移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:女性

人によって感じ方は違うと思いますが。
あと、実際に障害があるかどうか微妙な写真もあります。

IMG_0710


wheelchair bellydancer


tumblr_lnvx1u0vqw1qdpym4


db62988fa239991ce32e645e8f394363


aimee-crop


AIMEE_MULLINS_VISUALB


9691530f45ee60350b544e7ab0032299


0806-Aimee-Mullins-630x817


976991_513222675410530_1573500913_o


484788_512373482162116_1913013045_n


429780_511535672245897_1310268731_n


beach
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

異性ケア・同性ケアどっちがよいのかしらね??? | 小山内美智子のブログ
http://osanai-michiko.jp/blog/2010/07/01/150.html

歴史を知らないが、異性ケアの方が進んでいるというのは本当なのだろうか。
そして、この筆者自身が異性ケアに慣れていかないと。と考えていることに驚いた。

そんなこと、努力するべきことなのだろうか。

確かに、男性の方が力があるので介助上、やりやすいとかもあるのかもしれないが。

僕は、介助ケアは、はっきり言って男性にしてほしい。
移乗だったり、姿勢の直しだったり、力が必要になることが多いから。

あと、トイレ介助だったり、そういうプライベートな介助は、
正直言って、女性に見られたり触られたりすることは望ましくないと思っている。

絶対に嫌だというわけでもないし、女性と言ってもいろいろなので(蔑視ではないです)良いと言えば良いが、
介助のみを切り取って考えるのなら、理想ではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ドラマ「白夜行」の深夜の再放送を録画して観ているのですが、

ぼくうみの主役の大塚ちひろさんが普通に出てて、多少驚いています。



主人公・雪穂(綾瀬はるか)の友達というか同級生と言うか、

終盤はひどいことされるのですが……。



オンエア時は、特に興味無かったんですけど、

白夜行は、重いっすね。



原作も読みました。

原作とドラマは主人公の捉え方・アプローチ方法が違うのですが。



何と言うか、東野圭吾ってすごいな。と。

僕が高校生の頃は、ぱっとしない、ごくごく普通の作家という認識だったんだけど。



ただ単に、重い話っていうだけでなくて、

主人公たちは悪いんだけど、妙に悲しいというか。

悪いけど悲しい、悲しいけど悪いということを上手く描いています。



でも、僕の結論はやっぱ悪いですよ。孔明的な悪女ですよ。



しかし、女性って小さい部分として、こういうのあるんじゃないですかね。

人が知らないところで、自分を優位に持っていくというか。



いずれにしても、綾瀬はるかと共演してる大塚ちひろは案外すごいということで。

白夜行 (集英社文庫)



白夜行 完全版 DVD-BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ