春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

タグ:社会福祉法人

メインテーマ : 『 つながる支援 〜自分らしく生きる〜 』
発表事業所:障がい入所支援グループ「まどか」
障がい通所支援グループ「ひかりのさとファーム」
地域生活支援グループ「知多地域障害者生活支援センター らいふ(直接支援)」
療育・相談支援グループ「障害児等療育支援事業 らいふ」
高齢入所支援グループ「介護老人保健施設相生(リハビリ)」
高齢在宅支援グループ「相生指定居宅介護事業所」
本部長@愛光園: 愛光園実践発表会

毎年行き始めて、4回目くらいになってしまった。
そろそろ発表内容に関しては、マンネリ化は否めない。これといった目玉がないのかも。
そういった意味では、参加はもう卒業しようかしらと思わなくもないが、ここでしか会わない人というのもいるので、よほどのことがない限り、のんびり参加するでしょう。

しかし、愛光園に終わりは感じないが、この実践発表会自体は何となく終わりを感じる。
今後続けるとしたら、何か新しい一手や目玉がほしいところ。
関係者様ひどい感想で申し訳ありません。

個人的な感想としては、知り合いが突然、発表者として出てきたのが驚いた。
廊下ですれ違ったので、何で教えてくれんかったの〜?と聞いてみたら、
だって恥ずかしいから……とのことでした。
で、その発表に関して、同じく廊下ですれ違った廣瀬先生から、道代さんの生き方を受けてあなたが考える自立もどこかで発表してね。と有り難いというか、ちびってしまいそうなお言葉を頂いた。

あと高齢者部門は、とても真摯で丁寧な人だなと思いました。声が良かった。
障害者部門とは何かが違います。

総評は、去年と同じ教授先生でした。
で、去年と同じようなことをおっしゃっていた。
つながりはつながりでも、もつれたつながりというのもある。その場合は、ほどいて離してもう一度つなぎ直す必要がある。http://haruta.blog.jp/archives/51769962.html

ただ、「つながりというのは現在だけでなく、過去から現在につながるということもある。」というのは、なるほどと思った。

去年、もう総評は木全先生でいいんじゃないかと言っていた僕ですが、学校の先生は学校の先生、研究者なので、
やはり上田さんが恋しくなってきた。在籍はしているそうですが。

以上、今年は、いつになく最低な感想になりました。。。

そろそろ、医療的ケア関係で、おいら出してほしいんですけど
どうなんでしょう。そろそろ。(笑)

毎年、行っているので今年も行ってきました。

詳しいプログラム内容は、以下に書いてあります。
実践発表会|愛光園です!のブログ
個人的感想としては、今年は高齢者部門が良かったかなぁと思いました。
「在宅での看取り」と「フットケア」
というか、りんくにお世話になっているので、それなりに愛光園のことは分かってきています。
愛光園ウオッチャーです。
プラス障害者福祉もそれなりに情報収集&勉強してるので、発表に関しては、うんうん。って感じでした。
だから高齢者部門の発表が新鮮に感じたのかなぁ。
でも、気になったことがあったので初めて質問しました。
一番前に座っていたので、あんまり他の人のことを気にせず緊張せず話せました。

総評は、いつもの上田さんではなく、日福の木全先生でした。
2012/02/12 10:33:06
つながりはつながりでも、もつれたつながりというのもある。その場合は、ほどいて離してもう一度つなぎ直す必要がある。経験からも、なるほどと思った。

正直、これから総評は木全先生でいいんじゃないかと思いました。上田さんも悪くはないんですが。
って何様だ。って感じだけど。

最後の皿井先生の話は、
メインテーマ 『 愛光園の新たな歩み 〜今こそ共に〜 』
共に生きると言ってるわりには、Kさんとかアルファベットで、本人写真が載ってるのに匿名で紹介している発表があって、なんだと怒っておられました。
本名を出してる発表もあったので、バラバラなんですね。
僕もそれは何となく感じてたので、的を射てるなあと思いました。
2012/02/11 17:45:48
自閉症は、自己免疫疾患発言は衝撃的だったなぁ。詳しく知りたいな。

これもっと知りたいです。間違ってたらかなりやばい発言だけど、研究が進んでるんですかね。

あとは、
2012/02/11 18:10:57
なんかたくさんの人に話しかけられて、「はじめまして」なのか「お久しぶりです」なのかドキドキしちゃったな。

ワークの人になぜかやたらと話しかけられました。(笑)もうあまり関係してないんですが。
廣瀬先生にもお声掛けもらいました。
全然、僕には関係なかったことで、もしかして。と謝っておられたので、恐縮過ぎました。
あんなに恐縮することってあるんだなってくらい恐縮しました。
2012/02/11 18:24:24
来月はそんなにないだろうと思ってても、いろんな講演会や交流会のお誘いがあるなぁ。身体さえ持てばいいよな。

2012/02/11 20:40:37
知的障害のある方の「結婚したい」という目標の発表に対しての、あの会場の失笑みたいなのはなんだろう。知的障害のある結婚って実際あるし、笑うことでもないと思うけど。

2012/02/12 11:33:59
ひかりのさとファームの自然食レストランって、くるみ?昔よりメニューが豪華になってるなぁ。

 
 

障害者の就労支援に取り組む社会福祉法人プロップ・ステーション(神戸市、竹中ナミ理事長)は日清製粉などと組んで、パティシエ(菓子職人)を目指す知的障害者らに技術指導する講座を開く。6月から11月まで神戸市、岡山市、愛知県一宮市の3都市で同時開講する。http://blog.goo.ne.jp/goemon-1555/e/c50d3c95a958b06597e55ed714c74e9e


何年か前に全然別のところで、知的障がい者をヘルパーにするという取り組みもあって、
それもどうなのかと疑問があったけど、
今回の記事のパティシエも疑問があるなぁ。

要は、適材適所、持続可能な職種・仕事なのかどうかということ。
やってみないと分からないという点では、何でもやってみればいいとは思うけど、

ヘルパーもマニュアル通り介助していればいいというわけでもないし、
パティシエも結構、頭を使わないと無理だと思うんだよね。

新しい春が来た♪
http://link-aikouen.blogspot.com/2011/04/blog-post.html


お披露目会には呼ばれなかったので、(あとで、すみませんでした。と言われた。(笑))
個人的に行ってきました。
近所だし、歩いて行ける距離です。旧愛光園の跡地です。

共和西小学校横の新しい道を通りつつ・・・



この辺も宅地造成で、すっかり様変わりでよく分からん道路構成です。
着くまでに迷いました。


ケアホーム「くらら」入り口です。
なんということでしょう(←ビフォーアフター風に)ゆったりと、そして、ぜいたくにスロープがとってあります。


共用スペース部分のみの見学ということで、世話人さんに案内してもらいました。
居間。テレビは、ビエラです。


木の香りがします。国産だそうです。天井部分はむき出しで、木の複雑な部分を掃除するのが難しいとのこと。


廊下から浴槽部分までリフトがあります。


お風呂です。広いです。すりガラスだけど、影とか見えるから工夫しないととおっしゃっていました。



そして、同じ敷地内の障がい者就職トレーニングセンターへ。駐車場にベンツが停めてあるのを横目で見つつ、
中では、グループ長さんが説明して下さいました。
ここは、生活の場ではなく、あくまでここでトレーニングを積んで就職を目指して巣立っていくものなので、
良い意味で、居心地の良い空間にはしていないとのこと。
確かに、プレハブ小屋といった感じでした。
障害3種を対象にしているが、今は、知的だけなようでした。

そんな感じで、約1時間の見学が有意義に終了しました。
近くに、新しい公園ができていたのは、少し気になりました。


しかし、そろそろ携帯で写真撮るのは限界があるかな・・・。
快晴だったんだけど、なんかきれいじゃないっすね。
新しいiPhone発売されたらそれにするつもりなんだけどね。デジカメは意地でも買わない主義で。


就トレに見学者
http://farm01.exblog.jp/14709913/

当事者が主役、高いクオリティーを実現する 「中華茶房うんぷう」
愛知県 社会福祉法人 むそうhttp://www.wam.go.jp/ca30/shuroshien/detail/c05/201002_02/201002_02.html

初めてとよいちに行ったとき、途中で連れてってもらったなあ。
また行きたいな。
てか、ラーメン食べたい。

興味ある人いたら連絡下さい。

↑このページのトップヘ