春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:先生

今時の養護学校って、どういう雰囲気で、社会へ出てゆくためにどんなことを教えているのでしょう? 友達同士どんなおしゃべりをして、先生と生徒はどんなつきあい方をしているのでしょうか?

人間として当たり前の成長の過程を、大人になるための通過儀礼を経ないまま社会に出てゆく。そしてそれが体に障害をもつゆえに歪められているのだとしたら、それはそれで養護学校、もしくは障害児教育の問題点ではないでしょううか...?http://atarimae.jp/blog/001/2011/06/post-119.html

今どきの養護学校の現状は知りませんが、
僕は常々、極論を言えば、だから肢体不自由児の養護学校は止めろ。と言っている。
そもそも養護学校の先生って、変な人、多いんですよ。
あ、このブログを読んでおられる先生方は、きっとまともで優秀だと思います。(←よいしょ)
それプラス同級生の障害児が数人しかいないわけだから、社会性も育たないだろうし。

でもまぁ別に、学校で「大人になるための通過儀礼」を踏まなくてもいいんじゃないでしょうか。
若ければ若いほどいいのかもしれないけど、生きてりゃ、多かれ少なかれ早かれ遅かれ、いずれどこかで、
いろんな場面で遭遇すると思います。おいらみたいに。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■「あいさつ」が生む自信と高評価
この春、茨城県内の特別支援学校を卒業した生徒のうち就職希望者の就職率が過去5年間で最高の99・1%となった。未定だった1人も6月から正規雇用される見通しで、実質100%を達成した。http://newslibrary.blog46.fc2.com/blog-entry-225.html


分かり切ったようなことを言うようだけれど、
特別支援学校の生徒が素敵な進路に進むことができるかどうか、生徒自身に合った場所に行けるかどうかは、先生の力や能力が、ほとんどです。

よって、いい先生に出会わないといけないのです。

よき先生は、そんなことない。と言うかもしれませんが、
あの先生にかかわった人は、うまくいってる。というような話も聞いたことがあります。

普通学校だと、それほど先生の影響力はないのかもしれませんが、
特別支援学校だと、先生の影響力って高いと思います。

一方で、先生というのは、一般社会とは少し違う世界にいるためか、
変人が多いとも思っています。
なんともしれん先生というのは、います。

しかし、やはり先生というのは、聖職ですし、そうあるべきでしょう。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ
双葉社
売り上げランキング: 4,192


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ