春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:社会福祉法人

障害者の就労支援に取り組む社会福祉法人プロップ・ステーション(神戸市、竹中ナミ理事長)は日清製粉などと組んで、パティシエ(菓子職人)を目指す知的障害者らに技術指導する講座を開く。6月から11月まで神戸市、岡山市、愛知県一宮市の3都市で同時開講する。http://blog.goo.ne.jp/goemon-1555/e/c50d3c95a958b06597e55ed714c74e9e


何年か前に全然別のところで、知的障がい者をヘルパーにするという取り組みもあって、
それもどうなのかと疑問があったけど、
今回の記事のパティシエも疑問があるなぁ。

要は、適材適所、持続可能な職種・仕事なのかどうかということ。
やってみないと分からないという点では、何でもやってみればいいとは思うけど、

ヘルパーもマニュアル通り介助していればいいというわけでもないし、
パティシエも結構、頭を使わないと無理だと思うんだよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新しい春が来た♪
http://link-aikouen.blogspot.com/2011/04/blog-post.html


お披露目会には呼ばれなかったので、(あとで、すみませんでした。と言われた。(笑))
個人的に行ってきました。
近所だし、歩いて行ける距離です。旧愛光園の跡地です。

共和西小学校横の新しい道を通りつつ・・・



この辺も宅地造成で、すっかり様変わりでよく分からん道路構成です。
着くまでに迷いました。


ケアホーム「くらら」入り口です。
なんということでしょう(←ビフォーアフター風に)ゆったりと、そして、ぜいたくにスロープがとってあります。


共用スペース部分のみの見学ということで、世話人さんに案内してもらいました。
居間。テレビは、ビエラです。


木の香りがします。国産だそうです。天井部分はむき出しで、木の複雑な部分を掃除するのが難しいとのこと。


廊下から浴槽部分までリフトがあります。


お風呂です。広いです。すりガラスだけど、影とか見えるから工夫しないととおっしゃっていました。



そして、同じ敷地内の障がい者就職トレーニングセンターへ。駐車場にベンツが停めてあるのを横目で見つつ、
中では、グループ長さんが説明して下さいました。
ここは、生活の場ではなく、あくまでここでトレーニングを積んで就職を目指して巣立っていくものなので、
良い意味で、居心地の良い空間にはしていないとのこと。
確かに、プレハブ小屋といった感じでした。
障害3種を対象にしているが、今は、知的だけなようでした。

そんな感じで、約1時間の見学が有意義に終了しました。
近くに、新しい公園ができていたのは、少し気になりました。


しかし、そろそろ携帯で写真撮るのは限界があるかな・・・。
快晴だったんだけど、なんかきれいじゃないっすね。
新しいiPhone発売されたらそれにするつもりなんだけどね。デジカメは意地でも買わない主義で。


就トレに見学者
http://farm01.exblog.jp/14709913/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当事者が主役、高いクオリティーを実現する 「中華茶房うんぷう」
愛知県 社会福祉法人 むそうhttp://www.wam.go.jp/ca30/shuroshien/detail/c05/201002_02/201002_02.html

初めてとよいちに行ったとき、途中で連れてってもらったなあ。
また行きたいな。
てか、ラーメン食べたい。

興味ある人いたら連絡下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の後援名義について。

先日、いろいろな方からのアドバイスを受けて後援依頼書を作成、提出しました。



本日、おかげさまで正式受理されました。

正式名称が、



社会福祉法人 美浜町社会福祉協議会



ということも知りました。

社協というのは、社会福祉法人なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ