(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:介護福祉士

 県は、2011年に福祉政策の方向性を示した「あいち健康福祉ビジョン」(11〜15年度)で掲げた目標の達成度を、自己採点した。

 障害者福祉では、大規模な入所施設に暮らす障害者が、地域のグループホームなどに転居する「地域移行」が進まなかった。
 14年度までに1316人を目標としたが、615人にとどまった。在宅ケアを担う訪問看護師や介護ヘルパーなどの体制が整わず、重症や高齢の人ほど入所施設に残る傾向が浮き彫りになった。
 県医療福祉計画課の担当者は「立派な建物を建てても、働き手がいなければ機能しない。資格があっても働いていない女性看護師らの人材を発掘できれば」と話す。

◎ 重症心身障害児者施設に対する新たな施設運営の実現

× 入所施設から地域生活への移行者を1316人に

× 精神障害で1年未満の入院患者の平均退院率を76%に


http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20161028150830861

「あいち健康福祉ビジョン年次レポート」について
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/iryofukushi/bijon28-01.html

僕の周りでも、人手不足がだいぶん顕著になってきました。
「訪問」は、福祉でも看護でも一番人気がないそうです。
訪問を好む人は、奇特な人扱いだとか。
潜在看護師を発掘できたとしても、訪問看護には、なかなか来ない現状が続くでしょう。

看護師はヘルパーと違って、そこそこ給料はいいそうですが、訪問看護にはそんなに来ないそうです。
ということは、ヘルパーの給料上げても、人は来ないんですかね〜。

前に、看護師の友人・知人が、訪問看護はアウェー感があるからちょっとやりたくない。施設とかならいいけど。と異口同音に言ってました。
その人は、全然できると僕は思ってる人たちだったのですが。

風向きでも変わらない限り、この暗黒は続くのでしょう。

ちなみに、福祉の場合で人が来るとしたら、新規募集、オープニングスタッフ募集とか、
そういう新しい感じが出てるときだそうです。

あ、僕のところで働いてみたいという方は、遠慮なく連絡下さいね。

人から聞いた話で、大して調査してないので、
間違っていたら訂正願います。

介護福祉士で、筆記試験は誰でもあるんだけど、
それを合格した上での実技試験は、免除できるそうです。

しかしそれは、お金を自腹で払って、そのための講習を受けてのこと。

初めて聞いたとき、なんか、金で解決してるようで嫌だなと思いました。

だって、実技1回受ければ終わりなので。
実技を免除するメリットがよく分からん。

以下のツイートによると、免除講習は大変そうです。
http://twitter.com/osuwarineko/status/18909778661


で、実際の実技は、
ざっと何をするのか説明を受けて、部屋に入って行うそうです。

2度受けた人が、1度目は、おばさんだったけど、

2度目は、
90歳のおばあさんという設定だったけど、
寝ている人が、明らかに女子高生で可愛くて、ニヤニヤしたとか言ってました。

今まであまり意識してこなかったし、まだまだ検証の余地があると思っているのですが、

ふだんから、主に高齢者の方の介護をしている人と、
高齢者以外、自分みたいな障害者の介護を主としている人では、微妙に違うのかな。と思っている。
声かけであったり、やり方であったり。

まあほとんど同じでしょうし、
具体的なことを書けと言われると、まだ困るレベルですが、

僕は、別形態ではあるものの、両方の人から受けるようになっています。
意識しすぎかもしれないし、その人・その事業所自身の特性があるのかもしれないけど、
微妙に違うなとは思っています。

あくまで僕の経験上、思うことであって、文句とかでもないのですが、
その一つとして、
高齢者系の人は、真剣にこちらの話を聞くという姿勢は若干劣る気がします。
こちらが何か言っても、聴き取れていないのに(こちらは分かる)、分かったような態度、あぁ、はい……的な態度をされる方が多い。

障害者系の人は、こちらが言ったことに対して聴き取れなければ、
前述のようなあいまいな態度は取らない。
分からなければ、「分からない」という態度で、何度でも聴いてくるし、いろいろ工夫してくれる。

個人的には、やはり聴き取れていないのに聴き取れたような態度をされるのは分かるので、
後者の対応の方が、気持ち的には楽。

前者の場合だと、次、話すのも何となく話しづらい。
ガツンと当たっていけばいいとは思うが、もともと自分はコミュニケーション下手なので、
そこは何とかしなきゃと常々思っている。


この高齢者と障害者の違いを確信に近くさせてくれたのは、
介護福祉士の試験を勉強している人の、
「高齢者の問題も出てくるから、障害者とちょっと違うんですよね」という言葉から。

↑このページのトップヘ