春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

タグ:思い出

radio-iから得たもの | listen | chabin's cafe
http://www.chabindesu.com/blog/l/entry-5.html


chabinさんの記事を読んで、僕なりに書いてみようと思う。

まず始めに、僕は、ラジオは滅多に聴かない。
特別嫌いというわけではない。むしろ好きな方である。
しかし、radio-iについては、一番チャンネルを合わさない局と言ってもいいくらい、ひどい付き合い方だった。

そんな奴に思い出や思うことがあるのか。
この記事を書くことによって、全国のラジオファンやradio-iファンに怒られるであろう。

でも、それなりに書いてみようと思う。

radio-iと聞いて思い出すのが、
医大に入院していたときの記憶だ。

今までに1度だけ、手術をしなければいけなくなって、
医大に入院したことがある。
2001年のことだったと思う。

手術後、念のための処置として、
ICU(集中治療室)に入れられた。
何かあったとき、すぐ対応できるためのものだったので、意識ははっきりしている。

ぼーっと天井を見上げていたとき、
きれいな看護師さん(あのときの看護師さんのきれいさや対応の良さはなぜか印象に残っている)が気を利かせて、ラジオつけてあげようか?と言った。

暇だったので、僕は、お願いした。
どこの局にするか。と言われたので、FM-AICHIと答えた。

看護師さんは、FM-AICHIに合わせてくれた。

でも、いつも聴いているFM-AICHIとは様子が違う。
なんか、英語っぽいというか、DJが変な感じというか。

そして、数時間後に、FM-AICHIではないということに気がついた。

看護師さんも気がついた。

ごめん。これ違うね。

あ、たぶん、最近、出来たやつだと思います。

そう。それが、Radio-iだったのである。

FM-AICHIを聴いていたと思っていたのに、Radio-iを聴いていたということで、
僕のRadio-iの第一印象は最悪だったのである。

それから何度か、Radio-iを聴いてはみたが、
僕の印象は改善されなかった。

何となく気にしてて、番組表を見ることはあっても聴くことはなかった。

でも、閉局を知ったときは、なんとなく物哀しい思いはした。
ウソだろ。と言われるかもしれないが、思い出があるので。

聞くところによると、radio-iは開局以来、一度も黒字化になったことがないと言う。
それはあかんだろ。とは思う。

でも、僕にとって、radio-iとは、
そんなにコミュニケーション取らないけど、たまに気にしたりする。
生きてればいいな。くらいのそういう存在だった。
決して嫌いではなかった。

先日、

病院で3時間くらいずっと待たされてたんですけど、僕も含めて待たされてる患者さんは受け付けをじっと見てるんですよ。その、じっと見られてる中で仕事するの僕は嫌だな。

というような話を聞いた。

これを聞いて、僕は、なぜだかすぐには同調できなかった。
嫌だということは何となく分かるんだけど、「そうですよね〜、僕もそう思います」とはならなかった。
「えっと・・・?」みたいな。

なぜそうなったのかと考えてみたら、
一つに、僕は「見られる」ということに慣れているからなのでは?と思った。

思えば、車いすに乗り始めた小学生のころから、街中では常に視線を感じていたように思う。
小さい子どもなんかは、じーーっと直視するんだけど、
大人は、ちらっちらっと、チラ見。

もちろん、小学生のころから、
車いすに乗ってる人は周りにいないから、珍しいから、みんな見るんだ。ということは認識していた。

特別、嫌というわけでもなかったし、
毎回ではないが、「ぼく、注目されてる!」みたいな一種のヒーローになったような気持ちにさえなることがあった。

大人になった今では慣れてしまったというか、視線を感じることさえ少なくなり、麻痺してしまっているところがあるので、
特になにか思うことはないが、最初に書いた話を聞いてそう思った。

http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51413700.html

土曜日は、「授業半日」
それを肌感覚で知っているのって、ギリギリ僕ら世代までなんじゃないかな。(1984年生まれ)
確か、中学辺りで、土曜日は休みになった。

あれはあれで、子どもながらにいつもとは違う妙な感覚。
得した気分というか、浮かれ感覚があったように思う。

地域によって違うと思うが、
象徴的なのが、一斉下校。集団下校とも言いますか。

帰り時刻になると、全校児童が運動場に集合して、
先生の適当な挨拶があって、順番にゾロゾロと帰っていくという光景。

最初の方は、もう人、人、人なんだけど、家に近くなるにつれて、
どんどん分かれて、最後は2人とかになって、
「じゃあね、バイバイ」っていう感覚。

家に帰ったあとは、「何か面白い番組」ってことで、
昼飯を食べながら、吉本新喜劇をずっと観ていました。

↑このページのトップヘ