春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:友達

数年前に、知人男性から言われたことが心に引っかかっているのですが、
「家庭を持っちゃうと、家庭と仕事の往復で友達とかはいらなくなる」という話。

その人曰く、独身時代は友達付き合いを大切にしていたけれど、結婚して子どもができるともう友達とかいらないかな。と思うようになった。と。

そうなのか。と納得する反面、少しショックでした。

それで結論としては、
「昔の友達がどうしてもピンチになって手助けが必要になったときだけ連絡してほしいと。まぁ、普段の付き合いをしていない状態で、ピンチになっても連絡してくれないだろうけどね」
と言っていました。

この年になると、いわゆる結婚適齢期というやつで、自分の家庭を持っていく友人が多くなってきます。
表面では祝福しますが、ほとんどの場合、あまり良く思っていません。ひどいでしょうけど、孤独感を感じます。

少し前になりますが、ある出来事がありました。
夫婦で友達という人が何人かいます。
その中の一組と、あるイベントがあって、3人で一緒に楽しもうという約束(僕はそう思っていました)をしていました。
来れるかどうか分からないというふうで、来れる場合は連絡するということ(僕はそう思っていました)だったので、待っていたけど連絡がなかったので、まあ来ないものと思ってました。

それで行ったらいました。
それはそれでいいんですが、友達夫婦は二人で先に楽しんでいて、僕が行っても挨拶程度で会話に入り込めるような雰囲気ではありませんでした。屋外だったり、人が多くいる場所だと、声が小さいので、なかなか向こうが聞いてくれる感じでないとコミュニケーションがとれません。
最近では、それも突破するような勇気が持てるようになりつつあるのですが、正直、夫婦で楽しんでいるところを邪魔しちゃ悪いなという思いが先行して、ぼっちでした。
そしたら、その夫婦の片方の親も来たりして、とても僕が中に入ってコミュニケーションできるような状況ではなくなっていきました。家族水入らずというか。
やはり、結婚するということ、夫婦とは「家」なんだなと思いました。
すぐ隣で家族の輪で楽しんでて、僕は一人ぼっちという、あぁ・・・と思いました。
いい人たちなので、こちらから働きかければいれてくれるのだろうとは思いますが、邪魔しちゃいけないという思いがどんどん膨らんでいき無理でした。

もちろん友達夫婦の中には、こちらに気を使ってくれて、そういうことにならない人もいます。
でも彼らはそうではありませんでした。
彼らに他意は無く、今までの付き合いからしてそうなるということは想定内でしたが、
家に帰ってきて、孤独感があまりにも大きくなり過ぎてお腹と頭が痛くなりました。

それって本当に友達なのか。って感じですが、彼ら曰く、はるた君は友達ということは聞いています・・・。
僕は、その二人とも大好きです。もっと一緒に楽しみたいと思っています。
だから余計につらいんでしょうね。

私はこれまで、接してきた障害者の方はみな往々にして… 「社会に対して被害者意識が強く、障害者は何も悪くないのに、差別する健常者に問題がある。国が社会が悪い…」 と、わめき差別する側にのみ、環境や人に問題を押しつける…
私は自分もおもいっきり障害がある人間の側だからこそ、この甘え心を大目に見ることができないのです。http://ameblo.jp/rabu-snoopy/entry-10550985741.html


僕の周りには、こういう人はいないのですが、
ずっと思ってることの一つとして、
「ものすごく仲の良い身体に障害がある人」というのは、いないかなというのは、ずっと思っています。

そういう友達がいたら、いいなぁとは思ってるんですけど、
なんか、うまくいかない。

そういうこと書くと、今、お付き合いのある方を嫌ってるように聞こえますが、
そうじゃなくて、

障害者と健常者というふうに分けるのが基本的には嫌なんですが、

健常の方で、僕にも友達が何人かいるわけです。
むしろ、そっちの方が多いんですけど。

そういう方たちと同じ感覚で付き合えてる身体障害の友達は、今のところいないかな。というのが本音です。

たまたまなのかもしれないですし、ものすごく気が合う身体障害の友達できんかな。と思ってるんですけど。

そういった意味では、上記の引用記事の方のように、苦手といえば苦手なのかもしれません。

日本の障害者はいろいろで、障害者の間にも利害の対立とか立場の違いとかいろいろあって、障害者による障害者差別だってある。だけど
「障害者福祉をもうちょっとマシにしてくれないと生きてかれんがな」
の一点でだけは連帯しないと全員生きていけなくなるので、緩くつながっている。http://d.hatena.ne.jp/neko-yashiki/20100601#p5


ずっとそういうスタンスではないのですが、
自分がよりよく生活していくために付き合ってるとか、
情報を得るために参加しようとか、
たまにそういうあくどいこと思ってることもあります。

さすがにいつも思ってないですけど、たまにです。


自分の今までの人生を振り返ると、
健常の方が普通にいる、利用している場所の方が、うまくいくんですよね。
障害者による障害者のための、みたいな場所は、どうしてもストレスが溜まることが多く、
いろいろとぶつかってしまいます。

相手があることなので、どこまで話したら良いのか迷うところではありますが、
大阪の友達に会いました。

中学生のときに、子ども向けの新聞(中学生新聞?)の投書欄に、
メル友募集をしてみて連絡くれたときからの付き合いです。

当時のことは、ほとんど覚えていません。
お互い、あのとき何、話してたか忘れたね。と話しました。

初めて本格的に触ったパソコンで、パソコン通信(ニフティ)だもん。。。

中2で、僕は、体調が安定していない暗黒の時期(いわゆる黒歴史)だったので、
そんなときに知り合ったわけです。

バーチャル上とはいえ、あの頃の僕を知っているのは、今ではほんのわずかですから、ものすごい驚きです。

しかも、バーチャルだけでよくここまで続いたなと思います。
縁の不思議さを感じます。

高校になって、HP作ってたので、そこの掲示板でちょくちょく書き込みしてくれてたので、
知ってる人は知ってると思います。

初めて会ってみてどうだったかって言うと、
すんなり溶け込めた感があったというか、
やっぱり、話してて楽しいなと思いました。
相手は、どう思ってるか分からないけど、
気が合うっていうか、考えてることが似てると思いました。

夢についても話しました。
本当は詳しく書きたいんだけど、書いていいのか分からないので、
どんな形にせよ応援していきたいと思っています。

このブログを割に読んでくれてるみたいで、共感してくれてるものの、
僕のことは、自分の意見をはっきり持っていて厳しい感じの人。と思ってたようで、
会うまではドキドキだったそうです。orz

そうみえるのかなあ?

日常生活では、家族に聞いてもらえれば分かると思うのですが、結構、

選択権は人に譲るし、
意見なんて成長に合わせて変わっていくものと思ってるし、

自分の体調や身体のことに対しては、できるだけ良く保つために妥協しないけど、

そのほかのリアルは、ゆるいと思うんだけどな。
ブログの文章がきついっていうのは、自覚しておりますが。

そういうこともあってか、
人と普通にお話ができる。
そういうことは、一見するとささやかだけど、ものすごく幸せなことなんだと思っています。
大切にしていきたいです。

てか、今度は逆にどうにかして大阪行こうかな。w


昔の個人ホームページにありがちなこと 「勝手に流れるMIDI」「キリバン報告」「左右に動く文字」など…… - ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/59627

うちの大学には、去年今年辺りから在学生、教職員だけが使えるfuxiっていうmixiみたいなものがある。

今さらだけど、通信6年生にしてマイフレンドの数5人ってやばくないか。と思った。

一応、この5人は大学生活において深く関わってくれてる人ですが。

ちなみに、その中で実際に会ったことある人は、2人…。

ちょっと振り返ってみる。



2002年〜2004年前半

入学してからこの間、結構交流してた。スクーリングにも顔を出したし、学祭にも行った。家にみんなが来てくれたこともある。



2005年〜2006年

結構交流してたときの人たちのほとんどが卒業。

新しい人と交流する気にも慣れず、残っていた仲の良い人とも都合が合わなくて会えず、

日福の交流から遠ざかっていく。

愛知万博(愛・地球博)とか株式投資とかに夢中になってたと思う。

それが楽しかったし。

「とよいち」っていうものにも夢中になってた。



2007年

ちょっと、新しいいろんな人に出会い始める。交流するってのが増えたっぽい。

このまま卒業するんかな。と思っていたら、楽しい人にも出会えたし。

人との会話について考えさせられることが多い。





さっきの5人の方のマイフレは、普通に20人以上。

見てみても、ほとんどの人を知らない……。

別に数じゃないけど、今まで何やってたんだ。と思ったので振り返ってみた。

2005年〜2006年がキーポイントだと思った。



そーいや、mixiもアクセス数3000弱やった。

2004年後半辺りから、いち早くやってるのに。



自分って案外、寂しがりやさんか?

まぁ、構ってもらえるのはうれしいけど。



卒業したら、どう変わっていくのか……。

楽しみってことにしておこう。



不安・・・・・・・じゃない!

↑このページのトップヘ