移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:社会福祉協議会

名称未設定

今年も応募しました。
1人3作品まで応募可能ということで、今年は以下の2作品エントリーさせていただきました。

パシャ!
タイトル「パシャ!」



ふたり
タイトル「ふたり」

IMG_1325

鶴舞公園と、
定期通院している有松診療所です。

正直、今回は狙いにいってました。
佳作なら、いけちゃうんじゃないかって思ってました。
自信過剰、自画自賛・・・・・

結果は、、、、、、、、、、
2作品とも落選しました。はい。

それでもこのコンクールのすごいところは、
すべての応募作品の展示があるのです。

なぜ落選したのか。分かるかもということで、行ってきました。

3月15日(土)、16日(日)の2days
大府市勤労文化会館 展示室

以下、感想及び分析です。
応募作品は、グループ分けすることができました。

・赤ちゃん
・高齢者介護の場
・高校生の写真部らしきもの
・動物(特に、猫)

大体、このうちのどれかに属しています。
スナップ写真的なものも多く、どのグループにも属しそうにない私の作品はかなり異彩を放っていました。。。

そして、1人3作品ですが、
全く別の3作品ではなく、同じ時間・場所の写真、アングルが違う3作品が多くあったりしました。
その中から入選してるものもあり。

IMG_1326

IMG_1327

IMG_1328

IMG_1329

IMG_1330


感想としては、負け犬の遠吠えということで流してもらえれば良いのですが、
入選作品と落選作品の違いが、いまいち分かりませんでした。
僕の作品は置いといて、なぜこれが入選しなくて、これが落選してるのかなど、
一部の入選作品と落選作品を入れ替えても分からないんじゃないかと思いました。

解説を聞きたくなりました。

さすがにこんな田舎のフォトコンクールに、大きな力がはたらいてるとは思いませんが・・・。
大府市写真クラブに属した方がいいのかしら。とか考えちゃいました。

すごく感動したら、ごめんなさい!出直してきます!というのがあるのですが、
なんだかなぁ。といった感じです。
どう腕を磨けばいいのか分からなくなったので、第10回への応募は、ないかも。ですね。

追記
家族から
「こうなったら、うちの90のおばあさんのくっしゃくっしゃの笑顔、3作品応募しろ」と言われました。(笑)

第8回ふれあいフォトコンクール落選作品展示
http://haruta.blog.jp/archives/51831942.html



社協主催の写真コンクールに応募して落ちたのですが、一部の期間と場所で応募全作品の展示が行われるというので、
行ってきました。
ちなみに、参加賞として図書カード500円分がもらえました。


正直、最優秀賞は、あぁ優秀というのは分かるのですが、その他、特賞や佳作は落ちたものとの違いがいまいち分かりませんでした。
素人&負け犬の遠吠え発言ですけどね。

家族か何かの餅つきの様子を3枚も投稿してる人がいました。アングルも変えずに(笑)
そういった意味では、ほほえましい市民のためのフォトコンクールでした。


2013年02月17日

そのほか

大府市勤労文化会館にタッチ!(14:02)



9918340

11月は、防災月間でした。

ぽちポチ 障がい者のための防災講座
出前講座として、生活安全課の方や障害者ということもあって福祉課の方も来てくれました。
スライドに映して基礎的なことから大府市の防災のことまで分かりやすく教えてくれました。
出前講座は頼めばやってくれるそうなので、とても手慣れてるなと思いました。
まとめてみます。

・大府市の津波
津波は来ないという想定だそうです。ですが、東日本大震災を受けて新たに考えてみる必要があるとか。

・基本的に避難所には行かない
家が壊れるなりして生活してられなくなった場合のみ、避難所に行くそうです。
なので、家での防災シェルター作りを徹底するように。とのことでした。
なにがなんでも避難所に行かないといけないと思っていたので、新鮮でした。

・福祉避難所
どちらかと言えば、知的障がいや発達障がいの人たちが一般の避難所では居られない場合に使うということを想定しているそうです。
身体障がい者にそれほどのメリットはあるようには思えませんでした。

・自助・共助・公助
この3つが連携することが大事。共助の部分においては、日頃からのご近所付き合いを強調されていた。
しかし高齢化しているので、とても現実には助けてはもらえないだろうということを質問したら、
とりあえず、ぽちポチとかでもいいし、とにかくいろんな人とつながっておくということが大事だと言われた。
公助の部分では、行政ができること・できないことの区別がついていないように思った。
何でも行政頼りではいけないが、なんか曖昧。
質問に対しても、それは行政がすることではありません。とは絶対に言わないし。

・ちたまる安全安心メルマガ
ドコモならエリアメールというサービスがあるらしい。
あとは、https://www.chitamaru.jp/safety_info/melmaga_add.asp#safety_mail
一応、登録した。まだ一度も来てないけど。

・転倒防止マット
一応、テレビの転倒防止マットを購入しました。まだつけてませんが・・・。
プロセブン 52インチ以下テレビ用転倒防止マット TVP-52C

プロセブン 28インチ以下テレビ用転倒防止マット TVP-28C


東日本大震災から福祉施設スタッフが学ぶべきこと
石ヶ瀬会館、冒頭から「ホールの暖房が壊れていますが、心は温かく」みたいなことをおっしゃっていて、
これは、やばいなぁ。と思う。
あとで聞いたところによると、講師の方は有名な方らしいです。
ですが、なんか微妙と思いました。
最初からテレビ映像、垂れ流しだし、その後の講演もなんかどっかから引っ張ってきたような、
コピペデータの説明ばかりだし。
その後の二部のいろんなケースを想定したグループワークの方が重要なのかな。と思いつつ、
寒さに耐えきれないと思ったので一部だけで途中退場しました。
ヘルパーさんも、僕でも寒いですよ。と言ってたし。

http://www.medias.ne.jp/~obu-fuku/sintyaku-jyouhou/23.10syokuinkennsyuukai/kensyuukai.html
〜現場の判断力と日頃のつながりが命を救う〜
2011年11月27日(日)

以上の研修会に参加します。よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ