春田康吏のメモログ

タグ:大府市

人間よりロボットの方が安心?
http://honbutyou-aikouen.blogspot.jp/2017/01/blog-post_27.html

表題に対する答えは、Yesだ。
春田さんのブログ、この間から冷たいですよ〜なんて介助者の声が聞こえてきそうでもあるが……。

関連記事:ヘルパーさんを10年利用してみて分かった1つのこと

介助ができるかできないか、相性がいいかわるいか。という死活問題的な
くじ引きをしなくてもいいからだ。
それにもしもすべてロボットでできるのなら、
本当の意味での自立のような気がしないでもない。

しかし現実問題、すべてのぼくの介助を担えるロボットは、
ぼくが生きているうちには出てこないだろう。

最近、リフト移乗の課題を共有するため、
信頼している福祉用具専門相談員さんと
リフトメーカーのモリトーの担当者さんがみえた。

結論は、現時点では難しかった。

1. 腰が曲がらない(基本、棒状態)
2. 車いすに座ったときに、シートをスルッと外したい。

1については、工夫として立位を練習するための装置を使った。
それだと腰を曲げずに移乗はできる。

それほど苦痛はなく、恐る恐る移乗はできたが、
2ができず、断念。
車いすは、背面と座面をミリ単位で調整しているので、
そこに何か異物があると、長時間の座位は不可能だろうと思った。

するっと抜けるものもあるが、それだと身体への接地面が少なく、
おすすめできないと言われた。

まあ昔から、この手のことは一筋縄ではいかないので、
想定内ではあった。

それで終わったのだが、
むしろ介助者の方を強化するタイプ(マッスルスーツ)の方がいいのかもということだった。

ぼくの市内や近隣では、介護ロボットの研究や開発が始まっている。
何かお役に立てることがあるならば連絡をくれて構わない。

●講演会『市民活動の要としてのふれあいの居場所−その必要性と役割について−』
⇒3月14日(水) 13:30〜15:30(13時より受付)
⇒大府市役所 多目的ホール
⇒講師:公益財団法人さわやか福祉財団 理事長 堀田力氏
⇒参加費無料・定員200名
⇒主催:NPO法人はっぴいわん大府
http://www.cfsc.npo-jp.net/dantai/dantai_syoukai/happywan_oobu/happywan_oobu.html

http://www.medias.ne.jp/~obu-fuku/sintyaku-jyouhou/23.10syokuinkennsyuukai/kensyuukai.html
〜現場の判断力と日頃のつながりが命を救う〜
2011年11月27日(日)

以上の研修会に参加します。よろしくお願いします。

久しぶりに本屋に行ってきました。買い出しのようなものです。
これで1年くらいは持たせます。
あぁ、他にも雑誌や図書館で借りた本を読んでいるので、読書量はもう少しあります。

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略を本当にフリーで読んだのでシェアはお金出して読んでみようかなと。
なにかアイデアが見つかりそうな本だし。

人を動かす 新装版

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

談志 最後の落語論

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

Mac Fan (マックファン) 2011年 09月号 [雑誌]
どうせだったら女の子が表紙のときが良かったけど、よりによって大泉洋。嫌いではないけど。

本当は、
木造迷宮 (リュウコミックス)
困ってるひと
これも買いたかったが、無かったり買いそびれたりした。ネットを使わせてもらおう。

新しい春が来た♪
http://link-aikouen.blogspot.com/2011/04/blog-post.html


お披露目会には呼ばれなかったので、(あとで、すみませんでした。と言われた。(笑))
個人的に行ってきました。
近所だし、歩いて行ける距離です。旧愛光園の跡地です。

共和西小学校横の新しい道を通りつつ・・・



この辺も宅地造成で、すっかり様変わりでよく分からん道路構成です。
着くまでに迷いました。


ケアホーム「くらら」入り口です。
なんということでしょう(←ビフォーアフター風に)ゆったりと、そして、ぜいたくにスロープがとってあります。


共用スペース部分のみの見学ということで、世話人さんに案内してもらいました。
居間。テレビは、ビエラです。


木の香りがします。国産だそうです。天井部分はむき出しで、木の複雑な部分を掃除するのが難しいとのこと。


廊下から浴槽部分までリフトがあります。


お風呂です。広いです。すりガラスだけど、影とか見えるから工夫しないととおっしゃっていました。



そして、同じ敷地内の障がい者就職トレーニングセンターへ。駐車場にベンツが停めてあるのを横目で見つつ、
中では、グループ長さんが説明して下さいました。
ここは、生活の場ではなく、あくまでここでトレーニングを積んで就職を目指して巣立っていくものなので、
良い意味で、居心地の良い空間にはしていないとのこと。
確かに、プレハブ小屋といった感じでした。
障害3種を対象にしているが、今は、知的だけなようでした。

そんな感じで、約1時間の見学が有意義に終了しました。
近くに、新しい公園ができていたのは、少し気になりました。


しかし、そろそろ携帯で写真撮るのは限界があるかな・・・。
快晴だったんだけど、なんかきれいじゃないっすね。
新しいiPhone発売されたらそれにするつもりなんだけどね。デジカメは意地でも買わない主義で。


就トレに見学者
http://farm01.exblog.jp/14709913/

現実世界でうまくいかないと、内向的なもの(本やバーチャル)にどんどんどんどん入り込んでいきます。

二次元(アニメ)は大して興味ないんですが・・・。

知多半島ですよ。我が知多半島ですよ。

知多娘。キャラクター紹介
http://blog.blochiita.jp/audition/theme/1933.html

最初、新聞で読んだとき吹きました。

で、わが市、
大府あかね・・・・。
OIzsCfZS

正直、あまり好みではないかもしれない。


せっかくなので、ゆかりのある美浜町も・・・。
美浜恋
yy9cxrMk

恋ちゃんの名前は、恋ちゃんのお母さんが、縁結びで有名な美浜町のにある恋の水神社でお祈りした後に、お父さんと出会ったので、「恋」と名付けたそうです。

これはいかん。この設定はツボですwww
あぁ、そーいやー、恋の水神社に行くの忘れてる。
行こうと思ってて、結局、1度も行ってない。
だからか・・・・。なんて。

キャラ的には、こっちの方が好きです。
はぁはぁします。

とりあえず、知多娘たちを温かく見守っていきたいです。

知多半島のことを書いてるのなら、
http://www.blochiita.jp/
こういうところに移転した方がいいんだろうか。と一瞬思ったけど、めんどくちゃいので、ここで書きます。

"落語会のプリンス"柳家花緑と、"尺八の貴公子"藤原道山とのコラボレーション企画です。落語と尺八が合わさるとどうなるのか? 二人の軽快なトークも見どころです。ファンの間では伝説の公演が大府で復活します。http://www.city.obu.aichi.jp/contents_detail.php?frmId=6939

柳家花緑の落語ということで、チケット買っていました。
少し前に、とくダネ!にも出てた人です。
人間国宝・柳家小さんの孫です。

結構すごい人なので、いっぱいかと思いきや、
ガラガラでした。(笑)

まあ音楽会ということで、怪しさはあったわけです。
藤原道山なんて、知らないし。

感想は、やっぱり、尺八はいらないな。と思いました。申し訳ない。

演目は、「初天神」だったわけですが、もう一席観たかったなぁ。
花緑がピアノやウクレレも弾いて、多才ということは分かりましたが。

落語がいいな。やっぱ。

んで、これ買った。
落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)

柳家花緑 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%AE%B6%E8%8A%B1%E7%B7%91

藤原道山 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E9%81%93%E5%B1%B1

竹林庵 : 柳家花緑&藤原道山 音楽会
http://dozan.exblog.jp/13093412/

ご要望にお応えして、購入した書籍を書いておきます。
大したことないんですけど。。。

てか、思ったんですけど、Amazonやlivedoor Booksで買うときと大して変わらないなと・・・。
本屋さんで偶然見つけた本を買うことはないというか・・・。
レビュー見た〜い。ってなる。

てことは、逆にコスト高です。まあ僕の場合、出かけることに意義があると思っているので良いのですが。

アピタ大府店の夢屋書店の経済経営の棚は、なかなかです。
有名どころは、忠実に網羅しています。

順不同です。
悩む力 (集英社新書 444C)

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

1Q84 BOOK 2

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

夢をかなえるゾウ

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

モテキ 2 (イブニングKC)

バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)

去年の夏ごろから、何となく欲求不満を感じていた。
今年に入ってから、欲求不満が急上昇してきたので、
まずいな。とは思っていた。
全然、楽しんでないじゃん、俺。という、あせりがあった。

ぶっちゃけ、
知らず知らずのうちに、家の中にいることがかなり多くなっていた。
そういえば、外食も1年近くしていない。自分だけ。w

気付くの遅いんだけど、欲求不満状態でした。

たいていの人は、僕のことについて、
ストレス耐性が低い子と思っていると思うんですけど、
以上のことを考えると、それほど低くないのではないだろうか。
と自己分析している次第。


で、アピタ大府店に新しい書店(夢屋書店)が出来たと聞いていたので、
行ってきた。
思いのほか、ラインナップが充実していたので、書籍を10冊ほど大人買いした。

新聞社から頂いた図書カードもあったので、
7500円くらいの出費で済んだ。

このページのトップヘ