春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:福岡伸一

今をクヨクヨすることはないんじゃないですか。
無駄な抵抗はやめよう、ということです。
長い目で見て、ぼちぼちやろうよ。
英語で言えば”Take it easy”(福岡伸一)

「聞き上手」になるのではなく、
ただただ聞く意識を持つ(糸井重里)

「存在するものは合理的である」(ヘーゲル)
存在するからには、必ず何か理由があって存在しているということですね。
たとえばライブドアにしても、いろんな意見を言われつつ巨大になり、
そのあと紆余曲折を経て、結局は落ち着くところに落ち着きましたよね。
つまり、最後までつぶれなかったわけですから、
やはりお客様にとって必要な商品やサービスを
きちんと提供できていたんだということになるわけです。(池上彰)
25歳の補習授業―学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

25歳の補習授業―学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと

ブログの内容が変な方向に行ってしまいそうだったので、
ちょっと軌道修正。
本の紹介は、もう1年に1回でいいかななんて思っていたのですが、
新年早々、いい本に巡り合いました。

僕は、25歳と言っても、就職したり大学にいたりと、
どこかの組織に属しているわけでもないし、
一般的な25歳とは、異なる生活をしていると思うので、
大して参考にならないだろうと思っていました。

でも、違いました。
何となく、悩んでいたこと、思っていたことが簡単に書いてありました。
こうすればいいんだよ。こういう気持ちになってればいいんだよ。という楽な感じで。
ベストセラーになってもいいと思うんだけどなぁ。
ちなみに、何歳が読んでもOKだと思います。

作者は違うけど、13歳のハローワーク
クチコミを見る
に近いものがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ