春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:東芝

録画番組を再生する際にテレビCMを自動的に飛ばす「CMオートカット機能」がついたレコーダーやテレビが、姿を消す見通しになった。
大手電機メーカーでこの機能を備えた製品を生産している三菱電機と東芝が、春以降の新製品に、この機能の搭載をやめる。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110209-OYT1T01129.htm?from=top


ブルーレイレコーダーを買ったとき、「へぇ、今のレコーダーは、みんなCMカット機能がついてるんだ」と思っていたが、
どうもそうではなかったようだ。

デフォルトで機能をオフにしておいて、あとで各自変更できるようにすればいいのに。って駄目か。

便利なことが、業界団体によって、抹殺されるっていうのは、とても悲しい。
俺たちも、おまんま食っていかないといけねえんだよ。ということだろうけど。

福祉の世界でもある。
福祉有償運送が、タクシー業界の圧力によって・・・みたいな。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっぱりどうやっても出来なかったので、泣く泣くiPod nanoを購入しました。

東芝さんに対しては、残念としか言いようがありません。



gigabeat自体はとてもいい製品だと思うし、修理対応も良かったし、

このまま良ければ、次買うときもgigabeatを。とも思っていたんだけど、

今回の件で、すごくがっかりしてしまいました。



また同じシリーズを買う気にはなれませんでした。



今度のは、アップル - iPod - (PRODUCT) RED

本当に寄付されて役に立つのかどうか疑問ですけど、同じ値段だしどうせならと思って、これにしました。



操作にはなかなかまだ慣れません。



「イヤホンで聴く音楽を無くす」ということも考えましたが、

あるのとないのとでは違いますね。

気持ちとか。



好きな音楽を大音量で聴くと気持ち良くなるんですよね。

何か脳内から分泌されてるような。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

愕然。
gigabeat(R)シリーズのWindows Vista(TM)日本語版およびWindows Mediaz(R) Player11日本語版への対応状況について|東芝 : gigabeat



■デジタルオーディオプレーヤー gigabeatシリーズ アプリケーションのWindows Vista(日本語版)への対応について



アプリケーション名 対応

TOSHIBA Audio Application ×

どうやって新しい曲を追加すればいいのだ・・・・・・。



互換性ウィザードというのがあるけど、

インストールしても、exeファイルとか出ていないから、やりようがないんじゃないかな。と思った。。。



関連リンク

ホームページビルダー6が・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おすすめ度 ★★★★☆



iPod miniに対抗して作られたプレーヤー。

大抵、他者の真似をするとヘボイものが出来上がるが、

gigabeatG5は、決してそれを感じさせない。

確かに購入するとき、どちらにするか迷ったが、

ネット上での評判が良かったので、これに決めた。

正解。

音質も良く、容量5GB。11時間の連続再生。

パソコンにUSB接続しておけば、充電できるのもうれしい。

また、WMP(Windows Media Player)に対応しているので、

パソコンにCDデータを入れてある人は、gigabeatにすべきだろう。

iPodは、確か未対応。(現在は、iTunesが対応しているはずです)



星4つの理由としては、

・持ち運ぶのには、ちと重過ぎるかも。

・素人には、28種類もイコライザーは必要ない

・リモコンは、液晶がないしデザインもちゃっちいので、けちったなという印象。

TOSHIBA  HDDプレーヤー gigabeat G5 ホワイテッイシュシルバー [MEG050(S)] MEG050 S薄さ12.7mm、容積87cm3、軽さ138gの超コンパクトボディ。しかもパワフルなリチウムイオン充電池内蔵で、11時間の連続再生を実現しました。MP3はもちろん、WMAやWAVなど3種類のオーディオフォーマットの再生に幅広く対応しています。好みに合わせて設定できる28種類のイコライザーも搭載しています。ディスク容量5GB。



関連リンク

やけに早いな。

修理やな

gigabeat G5、発送

gigabeat G5、動かないっ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ