春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:写真

私が撮る写真のモデル(プロ・アマ・年齢・障害の有無問わず)を募集しています。
少しでも興味がある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。

メール

【参考作品】
春田康吏 作品集
A ray of light
写真集「木漏れ日TSURUMA」

【よくある質問】
質問:撮影料金は、いくらですか?
回答:私はプロではありません。よって、撮影料は無料です。
交通費、場所代などは相談させてください。


質問:撮影した写真はどうなりますか?
回答:ご要望があれば、データとしてお渡しすることは可能です。
撮影者自身の作品として、加工編集後に発表したいとも思っていますが、
モデルの方の希望が優先されます。


質問:撮影場所は?
回答:基本的には、愛知県内です。屋外、屋内は問いません。
私が日帰りで行ける範囲内にさせてもらっています。


質問:撮影の衣装やメイクは?
回答:衣装については、基本的には自前でお願いしています。
ただし、モデルの方と作品コンセプトについて話し合っていく中で、
必要であれば私がプレゼントさせていただく場合もあります。
メイクについては、ご自分でお願いしたいと思っています。


ポートレートは人と人のことですので、
撮影前にはしっかり連絡とお話をさせていただきたいと思っております。

何かご不明な点ありましたら、遠慮なくご質問下さい。

名称未設定

今年も応募しました。
1人3作品まで応募可能ということで、今年は以下の2作品エントリーさせていただきました。

パシャ!
タイトル「パシャ!」



ふたり
タイトル「ふたり」

IMG_1325

鶴舞公園と、
定期通院している有松診療所です。

正直、今回は狙いにいってました。
佳作なら、いけちゃうんじゃないかって思ってました。
自信過剰、自画自賛・・・・・

結果は、、、、、、、、、、
2作品とも落選しました。はい。

それでもこのコンクールのすごいところは、
すべての応募作品の展示があるのです。

なぜ落選したのか。分かるかもということで、行ってきました。

3月15日(土)、16日(日)の2days
大府市勤労文化会館 展示室

以下、感想及び分析です。
応募作品は、グループ分けすることができました。

・赤ちゃん
・高齢者介護の場
・高校生の写真部らしきもの
・動物(特に、猫)

大体、このうちのどれかに属しています。
スナップ写真的なものも多く、どのグループにも属しそうにない私の作品はかなり異彩を放っていました。。。

そして、1人3作品ですが、
全く別の3作品ではなく、同じ時間・場所の写真、アングルが違う3作品が多くあったりしました。
その中から入選してるものもあり。

IMG_1326

IMG_1327

IMG_1328

IMG_1329

IMG_1330


感想としては、負け犬の遠吠えということで流してもらえれば良いのですが、
入選作品と落選作品の違いが、いまいち分かりませんでした。
僕の作品は置いといて、なぜこれが入選しなくて、これが落選してるのかなど、
一部の入選作品と落選作品を入れ替えても分からないんじゃないかと思いました。

解説を聞きたくなりました。

さすがにこんな田舎のフォトコンクールに、大きな力がはたらいてるとは思いませんが・・・。
大府市写真クラブに属した方がいいのかしら。とか考えちゃいました。

すごく感動したら、ごめんなさい!出直してきます!というのがあるのですが、
なんだかなぁ。といった感じです。
どう腕を磨けばいいのか分からなくなったので、第10回への応募は、ないかも。ですね。

追記
家族から
「こうなったら、うちの90のおばあさんのくっしゃくっしゃの笑顔、3作品応募しろ」と言われました。(笑)

第8回ふれあいフォトコンクール落選作品展示
http://haruta.blog.jp/archives/51831942.html



社協主催の写真コンクールに応募して落ちたのですが、一部の期間と場所で応募全作品の展示が行われるというので、
行ってきました。
ちなみに、参加賞として図書カード500円分がもらえました。


正直、最優秀賞は、あぁ優秀というのは分かるのですが、その他、特賞や佳作は落ちたものとの違いがいまいち分かりませんでした。
素人&負け犬の遠吠え発言ですけどね。

家族か何かの餅つきの様子を3枚も投稿してる人がいました。アングルも変えずに(笑)
そういった意味では、ほほえましい市民のためのフォトコンクールでした。


2013年02月17日

そのほか

大府市勤労文化会館にタッチ!(14:02)



iPhoneにしてから、写真はたくさん撮るつもりでいました。
いろいろと撮って、1年とちょっと経ちました。

Instagramにも手を出してしまいました。
簡単に、プロっぽい編集・加工ができるという世界的にも人気のアプリです。



ずっと写真というのは撮ったそのままがいいのであって、
トリミングや編集は、インチキ。と思ってました。
でも、通の人が言うには、そうでもないそうです。



基本的に自己満足と思っていますが、
実際に、あの写真良かったよ〜。とかお褒めの言葉をもらうと、なんかうれしいものです。

本当は、人物を入れた写真をもっと発表していきたいのですが、
わざわざ掲載許可を取るのが面倒なので、あまり発表できていません。
顔が写っていないものならいいのかもしれませんが。

なので、モデルになってくれる人も募集しています。性別年齢は問いません。ヌードや水着ではないです。
横顔だったり、後ろ姿を撮りたいと思っています。
興味がある方は、ご連絡ください。

http://instagram.com/haruta1984/

http://pics.livedoor.com/u/torahouse/




















前に話した弟の会場での写真が出来上がっていました。

明らかに、童顔です。おとうと。

誰かの弟が、成人式会場に紛れ込んでる感じ。

4月生まれなのに、とても二十歳には見えん。

精神的にも幼いのに。

てか、おねーさん方の写真を見て、全然OKだな。と思った自分にショック。

年とったってことで。



あとミクシィに、たぶん弟の同級生と思われる人から、

度々、足跡がつく。。。(汗)

ac9239ec.jpgおすすめ度

★★★☆☆



詩と写真で織り成す、きむの詩集。

写真に直接、太い文字で詩が書かれているところが良い。

題名からも想像出来るように、ほぼ「夢」について書かれた詩ばかり。

夢を追い求めている人、追い続けている人、迷っている人、

悩んでいる人などは特に読むべき一冊。勇気づけてくれる。

ただ、重すぎるのが難点。気軽に持ち運べたらもっと良いんだけど……

と思っていたら、愛蔵版というのが出ました。

小さく持ち運べるサイズだそうです。

想い描く世界に 愛蔵版 (〔今日より明日輝く自分に逢いに行こう〕)自分が幸せになることを考えるより 誰かを幸せにする方が人生よっぽどか楽しいよ だってね 幸せを与えたら 幸せは帰ってくるから 詩と写真で伝える想い、希望。2003年きむカンパニー刊の愛蔵版。


↑このページのトップヘ