(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:地震

9918340

11月は、防災月間でした。

ぽちポチ 障がい者のための防災講座
出前講座として、生活安全課の方や障害者ということもあって福祉課の方も来てくれました。
スライドに映して基礎的なことから大府市の防災のことまで分かりやすく教えてくれました。
出前講座は頼めばやってくれるそうなので、とても手慣れてるなと思いました。
まとめてみます。

・大府市の津波
津波は来ないという想定だそうです。ですが、東日本大震災を受けて新たに考えてみる必要があるとか。

・基本的に避難所には行かない
家が壊れるなりして生活してられなくなった場合のみ、避難所に行くそうです。
なので、家での防災シェルター作りを徹底するように。とのことでした。
なにがなんでも避難所に行かないといけないと思っていたので、新鮮でした。

・福祉避難所
どちらかと言えば、知的障がいや発達障がいの人たちが一般の避難所では居られない場合に使うということを想定しているそうです。
身体障がい者にそれほどのメリットはあるようには思えませんでした。

・自助・共助・公助
この3つが連携することが大事。共助の部分においては、日頃からのご近所付き合いを強調されていた。
しかし高齢化しているので、とても現実には助けてはもらえないだろうということを質問したら、
とりあえず、ぽちポチとかでもいいし、とにかくいろんな人とつながっておくということが大事だと言われた。
公助の部分では、行政ができること・できないことの区別がついていないように思った。
何でも行政頼りではいけないが、なんか曖昧。
質問に対しても、それは行政がすることではありません。とは絶対に言わないし。

・ちたまる安全安心メルマガ
ドコモならエリアメールというサービスがあるらしい。
あとは、https://www.chitamaru.jp/safety_info/melmaga_add.asp#safety_mail
一応、登録した。まだ一度も来てないけど。

・転倒防止マット
一応、テレビの転倒防止マットを購入しました。まだつけてませんが・・・。
プロセブン 52インチ以下テレビ用転倒防止マット TVP-52C

プロセブン 28インチ以下テレビ用転倒防止マット TVP-28C


東日本大震災から福祉施設スタッフが学ぶべきこと
石ヶ瀬会館、冒頭から「ホールの暖房が壊れていますが、心は温かく」みたいなことをおっしゃっていて、
これは、やばいなぁ。と思う。
あとで聞いたところによると、講師の方は有名な方らしいです。
ですが、なんか微妙と思いました。
最初からテレビ映像、垂れ流しだし、その後の講演もなんかどっかから引っ張ってきたような、
コピペデータの説明ばかりだし。
その後の二部のいろんなケースを想定したグループワークの方が重要なのかな。と思いつつ、
寒さに耐えきれないと思ったので一部だけで途中退場しました。
ヘルパーさんも、僕でも寒いですよ。と言ってたし。

http://www.medias.ne.jp/~obu-fuku/sintyaku-jyouhou/23.10syokuinkennsyuukai/kensyuukai.html
〜現場の判断力と日頃のつながりが命を救う〜
2011年11月27日(日)

以上の研修会に参加します。よろしくお願いします。

★下記に掲載されている内容については

(無断転載自由・無断引用自由・無断転送自由・無断拡散自由・無断ツイート自由・
無断リツイート自由)

です。

http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/shinsai


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内


★新着(順不同)
(ここには、昨日送信した際には含まれていなかったもののみ掲載してあります)
(「★新着」の後ろには新着分も含めたすべてが項目別に掲載されています)

・(つなぐプロジェクト)
「つなぐプロジェクト」よびかけ文
http://tsunagu-pj.blogspot.com/

・(毎日新聞)
支える・栃木から:東日本大震災 発達障害児と一緒に避難所生活を送る家庭…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000067-mailo-l09

・(東京新聞)
【福島原発事故】20〜30キロの入所高齢者移送 施設の障害者も、厚労省
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2011031902100042.html

・(医療介護CBニュース)
被災で入院の重度障害者、生活支援利用可に−厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000010-cbn-soci

・(朝日新聞)
「災害弱者」の病人や高齢者 衣食住と心のケア不可欠
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170198.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:障害者にストレス 岩手・宮古の施設、トラブルや自傷行為も
http://mainichi.jp/select/science/news/20110318dde041040030000c.html

・(朝日新聞)
ガソリン不足、弱者支援を直撃 訪問介護、回数減る
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201103160479.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:県警、全盲78歳女性救助 4日間何も食べず−−南相馬 /福島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000105-mailo-l07

・(毎日新聞)
《東日本大震災》福島原発事故や計画停電情報などを日本手話でネット放送−−16日から…
http://mainichi.jp/universalon/report/news/20110317mog00m040011000c.html

・(朝日新聞)
福島・南相馬市で全盲の78歳女性を救助
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160237.html

・(朝日新聞)
計画停電、長期化に不安 難病患者、人工呼吸器が命綱
http://mytown.asahi.com/areanews/chiba/TKY201103150435.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:被災者受け入れ進む 県、内陸市町村に要請 /岩手
◇「音や点字で情報を」 陸前高田・視覚障害の熊谷さん、仲間の安否を気遣い
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110316ddlk03040013000c.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:視覚障害者、地震当日の体験語る /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000012-mailo-l14

・(産経新聞)
都内の救急搬送106件 ALS患者が停電で重症 東日本大震災
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000683-san-soci

・(河北新報)
在宅の障害者生活困難に 仙台
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110320t15001.htm

・(岐阜新聞)
灯油で温まって 県知的障害者支援協が福島の施設へ送る
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110320/201103200857_13334.shtml

・(朝日新聞)
被災した高校・特別支援学校生、都立校で受け入れ
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170327.html

・(カナロコ)
要援護者の受け入れ、県内400施設が計1150人可能と厚労省に回答/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103190020/


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内

★ 目次

・現地から
・報道
・行政
・障害者・福祉・医療等関係団体・機関
・障害者・福祉・医療等関係学会
・災害等対策資料・手引き・マニュアルなど
・医療・看護・健康・医療的ケア・子育て
・心のケア
・ボランティア
・生活
・お役立ち情報・資料・ツールなど
・その他

(一部は重複した項目に掲載されています)続きを読む

パニック時は、いい加減な情報が出回るので、むやみに情報拡散しないようにしているのですが、
節電は本当みたいです。
だからと言って、自分は、どう節電すればいいのか悩むところです。
人工呼吸器を止めるわけにはいかないし、たんの吸引も減らせないし、加湿器は痰詰まり防止のために必要だし・・・。

まぁ無駄にテレビなど観ず、(いつもそんなに観ないけど)いつもより早く寝ることにします。

経産相が節電呼びかけ、計画停電の可能性言及
大規模停電回避のため、需要抑制に頼るしかない。予見性のある形で地域ごとの計画停電を行う可能性がある」と述べた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110313-00000392-yom-bus_all


追記
知人から回ってきたメールを転載していましたが、
複数の情報を確認した結果、デマ情報という結論に達しました。

節電は悪いことではありませんが、デマには惑わされないようにしたいところです。

これからは、「公式」の情報を確認するように心がけたいと思います。
皆様もお気をつけ下さい。

↑このページのトップヘ