春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:企画書

PCAN



P(ploblem)問題・・・問題を簡潔に、聞き手視点で定義する



C(cause)原因・・・問題の原因を明らかにする



A(answer)答え・・・自分のアイデアが問題に、どのように答えを提供するかを説明する



N(net benefits)実利・・・他の選択肢がある中で、なぜ自分のアイデアが最大の実利をもたらすのか説明する





合理的な部分と直感(感情)的な部分

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Why What How

図やグラフ 結論先 要点多くて5行

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Why(なぜやるか)

What(何をやるか)

How(どうやってやるか)



3要素のうち、読み手が必要なものだけを分かりやすく述べる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

図やグラフで感情に訴え、右脳に働きかける。





結論を先に言う、要点を示すなら多くて5行

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ