移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:恋愛

高校生くらいの頃から、インターネット上だけでやりとりしてる人がいます。
どうして知り合ったのかは覚えていません。
土屋竜一さんという気管切開をして人工呼吸器を着けている方です。
実は、この方とは僕が高校くらいのときに、ひどいことを言って仲たがいをしたことがあります。
若気の至りというのか、本当に申し訳なかったと今でも思っています。

しかし、時を経て去年くらいから、またメール交換させてもらったりしています。
そこで今まで読んでなかった彼の本、3冊を読みました。

出会いはたからもの
土屋さんの最初の本です。作曲や音楽、ライブの部分は僕はよく分からないので、そんなもんなのかという感じで読み進めました。医療的な部分は、僕もある程度体験してることだったので分かりました。
そして、共感できたというか、一番びっくりしたのは恋愛に関して。
僕が今、思っていることとほぼ同じことが書いてあってびっくりしました。さらに、経験したこと(失恋)も何とも似ていて・・・。なんだ、このシンクロ率は!と思いました。


神様からの贈り物

神様からの贈り物
著者:土屋竜一
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

実は。ということもないのですが、今では土屋さんは家庭を持っています。
「出会いはたからもの」から数年、この本では奥さんとの出会いから第一子が生まれるまでが詳細に書かれています。
ここまでの情報公開をOKした土屋夫妻や関係者の方々には感謝するべきでしょう。
重度の身体障がいを持つ人の結婚に関しても非常に参考になる本だと思います。
とまあ、淡々と紹介しましたが、この本の数ページを読んで、「あぁ、これは僕には無いかもしれない」と思いました。
奇跡的というか、妻の美和さんみたいな素晴らしい女性に出会えるわけがない。と思ったら、急に涙がぽろぽろ出てきました。
前作の「出会いはたからもの」では、めちゃくちゃ共感できたのに、数ページ読んだだけで、心がえぐられるような思いがしました。
ポジティブ思考で考えれば、誰にでもチャンスはあるということなんでしょうが、本の最後に「実は、フィクションでした」みたいなことが書いてあるような気がしたほどです。


日本でいちばん働きやすい会社
最近、出版された本です。
これもまた重度身体障害者の在宅就労に参考になる本かもしれません。ここに出てくる会社は、ものすごく進んでいるなという印象でした。
もちろん、社員にもそれだけの技術力が要求されるようですが、とてもシステマチックで整備されていると思いました。
逆に、僕には無理かも。今の会社が合ってるかもと思いました。ステップアップのためにはいいかもしれないけど。


僕は今まで、障がい当事者が書いた本というのは、くだらないもの(自慢話的で)が多くて嫌いでした。
でも今回、同じ著者ではあるものの、悪くはないかも。なにかの参考にはなるかもというのは思いました。

プレミアムな勉強会に参加してきました。プレミアムなので詳細はあまり書けません。
自分のことをしっかり話すようにということで、どんな感じの勉強会か分からなかったので、少し緊張していましたが、割と話すことができました。
ただ、若干、僕は異質なので、みなさんの邪魔をしていなかったか心配ではありました。
初参加で、これまでの流れを遮断してしまったかな。と。

でも、個人的には、とても有益な意見や情報を頂くことができました。
交流や遊び目的とかだと、飲み会や合コンとかでもそうだと思うんだけど、よほどのことがない限り、その場で終わり、そのときさえ楽しければいいということで終わってしまうことが多いと思うんだけど、
勉強系は、その後に生かすことができるので、楽しいです。

まぁ、交流系もそれはそれでたまにはいいんですが。
なので、これから、
2011/04/24 23:50:09
勉強会、学習会、講演会、シンポジウム、座談会、交流会など、そういう情報があったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

で、主目的は以上なんですが、近くに縁結びの神社があるので帰りに予定していました。
予報は雨だったので行けないかなと思っていたのですが、なななんと、雨あがる。
これは行けということですね。ということで行ったんですけど、、、、、、、
見に行ってもらったら、坂が急ということで、ヘルパーさんから自信がない。雨で路面が濡れてるし・・・と言われました。
で、止めました・・・・。今思えば、行けるところまで行くか、代理で何かしてもらえば良かったかなと若干の後悔。

僕の縁結びは、どうなるんすか。
この心の傷はいつになったら完全に癒されるんですか。
出会いさえ許されてないんすか。

周りからは、まだその時期じゃないって神様から言われてるんだよとか、
はるたくんが、そんな神頼みするなんて意外とか言われてます。。。

というか、はるたくんは、いつもたいていどんなことでも、「まぁいいや」とか「別に」とか言うのに、
この件に関して、一言もそういうこと言わないから、素敵とか笑えるとかいじられる始末。

うるしゃい(泣)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

漫画、ドラマ共に、「モテキ」は良かったなと。
いまさらながら思う。

作者が女性で、男性主人公というところも良かったのかもしれないけど、
全部が全部ではないが、あぁ、これ分かるわぁ。って思うことが多々あった。
それだけ藤本君みたいに?自分に非モテ要素があるのだろうか。

作者曰く、
「モテキ」はモテる為の成功法則書では一切ありません。気をつけて!「いかに幸せが指の隙間から砂のように零れ落ちるか」を描いてます。

だそうだ。

確かに、明らかに、なぜそうなる!?という場面は多いとは思いました。

でも結構、コミュニケーションの部分で参考になる部分もあったりはします。
モテキ (1) (イブニングKC)

モテキDVD-BOX (5枚組)

限界を決めるな、可能性を信じろっ
http://haruta.ldblog.jp/archives/51488152.html

ほぼ日刊イトイ新聞 - 愛と言うにはちょっと足りない。
http://www.1101.com/moteki/index.html

夏は、好きです。
どの季節が好きかって聞かれれば、春か夏と答えています。

しかし、数年前から、
「夏って、なんか悲しいというか、楽しめてないな、自分。」と思うことが多いです。

隣の芝生は青いじゃないですけど、
周りや世間が、すごく浮かれてて楽しくみえる。

それと比べると、僕は乗り切れてない。

よって、なんか悲しい。

とよく思います。


個人差でしょうが、不思議とクリスマスとかは、あんまり悲しいとは思わないんですよね。

去年の夏は、精神的にひどかったです。
ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 PlayStation 2 the Best
このゲームしてたら、ものすごく鬱っぽくなってしまいました。

思えば、子どものときは「夏休み」というものがありました。
大人になると、そういうのはないという違いもあるかもしれません。

それと僕だけなのか、みんなのかよく分かりませんが、
こういうふうに、孤独感を感じるようになると、
「わるーい鬱々とした恋愛」に気持ちが走っていく傾向があるということに最近気がつきました。

充実してると、そうは向かわないんですけど。

てことで、今年の夏も頑張らなきゃいけません。
めちゃくちゃ乗ってる年もあるんですけどね、
もうそんな年もくるかどうか・・・。

千と千尋の神隠し サウンドトラック


夏を無駄に過ごさないために読んでおきたいエントリーまとめ
http://newsteam.livedoor.biz/archives/51504030.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

兵庫県警姫路署の交番に勤務する男性巡査(20)が、女友達を紹介してもらうことを条件に、20代女性の交通違反を見逃していたことが26日、分かった。同県警は巡査を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とし、犯人隠避の疑いで書類送検。巡査は依願退職した。巡査は「女の子と付き合ったことがなく、癒やしてくれる彼女が欲しかった」と認めているという。http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20100527-634483.html


なんか、哀れというか・・・。
巡査、かわいそ。と思った。退職か。。。

まだ20歳なので、そんな彼女なんてすぐ出来るだろうに。。。

巡査の気持ちは痛いほど分かります。
たまに、エアポケットに落ち込んだみたいに、
あれ・・・。って思うときあるもん。
何とか頑張って気にしないように軌道修正するんですよ。

癒してくれる彼女ってのは、よく分からんけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、知人と話してて、
「僕からプラスマイナス5歳くらいで女性を紹介して下さい」みたいなことを言ってたら、

うーん・・・。若い人の知り合いは、いないしなぁ。娘くらいしか・・・。かと言って、娘は・・・。

みたいな話になって、突然、

はるたくんが、出会いの場を提供するような団体、NPO作れば。と、むちゃぶりされて終わった。

で、考えてみたけど、
需要は無くは無いと思うけど、システムが全く思いつかん。

出会いの場というより、コミュニティの場(もっと広い意味での)というのは興味があるけど、
これだ!ってのは、思いつかんわ。

でもそういうのあったら楽しいと思うよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今まで、(今でもそうなんだけど)
恋愛とか結婚とかそういうことについて、書くほどのこともなかったし、経験も大して無かったので何も言いませんでしたが、

26にもなったので、備忘録程度に書いておこうと思います。

■障がいがあるということについて

事実として、身体障がいがあるということは、やはり壁にはなってると思います。
大して経験が無いので、障害があることにより何かを言われた。フラれたとかは無いのですが、
壁にはなっていると思います。

たとえば、好きな女性が出来たとして、
まあ気に入られようと優しくしたり、接触回数を意図的に上げていったり、アプローチをかけたりすると思うんです。たいていの男は。

そういうことが、障害があるゆえに、容易ではないということです。
とても個人的なことなので、他の人の手を借りるのも難しいですし。

■恋愛・結婚がすべてではない

勉強や仕事は、頑張れば、努力すれば、その分だけ、ある程度の結果は出ます。
しかし、恋愛や結婚はそうはいかないという認識です。
婚活とかいう言葉もあるくらいなので、頑張ることも大切なのかもしれませんが、
頑張ったからと言って、この世界は、結果がついてくるとは限りません。

縁やタイミングや運が重要なわけです。
恋愛や結婚がすべてではない。
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

香山先生が言っていて気づかされました。

■それでしたいのか。したくないのか。

ずっと彼女がほしい。とは思ってました。
でも、それは何となくファッション的な学生的な、遊びのような感覚でそう思ってました。
結婚とか考えたことありませんでした。

しかし、ここ1、2年。
何かあったわけでもないのに、突如、天から降ってくるような感覚で、
「あ、結婚したい」と思いました。
何でこんな気持ちになったのか自分でもよく分かりません。

物語を書いていると、たまにあるのですが、アイデアがふとひらめくことがあるんです。
それに近い感覚でした。

それから、パートナーという感じで、そういう人がいたらいいな。と思うようになりました。

■他の人は、どうしているのか。

やっぱり、他の身体に障害を持つ人は、恋愛や結婚をどう捉えているのか気になるところです。
僕が知る限りでは、そういう浮いた話は聞いたことありません。
僕が知らないだけというのも大いにあるでしょうが。。。

本であったり、ウェブであったり、何かを通してなら、
聞いたことありますが、生の声というのは聞いたことがありません。

プライベート的なことなので、聞きづらいですし。

■相手の障がいの有無

昔は、相手は、健常者オンリーで、主導権握ってほしい。介助してほしい。そういう気持ちでいましたが、
パートナーと考えるようになってからは、障がいがあろうがなかろうが関係ないかな。って思うようにはなっています。
気持ちが合えば何とかなるだろうって。

■子どもについて

自分の子どもがほしい。と思ったことは今はありません。
子どもは別に嫌いではないです。
でも、人を育てるってことは、責任重大なので。

あと、パートナーが、いない中で、子どもほしいって思うのは、
なかなか難しいんじゃないでしょうか。

はるたの家は、別に天皇家でもないのですが、
子孫というのは何となくは考えます。

補足で、変なこと思う人がいるかもしれないので付け加えておくと、
性的に淡白とかいうことではないです。

■まとめ

遊びのような恋は、あんまりしたくないかもしれません。
何というか、駆け引きとかゲームとかそういうやつです。

万が一、魅力的な女性が何人も現れて、超モテ状態に入ったら、
しますが。そういうときは遊びます。

しかし、そういうことはないと思われるので。

何となく感覚として、30までに特別何もなかったら、
恋愛結婚は、あきらめなきゃいけないのかななんて漠然と思っています。

はるたくん、理想高いでしょ。とか割によく言われます。
そんなことないと思います。
ストライクゾーン広いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

女の心の中に土足でずかずか入って足跡残してこいよ


モテねぇ男には、モテねぇ男なりの戦い方があんだろ?


トラウマ消したきゃ、トラウマさんざんいじって来いよ
モテキ 2 (イブニングKC)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

これは究極の質問というか、正しい答えなんてないんだろうけど、

回答例が知りたい。

この手の話は、少し間違えると下世話、セクハラ的になるんだけど、

やっぱ大切なことだと思うんですよ。

人間である以上、本能部分で仕方ないというか。

https://ssl.miwapubl.com/inquiry/index.php?question_id=5

質問1

【恋愛】女性の未婚OT.男性の患者さんに恋愛感情をもたれました。院内でストーカーのように付きまとわれ、困っています。どうしたらよいでしょうか?



質問2

【結婚】統合失調症で入院中の女性。退院後、結婚の予定があります。家事や金銭管理等に不安をもたれていますが、どのようなアドバイス・支援をすればよいでしょうか?



質問3

【恋愛】作業療法を受けている高齢の2人が、お付き合いしたいと言っています。彼らの子どもたちは反対していますが、利用者・家族へどのようなアドバイス・支援をすればよいでしょうか?



質問4

【恋愛】片麻痺のある20代の2人から、交際を始めたいと相談されました。ご両親は反対していますが、どのようなアドバイス・支援をすればよいでしょうか?



質問5

【性】脊髄損傷の男性。将来結婚し子どもをもちたいと希望されています。性機能について心配されていますが、どのように支援すればよいでしょうか?



質問6

【妊娠・出産】脳卒中の後遺症のある20代女性。将来妊娠・出産を希望されていますが、どのような支援が可能でしょうか?



質問7

【性】上肢機能に障害のある10代後半の男性。自慰行為について相談されましたが、OTとしてどのような援助ができますか?また、どのような自助具がありますか?



質問8

【性】自閉症の男性。思春期で、自慰行為に関心があるようです。どのような支援をすればよいでしょうか?



質問9

【性】30代の夫婦。夫は片麻痺があり、性生活について悩んでいるようです。どのようなアドバイスをすればよいでしょうか?



質問10

【性】精神障害のため作業療法を処方されている方同士が、性的関係をもたれたようです。女性から「生理がこない」と相談されました。どのように対応すればよいでしょうか?



質問11

【育児】統合失調症の30代の夫婦。生活保護を受けながら子育てをしていく予定だが、心配だと相談されました。どのように応えればよいでしょうか?


僕自身、まあここ数年、水面下でいろいろ調べて活動してまして、

あくまで自分のことなんですけど、「性」については道筋が立ったというか、

確立できた、確立しつつあるのではないか。と思っています。

話を求められていないので言わないですけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

行事的なこと、大きなイベント事は、あえて触れないこのブログですが、

七夕です。



しかし七夕について、特別思うことは無いです。



織姫と彦星が1年に1回会う。というような話で言えば、

結構、知人や友達という関係だけで、1年に1回くらいしか会わない人というのは、たくさんいるなと。



もう少し、そういう人と会う密度や回数を上げていって、めちゃくちゃ仲良くなるような関係になりたいとも思うのです。



なので、何十年もやっている漫才コンビとかすごいなって思います。

小学生のころから知ってるんですよ。みたいな。

何十年も続いてる仲良い関係って理想です。それは会う回数は少なくても。



でも一方で、何ちゅうか、あんまり一人の人に執着してはいけないな。って最近思います。

物に対しても、風景に対しても、

執着するって怖いなって思います。

でも、執着したいんですよね。心の拠り所みたいなのがほしいんですよね。



若い独身の人はよく、彼女がほしい、彼氏がほしいみたいなこと言いますけど、

あれって、心の拠り所がほしいだけなんじゃないかな。って最近思いつきました。

ほしいってのは、欲望で、欲望は悪いことばかりではないですけど、

なんだ。自分だけの欲求か。って思っちゃいました。





〈タイトル使用〉

プラネタリウム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ