(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:大府市

人間よりロボットの方が安心?
http://honbutyou-aikouen.blogspot.jp/2017/01/blog-post_27.html

表題に対する答えは、Yesだ。
春田さんのブログ、この間から冷たいですよ〜なんて介助者の声が聞こえてきそうでもあるが……。

関連記事:ヘルパーさんを10年利用してみて分かった1つのこと

介助ができるかできないか、相性がいいかわるいか。という死活問題的な
くじ引きをしなくてもいいからだ。
それにもしもすべてロボットでできるのなら、
本当の意味での自立のような気がしないでもない。

しかし現実問題、すべてのぼくの介助を担えるロボットは、
ぼくが生きているうちには出てこないだろう。

最近、リフト移乗の課題を共有するため、
信頼している福祉用具専門相談員さんと
リフトメーカーのモリトーの担当者さんがみえた。

結論は、現時点では難しかった。

1. 腰が曲がらない(基本、棒状態)
2. 車いすに座ったときに、シートをスルッと外したい。

1については、工夫として立位を練習するための装置を使った。
それだと腰を曲げずに移乗はできる。

それほど苦痛はなく、恐る恐る移乗はできたが、
2ができず、断念。
車いすは、背面と座面をミリ単位で調整しているので、
そこに何か異物があると、長時間の座位は不可能だろうと思った。

するっと抜けるものもあるが、それだと身体への接地面が少なく、
おすすめできないと言われた。

まあ昔から、この手のことは一筋縄ではいかないので、
想定内ではあった。

それで終わったのだが、
むしろ介助者の方を強化するタイプ(マッスルスーツ)の方がいいのかもということだった。

ぼくの市内や近隣では、介護ロボットの研究や開発が始まっている。
何かお役に立てることがあるならば連絡をくれて構わない。

名称未設定

今年も応募しました。
1人3作品まで応募可能ということで、今年は以下の2作品エントリーさせていただきました。

パシャ!
タイトル「パシャ!」



ふたり
タイトル「ふたり」

IMG_1325

鶴舞公園と、
定期通院している有松診療所です。

正直、今回は狙いにいってました。
佳作なら、いけちゃうんじゃないかって思ってました。
自信過剰、自画自賛・・・・・

結果は、、、、、、、、、、
2作品とも落選しました。はい。

それでもこのコンクールのすごいところは、
すべての応募作品の展示があるのです。

なぜ落選したのか。分かるかもということで、行ってきました。

3月15日(土)、16日(日)の2days
大府市勤労文化会館 展示室

以下、感想及び分析です。
応募作品は、グループ分けすることができました。

・赤ちゃん
・高齢者介護の場
・高校生の写真部らしきもの
・動物(特に、猫)

大体、このうちのどれかに属しています。
スナップ写真的なものも多く、どのグループにも属しそうにない私の作品はかなり異彩を放っていました。。。

そして、1人3作品ですが、
全く別の3作品ではなく、同じ時間・場所の写真、アングルが違う3作品が多くあったりしました。
その中から入選してるものもあり。

IMG_1326

IMG_1327

IMG_1328

IMG_1329

IMG_1330


感想としては、負け犬の遠吠えということで流してもらえれば良いのですが、
入選作品と落選作品の違いが、いまいち分かりませんでした。
僕の作品は置いといて、なぜこれが入選しなくて、これが落選してるのかなど、
一部の入選作品と落選作品を入れ替えても分からないんじゃないかと思いました。

解説を聞きたくなりました。

さすがにこんな田舎のフォトコンクールに、大きな力がはたらいてるとは思いませんが・・・。
大府市写真クラブに属した方がいいのかしら。とか考えちゃいました。

すごく感動したら、ごめんなさい!出直してきます!というのがあるのですが、
なんだかなぁ。といった感じです。
どう腕を磨けばいいのか分からなくなったので、第10回への応募は、ないかも。ですね。

追記
家族から
「こうなったら、うちの90のおばあさんのくっしゃくっしゃの笑顔、3作品応募しろ」と言われました。(笑)

第8回ふれあいフォトコンクール落選作品展示
http://haruta.blog.jp/archives/51831942.html

大府市民活動センター【コラビア】

ずっと、あわよくば行きたいなと思っていたコラビア。
メールマガジンだけは登録していたのですが、
興味が持てるイベントや講座があってもなかなか都合が合わず行けませんでした。
今回、たまたまが重なり行けるようになりました。

初回で思ったのは、
・職員さんが親切。申し込み時から会場対応まで親切でした。
・22時までやってる。会社勤めの方も参加できるように。とのことなのだろうか。
・中がきれい。基本、公民館的なところはきれいなのですが、きれいでした。

参加してきたのは、これ。
IMG_1206
スキルアップ講座「多くの共感を呼ぶプレゼン成功のコツ」

今後、私も講演活動というか、「伝える」活動を広げていきたいと思っているので、
いい機会になりました。

講演は、わりかしいろんなのを観てて、いるいる!と思ったのですが、
質疑応答のときに、自分の意見を長々と言ってくる人への対処法は笑えたなぁ。

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください




タイトルが穏やかではありませんが・・・

訪問看護ステーションとの初顔合わせで、
相談支援(実質の運営は社協)の担当者がお休みで、代わりに管理者の方が同席してくださいました。

看護師さんが移乗が何とかできたので、ようやく契約成立にいたりました。
軌道に乗るかどうかは分かりませんが、とりあえず利用ということで入ってもらえます。

ただ、私と相談支援管理者と訪問看護師で話しているときに、

管理者「ヘルパーさんのたん吸引は、研修受けた人が少ないからなかなかできないんですよね」とおっしゃられるものだから、

私「いや、正確には、やる気がある人が少ないからですよね」と言ったら、
それを遮るようにして、

管理者「いや、ヘルパーのたん吸引は、新しい研修受けていないとできないんですよ」と断言されました。


看護師さんも、やはりそうですか。みたいな感じでした。
私は、えええ。この人、何も知らないのか?と思いましたが、
本題が訪問看護のことで、ここで長々と説明するのも面倒だったので、次の話題にうつりました。

帰られたあと、とりあえず再度確認。やはり、できないと断言できる話はなく、
相談支援に長々と制度説明のメール。
そうしたら一言、
春田さんからご指摘いただいたお話ですが
制度の周知がまだ十分為されていないこと
を感じております。

1.周知が十分されていないから、春田が間違えたことを言ってくるのか。
2.周知が十分されていないから、私は断言して間違えてしまったのか。

そこは書いていなく、どちらとも取れる内容で、カチンときました。
もちろん、行政に近い人が曖昧な言い方で逃れるのは、しょうがないことだと思います。

が、しかし、最初の会話で断言したのがどうしても許せなくて、
しかも話を遮るようにして。
メールを読むに曖昧で通したいのなら、なぜ一貫して曖昧で通さないのか。

市内中で、こんなことを断言して言いふらしているのかと思うと絶望的な気持ちになりました。

正直、相談支援は前任者がすごく理解がある方で良かったので、
まさか現在の相談支援が利用者の足を引っ張るような行為をしてるのかと思うと、涙が出てきました。

それだったら、まだ何もしない方がマシです。

全国障害者介護制度情報が、どれだけの影響力があるのか知りませんが、
こういうページもあります。
医療的ケアの従来の通知を残す旨の通知について(解説)

http://www.kaigoseido.net/i/120329old-notice.pdf
改正法に基づかない介護職員等の喀痰吸引等がやむを得ないものかどうかは個別具体的に判断されることになるが、その際、喀痰吸引等は改正法に基づいて実施されるべきであることも勘案された上で判断されることになると考えられること

これのどこに、「研修受けていないとたんの吸引はしていけない」と断言できるレベルくらいのことが書いてあるのか。。。

ましてや、自分たち社協が研修開く気もないのに。

現在、愛知県内の研修は,サポートちたがたまにやってるくらいと聞いています。
定員はすぐオーバーするし、受講料は高いし、2日かかるし、
速やかに研修受けられるレベルですか?

無理解事業者を相手するのにほとほと疲れてるのに、信頼していたはずの相談支援もこんなんだったとは・・・。
かなり凹みました。

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください



社協主催の写真コンクールに応募して落ちたのですが、一部の期間と場所で応募全作品の展示が行われるというので、
行ってきました。
ちなみに、参加賞として図書カード500円分がもらえました。


正直、最優秀賞は、あぁ優秀というのは分かるのですが、その他、特賞や佳作は落ちたものとの違いがいまいち分かりませんでした。
素人&負け犬の遠吠え発言ですけどね。

家族か何かの餅つきの様子を3枚も投稿してる人がいました。アングルも変えずに(笑)
そういった意味では、ほほえましい市民のためのフォトコンクールでした。


2013年02月17日

そのほか

大府市勤労文化会館にタッチ!(14:02)






花見に行ってきました。
岐阜県各務原市の新境川。名所らしいです。さくらの名所は初めて。
屋台周辺は、めっちゃ人でした。

駅からすぐだったんですが、なんと!!!!
17715b28  
完全一致とまではいきませんが、秒速5センチメートルの世界がそこにはありました。
一人で感動でした。

 
 
 
 
 

2012年04月08日

鉄道駅

太田川駅にタッチ!(17:48)


鉄道駅

名鉄岐阜駅にタッチ!(17:00)


鉄道駅

市民公園前駅にタッチ!(16:37)


樹木(ピンク)

新境川堤にタッチ!(15:03)


さくら、八分咲き?


公園

市民公園にタッチ!(14:33)


そのほか

各務原市中央図書館にタッチ!(14:16)


鉄道駅

市民公園前駅にタッチ!(13:56)


鉄道駅

名鉄岐阜駅にタッチ!(13:26)


鉄道駅

太田川駅にタッチ!(12:09)


そのほか

東海ICにタッチ!(11:59)



そして、そして、そして、今年はこれで終わりではないのでした。
近所の桜も散歩がてら見に行ってきました。
 
 
 
 


やはり名所を見たあと、しかも翌日ともなると見劣りするのでした。
いつもは感動するんだけど。くもりも関係してるのかな。


↑誰もいない共和西小学校の横の大きな交差点。LED信号かな。

2012年04月09日

樹木(ピンク)

大池の桜にタッチ!(14:04)


近所の桜、満開



秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

意見なのか要望なのかよく分からなくなってしまいましたが提出しました。
素人です。基本、僕は福祉に関して素人だと思っています。
http://www.city.obu.aichi.jp/contents_detail.php?frmId=15047

全文です。

第3章 障がい者等の現状と見込み
5.発達障がい児者
国の資料を出しているだけで、非常に適当。
現状把握できていないのだと推測されますが、
最近「大人の発達障害」という言葉も出てきているように今後、無視はできない分野だと思います。


第7章 地域生活支援事業
2.相談支援事業
大府市が相談支援に力を入れていることがよく分かります。
他市町村と比べてこれは大府市の「強み」と言っても良いのではないだろうかと日頃から思っています。
今後、弱体化していかないこと、使いづらくならないことを強く望みます。

相談件数が増加傾向にあるとのことで、重要なものが置き去りにされないか不安なところであります。
提案として、たとえば、ピアカウンセリング的な取り組みは、どうなのでしょうか。
大府市がすることではないのかもしれませんが、
縦のつながりだけではなく、横のつながりも一つの方法として有効になってくるように思いますが。


5.移動支援事業
課題として、
・ヘルパー不足によりサービス提供が十分にできていない
・現行の基準では、公共交通機関の利用が難しい障がい者にとって利用しづらい

以上のことが挙げられていました。
交通手段として、福祉有償運送が一つの選択肢になってきます。
しかし大府市の移動支援の場合、運転者と同乗者の2名を確保しないと実施できないことになっています。
たとえ移動先が近くてもです。
近隣市町村にはこのようなルールはないとの情報を得ていますので、
なぜ大府市だけ、このようなルールにしているのか理解に苦しみます。

基本理念 (1)障がい者等の自己決定と自己選択の尊重

以上の理念から考えれば、利用者もしくはサービス提供責任者等の判断から同乗ヘルパーの有無を選択できてもいいと思います。
通院介助の福祉有償運送ですと移動支援の枠組みを外れるようなので、
責任者の判断で運転者と利用者だけでもいいですよ。ということもあります。


8.訪問入浴サービス事業
自由にお風呂に入れるような印象があるので、上限利用回数を記載してくれてもいいように思いました。


第8章 障がい者のくらし
5.当事者組織の育成
「相談支援事業」の項にも書きましたが、頑張ってほしいです。
この説明は、やる気のなさを感じました。

以上、意見というより要望に近くなってしまいましたが、
よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
大府市の回答もありました。

第3章「5.発達障がい児者」の記述が不十分ではないか。
--
発達障がい児者は法的にも障害福祉サービスの対象であり、計画の対象にも含めています

ちゃんとやってるんだからね。ってことだと思います。


第7章「2.相談支援事業」について、大府市の強みなので、弱体化したり使いづらくなったりしない ようにしてほしい。また、ピアカウンセリングを行ってはどうか。
--
これまで愛知県が行ってきた身体障がいと知的障がいの相談事業を、平成24年度から大府市の事業として実施します。さらに精神障がいにも対象を広げて当事者による相談を実施します。

ん?当事者によるということは、ピアカンやるってこと?
僕が言いたいのは、カウンセリングというか、大府市は若干、横のつながりが欠けてるような気がしてはいるので、こういった提案をしてみました。
「当事者—支援者」の関係が多いというか。


移動支援事業について、ヘルパー不足によりサービス提供が十分にできていない、現行の基準では利用しづらい、という2点の課題がある。特に後者のルールの緩和はできないか。
--
大府市は、他市町に比べてヘルパーに関しては量的に恵まれた状況にあります。また本市の移動支援は、自宅発着の利用を原則としています。障がい福祉計画は、3年間ごとの障害福祉サービス量及び提供体制の確保に向けての具体的方策を定めるものですので、ご指摘のルールの変更については、本計画とは別の課題とさせていただきます。

ヘルパー不足なんて認めない。大府市はヘルパーは潤沢にいるよん。とのことですが、
お兄さん!あなたの計画の現状及び課題に
「課題としては、利用希望に対し、ヘルパー不足によりサービス提供が十分にできないという状況があります。移動支援の特徴として、利用希望の時間帯や曜日に偏りがあること等から、ヘルパーの確保が難しくなっています」って、はっきり書いてありますけど。
ルール変更に関しても、近隣市で実績もあるわけで大府市だけ特別に固持する理由が分からない。
ここで話すことではないとのことですが。


移動支援はHOME ⇔ HOMEにしてほしい。

どこの誰がこういう意見を出したのか知らないけど、この意見と一緒にされてちょっと・・・。
大体、全国的に移動支援のルールとして、ドアtoドアが基本と聞いています。
こういう意見を出すということは、市内にそのルールを守っていない事業所があるということじゃない?
まずいよ。そんなのと一緒にされて回答されても・・・。


訪問入浴サービスの記述の中に、上限利用回数が決まっていることを明記すべきではないか。
--
計画書にはサービスの詳細説明までは掲載していませんが、パンフレットやホームページを通じて周知していきます。



第8章の当事者組織の育成についての記述が不十分ではないか。
--
社会福祉協議会や市の関係部署と連携し、活動を支援します。

●講演会『市民活動の要としてのふれあいの居場所−その必要性と役割について−』
http://haruta.ldblog.jp/archives/51772263.html


このように壇上が用意されていたけど、ささっとハンドマイクを手に取り、
「先生、こちらから上がってください」という声を無視し、
「ちょっとこの上からだと、上から目線だから・・・」とおっしゃって、


このように話しておられました。

あっという間の1時間半くらいの講演でした。
現在は、東日本大震災のボランティア支援に力を入れておられるようです。

バスツアーを企画して被災者を招待する活動をしているようですが、
そこで、おばあさんが一人ぽつんとしておられたので話を聞くと、
ずっと、お店(定食屋?)をしていたけどご主人を亡くされて、友達もずっと若いときからいなかったとのこと。
それはいかんということで、私たちがそこで他の方にお話をして、つなげるようにしたそうです。

仕事をしているだけでは、絆は生まれない

という言葉は、衝撃的でした。

昔と違って今は、「居場所」は、自分たちで意図的に作らないと生まれないそうです。
いろんな人が集まって、なにか目的や強制をするのではなく、
自由にそれぞれが同じ場所でしたいことをしていればいいみたいなことをおっしゃっていました。

確かにそういうのは聞いたことがあります。

最後に、みんなで記念写真を撮ってもらって、
握手もさせてもらいました。

とは言うものの、平日の昼間だからか、主催がそうだからなのか、
全員高齢者だったなぁ。(笑)





























2012年03月14日

役所

大府市役所にタッチ!(13:20)



●講演会『市民活動の要としてのふれあいの居場所−その必要性と役割について−』
⇒3月14日(水) 13:30〜15:30(13時より受付)
⇒大府市役所 多目的ホール
⇒講師:公益財団法人さわやか福祉財団 理事長 堀田力氏
⇒参加費無料・定員200名
⇒主催:NPO法人はっぴいわん大府
http://www.cfsc.npo-jp.net/dantai/dantai_syoukai/happywan_oobu/happywan_oobu.html

↑このページのトップヘ