春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:村上龍

そもそも、この手の話は、名字が同じ「村上」というだけで比べてるような気がしないでもないのですが、

結論から言えば、まあ村上春樹の本の方を多く読んでいます。

えのもとさんの影響が大きいです。(笑)



村上龍は、最近読み始めました。

「半島を出よ」は面白くて一気に読んでしまったのですが、

「愛と幻想のファシズム」は、精神的に疲れるな。と思いつつ、

読んでいる最中です。

本を途中で止めることができない性格です。

しっかり読まないにしても、全ページ目を通しておきたいという困った?性格です。

龍さん自身は、カンブリア宮殿で見ている限り、

なかなかユニークな人だなと思って観ています。

作品の中に出てくる人のような暴力的な感じは全く受けません。

半島を出よ (上)

半島を出よ (下)

愛と幻想のファシズム〈上〉 (講談社文庫)

愛と幻想のファシズム〈下〉 (講談社文庫)





村上春樹は、何か気になる存在です。

あんまり話したことないんだけど、何か気になるアイツ。みたいな。

多く読んでるので、家族からは「ファン」と言われてます。

自分では、ファンという意識は無いのですが。。。



なぜかと言うと、村上春樹の小説を読んだからと言って、何かしら自分の人生に影響を受けるようなことは無いからです。今のところ。

受ける人もいるかもしれませんが、単に不思議な世界観の不思議なお話。という認識です。

だから、春樹作品を人に勧めるようなことはしません。



ただ、世界観に引き込む力というのが他者(他の作家)を圧倒しています。



大体、本を読んでるときというのは、周りの環境や今置かれてる状況(時間など)を気にしつつ、読み進めています。

ページをめくるときやちょっとした行間に、他のこと(自分の現実世界)を考えてしまいます。



それが、村上春樹作品には無いのです。

本当に自分が村上春樹の小説の世界にいるような状態になります。

どっぷりと浸かります。



めちゃくちゃ話が面白いというわけではありません。

登場人物が、喫茶店でコーヒーを飲んでいる。

ただそれだけで、自分がそこにいるような気持ちになるのです。



不思議です。

ストーリーも不思議なのですが、何か引きつけられる力があります。

今まで出会った作家の中で、そういう人はいません。



現実逃避したいという人には、おすすめします。



ちょっと様子を見ようと思っていたのですが、

1Q84の上だけ購入してしまいました。

少し読んでみたのですが、あ、やっぱり村上春樹だと思いました。



具体的な章タイトル。

意味深なことを言う人。

分かる人には分かるクラシックの曲名。

突然出てくる官能的な事柄。



「海辺のカフカ」を読んだ時の懐かしさを覚えました。

もっと読み込んでる人は、いや違うんだよ。とか、

分析し切れていないとか言われるかもしれませんが、

小説に分析など必要ないと思ってます。



1Q84 BOOK 1

torahouse blog : 海辺のカフカ<上><下>/村上春樹 - 本の感想

torahouse blog : 少年カフカ/村上 春樹 - 本の感想

悪魔のパス 天使のゴール死を招く最強のドーピング剤「アンギオン」。イタリア、南フランス、キューバと謎が拡がり罠が待ち受ける。セリエA最終節の死闘の中、日本人選手冬次は果たして死の罠から生還できるのか? 『ソトコト』連載等をまとめる。



おすすめ度 ★★★☆☆



これほどまでにサッカーを主体にした小説を読んだのは初めてだった。

サッカー&小説好きなら読めるが、それ以外の人は結構つらいと思う。

それだけサッカーの描写が凄いということ。スタジアムの温度、観客の熱気がありありと伝わってくる。

おまけに日本人選手・夜羽冬次のチーム以外、選手・チーム名すべて実名で登場。

ちなみに、著者・村上氏は友人の中田英寿選手からサッカーにまつわる話を聞いて書いたらしい。

↑このページのトップヘ