春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:在宅就労

障害者就労のニュースやテレビの特集に接していたり、このサイトでも感じられることですが、

知的障害が中心になっていることがほとんどというのが気になります。

それはそれで別に良いのですが、

身体障害、特に家から出るのもなかなか大変な身体障害者は、

何だか“置き去り”にされてる感があるのです。とりあえず、ハローワークに行けと言っている


うーむ。「カンブリア宮殿」には少し期待していたが、1時間ぶっ通しで知的障害者の雇用についてでした。

うーむ。

まぁ、テレビや新聞に出るような人は、ほんの一握りの恵まれた人なんだよ。と関係者さんは言うかもしれませんが。

やはり、身体障害者の置き去り感は今のところ拭えません。



一応、期日を10月いっぱいと決めていたので、

営業活動は一旦終了して、しばらくは「とよいちで「ぼくうみ」を上映する会」にシフトチェンジしようと思います。



仕事については、今までの行動を分析&力を蓄える。

PDCAサイクルを回して、粛々とやっていくしかないです。

180px-PDCA


売り込みを送信しても、回答が返ってこないケースがほとんどです。

営利・非営利問わず。

しかし拒否回答が返ってきたら凹みますので、やはり孫子の言うところの、

負けは良くない。あってはならない。

というのは、何となく分かる気がします。



だからと言って、まだ障害者就労施設に行こう。という気持ちにはなっていません。



torahouseは、何をしてるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、お伝えしたサイトを見ていたら、

働きたい障害者は、とりあえずハローワークに行け。と言っていることに気がついた。

ハローワークという発想はなかったので利用するしないはともかく、

新鮮だなと思った。



そして、その中の質問集で驚いたことが一つある。

質問4)一人で行くのは不安です。ヘルパーさんと一緒に行ってもいいですか?

答え4)自分ひとりだけで行っても、ヘルパーさんなど他の人(支援センターや施設の人、学校の先生、家族、友だちなど)と一緒に行っても大丈夫です。


移動支援の利用で「勤務」は禁じられているので、

ハローワークはOKなんだ。と意外に思った。

ヘルパーさんに聞いてみたら、即答はできないですね。グレーゾーン。結局は、厚労省のサイトに書いてあるのならいいんでしょうね。とか言っていた。



あと、障害者就労のニュースやテレビの特集に接していたり、このサイトでも感じられることですが、

知的障害が中心になっていることがほとんどというのが気になります。

それはそれで別に良いのですが、

身体障害、特に家から出るのもなかなか大変な身体障害者は、

何だか“置き去り”にされてる感があるのです。

気のせい&単なるひがみかもしれないけど、

お前、頭が使えるんだから勝手に自分自身で努力してやれよ。

とか

所詮、動けない奴は使えねえんだよ。とか。



半分妄想、被害妄想ですけど、

ちょっとくらい構ってほしいです。



僕みたいな、ほぼベッドで過ごしている人間が働いているのを知らないのだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

takaさんのコメント投稿が無かったら知らずじまいでした。

運がいい。

ありがとう。takaさん。



厚生労働省:障害者雇用底上げをテーマとした『ATARIMAEプロジェクト』が始まります。



障害者があたりまえに働けるニッポンヘ〜ATARIMAEプロジェクト〜



やはり、厚生労働省通達は定期的に見に行かなきゃならんのでしょうか。

おうかがいを立てるように。



コンセプト、思いとしては、自分が考えていたこととピッタリ一致する。

ここ1ヶ月、ずっと思っていたので。





問題は、これをどう活用していくか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

約半年かけて、幸運にも再会できた大学の就職支援をしている方の多大なる協力を得て、

超大作(言い過ぎ)の求職用プロフィールが完成しました。



発信のゴーサインが出たんですが、発信先について悩み中。

一応、インターネット・パソコン系の仕事がほしいような感じにはしてあるけど、

こういうのは、闇雲に送ってはいけないのが鉄則らしい。



孫子も短期決戦が望ましいと言ってるし。(ぇ



で、硬いだろうと思われる某有名就労支援事業所に問い合わせてみたんだけど、

手順を踏めば入所もOKな感じで、在宅就労をしている人も2名いるそうです。

しかし、やっぱりと言うのでしょうが、

入所したら、障害者自立支援法の1割負担が適用されて、自己負担金が発生するそうです。

在宅就労で、特別、介助とかの支援は受けないのに。

金額的には、限度額で言っても1500円か3000円みたいなので、微々たるものでしょうが、



収入より支出の方が多くなるリスクはあるような感じです。

全体で言えば、年金で賄えるでしょうし、そうなるリスクは低いでしょうが、



普通、給料から、もろもろ天引きされることはあっても、働いたことによって、

赤字になるリスクってないですよね。(社長とか自分でやってる人は除いて)



あの悪名高き、グッドウィルでも蟹工船でもそういったリスクだけはないんじゃないかと思います。

もちろん、蟹工船は生死がかかっているわけですから、どちらがいいかって話になると別になりますが。



それに、仕事をするのに、「入所」とか「利用者」とか

言葉に違和感がありました。



問い合わせ先は、とても有名なところでレベルも高いと思ったのですが、

何だかなぁ。といった感じです。



意見募集しているそうです。↓

厚生労働省:障害者自立支援法の見直しについて

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ