春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

タグ:村上春樹

村上氏は、同事件を契機に、「今、生きている世界とは別の世界がすぐそこにあるのではないかという感覚が世界中に広がったように思う」と述べた上、「(米国に)別の大統領がいて、対イラク戦争もない世界が同時進行しているかもしれないという、そんなシュールな感情を書き ...

一人でもいいから、心から誰かを愛することができれば、人生には救いがある。 たとえ、その人と一緒になることができなくても 誰かを心から愛することができれば、それがどんなひどい相手であっても、 あっちが自分を好きになってくれなかったとしても、少なくとも人生は地 ...

そもそも、この手の話は、名字が同じ「村上」というだけで比べてるような気がしないでもないのですが、 結論から言えば、まあ村上春樹の本の方を多く読んでいます。 えのもとさんの影響が大きいです。(笑) 村上龍は、最近読み始めました。 「半島を出よ」は面白くて一気に ...

私たちはそれぞれ、多かれ少なかれ、卵です。私たちそれぞれが壊れやすい殻に包まれた唯一無二のかけがえのない存在(soul)です。私にとってほんとうの事であり、あなたにとってもほんとうの事です。村上春樹: 常に卵の側に 僕は、村上春樹の本を何冊か読んだことあります ...

おすすめ度 ★★★☆☆ これだけのメールを読んでいれば、 村上春樹が、どんな人なのかどんな生活をしているのか何となくつかめてくる。 とっても感じのいい人ってなるけど。 また、否定的なメールにも律儀に返信している。 「海辺のカフカ」や「村上春樹」に興味が ...

おすすめ度 ★★★☆☆ 村上春樹、唯一の現実的な話。 何でこのような物語を書いたのかは、知りませんが…。 冒頭部分、非常に描写が細かく読みにくかった。 ただ、その後はスルスルと読めた。 官能的な部分が多すぎる・死ぬ人が多いなどと聞いていたが、僕はそうは ...

おすすめ度 ★★★★☆ 村上春樹は、あまり読んだことなかった。せいぜい、エッセイくらい。 以前、ねじまき鳥クロニクルに挑戦したが挫折した。 それから何年たったのだろうか。 ベストセラーに入っていることが、きっかけで読んでみた。 少年とナカタさんの章が交 ...

↑このページのトップヘ