う。

ここ数年は、苦しいことの方が多かったし、
誰からも相手にされてないような孤独感を感じることもあったし、
相手にされても厳しいことを言われることが多かった。(厳しさが優しさという言葉もありますが)

でも、最近は、新しい人によく会えるし、
こんな僕でも、割にみんなやさしく相手してくれる。

どんなに、普通に人と穏やかに楽しく話せたり、食事できたり、
そういうことが、ささやかだけど、ものすごく幸せなんだということをしみじみ思っている。

まだ軌道に乗ったとは言えないけど、
新芽みたいなものが出てきて、それはとっても柔らかくて、
大切に育てていきたい、新芽。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

できることに集中する
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(行徳哲男)

過去は変えられないし、未来を憂いても仕方ない

しかし、「今ここにある現実」なら自分の力で変えられる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何か最近、濃く感じられる。

耳で聞いた人の話、本で読んだ話、いいことはものすごく感動、激しく同意するし、

悪いことは、すごく残念だな。と落ち込む。



表面上は、あまり変わらないけど。

心の中。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ