移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:仕事

※この記事は、2011年に書かれたものの加筆修正版です。

はじめに
いつ契約解除されるか分からない、仕事が無くなるかもしれない。というちょっとした不安はあるのですが、
そろそろ、在宅勤務を始めた経緯について書いてみたいと思います。

大学卒業後の進路
2008年3月に、日本福祉大学通信教育部を卒業しました。
それまでの経緯については、「とりあえず、学校というものが終わって思うこと」をお読みください。

予定通りに事が進んでいたので、2007年春頃から、卒業後の進路について考えていました。
漠然と思ったのは、「仕事がしたい。学校としての勉強は終わりにしたい」ということでした。
そして、どうすれば仕事ができるのか。
いろんな人に話を聞いて事例を集めようと思いました。

人に話を聞いたのは意味がなかった
周りの人、ほとんどに話を聞きました。
わざわざ1対1で会って、話を聞いたりということもしました。
話をしてくれた人には感謝しているのですが、
正直、有益な情報はあまり得られませんでした。
むしろ、厳しいことを言われたことの方が多かったです。

「春田くんの言う仕事とは、どういうことなのか。job? work?」
「このご時世、仕事をもらうなんて、そんな並大抵のことじゃない」
「もっと技術をつけないと!」
「親(自営)に頼ることも必要」

ごもっともな意見だと思いましたが、特別ピンときたことはありませんでした。
それから、もう何をするにせよ、
自分で考えて自分なりの道を進むしかないな。と思いました。

事務職員さんとの再会
しかしそのまま、特に何も決まらないまま、2008年を迎えてしまいました。
卒業式の数ヶ月前、たまたま日本福祉大学関係者のSNSサイト「fuxi」で、
入学したときにお世話になっていた事務員の方とやりとりする機会がありました。
今は、学生の就活支援の仕事をやっておられるということで、
何かあれば相談に乗るよ。ということでした。

僕は、長文で、思いをその事務員さんにぶつけました。

そして、基本的に障害学生もやることは同じ。ということを教わりました。

求職プロフの作成
とりあえず、求職プロフィールを作ってみてと言われて作りました。
文章表現など、何度も添削をしてくださりました。
就活のサイトを参考にしたりもしました。
ゆっくり進めていたので、その年の秋頃に出来上がりました。

あとは、これを発信するだけだけど、
やみくもに発信してもいけないから注意するようにということでした。

僕は早速、リストアップしていた企業やNPOなどにメールを送り始めました。
その企業やNPOでは、
具体的にどのようなことができるのかプラスアルファも書いて送ったりもしました。

結果は……。
良くて、丁寧なお断りの返事が来ればいい方でした。

無視されるというのが、一番つらかったです。
しかもほとんど。
障害者雇用を声高に叫んでいるところでさえ、無視されたこともありました。
それは企業、NPO問わず。

これについては、社会の厳しさを教えられたような気もします。
未だに理解できない部分もあるけど、ご縁がなかったのでしょう。

いったん、求職活動を止めることにした
そして、2009年になります。
2009年は、求職活動をお休みにして、
とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の運営に力を注ぎました。
いったん離れて、こちらに力を注げたということは案外良かったかもしれないと、
あとから思いました。

ただ、全く何もしていなかったということはなくて、
知多地域障がい者就業・生活支援センター『ワーク』の人に会って話を聞いてもらったり、
前述のネットで発信しているものをベースに、
簡易版チラシを印刷して宣伝してもらったりしました。

福祉職の人が仕事を斡旋してくれることはない
ワークは、仕事を探してくれる機関ではありません。
対象としている障害種別もちょっと違うかなという感じだったので、
話は聞いてくれる感じでしたが特別な進展はありませんでした。(批判しているわけではありません)

簡易版チラシは、相談支援の人が保健センターや社協の掲示板に貼ってくれたりしました。
これは大きくてありがたいことです。
普通、相談支援の人は仕事に関するお手伝いはしてくれません。

初めての仕事
ぼくうみ上映会が終わって一息ついたころ、
保健センターの掲示板を見たという薬局の社長さんから、
ホームページを作ってくれないかと問い合わせがありました。
ずっと何もなかったので、まさかという感じでした。
半信半疑でしたが、しばらくメールでやりとりを続けて、
本当だということが分かりました。

そして作ったのが、

えむわん薬局
http://www.emuwan.com/
でした。

ホームページ制作経験は乏しかったのですが、全力で作りました。
ネット上でやりとりさせてもらっていた本職のウェブデザイナーさんに、
少し聞いたりして無料でアドバイスもいただきました。
感謝です。

えむわん薬局の社長さんからは、他にもできる仕事はあるよ。とおっしゃっていただきました。
他の仕事もというときに就職が決まったので、ストップしてしまいましたが、
このご縁をこれからも大切にしていきたいと思います。

駄目もとの大切さ
えむわん薬局のホームページ制作が終わったらまた仕事が無くなるので、
求職プロフィールの発信は続けていました。
あるとき、大学在籍当時、お世話になった先生のブログで、
教材の作成やチェックをする人を探しているという記事を見かけました。
勤務地は美浜と書いてありましたが、駄目もとでメールしてみました。
在宅でできないかと。

これまで通り、普通に断られると思っていました。
しかし、具体的にどのようなことができるのか。というような今までにはなかった新しい返事が、
担当の方から返ってきました。
試しに、この作業が何分でできるのか。というようなこともやってみました。

話は、とんとん拍子に進みます。
実際の業務は大学ではなく、
関連会社の株式会社エヌ・エフ・ユーが行っているということでした。
会社で会議をして、担当の方が訪問してもらえることになりました。

そこで、会社としても障害者雇用をしていきたいので、
ハローワークを通してもらえないかと言われました。

自宅面接
会社の担当の方(障害者雇用担当と実際の業務担当)2名に会いました。
何度か働く意志があるか確認されました。
今思えば、あれは面接だったのかもしれません。
僕は、普通に素直にいつもの感じで答えてました。
もちろん働く意志はあるけど、
初めてのことなので体調によりけりということを。

そして、ハローワークを通してもらえないかと言われたことで、
今まで(えむわん薬局のとき)とは違うぞ。と感じました。
でも、世の中のことをあまり知らなかったので、
面倒だなぁと思いつつ進めることにしました。
今思えば、贅沢極まりありません。

初めてのハローワーク
ハローワークを通すことで、
会社の方は、知多地域障がい者就業・生活支援センター『ワーク』に相談していました。
在宅勤務の障害者雇用はこれからというような感じだったので、
多少の不安のようなものはあったようでした。

それで手続きをするために僕自身が、
ハローワークに行って手続きをしなければいけないということになりました。
わざわざ行くのも嫌だな。と何となく思っていたら、
ハローワークの担当者が直接自宅訪問してくれることになりました。

本来、ハローワークが仕事を紹介→就職という形なので順番が逆です。
そこはあまり強調せずに、みんなで進めていきました。

ハローワークの担当の方は、以前は普通の会社で営業をしていたので、
自宅訪問することは個人的には苦ではない。
来れないのだったら、行くわというスタンスだったそうです。
しかし、自宅訪問するということを同僚に話したら、
「なんで???」と言われたそうです。
そういうところも、民間とお役所の違いなのかもしれません。

れっきとした就職です。
それで自宅で手続きをしている最中、
いろいろ障害者雇用制度について説明されて、
在宅勤務で就職するのは、この刈谷管轄内ではあなたが初めて。
もちろんそういう求人票もありません。
現状、そういう在宅勤務のことを会社に言うと、
「はぁ?意味が分からない」そういうレベルです。と言われました。

それで、
「ハローワークを通してるので、れっきとした就職です。おめでとうございます」と言われました。

奇跡は起こる。ときどきだけどね。
ここで、なんかすんごいことが起きているということに気がつきました。
気づくの遅っ!
幸運ってそういうものなのでしょうか。

それから、会社の方と雇用契約を結びました。
雇用契約を結んでから、
きちんとした履歴書を出してくれという何とも滑稽なこともしました。
有給休暇もあります。

3か月は、トライアル雇用期間というものでした。
具体的な制度内容については各自調べて下さい。
それも無事終了。

仕事内容は今のところ、オンデマンド教材のチェック(校正作業)を中心に、
福祉用具カタログの電子化をたまにやらせてもらっています。

これだけで食べてはいけないし、
税金を払えるほど稼いでいませんが、とても満足しています。
自分で稼いだお金で、物が買えたり寄付ができたりすると、
すごくうれしいです。

さらに、障害者年金と少しの貯金を合わせれば、
経済的に自力でやっていけるかな。と思っています。


関連記事:

5261136

知人の紹介で初めて占い師に見てもらいました。
これだけの文章だと怪しさ満点、ついに、はるたはそこまでいってしまったか……と失望されるかもしれません。

でも今まで見てもらったことないし、どんなこと言われるんだろう。と思って自宅訪問してもらいました。
大府市内のシエルさんという女性の方です。

四柱推命で占います。あらかじめ生年月日と、母子手帳で確認した時刻を伝えました。

1時間くらいで、いろいろ聞きました。

10年周期で変わっていくそうですが、
はるたさん、24〜34歳の今、一番いいです。と言われました。

えええええええええ。

34〜44歳もいいけど、今の方がいい。と。

またまたまた〜。みんなにそう言ってるんじゃないの〜と思いましたが、
知人は、そのようなことは言われてなかったようです。

はるたさんは、火の人で、火でも太陽の方。
あかるいし、気遣いもできる、いい人だそうです。
仕事は、コツコツする。商売人と言うより、雇われた方が上手くいく。
営業職がいいそうです。営業・・・。まぁ、仕事獲得も自分で営業して取ったようなものでしょうか。
仕事は、今年は自分の手柄を持っていかれるかも。と。

健康は、特別、身体が弱い相はないそうです。
お金は、あると使いたくなっちゃうから気をつけた方がいい。(そういう気はないんですが)

悪いのをあえて言えば、決断するのが遅い。と言われました。
家族に言ったら、「お前の性格そのものじゃん」だそうです。

恋愛・結婚、気になるよね〜。と言われました。
「そりゃ今、いい時期だから結婚したくなるわ」と。
特に、女難とか離婚の相は出てないと。(出る人は出るそうです。)
いたって普通なようでした。
失恋の傷が完全にとれないみたいなことを言ったら、失恋の1つや2つした方が人間に深みが出るからいい。一人の人に執着しないことね。と占いじゃないことをアドバイスされました。
相性占いもできるそうです。
はるたさんは、「金」だけがないから「金」がある人と付き合った方がいいそうです。
お金という意味ではありません。どうやって見つければいいのか・・・って話ですが。

そして、失恋した人とのを見てあげようかと、いやーーな提案をされました。
悪ければ悪いで一緒にならなくて良かったね。良かったら残念だったね。でいいじゃん。って。
うーん。と思いましたが、見てもらいました。
あほだな、おれ。
電卓とか出してきてパチパチ、書き書き。
待つこと5分。

結果は、いいそうです。
同じ火で太陽だから話が合うんじゃないの。あ、この人、「金」もあるね。
残念だったね。でした。
また出会えるよ。となぐさめられました。

もう一人、気になるというか、この人とだったらどうなるんだろうという人がいたので、
見てもらったら、まあ「金」はないけど、いい。仕事をばりばりする人だねと。
私はこちらの人の方が好き。とデータ上で個人的趣味を言われました。
ただ、はるたさんの方が気を使うと。
それは、当たってるなと思いました。

結論は、はるたさんは、とても流れがいい人。
20代〜30代で、このいい運気がくるのはいいと。

結婚したければ、34歳までに結婚できればいい。さらなる理想は3年以内。。。
44歳まででもいいけど、44歳までに仕事も生活も、その後の人生の基盤みたいなものが作れるといいねと言われました。

その人は、タロットもやるそうですが、机のスペースがなかったのでまた機会があれば。ということにしました。
また結婚相手でも見つかったら占いに来ますよ。と言い残して帰っていかれました。

34歳まで、あと6年。。。
感覚的に、あとちょっとで出会えるような気がするんだけどなぁ。。。もう出会ってるのか?
CCF20120124_0000
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

主な勤務をさせてもらっているところから、ブログの記事を書けというお達しが出たので、
何でもOKとのことだったので書きました。

idlablog » はじめまして。春田です

また定期的に登場します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まず行員のプライドが高いのか、お客様を見下ろしていると感じるお話は良くお聞きします。

三菱東京UFJ銀行が上位に入れない理由
http://news.livedoor.com/article/detail/5331047/


もともとあまりいい印象を持っていなかったこともあるし、必要性がなかったので、
ここの口座は持っていませんでした。

しかし、就職して、会社から給与の振込先は、UFJ(長いので略します)しかできないと言われたので、
作ることにしました。

近所の支店は閉鎖されていたので、少し遠くの支店に行かなければなりません。
わざわざ行きたくなかったので、
事情を話して、
家族の代理は可能か。聞いたら、

NO

というか、そもそも「障害者」っていうだけで、はぁ?え?みたいな対応でした。

障害者でも銀行口座くらい作りますよ。ええ。

3回くらい、上の者と相談します的なことを言われました。
口座開設で、そんなに上と相談しないといかんのかい。。。

こちらも、ねばってみます。

そうしたら、書類をとりあえず送るから、書いてみて下の用紙に複写できるか確認してほしいとのこと。
代筆は不可。

数日後、来ました。

書いてみたら、3枚目くらいの用紙は写りませんでした。

こりゃ行かないかんのかな。と思いつつも、訪問してくれ要望を出したら、
訪問してくれることになりました。

担当者は、副支店長だったか支店長代理だったか忘れましたが、
それくらいのポストのおじさん。

てか、それくらいのポストでも上と何回も相談しないと決められないのか。

なんでこうなったのかは、犯罪防止ということを強調していました。
言い訳ぽかったですけど。

普段は、口座開設なんか担当していないと思うので、
何度か不明点を携帯で聞いてました。(笑)

ネットで確認できるUFJダイレクトも申し込みました。(てか、ダイレクト使えなさすぎwww)


まぁ、そんな感じで口座開設に至りました。


僕は、普段は農協(JA)を使うことが多いんですけど、聞いたら、
うちは、代理でもOKですよ〜。と爽やかに言ってくれました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
今年一年を締めくくるブログを! に参加中!
うーん。2010年・・・。
悪い年ではなかった。これはもう間違いなく、いい年である。
悪い年とか言ったら、罰が当たる。

何よりも就職できたことが、驚きである。いずれできると思っていたけど、(自信過剰ですみません)
3年後とか5年後とかそういう感じで捉えていたので。

刈谷のハローワークの人も、うちの管轄で在宅勤務の手続きをしたのは貴方が初めてと言われたし。

仕事を始め、出会いも多くあり、初めて経験することも多くあり、
結構、まとまりがない一年だったというか、

こういう一年は、自分の今までの人生の中で、あまり前例がなかった。

なので、戸惑いもある。

しかし、いろんなことがあった中で、まだキャパがあるというか、
もうちょいいけるかな。という感じなのである。
元気な証拠ということなんだろうか。

それにより、先日書いたような欲求不満も生まれてきているように思う。

そういうことを言っていると、ガクッとなることが多いので気をつけなければいけませんが。

さすがに、秋に母親が入院したときは大変だったけど……。


とにもかくにも泣いても笑っても2010年は終わりということで、
なんか気の利いたこと言えんなと思いつつ、

今年、はるたとお相手して下さった方々、ありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自分は誰に愛されたいかを考えることが大事。
ちょっと勝手ですが、愛されたい人のために生きていきたい


自分が何をしたいかより、会社や顧客が何を求めているかを考えて行動するほうがうまくいくと思います。
社会では、自己実現したい人よりも他者実現できる人が求められているからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

3か月のトライアル雇用期間が終了したので、
本契約を結んでもらえました。
まぁ、よほどのことがない限り、今後契約しないよん。なんてことにはならないようですが。
契約内容はほぼ同じで、また新しい仕事を頂きました。

仕事に関しては、今のところ、びっくりするくらい順調でありがたいなと思っています。

ホワイト企業です。

会社の人と打ち合わせとか、契約を交わしてるとか、
未だにどこか慣れていないというか、
緊張しちゃいます。これ夢じゃないのか?とすごく思います。
結構、何回か打ち合わせしたのですが、なんか落ち着かない。

恐縮感というか、すみません感が、すごくします。

なんだろう。もっと堂々とすればいいのかもしれないけど、
今年1位くらいの驚きでしたからね。就職は。

ツイッターにも、ぽつぽつ書いてきましたが、
今月7月1日付けで、就職しました。

区分的には、パートタイムですが、

ハローワークも通したし、雇用契約書もなんやら完全に分からないままですが、(本当はいけないんだろうけど)交わしました。

有給休暇がどうのと説明されても……(苦笑)という感じでしたが、
れっきとした就職のようです。

完全在宅勤務です。
給料的には、身体的なことがあるので、お小遣い程度でしょうが、
先方も今のところ、とても理解があるので助かっています。


はっきり言って、誰しもきっと予想できなかった展開でしょう。
なんというか、

野球で言う、9回裏さよなら満塁ホームランのような、
サッカーで言う、後半ロスタイムの決勝点のような、

そんな感じです。

だってさ、たまに、このブログでぶちまけてたし、

なんか、お前に働ける口なんかあるはずないに近いことも言われたし、
散々、短期バイトですら断られてたし、無視もされたし、

正直、どうだぁ!って感じです。

もちろん、先方に巡り合えたこと、理解があったことが一番ありがたくて、
大きなことなんですが。

ずっと応援してくれた人には、ありがとう。とか、ついに決まりましたって報告するけど、

今まで散々、僕に言ってきた人に対しては、ちょっと見返してたりします。
たまには、そういう気持ちになってもいい・・・・・よね?


えむわん薬局 様


コンテンツは、順次追加予定です。

私への仕事依頼は以下より、お願いします。
http://harutayasushi.net/request.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ノート術とか手帳術というと、だいそれてるのですが、
長年、手帳はどういうのを使うのか毎年迷ってきました。

ノートも用途ごとに分けていたのですが、

今のところ、これがベストなんじゃないかと思ってるのが、

手帳は使わないという判断です。

この決断をするのには、かなり勇気がいりました。
だって、10年以上、毎年、何らかの手帳は使っていたのですから。

そして、
今は、普通のノート1冊です。

書くときは、そこに、
例えば、今日なら、

100621(月)

と大きく書いて、日記なりメモなり予定なりを書いていきます。
同じ日で内容が変わったら、区切り線を引いて、書いていきます。

あらゆる事柄は、そのノートに書きます。

残しておきたいことは、
ノートに書いたものというカテゴリを作ってブログに投稿しています。

もうこれが、シンプル・イズ・ベストなんじゃないかと思ってます。

今後、気になる本のリストだけは、http://quill.to/に作ってますけどね。
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)


コクヨS&T キャンパスノート(ドット入り罫線) 5冊パック B罫 ノ-3CBTX5
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ