春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:医療


細胞に強い刺激を与え、様々な組織や臓器に変化する「万能細胞」を作る新手法をマウスの実験で発見したと、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)と米ハーバード大などの国際研究チームが発表した。30日付の英科学誌「ネイチャー」に掲載される。
http://news.livedoor.com/article/detail/8481536/


ある程度の反響は予想していましたが、
Facebookで思っていた以上に反響があったので、真面目にまとめておきます。

あくまで、ガチガチ文系ど素人の経験上の意見です。

【喜ばしいニュース】
まず、とてもいいニュースだと思います。
ほとんど意味が分からないけど、すごいのでしょう。
弱酸性って、飲み物でも普通によくあるじゃないですか。
それ飲んだからって変化起きないじゃないですか。なんで?ってレベルです。。

【こういうニュースは、子どものときからあった】
こういう画期的な研究成果のニュースは、
僕の経験上、大体、一年に一回は必ずと言っていいほど出ます。
取り上げ方の大小はありますが、僕の子どものときからそうです。

子どものときなんかは、
「将来、医学の進歩で大人になったら僕も歩けるようになるかもしれない」と思っていたほどです。

結果は、ご覧の通りです。


【受け止め方は、人それぞれ。でも・・・】
受け止め方は人それぞれですが、
何か画期的な研究成果のニュースが出たからと言って、
数年後に劇的に何かが一瞬にして治るということはないと思っています。

ガン治療にしても、その成果は現状緩やかだと思います。
ましてや、先天性の病気や障害の根は深いです。
甘く見ない方がいいです。
こちらには適用できても、こちらには適用できない。
そんなことも考えられます。

世の中に絶対はありません。
しかし、簡単に、数年後には!って思ってる人や、
言う人は一定数どこにでもいるんですが、
いかがなものかと昔から思っています。
僕の子どものときのように、
本気で信じてあとでがっかりする人を増やすだけです。

小保方さん自身も記者会見で、

「まだ何もできていない。数十年後とか100年後の人類社会への貢献を意識して研究を進めたい」
http://news.livedoor.com/article/detail/8486314/

と語っています。


【じゃ、どうするのか?】
僕は、良くも悪くも障害者福祉漬けになってしまっているので、
「障害とは、その時代、その社会が決めている。非常に社会的なもの」という
障害学の考え方になってしまいます。

まだどうなるか分からない何年後か、何十年後かも、
自分たちが生きているうちに実現するかどうかも分からない未来に想いを馳せるというのも、
それはロマンがあってありだとは思いますが、
過度に期待するのは違うかなと思います。

障害はその社会が決めているのだとしたら、研究は研究者に任せて支援して、
他の人間は社会について考えること、社会を変えていくことが先決なのではないだろうかと思います。


【参考文献】
STAPで気になる6つのこと : ぶろぐ的さいえんす?
http://shimasho.blog.jp/archives/51910244.html

障害学入門・本編 〜「社会モデル」って何?〜(『みちくさ』20号)
http://www.jca.apc.org/~hirooka/mitikusa20/miti20_3.html

障害学 : 春田 康吏のブログ
http://haruta.blog.jp/archives/51352533.html

県心身障害者コロニー中央病院で1月、脳性まひの9カ月の男児が死亡する医療事故が発生した。病院側は、装着していた医療器具が気管内で外れたためにうまく心肺蘇生ができなかったとみている。
医療安全担当の加藤純爾副院長(55)は「気管切開した患者の対応には慣れていたが、カニューレが外れているという発想はなかった。事故を100パーセント防ぐ方法はないが、発生時に適切に対応できるようにしたい」と話している。2012031799085505

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012031790085318.html

僕が知っている限りではありえないというか、なんだこれは?と思った事例でした。
この図からして、よく分からない。気管をカニューレが突き破ったということ?
この副院長さんのコメントからも分かるように何が起こるか分からないですね・・・。

★下記に掲載されている内容については

(無断転載自由・無断引用自由・無断転送自由・無断拡散自由・無断ツイート自由・
無断リツイート自由)

です。

http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/shinsai


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内


★新着(順不同)
(ここには、昨日送信した際には含まれていなかったもののみ掲載してあります)
(「★新着」の後ろには新着分も含めたすべてが項目別に掲載されています)

・(つなぐプロジェクト)
「つなぐプロジェクト」よびかけ文
http://tsunagu-pj.blogspot.com/

・(毎日新聞)
支える・栃木から:東日本大震災 発達障害児と一緒に避難所生活を送る家庭…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000067-mailo-l09

・(東京新聞)
【福島原発事故】20〜30キロの入所高齢者移送 施設の障害者も、厚労省
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2011031902100042.html

・(医療介護CBニュース)
被災で入院の重度障害者、生活支援利用可に−厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000010-cbn-soci

・(朝日新聞)
「災害弱者」の病人や高齢者 衣食住と心のケア不可欠
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170198.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:障害者にストレス 岩手・宮古の施設、トラブルや自傷行為も
http://mainichi.jp/select/science/news/20110318dde041040030000c.html

・(朝日新聞)
ガソリン不足、弱者支援を直撃 訪問介護、回数減る
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201103160479.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:県警、全盲78歳女性救助 4日間何も食べず−−南相馬 /福島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000105-mailo-l07

・(毎日新聞)
《東日本大震災》福島原発事故や計画停電情報などを日本手話でネット放送−−16日から…
http://mainichi.jp/universalon/report/news/20110317mog00m040011000c.html

・(朝日新聞)
福島・南相馬市で全盲の78歳女性を救助
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160237.html

・(朝日新聞)
計画停電、長期化に不安 難病患者、人工呼吸器が命綱
http://mytown.asahi.com/areanews/chiba/TKY201103150435.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:被災者受け入れ進む 県、内陸市町村に要請 /岩手
◇「音や点字で情報を」 陸前高田・視覚障害の熊谷さん、仲間の安否を気遣い
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110316ddlk03040013000c.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:視覚障害者、地震当日の体験語る /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000012-mailo-l14

・(産経新聞)
都内の救急搬送106件 ALS患者が停電で重症 東日本大震災
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000683-san-soci

・(河北新報)
在宅の障害者生活困難に 仙台
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110320t15001.htm

・(岐阜新聞)
灯油で温まって 県知的障害者支援協が福島の施設へ送る
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110320/201103200857_13334.shtml

・(朝日新聞)
被災した高校・特別支援学校生、都立校で受け入れ
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170327.html

・(カナロコ)
要援護者の受け入れ、県内400施設が計1150人可能と厚労省に回答/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103190020/


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内

★ 目次

・現地から
・報道
・行政
・障害者・福祉・医療等関係団体・機関
・障害者・福祉・医療等関係学会
・災害等対策資料・手引き・マニュアルなど
・医療・看護・健康・医療的ケア・子育て
・心のケア
・ボランティア
・生活
・お役立ち情報・資料・ツールなど
・その他

(一部は重複した項目に掲載されています)続きを読む

病院の事情により往診になったわけだけど。

なんちゅうか、満足度は高くないわね。

いきなり消毒液の瓶、ぶっちゃけて大変なことになるし、

やっぱり内科の医師だと違うのか、カニューレの取り扱い説明書、読んでるし、

今、呼吸器を着けてるのか酸素マスクを着けてるのかも、確認しないと分からないらしい。



人的には、無表情で昔ながらの医者といった印象。

現に、おじいさんみたいだから……



人っていうのは、

会ってから、4分以内に相手がどういう人物か判断する。という話を聞いたことがあるけど、

その通りかもしれない。



逆に言えば、自分もいろんな場所で判断されるということ。



唯一、寝てたからか、カニューレはスムーズに入ったのは救い。



とりあえず、長年のリズムっていうのが変わったので、そこが慣れれば良いが……。



交換のあとの痰の状態、

2週間に1度の通院外出をしなくなる状態。



肉体的にも精神的にもクリアしていかないと。



精神的な比率の方が高そうではある。



ひきこもりは、まずい。


救う会



↑検索した結果です。

とにかくずっと思ってるのは、救う会のまとめ的な機関を作ってほしいと思っている。

基本的に、縁もゆかりも無いわけだから一つのところに寄付をすれば、

不公平になる。

その人の運のみ。という結果になる。

メディアに取り上げられるか、取り上げられないのかも、その人の運のみになる。



それを避けたい。

だから、機関があって、そこに寄付すればいいという仕組みを作ってほしい。



全部の救う会に公平に寄付する資金力、余裕なんてない。



そもそも日本ではなぜ子どもの臓器移植が認められていないんでしょうか。とも思う。

たまに行かされる耳鼻科。肉片(肉芽)を焼く。痛い。そりゃ痛い。麻酔するけど。今日は、やるのが早かったのか何なのか麻酔が効いてないところがあって、「ズキャーン」ときた。全身に電気が走ったというか。

でも耳鼻科の先生は、昔から何だかすごい先生に診てもらっている。ネットで検索すれば普通に情報が出てくるというか。月2回来ておられるんだけど、よくこんな病院に来てるな。ありがたや。ありがたや。みたいな感じだと思う。



待ち時間の間、困ったときに、ここのコメント欄にも登場する「よく知ってる人」に会った。何か会えるんですよね。約束しなくても。

奇遇ってのが過去何回もありました。「往診」について、いろいろ聞いた。話を聞いたら、往診もアリかなぁなんて思った。

お世話になっておることは確かで、現に風邪も良くなったわけで、感謝もしていますが、それを踏まえた上で。。。

医者運。

こういった運など無いかもしれないが、あるとしたらどうも今年から下降線をたどっている気がする。K先生は全くどういう状態なのか分からないし、Y先生がいるから大丈夫だろうと思っていたら、他の病院に行ってしまうし、もう一人のK先生は病棟のほうには来なくなったみたいだし、どうも新人に毛が生えたような先生方にお世話になっている。いいと言えばいいけど、上の方の先生方がいなくなってしまったので、自分がしっかりしなきゃ。と思い始めたのか、妙に態度が変わってしまった。偉そう&親しみやすいというか。。。親しみやすいのはいいかもしれないけど、1〜10まで「タメ口」はまずいのでは……。そんなに付き合い長いわけでもないし。自分のプライベートについても、やや話しすぎというか。。。別にいいけど、患者と医者という関係なんだから、間に「線」を入れたほうがいいような気がした。今までそんなプライベートまでペラペラ話す人はおらんかった。

こないだなんか、カニューレ交換、3人目でようやくスムーズに入ったし。。。

あと普通、医療行為以外は看護師さんがいろいろとやってくれるはずなんだけど、課長さん(婦長さん)は全く姿を現さないし。。。

結局、いつからか分からんけど、内科の外来にかかることにはなってるっぽい。正式な話があるわけでもなく、何となく。

往診について考えてみたけど、ますます「引きこもり」になってしまうんじゃないか。という心配と、血液検査とかいざというときに連携が上手くいくのか不安なのとで止めた。

しかし、もし下降線をたどっているとしたら、内科に変わってもまた癖のある先生に出会ったりして。前の方が良かった〜って。

いかん。ネガティブに考える癖が出てきた。

でも、呼吸器の業者さん曰く、「K先生やY先生みたいに温厚な人は珍しい。希少価値」だそうです。

まぁ、ここに書いた当事者が読まなければいいってことで。

知らないよな・・・。知らせてないから。

読んでも黙っててくれると助かります。



で、結局は「よく知ってる人」への手紙みたいになってしまったけど。

相変わらず、この恥ずかしいブログを読んでらっしゃるのでしょうか。

↑このページのトップヘ