(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:厚生労働省

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください




タイトルが穏やかではありませんが・・・

訪問看護ステーションとの初顔合わせで、
相談支援(実質の運営は社協)の担当者がお休みで、代わりに管理者の方が同席してくださいました。

看護師さんが移乗が何とかできたので、ようやく契約成立にいたりました。
軌道に乗るかどうかは分かりませんが、とりあえず利用ということで入ってもらえます。

ただ、私と相談支援管理者と訪問看護師で話しているときに、

管理者「ヘルパーさんのたん吸引は、研修受けた人が少ないからなかなかできないんですよね」とおっしゃられるものだから、

私「いや、正確には、やる気がある人が少ないからですよね」と言ったら、
それを遮るようにして、

管理者「いや、ヘルパーのたん吸引は、新しい研修受けていないとできないんですよ」と断言されました。


看護師さんも、やはりそうですか。みたいな感じでした。
私は、えええ。この人、何も知らないのか?と思いましたが、
本題が訪問看護のことで、ここで長々と説明するのも面倒だったので、次の話題にうつりました。

帰られたあと、とりあえず再度確認。やはり、できないと断言できる話はなく、
相談支援に長々と制度説明のメール。
そうしたら一言、
春田さんからご指摘いただいたお話ですが
制度の周知がまだ十分為されていないこと
を感じております。

1.周知が十分されていないから、春田が間違えたことを言ってくるのか。
2.周知が十分されていないから、私は断言して間違えてしまったのか。

そこは書いていなく、どちらとも取れる内容で、カチンときました。
もちろん、行政に近い人が曖昧な言い方で逃れるのは、しょうがないことだと思います。

が、しかし、最初の会話で断言したのがどうしても許せなくて、
しかも話を遮るようにして。
メールを読むに曖昧で通したいのなら、なぜ一貫して曖昧で通さないのか。

市内中で、こんなことを断言して言いふらしているのかと思うと絶望的な気持ちになりました。

正直、相談支援は前任者がすごく理解がある方で良かったので、
まさか現在の相談支援が利用者の足を引っ張るような行為をしてるのかと思うと、涙が出てきました。

それだったら、まだ何もしない方がマシです。

全国障害者介護制度情報が、どれだけの影響力があるのか知りませんが、
こういうページもあります。
医療的ケアの従来の通知を残す旨の通知について(解説)

http://www.kaigoseido.net/i/120329old-notice.pdf
改正法に基づかない介護職員等の喀痰吸引等がやむを得ないものかどうかは個別具体的に判断されることになるが、その際、喀痰吸引等は改正法に基づいて実施されるべきであることも勘案された上で判断されることになると考えられること

これのどこに、「研修受けていないとたんの吸引はしていけない」と断言できるレベルくらいのことが書いてあるのか。。。

ましてや、自分たち社協が研修開く気もないのに。

現在、愛知県内の研修は,サポートちたがたまにやってるくらいと聞いています。
定員はすぐオーバーするし、受講料は高いし、2日かかるし、
速やかに研修受けられるレベルですか?

無理解事業者を相手するのにほとほと疲れてるのに、信頼していたはずの相談支援もこんなんだったとは・・・。
かなり凹みました。

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください


すごくざっくり書きます。

ある利用しているヘルパー事業所(僕は、複数あります)の責任者の人と話していて、
たんの吸引ができる新しいヘルパーをこれまでやってきたように、通院先で直接指導してもらって、
僕(利用者)とヘルパーの1対1で書面を交わして利用したい(違法性阻却)と言っていたら、
これからは4月からの法改正に合わせて、研修(たぶん不特定の人への)を受けた人でないと派遣しないように事業所で解釈して決めたと言われた。

しかし実は前から聞いていたが、その研修がくせ者で、研修時間も長く、受講料も高いらしい。
よって、春田さんのたんの吸引してもいいけど、その研修をしている時間もお金もないという人がいるとのこと。

最初に書いた今までの違法性阻却は、あと2年か3年だったか忘れたけど、OKになっている。
その後どうなるかはっきりしたことは決まってないそうだが、この不特定の研修受けないと駄目ですよとなった場合、
多くの人が困るだろうという現状なので、予想としては延長になるか何らかの新しいことが出るかもしれないと言われてはいる。あくまで予想。

よって事業所が、現時点で、研修受けたい人は受ければいいし、違法性阻却でもやっていきましょう。と解釈してくれればいいのだが。
一応、駄目もとで再考してくれるようお願いはしといた。

いい方向にいけばいいが、さらに悪い方向にいっている状況。
今までグレーだった事柄を白にしようとした結果、余計に使いづらくなってしまったシステム。

利用していないいくつかの事業所にも問い合わせてもらったが、「医療的ケアは、やらない」とのこと。

主に移動支援が困るので、仕事として、春田さんのたん吸引含めたヘルパーやってもいいですよ。という人がいたら自薦にチャレンジしてみてもいいかなと思わなくもない。

乙訓「喀痰吸引等 第3号研修」を終えて… : JUNOのひとり言

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください


↓公開は終了しました。
http://harutayasushi.net/sanko_03.pdf

上記のファイルは、自分のサーバにアップしているため、一定の時期が来たら削除します。ご了承下さい。

この資料、国の資料のわりには、とても分かりやすい。
基本的な制度概要がさらりと書いてある。
ただそれだけです。

三上委員の意見に違和感があると挙手した黒岩祐治委員(ジャーナリスト・国際医療福祉大大学院教授)は、「家族でもやっていることを、のどに何センチ入れたら医行為かというバカげた議論はやめたい」と発言。三上委員は「医行為が何か論じるのはナンセンスというなら現行の法とは何なのか」と反論したが、黒岩委員は「医行為とは何か論じていると、この話は進まないから棚上げしておこうと決めて委員はここに集まっているのではないか」と述べ、三上委員の医行為範囲をめぐる議論の再燃を抑えた。http://www.caremanagement.jp/modules/news/article.php?storyid=8197


この黒岩先生というのは、毎回面白いな。
人ごとじゃないけど、正直ウケる。

ちなみに今は、10センチまでと決められてるそうです。


「医行為かどうかは利用者に無関係」「時間のムダ」――検討会2
http://haruta.blog.jp/archives/51547733.html

■黒岩祐治委員(ジャーナリスト・国際医療福祉大大学院教授)
●何をごちゃごちゃ話してるのかよくわからない。時間のムダ。
この検討会で一番求めるのはスピード感。
●看護職員が実施すべきとか、介護職員はやってはいけないなど、日本看護協会の言っていることは間違い。今は普及している救急救命士についてかつて気管挿管は医師でなければと反対した日本医師会を思い出す。同会はそれと同じことを言っている。ナースは全員たんの吸引などの医行為をできるのか。
●たんの吸引は技術の問題。技術の問題ならしっかり教える体制を整え、代理の人がやっていけばいい。そのために皆の智恵を絞る検討会。
●医行為かどうかなんて利用者にとってはどうでもいい話で、やってくれることが大事。ニーズがあるなら必要なことをやればいい。法律は後からついてくる。法律は専門家にまかせればよい。法律が先にありきでそれに合わせなければならないと議論している時間がもったいない。http://www.caremanagement.jp/modules/news/article.php?storyid=7737


こう言っちゃなんだけど、なんかウケた。黒岩委員www

いや、人ごとではないんですけどね。
こういうことを言う人もいるのかって。

ケアマネジメントオンライン - 各委員、反論の応酬――介護職によるたんの吸引等検討会レポ2
http://www.caremanagement.jp/modules/news/article.php?storyid=7651

何か、面倒なことになってるな。というのが率直な感想。
僕は、支援者ではないので、国としての法律や制度は分かりません。
そこはあえて触れないようにしてます。

個人的に言えば、
痰というのは、吸引しない方が命にかかわる確率が高くなる。と思う。
吸引するよりしない方が、危険。

適当なことを言うようだけれど、
とりあえず、吸引カテーテルを入れれば、あとは機械が吸ってくれる。

ただ厄介なのは、乾いた痰。
なかなか、痰があるその場所にヒットしないと、大変ちゃ大変。

ジュジュジュジュと言えば、吸ってる証拠。

まあ僕みたいに、痰の吸引生活が長いと、もう誰にやってもらってもいいというか、
こういうの見てると、正直イラッとする。

さっさとやれって。

他の人を知らないので、あくまで個人的な感想。

あと、気になったのは、
自発呼吸の有無とか、
意志疎通が可能とか、

そこらへんの議論はしてるのだろうか。

ドキュメント整理していたら、こんなものを発見。
今となっては、どうしてこのような文章を送信する経緯になったのか分からないのですが、
一応、自分が書いた当時の文書の記録として残しておこうと思う。


別紙(べっし)様式(ようしき)
障害者自立支援法(しょうがいしゃじりつしえんほう)の見直(みなお)しに関(かん)する意見(いけん)
平成(へいせい) 20 年(ねん) 11 月(がつ) 10 日(にち)
厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)障害(しょうがい)保健(ほけん)福祉部(ふくしぶ)企画課(きかくか) あて
郵便(ゆうびん)番号(ばんごう):  474   ―       
住(じゅう)所(しょ):愛知県大府市
氏名(しめい)(注(ちゅう)1)春田 康吏                   
電話番号(でんわばんごう):                   
電子(でんし)メールアドレス:@gmail.com
項目(こうもく)(注(ちゅう)2)
□地域(ちいき)における自立(じりつ)した生活(せいかつ)のための支援(しえん)(地域(ちいき)生活(せいかつ)支援(しえん)、就労(しゅうろう)支援(しえん)等(など))

内容(ないよう)
重度の身体障害(気管切開)がある者です。今年、大学の通信教育部を卒業しました。今後、在宅で少しでも社会貢献がしたいと思い立ち、働こうと思って求職活動をしているのですが、地元にある障害者就労支援事業所へ入所すると当然ですが、1割負担が適用されると知りました。金額は微々たるものですが、働く前から何も支援を受けていないのに(在宅ですから職員から支援を受けることもありません)お金を徴収されるのはどうかと思い、入所を見送りました。派遣やアルバイトなど、どんな働き方にせよ、給料から天引きされることはありますが、初めからお金を徴収されることは無いと思います。(あの蟹工船でも、お金といった意味では)現在は、求職用プロフィール()を作成し送信しているのですが、仕事獲得には至っておりません。ATARIMAEプロジェクト(http://www.atarimae.jp/)などは、素晴らしい取り組みだと思います。こういうのを待っていた。という思いもあります。しかし、私のような半分寝たきり状態の重度身体障害者の働く姿というのが示されていないのが、少し残念に思います。メディア等、見ていましても障害者就労と言いますと、知的障害者の雇用の特集ばかりが目につきます。それはそれで良いのですが、こちらにも目を向けてほしいなと思っています。少し、愚痴が入りました。以上です。
注(ちゅう)1 法人(ほうじん)・団体(だんたい)にあっては、その名称及(めいしょうおよ)び代表者(だいひょうしゃ)の氏名(しめい)を記載(きさい)してください。
注(ちゅう)2 意見内容(いけんないよう)に該当(がいとう)する項目(こうもく)を一(ひと)つ選択(せんたく)してください。
またどれにも当(あ)てはまらない場合(ばあい)はその他(た)を選択(せんたく)し、項目(こうもく)を記載(きさい)してください。

ことあるがごとに、最近はだいぶん減ってきたけど、

「はるたくんは、もっと社会的資源、ヘルパーなりボランティアなりを利用して外に出た方がいい」的なことを言われます。

そう言われるということは、最大限、そういったものを利用していないだろうかと疑問に思います。

なので、ずっと、めいっぱい利用していない感があったのですが、
社会的状況を見れば、めいっぱい利用してると思っています。

まだまだ知らないサービスが実はあったりするのかもしれませんが、
最近、たぶん最先端いってると思う。と思っています。

半分冗談ですが、時代が俺について来れてない。とも思います。

僕が人に助けてもらう大前提として、
気管切開部分におけるカニューレからの痰の吸引があります。

これはよほどのことがない限り、外せません。

基本的に、どんな人でも(全くの素人でも)
やる気のある人に対しては、レクチャーも喜んでしますし、やってもらいたいと思っています。

実は、何となく興味があって、やりたいというか、
気にしてたという稀な人は、今がチャンスです。
連絡下さい。

家族も了承済みです。
何か危険な目にあったことは、今のところ1度もないのですが、
何かあっても責任は問いません。

ヘルパー事業所は、どこでも進んで痰の吸引をやるという状況ではないです。
厚生労働省が、一応小さくルールを出してるので、やる気のある人や事業所がそれに乗っ取って、個人的に契約書を交わして、
医療従事者のレクチャーを受けて・・・みたいなやりとりを一人ずつしています。
あなたの払ってる税金を使わせてもらうので、法令順守は、ほぼ必須です。
ほぼというのは、カテーテル挿入は10秒以内とか、正確には痰の都合上、守れません。まあこれは、法律ではないでしょうが。
僕は、意識があるときしか痰の吸引はしてもらわないので、
それくらいのコントロールは出来ます。

今は、痰の吸引できるヘルパー、3名まで増えました。3年で。
本当は、4名だったんだけど、一人異動されました。
この事業所は、重度の方の支援もよくやっておられるので、やる気はあります。

しかし、気管切開をしている利用者は、僕が初めてだったそうです。

他の事業所にも。と思い、動いてみました。
大府市で、もうひとつ現れました。他は無理っぽい。
事業所としては、痰の吸引は推奨していないが、ヘルパー個人で募集をかけてもらって、2名、名乗り出て下さりました。
そこを現在調整中です。登録ヘルパー100名くらいいるそうですが。

で、痰の吸引をしてくれるヘルパーさんが今くらい増えたとしても、
移動支援における余暇活動は、まだまだ思うようにはいきません。
大府市のルールがあったり、事業所の都合があったりして、行きたいのに行けないということがほとんどです。
やはり、余暇活動なので、優先順位はどうしても下がるわけです。
待機利用者もいるそうですから。


ヘルパーのことは話したので、次にそれ以外の人のことです。
これについても、誰に痰の吸引されても個人的には問題ありません。
やる気がある人、興味がある人は、大歓迎です。
レクチャーもします。
今までも何名かの人に教えさせてもらいました。

個人的なお付き合いなので、特に厚生労働省に従う必要はありません。
よって、痰の吸引によるお給料は出ませんが、
交通費とか、ちょっとした食費とか、車の貸出とかは出すようにしています。
これはあくまで、僕の気持ちの問題です。
このことも家族は了承済みです。

ただこっちが良くても、よほど仲良くならないとそんなことしてくれる人いないだろうし、
僕は、誰とでも一瞬にして仲良くなれる力や魅力はありません。

そんな感じで生きています。
なので、あんまり僕を責めないで下さい。
厚労省に、パブリックコメントでも出してください。(笑)

障害者のための「就活」マニュアル - 働きたい!と思ったら - ATARIMAEプロジェクト
http://www.atarimae.jp/forWorkers/manual/

障害者のためというより、一般常識的なことでした。
というか、おそらく、発達・知的障害の人のために書かれていると思う。

そうだとしたら、これを自分で読んで理解できる障害者はどれだけいるのか・・・。

僕はむしろ、
ph_05

http://www.atarimae.jp/forWorkers/manual/01/01.html

こういう恰好を出来ない人は、どうすれば良く見えるかとか、

あいさつは、相手のほうを見て、はっきり口を開いて、相手にちょうど聞こえる大きさの声を出してするのが基本。
大声の怒鳴り声であいさつしたり、下を向いて小さな声であいさつしても、相手には伝わらない。http://www.atarimae.jp/forWorkers/manual/02/01.html

相手にちょうど聞こえる大きさの声を出せない人はどうすればいいのかとか、

立っている場合:相手のほうを見て、足をそろえてきちんと立って、腰から体を前に倒し、頭を下げる。体を横から見たとき、15度ぐらい上半身が傾き、体が「く」の字になっているとよい。
座っている場合:仕事を中断して立つ必要はない。相手のほうを見て、軽く頭を下げてあいさつをする。


こういう動作を出来ない人はどうすればいいのかなど書いてほしかった。

あと、面接時には、携帯電話を切っておきましょう。とか、
一体、誰のためのマニュアルなんだろう。。。と思ってしまいました。

長妻厚労相、介護を体験
長妻氏はこの日、施設に着くと、胸に名前が入った緑色のポロシャツとズボンに着替えて登場。若いスタッフにアドバイスを受けながら、入所者にお茶を飲ませたり、シャワーで入所者の背中を流して入浴介助をした。http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012301000553.html

なぜ、こうなった?
誰が、そうさせた?
違う新聞では掃除もしてたし。。。

↑このページのトップヘ