春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:映画

8月2日の日曜日に、半田市福祉文化会館でNPO法人地域福祉サポートちたhttp://www.cfsc.npo-jp.net/の10周年記念イベントがあるそうです。

そのイベントは耳にはしていましたが。



そして、各NPOが思考を凝らしての販売展示をするということでした。

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の後援を頂いている、NPO法人チャレンジドさんも展示をするので、

傍らにでも、ぼくうみを紹介させてもらったらどうか。と打診がありました。



正直、私のようなどこの誰かも知らない者が、そんなことしていいのだろうか。という思いもありましたが、チャレンジドさんも快く了承して下さいましたので、

早速、そうさせてもらうようにしました。



感謝感謝です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ついに来ました。待ちに待った予告編です。

ぼくうみについて調べに調べ尽くしている私としては、大体どういう場面かは分かります。(全部は分かりませんが)



で、プロが作ったから当たり前なんですけど、プロの仕上がりで良かった。とほっとしています。

フォントが普通っぽくって、あれ?とは思ったんですけど。



ちなみに、音楽担当の椎名邦仁さんは、緒形拳さんの遺作となったフジテレビの木曜ドラマ「風のガーデン」の主題歌、劇中歌の作曲/編曲を手掛けた方でもあります。



椎名邦仁 Official Website 2009

ノクターン/カンパニュラの恋

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

メーリングリストにも流したのですが、そろそろチケットの値段を正式決定しようかなと思います。

ぼくうみ製作実行委員会の意向もあると思うので、

企画・原作・脚本の山下さんに勝手に決めていいか問い合わせました。



そうしたところ、製作者に敬意を表すためにも、無料は止めて下さい。とのことでした。



製作実行委員会からの通達は基本的に従うつもりです。

子どもは無料でいいんじゃないか。という案が出ましたが、それは無しの方向でいきたいと思います。

それで、私が考えたのは、



通常 1000円 小中学生以下 500円



これでいこうかな。と思っています。

作品貸出費用 5万円を考えると、そんなに安くは出来ないかな。と思っています。

赤字分は、まあ私が個人的に出してもいいかなと思っています。限度はありますが。

利益が出た場合は、関係者と相談の上、

上映会場の「とよいち」もしくは、ぼくはうみがみたくなりました製作実行委員会に寄付することにします。このことは、改めてどこかに明記します。



ボランティアして下さる学生のための(学生さんはお金にシビアらしい)通常より安くなるボランティアチケットですが、

学生さんの金銭感覚がまだよく分からないので、連絡が取れ次第、聞いてみようかなと思いましたが、

残念なことに、まだ連絡が取れないので、保留か廃止の方向でいこうかな。と思います。



先週の12日に、お手紙を渡してもらって、お話もしてもらったとの報告を受けているのですが、

こういうのは、クロージング(締め切り)を設定した方が良かったかな。と反省しています。

刻一刻と状況が変わるというか、待っていると止まってしまうので。

冷たいやり方かもしれませんが、何もアクションが無いと手の打ちようがありません。

無理なら無理で、他の方法を考えますし。



あと世の中には、障害者割引、シニア割引、50歳以上の夫婦割引などありますが、

訳分からなくなるので止めようかなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今月下旬発行予定のNPO法人チャレンジドの機関紙、ちゃれっこ通信に、

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の文章を載せて頂けることになりました。

有り難い展開です。



以下、その文章です。著作者は自分なので、まあいいか。ということで。





――「海を見に行きませんか」明日美は、彼をドライブに誘ってみた。

2009年11月29日(日)、美浜町野間の誰もが楽しめる場を提供している「とよいち」で、

映画「ぼくはうみがみたくなりました(以下、ぼくうみ)」の自主上映会をします。

ぼくうみは、看護学生・門倉明日美(大塚ちひろ)と自閉症の青年・浅野淳一(伊藤祐貴)を主人公にした小説を映画化した作品です。

タイトルに「うみ」とありますように、海に近いとよいちにも非常にマッチした作品です。

ぜひ、みんなで映画ぼくうみを観ましょう。



日時 2009年11月29日(日)開場:9時 開演:14時予定

場所 とよいち(〒470−3235 愛知県知多郡美浜町大字野間字石名原12−3)

料金 検討中ですが、1000円以内になると思います。ボランティアチケットも検討中!

主催 とよいちで「ぼくうみ」を上映する会

後援 NPO法人チャレンジド、とよいち、torahouse



※有志が集まって行う手作り感あふれる上映会ですので、午前中に会場準備(場内を暗くしたり、

スクリーンを設置したり、イスを配置したり…)をします。現在、ボランティアスタッフが足りていませんので、合わせて募集しています。

パソコンの事務作業をしてくれる方やアイデアを出すだけの方も大歓迎です。

問い合わせ先

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の春田かチャレンジド事務局までお問い合わせ下さい。

メール ******@gmail.com

ホームページ http://trhs.cc/1041bokuumi/



〈企画者の春田について〉

皆様、はじめまして。とよいちでは、主にホームページの管理をやらせてもらっています。

私が、「ぼくはうみがみたくなりました」(以下、ぼくうみ)という小説に出会ったのは3年前の2006年でした。

それまで、福祉関係の本というと、専門書であったり、当事者・関係者の方のエッセイがほとんどでした。

また、どうしても「お涙頂戴」の作品がよく見られます。それはそれで良いと思うのですが、

その中で、小説「ぼくはうみがみたくなりました」は新鮮でした。

ぼくうみを読み終えたとき、映像化したら、とてもきれいな映像美な作品になるだろうな。と感じました。

そして、作者の山下さんが、映画化しようと試みていらっしゃること、全国で自主上映会を募集していることを知り、

半ば思いつきで、とよいちでやったら面白いんじゃないだろうか。と周囲に提案しました。

結局、発案者である私が中心的に物事を進めていくことになりました。

私自身、これまでイベント運営に立ち会ったことはなかったり、大府市に住んでいて美浜町からは遠かったり、気管切開をしていて一般の方より体力が落ちていたりして、なかなかスムーズには動けません。

しかし、とよいちで「ぼくうみ」を観たいという思いは変わりありません!

手探り状態で動いて、いろいろな方の協力のお願いをしている次第です。

どうか、ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京都の町田市で映画「ぼくはうみがみたくなりました」のプレミアム試写会があったそうです。

ブログ検索で、定点観測しているのですが、

結構、ごく普通の人が観てくれているなぁ。と思い、うれしくなりました。

やっぱ、福祉関係者だけで終わっちゃうのは面白くないですから。



ぼくはうみがみたくなりましたの検索結果 - livedoor ブログ検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まあ一応、去年の企画段階から決めてあったことなんだけど、

主催をはっきりさせるよう言われている。

あまり重要視していなかったということもあって、あえて言わなかったんだけど、



主催 とよいちで「ぼくうみ」を上映する会



これでやらせてもらっている。

よく誤解されそうなんだけど、主催は、とよいちでは無いんです。

説明すれば、

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会が、とよいちを使わせてもらう。という形になっています。



なので、僕がいろいろと裏工作?をやっているわけなんです。

お手伝いしてほしいのです。



ちなみに後援としては、



NPO法人チャレンジド、とよいち、torahouse、みつまめ



今のところ、こんな感じ。

とよいちは、後援なんです。全面的に理解と協力は得られているのですが、

いろいろと事を進めていくのは、



とよいちで「ぼくうみ」を上映する会なんです。



そこんとこを明記するようとのことでしたので、書いておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

映画「ぼくはうみがみたくなりました」ロードショー決定

ロードショー公開日、決定しました。

8/22(土)〜9/18(金)の4週間です。(ただし月曜は休館日)

場所は、これまでの予告通り、恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館ホールです。1日4回上映を予定しています。公開日、決定!: おさんぽいってもいいよぉ。(^-^)




興味がある方、交通手段に困らない方は行かれてみてはいかがでしょう。

行ってみて、「あぁ、つまらなかった。はるたは、こんなもの応援しているのか。」なんていう展開は避けたいところですが……

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

事務的な処理や調整で、やることが多すぎる。意外と。

人の感じ方はそれぞれなので、社会的にはそんなことはないのかもしれないが、



もう少し、事務処理や権限を他の誰かに委譲したい。



ここで、情報公開・共有(Open & Share)をもっとしたいと思っていても、

やることが多くて、公開までいけてない。



遠方からでも、パソコン作業をしてくれる人がいればいいんだけど。

お金は出せませんが。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の告知や宣伝を周りの人にしたい!



でも、どうやって説明すればいいんだろう。

とよいちって・・・・・

ぼくうみって・・・・・



そんな口下手な方々のために、



印刷して渡せば終わり!

壁に掲示すれば終わり!



便利なパックをダウンロードできるようにしました。



以下からダウンロードできます。

http://trhs.cc/1041bokuumi/1041bokuumi-PR.zip


【説明】

・ZIPで圧縮してあります。

・中身は、すべてPDFファイルです。

・分からないことは、聞いて下さい。



【用途】

・好きなものを印刷して知人や友人に渡す。

・自分の部屋に貼っておく。

・どこか掲示できる場所に貼ってもらう。



さあ、みんなで輪を広げましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先週の話し合いにおいて、上映日時を決めた方が、

宣伝活動など、やりやすい。イベントや試験週間を外して。というお話が出ました。



ということで、カレンダーを見て検討してみました。

11月の最終週

11月29日(日)で、どうでしょうか。



祭日という案も出ましたが、意外と祭日も普通に仕事という人が大勢いるような気がして外してみました。

3連休の中日、22日(日)も考えられますが判断に迷います。



意見などあれば投稿して下さい。



時間は、午前中を準備時間に充てて、

開演は、午後が良いと思います。

14時開演を目途にどうでしょうか。

上映時間は、1時間43分なのでまあまあだと思いますが、

遅いのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

簡易的なものですが、18日の議事録を作成しました。

ここは違う! こんなことが書いていない!

そういったことがあれば、ご指摘下さい。



話し合い議事録(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

HAPPYさん、NPO法人チャレンジドの石川さん、知人2人、私と主に上映会について、とよいちでお話しました。

知人2人も積極的に話に加わってくれたので、これは協力者決定の予感でした。



話の詳細は、改めてまとめて提示する予定ですが、

優先事項として、

「上映会の日にちを決める」ことにしました。

11月の後半が、適切なのでは?という話になりました。



また考えます。今日は、とりあえず簡単な報告ということで。



これからは、

チラシ(近日データ公開します)の配布や掲示、とにかく口コミで広げるしかありませんので、

誰も映画を見ていない状態で難しいかと思いますが、

とにかく口コミで広げていくという方向でお願いしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おさんぽいってもいいよぉ。(^-^): ぼくうみチャンネルがスタート



まさかニコニコ動画とのコラボがあると誰が思っただろうか。



観るためには、ニコニコ動画に登録してもらうのがベストなんですが、

・めんどくさい。

・やり方が、いまいちよく分からん。

・2ちゃんねるっぽくて嫌だ。

という方もいるだろうと思うので、動画とか載せれる範囲で載せときます。

61301559.jpg




「再生」ボタンをクリックして下さい。



自閉症啓発CM 小林裕吉バージョン‐ニコニコ動画(冬)







自閉症啓発CM 石井めぐみバージョン‐ニコニコ動画(冬)







ぼくうみ紹介‐ニコニコ動画(冬)



自主上映会の運営に参加するなら、

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会

メンバー募集中!




「ぼくうみとは」

 自閉症という障害をご存じですか?

 脳の機能障害で、他人とのコミュニケーション等が苦手とする障害です。

 「ぼくはうみがみたくなりました」は、そんな重度(カナー型)の自閉症というハンディを持つ青年が主人公として登場する映画としては、日本ではじめての作品です。

 けっして“福祉映画”ではありません。“お涙頂戴映画”では断じてありません。笑いながら、少し涙をこぼして貰えることを願っています。

 低予算なので派手さこそありませんが、観て頂いた皆様の心に残る作品に仕上げたいと思っています。


お知らせ

 「ぼくはうみがみたくなりました」は、ちょっと遅れてしまいましたが……ただいま編集の真っ最中です。



 今後、年末年始にかけて、音楽・仕上げ等の作業を経て、2009年2月頃の完成を目指しています。



 企画の進行状況は、企画原作者(山下)が個人プログ「おさんぽいってもいいよぉ〜」の方に書き綴っております。

 よろしかったら覗いてみてください。

  http://bokuumi.cocolog-nifty.com/


[キャスト]

 門倉明日美………大塚ちひろ

 浅野淳一…………伊藤祐貴

 吉田慎之助………秋野太作

 吉田ハル子………大森暁美



 浅野瑞江…………石井めぐみ

 浅野健二…………小林裕吉

 安西香織…………松嶋初音

 安西敏子…………青柳加代子

 安西詩織…………板橋望美

 ラジオDJ…………津久井教生(友情出演)

 若松肇……………ピエール瀧(友情出演)

                        他



[スタッフ]

 企画・原作・脚本……………………山下久仁明

 プロデューサー ……………………松本朋丈

 アソシエイトプロデューサー ………岡田俊生

 監督…………………………………福田是久

 音楽…………………………………椎名邦仁

 撮影…………………………………青木正

 キャスティングプロデューサー ……古川千恵子

 ラインプロデューサー………………中村英児

 アシスタントプロデューサー ………こぶかたなお



製作……「ぼくはうみがみたくなりました」製作実行委員会

製作プロダクション……COCOON

協力プロダクション……アリエス/ミラクルボックス


自主上映会の運営に参加するなら、

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会

メンバー募集中!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おすすめ度 ★★★☆☆



深夜のテレビ放送を録画して観ました。

とにかく、評判の悪かった映画。膨大な金を費やしたにも関わらず……

どんなもんかと思ってドキドキしたけど、普通ですよ。

普通のSF映画。

SFはあんまり観ないけど、特に酷評するようなストーリーではないと思った。

CGに関しては、今となっては全編CGでも特に驚きは無い。

リアルさや出来栄えは、ゲームのFF10程度。

映画のほとんどが暗闇で、ひょっとしてごまかしてある?と思われるのが難点。

しかし、まぁとにかく、普通だった。

前評判が良すぎたのだろう。制作者の方には、ご愁傷様と言うしかない。

ただ、「ファイナルファンタジー」と言われると、

世界観やストーリー展開から言って微妙かもしれない。

タイトルが違っていても違和感がないということだ。

FINAL FANTASY ― ファイナルファンタジー ― (スタンダード・エディション)2065年、人類は30数年前に始まる謎の怪物ファントムの襲来により、滅亡の瀬戸際にあった。科学者のアキは、ファントムの正体が生体反応エネルギーの波動そのものであることを知り、それを無力化する融和波動をもつ8つの生物を探していたが…。

超人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのエッセンスをもとに、坂口博信監督をはじめとするゲーム・スタッフがハリウッドと手を組んで作り上げたフル3D-CGのSFスペクタクル超大作。皮膚の毛穴まで描きこむといった、実写と見まがうばかりのリアルな映像の連続に圧倒されるが、それ以上に生命の神秘や超自然的なるものへの畏怖などを巧みに織り込んだメッセージ性が際立ち、強烈な印象を与える。

二進法の技術を徹底的に用いて、論理でわりきれない世界を描出することに腐心。そのため息苦しくもあるが、観終わって心地よい疲労感を残してくれる壮大な野心作である。(的田也寸志)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、途中で観るのや読むのを止めてしまった映画や本



映画

電車男

シュガー&スパイス 風味絶佳





しゃべれども しゃべれども



別に作品が悪いわけじゃないと思う。ただ、今の自分に合わなかっただけ。

最近、すごく思うんだけど、時期によって合う合わないがあるんじゃないかと。

例えば、このときに始めたことが上手くいかなかった。でも、別の時期に始めてみたら上手くいっている。

本や映画も、自分の時期、成長具合い、悩み事によって合う合わないがあるんじゃないかと思う。

そんなこと言ったら、作り手さんに申し訳ない気もするけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ