移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:弱者

バクマン。」も「ドラゴンボール改」も終わってしまったので、毎週楽しみにしているアニメが無くなってしまった。

なんかないかなぁと思っていたら、弟が、ジャイアントキリングっていうのがサッカー監督の目線で描いたマンガで面白い。って言っていた。
確かに、プレーヤー目線のサッカー漫画ならいくらでもあるけど、マネジメント側はないかもなぁと思って、
NHKのアニメを観たら、はまった。まだ3話なので、これからどうなっていくのか分からないが、

これは、面白い!!!

自分が興味のある、日ごろから模索している「弱者の戦い方・生き方」を学べる。

これは、久々のヒットです。
ジャイアントキリングを起こす19の方法

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)

弱いのかを自覚する


誰にでも幸運が流れている。
つかみ損ねたくないから、万全の準備をする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕は、弱者か強者かと言われれば、明らかに弱者です。
社会的弱者というのに分類されるでしょう。

これは、もっと後に書こうと思っていたことですが、
数年前から、弱者の生き方や戦い方のようなものに、ものすごく興味があって、
物事を常にそういう視点で見ています。

はっきり言ってしまえば、強者にはあまり興味がないです。

具体的に言うと、
小さな会社が、うまーくニッチなところをついて、成功した事例とか、
孫子という中国古典があるのですが、それの文言とか、
果ては、ゲリラ的な戦い方とか(そういうのを推奨しているとかではないです)

弱者なら弱者なりの戦い方や生き方があるということを知ったら、
弱くても割に楽しく生きていけると思います。

実践は、難しいことは確かなんですが、
おいおい、シリーズとして書いていこうかなと思っています。
新訂 孫子 (岩波文庫)

↑このページのトップヘ