春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:発達障害

農耕が障害者を生んだ
http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100123/p1

冒頭のTwitter紹介は、それは違うよね?。と一瞬で思った僕は、
少しは成長したんじゃないかな。と思います。
ぼくうみ上映会運営のおかげで、発達障害についてはだいぶん学ばせていただきました。
専門家や支援者の方々の領域には圧倒的に及んでいませんが、
映画だけ観て理解した人よりは詳しくなってると思います。たぶん。

それはともかく、
※この辺からが本題ですが「俺の考え」になるので、そう思って読んで下さいね。

このような基準の曖昧さについて「診断が障害をつくる」みたいな物言いをする人がいます。俺はこれは一面の真実だと思います。ただ、もう少し正確ないい方をすれば「社会が障害をつくる」のです。


この筆者さんの意見を呼んで、
そういえば、福島先生も同じようなことをおっしゃっていたな。と思い出しました。

「障害とは、その時代で、その社会が決めている、非常に社会的なもの。」とおっしゃっていた。
産業革命以後、肉体労働が出来ない人を障害者と決めていったとhttp://haruta.ldblog.jp/archives/51250359.html


最近、何となくですが、普通に社会生活をしておられる方々で、
あー、ADHDっぽいな。とか、
アスペルガーっぽいな。とかいう感覚が少しですが分かるようになってきました。
だから、なにってこともないし、こういうこと言うと、
ほとんどの人は、眉をひそめるでしょうが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

子どもの脳にいいこと―多動児、知的障害児がよくなる3つの方法

新聞に結構でっかく広告が載っていたので、広告を読んでいたのですが、

これ、怪しいだろ。と思いました。

アマゾンのレビューにも、やはり私と同じことを思っているママさんがいて、

あ、私もだいぶん分かってきた?と思いました。



発達障がいとかって、生まれつきのものだと思うので、劇的に治るとかそういうことは無いと思うんですよ。

生まれつきの障害って、なかなか治るもんじゃないと思うんですよね。

上手に付き合っていくしか。



成長と共に、経験値や訓練を積んだりして、前より社会生活が送りやすくなったというのはあるかもしれませんが。



こんなの読むくらいなら、ぼくうみとかおさんぽいってもいいよぉ読めばいいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ