春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:思い出

radio-iから得たもの | listen | chabin's cafe
http://www.chabindesu.com/blog/l/entry-5.html


chabinさんの記事を読んで、僕なりに書いてみようと思う。

まず始めに、僕は、ラジオは滅多に聴かない。
特別嫌いというわけではない。むしろ好きな方である。
しかし、radio-iについては、一番チャンネルを合わさない局と言ってもいいくらい、ひどい付き合い方だった。

そんな奴に思い出や思うことがあるのか。
この記事を書くことによって、全国のラジオファンやradio-iファンに怒られるであろう。

でも、それなりに書いてみようと思う。

radio-iと聞いて思い出すのが、
医大に入院していたときの記憶だ。

今までに1度だけ、手術をしなければいけなくなって、
医大に入院したことがある。
2001年のことだったと思う。

手術後、念のための処置として、
ICU(集中治療室)に入れられた。
何かあったとき、すぐ対応できるためのものだったので、意識ははっきりしている。

ぼーっと天井を見上げていたとき、
きれいな看護師さん(あのときの看護師さんのきれいさや対応の良さはなぜか印象に残っている)が気を利かせて、ラジオつけてあげようか?と言った。

暇だったので、僕は、お願いした。
どこの局にするか。と言われたので、FM-AICHIと答えた。

看護師さんは、FM-AICHIに合わせてくれた。

でも、いつも聴いているFM-AICHIとは様子が違う。
なんか、英語っぽいというか、DJが変な感じというか。

そして、数時間後に、FM-AICHIではないということに気がついた。

看護師さんも気がついた。

ごめん。これ違うね。

あ、たぶん、最近、出来たやつだと思います。

そう。それが、Radio-iだったのである。

FM-AICHIを聴いていたと思っていたのに、Radio-iを聴いていたということで、
僕のRadio-iの第一印象は最悪だったのである。

それから何度か、Radio-iを聴いてはみたが、
僕の印象は改善されなかった。

何となく気にしてて、番組表を見ることはあっても聴くことはなかった。

でも、閉局を知ったときは、なんとなく物哀しい思いはした。
ウソだろ。と言われるかもしれないが、思い出があるので。

聞くところによると、radio-iは開局以来、一度も黒字化になったことがないと言う。
それはあかんだろ。とは思う。

でも、僕にとって、radio-iとは、
そんなにコミュニケーション取らないけど、たまに気にしたりする。
生きてればいいな。くらいのそういう存在だった。
決して嫌いではなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、

病院で3時間くらいずっと待たされてたんですけど、僕も含めて待たされてる患者さんは受け付けをじっと見てるんですよ。その、じっと見られてる中で仕事するの僕は嫌だな。

というような話を聞いた。

これを聞いて、僕は、なぜだかすぐには同調できなかった。
嫌だということは何となく分かるんだけど、「そうですよね〜、僕もそう思います」とはならなかった。
「えっと・・・?」みたいな。

なぜそうなったのかと考えてみたら、
一つに、僕は「見られる」ということに慣れているからなのでは?と思った。

思えば、車いすに乗り始めた小学生のころから、街中では常に視線を感じていたように思う。
小さい子どもなんかは、じーーっと直視するんだけど、
大人は、ちらっちらっと、チラ見。

もちろん、小学生のころから、
車いすに乗ってる人は周りにいないから、珍しいから、みんな見るんだ。ということは認識していた。

特別、嫌というわけでもなかったし、
毎回ではないが、「ぼく、注目されてる!」みたいな一種のヒーローになったような気持ちにさえなることがあった。

大人になった今では慣れてしまったというか、視線を感じることさえ少なくなり、麻痺してしまっているところがあるので、
特になにか思うことはないが、最初に書いた話を聞いてそう思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51413700.html

土曜日は、「授業半日」
それを肌感覚で知っているのって、ギリギリ僕ら世代までなんじゃないかな。(1984年生まれ)
確か、中学辺りで、土曜日は休みになった。

あれはあれで、子どもながらにいつもとは違う妙な感覚。
得した気分というか、浮かれ感覚があったように思う。

地域によって違うと思うが、
象徴的なのが、一斉下校。集団下校とも言いますか。

帰り時刻になると、全校児童が運動場に集合して、
先生の適当な挨拶があって、順番にゾロゾロと帰っていくという光景。

最初の方は、もう人、人、人なんだけど、家に近くなるにつれて、
どんどん分かれて、最後は2人とかになって、
「じゃあね、バイバイ」っていう感覚。

家に帰ったあとは、「何か面白い番組」ってことで、
昼飯を食べながら、吉本新喜劇をずっと観ていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【懐古厨】20代ホイホイの動画を見すぎてしまった件 « インターネット « ランカー・リー オフィシャルブログ



このブログの読者層は比較的高めだと思うので、反応悪いかと思いますが……



知らないのもあったけど、基本的に懐かしい。

現在20代前半の人、見過ぎ注意です。うっかり時間が過ぎてしまう。



と言うか、この頃が一番楽しかったというか、

テレビが面白かった。と思うのは僕だけでしょうか。



今はほとんどゴールデンでアニメとかやってないし。



個人的に、この紹介されてる中で、「ドッジ弾平」「南国少年パプワ君」「おぼっちゃまくん」「クッキングパパ」「悪魔くん」辺りが無かったのが残念。



でも集めて編集した人、すごい。

テレビ局にはお宝がたくさんあるんだろうな。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以下の詩は、高校生のときネット仲間と共同で作ったものです。(当時は、とらきちを名乗っておりました)



一番最後の詩は、私が作ったものですが、

上2つに関しては、別の著作者が存在します。

許諾を取ろうと思ったのですが、作者が誰だったのか思い出せませんでした。

申し訳ない話ですが……。

よって、本来載せてはいけないべきものですが、

素晴らしい作品と思ったため掲載します。



その点をご了承下さい。

もし、「これ私の!何で載せるんだ!」という方が見えましたら、

即刻削除します。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バックアップを取るため、昔の(と言っても2、3年前)メールを読んでいるのですが、

今とは書き方が違うな。という印象。



どことなく、失礼というか……。よくやってこれたな。という印象。

妙に、はしゃいでる感じもあるし。



つい最近、一回り上の人に「23歳の自分は、どうでした?どんな感じでした?」と何気なく聞いたことがあったけど、



「“ごめんなさい”だね」と一言。



今、その“ごめんなさい”感みたいなのが少し分かったような気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

17歳のとき書いた文章。

印象に残ったものを添付。



とらきちさんってどんな性格?

人が思ってるのと自分が思ってるのとは

違うと思うけど総合的にみてここぞというときは

我慢強い。普段は・・・。

あと心配性かな。



好きな言葉は?

自画自賛!



残り少なくなってきました。将来の夢は?

冗談交じりですが、ある程度有名な人に

なりたいですね。



そのために頑張ってる事は?

そのためには、何も頑張っていませんが

今やってるWEBデザインとかプログラミングを

究めたいですね。WEBデザインってのは

まあホームページ作成でプログラミングは

最初、C言語をやっていましたがやめて

JAVAをやっています。どうなることやら・・・。




やべ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、CD−RWを漁ってたらいろんなのが出てきたって言ってたけど、

あれっすよ。高校生の頃、書いた文章が出てきました。

刺激的です。とんがってましたからね。あの頃は。

福祉について何も分かってないのに刺激的なこと書いております。

読むのが怖いので、また明日読んでみようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

有り難いことに知り合いにパソコンショップを紹介してもらい、

問い合わせてみたらBIOSの不具合らしい。マザーボード交換の必要があるとか。

物は、2001年12月購入。

買い換えてもいいとは思う。僕が聞かれたら間違いなく、買い換えるべきとアドバイスするだろう。

でも、何だか乗り気がしない。気に入ってるからだろうと思うけど、

修理してまでといった雰囲気でもないよね。



買うにしても、魅力的なパソコンがないから買う気があまり起きないんだと思う。

Macは、かなり魅力的ではあるけども細かいところで不都合が出てくると思われる。

まだMacを受け入れる準備が整っていない。



なので、Windowsパソコンでしょうが、

SONYかEPSON Directかな。と思う。

ディスプレイなしの本体だけ買いたいのだが、

VAIO、ざっと見た感じ、よさげなのが無い・・・。

前は、あったのに!

というか、普通のデスクトップパソコンが追いやられてる感じがする。

ノートとか一体型ばっか。

エプソンかなぁ。評判は申し分ないくらい良いけど。

無難な選択ですよね。無難に越したことはないんだけど。

OSは、Vistaになるのかな。

Vistaも全く魅力感じない。

むしろ、操作性が変わるのが嫌だ……。かと言って、XPはあんた古いよ。って感じだし。



はるた、おまえ贅沢!っていう指摘はあると思う。。。でも、そんな感じ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、時期によっての合う合わないの話をしたけど、すごく思い当たるのが、アニメ「耳をすませば」

中学生だか高校生だか忘れたけど、ちょっとませてる恋愛の話。



これは、僕が小学生の頃、上映していた。

子ども会の行事として、観に行くことになった。

いきさつは、

当時、ゴジラの映画もやっていて、男子たちはもちろんゴジラって言ってたと思うんだけど、

女子とお母さんたちの勢力に負けて、「耳をすませば」を観に行くことになったのだ。

古ぼけた映画館で観た記憶がある。

小学生だった僕の感想は、「つまらない」だった。

でも、帰りの車の中で同乗した女子は、「面白かったね」と言っていた。

つまんねえよ。あんなの。と男子っぽく応戦していたように思う。

そうしたら、ストーリー中に出てきた人物の名前が、当時好きだった子の名前と一致していたので、

そこを激しく突っつかれた。

お母さんたちもいる手前、僕は激しく沈黙した。



時は流れ、高校生。

テレビでやっていたので、何気なく観てみることにした。

そうしたら、激しく感動した。

絵のきれいさ、三鷹市だっけ。町並みの美しさに感動した。

あの坂の上から見下ろす町並み。

そして、あのストーリーような物語を僕も書きたいと思った。

僕は高校生の頃が、一番物語を書いていたので、

小説を書いている主人公にも共感したのかもしれない。



そして、2、3年くらい前からは、

何だかたるいな。と思っている。絵はきれいで好きなんだけど、(まあ天下のジブリ作品ですから。)

ストーリーに惹かれない。途中で観るのを止めるか全く観ない。



以上。小学生の部分、ロジャーが見たら笑うだろうな。

まあいいや。

しかし、あの頃のことを普通に話せるようになったなぁ。



耳をすませば





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おすすめ度 ★★★★☆



僕が小学生の頃、クラスレベルで流行りました。

図書館で、アニメの絵がついた本があったので、

それの取り合いというか……。結構、ボロボロになっていました。

実際のアニメの方は、この地方では、

毎年か、何年かに一回の9月頃に放送していました。

今では、すっかりやらなくなったのが残念です。学校でも授業の中で見たかもしれません。

何回も見たので、内容も良いものですが、

“子どもの頃の良き思い出”として、記憶に残っている方が強いかもしれません。



当時は、なぜだか最後の方のシーンで、

“ふんどしの爺さん”が出てくるところが、異常に好きでしたね。(苦笑)

伊勢湾台風物語運輸、農水、建設省推薦の教育アニメを廉価版で再発売。59年に名古屋を襲った伊勢湾台風の恐怖を描く。9月26日、名古屋市はいつも通りの朝を迎えていたが…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ