移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:福祉

愛知県内で初の民間による重度心身障害児入所施設が一宮市に開設されることが決まった。こうした施設の人口当たりの病床数が愛知は都道府県別で最低だが、県は、この施設への支援や県施設の新設・改築などで、2015年度までに現在の382床から630床に増やす計画。急ピッチでワースト脱却を目指す。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20131015134250056

今週、このニュースを読んで、もやもや感があった。そして、だんだん絶望感を感じてきている。
新聞記事の書き方も、いいことのように書いている。

入所施設がいいはずがないと思っている。
それは、歴史や福祉を少しかじれば分かるはずだ。

あくまで推測だが、重度心身障害児だから、どこかの親御さんとかが要望を出したんだろう。
実現したということは、議員さんとかも巻き込んでいるのかもしれない。
そこまでの経緯は分からないが、何か深い事情や思いがあるのか。
本人たちは、言葉を出せないから悲しい。
本当に子どものためになるのか?

障害児は 障害者になるから、また新しい施設がそのうちできるだろう。
大規模施設で、いいケアができるのか?
これがベストな解決策なのか?
時代に逆行しないのか?


心底がっかりした。そして、無力さを感じた。
医療的ケアが必要な私から見れば、私でさえ将来的にこういう施設にぶち込まれる可能性が出てきたということだ。ないとは思うけど、全くないとは言い切れなくなった。
最近の医療的ケアの状況については、正直、絶望していたけど、もっと深い闇に入っていくようだ。

あと、こういうことされると、逆に考えれば、一部の人は「家族介護」を今よりもっと否定してくるだろう。

以下、参考資料です。



16日に大村秀章・愛知県知事の定例記者会見がありました。主なやりとりは次の通りです。

 新たな重症心身障害者施設の整備についてです。

 本県では重症心身障害者が利用できる施設は、他の類似府県に比べ少なく、身近な地域で医療や療育などお支援が受けられる態勢づくりが喫緊の課題です。

 一方、本県での現在の4施設すべてが国公立により設置となっていますが、全国的には、重症心身障害者施設の約半数は民間設置となっております。

 こうした状況をふまえ、幅広く県内外の211法人に施設整備に対する協力要請と意向調査を行った結果、県内で初めての民間による重症心身障害者施設の整備が進められることになりました。

 ――重症心身障害者施設の整備を進めるということですが、県内でまだ空白の地域で今後も整備を検討するのですか。

 そういうことですね。

 ――整備に民間参入を促すために、どんなことを考えていますか。

 整備で課題になるのが用地の確保です。県有地や市町村の公有地を活用しながら、意欲のある医療法人、社会福祉法人と相談したい。医師や看護師、福祉の専門職らマンパワーの確保が一番のハードルになる。

 そこを法人に何とかクリアしてもらい、我々行政がしっかりバックアップして、引き続き整備を進めたい。県有地はそれほど高くないが、個々の施設整備、経営の状況について(地代の)減免措置はいくらでもできる。個別にご相談したい。

 ――重症心身障害児施設の人口あたりの定員数は、愛知県は全都道府県で今年は最下位です。これは何年も続いていたのですか。

 さかのぼったら、ずっとだと思う。

 ――これまでなぜ改善できなかったのですか。

 もともと国立病院の名古屋、豊橋のところにあったのに加えて、県が名古屋市につくって、春日井にどかんとつくった。「(民間でなく)県がやる」との意識があったのは事実。春日井が老朽化するなか、巨額のお金もかかり、新築、改築に踏み切れなかったというところはあった。平成23年度に国の基金を確保できたので進んだ。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1310162400007.html


新たな重症心身障害児施設(医療型障害児入所施設)の整備を進めます
http://www.pref.aichi.jp/0000065633.html






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

全部読んでいるわけでもなく、理解しているわけでもないですが、
私が気に入ってるというか、よく書いたな。あっぱれ。と思ってる部分です。
太字は、私の判断です。

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

(指定障害福祉サービス事業者及び指定障害者支援施設等の設置者の責務)
第四十二条  指定障害福祉サービス事業者及び指定障害者支援施設等の設置者(以下「指定事業者等」という。)は、障害者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者等の意思決定の支援に配慮するとともに、市町村、公共職業安定所その他の職業リハビリテーションの措置を実施する機関、教育機関その他の関係機関との緊密な連携を図りつつ、障害福祉サービスを当該障害者等の意向、適性、障害の特性その他の事情に応じ、常に障害者等の立場に立って効果的に行うように努めなければならない。

2  指定事業者等は、その提供する障害福祉サービスの質の評価を行うことその他の措置を講ずることにより、障害福祉サービスの質の向上に努めなければならない。

3  指定事業者等は、障害者等の人格を尊重するとともに、この法律又はこの法律に基づく命令を遵守し、障害者等のため忠実にその職務を遂行しなければならない。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO123.html


ここに書いてあるからといって、何かがすぐ具体的にどうなるってこともないんでしょうが、
皆々様におかれましては、覚えておいてほしい文ではあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013/5/15追記
「笑う介護士」こと袖山社長、強姦で逮捕も処分保留で釈放

でもニュースによると、合意の上で。と本人が言っていることと結婚していることが妙に気にはなります。
法律上はあれだけどあれなのか。


警視庁高輪署は24日までに、強姦(ごうかん)容疑で名古屋市熱田区の介護関連会社「笑う介護士」代表取締役社長・袖山(そでやま)卓也容疑者(41)を逮捕した。
カリスマ「笑う介護士」強姦容疑 「介護の話したい」と女性の部屋へ
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130425-OHT1T00034.htm

うちの地方では結構有名な人で、新聞やテレビにもよく出ていた。
一度、講演の案内があったので行こうかと思ったけど、都合が合わず行けずじまいだった。
そんなこともあってか、驚いた。

一報を読んだときは、くだらないことで捕まったな。と思ったが、
詳しいニュースを読んでいくにつれ、この人、完全に終わってるわ。と思った。

度が超えている。
盗撮、窃盗、セクハラ、詐欺、金銭トラブル、交通事故・違反、、、
そんなものの域を超えている。

「笑う介護士」強姦逮捕!被害女性「泣いても大声出しても指噛んでもダメでした」
すべてが真実ではないのかもしれないが、これはもう言い逃れできない。。

この記事を読んで、正直、虫唾が走った。
ファンもたくさんいただろうし、この被害女性も始めはそうだったのだろう。
すべてを裏切っていった。

僕は、高齢者福祉の人という認識だったので、それほど興味があるというわけでもなかった。
この人の話は、大して聞いていなかったが、
これで、この人は、技術一辺倒で、心の無い人間だったんだな。と思った。

僕は、はっきり言って、福祉の世界から退場してほしいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください


すごくざっくり書きます。

ある利用しているヘルパー事業所(僕は、複数あります)の責任者の人と話していて、
たんの吸引ができる新しいヘルパーをこれまでやってきたように、通院先で直接指導してもらって、
僕(利用者)とヘルパーの1対1で書面を交わして利用したい(違法性阻却)と言っていたら、
これからは4月からの法改正に合わせて、研修(たぶん不特定の人への)を受けた人でないと派遣しないように事業所で解釈して決めたと言われた。

しかし実は前から聞いていたが、その研修がくせ者で、研修時間も長く、受講料も高いらしい。
よって、春田さんのたんの吸引してもいいけど、その研修をしている時間もお金もないという人がいるとのこと。

最初に書いた今までの違法性阻却は、あと2年か3年だったか忘れたけど、OKになっている。
その後どうなるかはっきりしたことは決まってないそうだが、この不特定の研修受けないと駄目ですよとなった場合、
多くの人が困るだろうという現状なので、予想としては延長になるか何らかの新しいことが出るかもしれないと言われてはいる。あくまで予想。

よって事業所が、現時点で、研修受けたい人は受ければいいし、違法性阻却でもやっていきましょう。と解釈してくれればいいのだが。
一応、駄目もとで再考してくれるようお願いはしといた。

いい方向にいけばいいが、さらに悪い方向にいっている状況。
今までグレーだった事柄を白にしようとした結果、余計に使いづらくなってしまったシステム。

利用していないいくつかの事業所にも問い合わせてもらったが、「医療的ケアは、やらない」とのこと。

主に移動支援が困るので、仕事として、春田さんのたん吸引含めたヘルパーやってもいいですよ。という人がいたら自薦にチャレンジしてみてもいいかなと思わなくもない。

乙訓「喀痰吸引等 第3号研修」を終えて… : JUNOのひとり言

≪ヘルパー憲章≫
1982年  日本ホームヘルパー協会

1  私たちホームヘルパーは、常に社会福祉に携わる者としての誇りをもって仕事に
  あたります。

1  私たちホームヘルパーは、常に愛情と熱意をもって利用者の自立を助け、家庭の
  維持と発展を援助します。

1  私たちホームヘルパーは、利用者の尊厳を守り、常に利用者の立場に立ちながら
  仕事にあたり、利用世帯や地域住民から信頼されるホームヘルパーになります。

1  私たちホームヘルパーは、常に服装や言語に気をつけ、笑顔を忘れず、仕事上で
  知り得た他人の秘密は口外しないことを約束します。

1  私たちホームヘルパーは、常に研鑽に努め、在宅福祉の第一線にある者として、
  自ら資質向上に努めます。

最終用語改正:2002年
http://nihonhelper.sharepoint.com/Pages/sitemap.aspx

利用者だけでなく、利用世帯、さらに地域住民にまで言及しているのは意外。
最近、一人暮らしならともかく、家族と同居をしている場合、家族にもたぶんに気を配らなくてはいけないということをしみじみ思っている。

それで、この憲章が全く正しいとは思わないが、
全部きちんと守れている人というのは意外と少ない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日からアンビシャスのスタッフの評価表をつけている。客観的に冷静につけようとするが難しい。書いていると自分はどうなのかとどんどん追いつめられてくる。何が良いか、何が良くないのか、本当のことは神しかわからないのではないだろうか。でもつけなければならない。
http://osanai-michiko.jp/blog/2013/02/08/367.html

僕、つけろと言われたら、自分がケアを受けているヘルパーに関してなら、つけられるな。
利用者諸先輩方と比べたらまだまだだと思うし、何を持ってして「いいヘルパー」なのかは人それぞれな気もするけど。
いい点、悪い点を箇条書きや事例なんかも入れつつ書けと言われたら書けますね。

いろんなヘルパーや支援を見ていると、自分の中で何かしら養われるものはあるように思います。

前に冗談で、Amazonみたいにヘルパーのレビューでも書いてみましょうか。と言ったら、
怖くて見られないから止めてください。と言われたけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



はい!
てことで、行ってきました。ウェルフェア。
ポートメッセなごやまで家から車で20分くらいで行けちゃうんです。

前に行ったのは、たぶん10年くらい前。それ以来、一度も行ったことがありません。
散々、最近は良くない、良くない。といろんな人から聞かされていたので、期待値はかなり低めに設定。

そのせいか割とストレスフリーに見れました。
45分くらいで、ざっと一通り見ましたよ。

一番驚いたのが、これ。



日本の福祉を根底から覆す。
今までの常識を打ち破るイノベーション。

「陸上自衛隊の野外炊具1号」そして、トラック。

いやぁ、画期的な商品でした。非売品みたいですが。

ネタじゃないよ。マジであったんだから。
なんか関係ないのが、結構あったよ。韓国エステとか、ソフトバンクのポケットWi-Fiとか。

まぁ、共に生きるってことで、いいんじゃないでしょうか・・・・。

まじめな福祉機器・用具で言うならば、「ああ、知ってますよ」っていうのが多かったかな。
特に、自分の人生が劇的に変わるようなことは感じませんでした。

アンテナは立ててたつもりだけど、ふーん。って感じで。

ツイッターで知り合った(@m_m2725)さんにお会いする予定でしたが、時間が合わず会えませんでした。残念。

てか、親に連れてってもらって、現地では自由行動で一人で見てたんですけど、
最後の方、群集の中の孤独っていうか、ぼっち感が強くなってきて、やばい。と思いました。

あれ、俺、友達いなかったっけ。あれ・・・みんな複数で来てるよ。汗。みたいな。

ただ、重心のお子さんの家族がちらほらいたのは意外でした。いいですね。
今回は行けるかどうか分からなかったので、数日前に行くことが正式決定したけど、
大した目的がないのなら、こういうのは友達とか仲間とかパートナーとかと、適当にしゃべりながら見た方が楽しいかもね。

去年と違って、お出かけ運はわりと介助者がスムーズに見つかっていいのですが、
人気運がどうなんだろみたいな今日この頃です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

★下記に掲載されている内容については

(無断転載自由・無断引用自由・無断転送自由・無断拡散自由・無断ツイート自由・
無断リツイート自由)

です。

http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/shinsai


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内


★新着(順不同)
(ここには、昨日送信した際には含まれていなかったもののみ掲載してあります)
(「★新着」の後ろには新着分も含めたすべてが項目別に掲載されています)

・(つなぐプロジェクト)
「つなぐプロジェクト」よびかけ文
http://tsunagu-pj.blogspot.com/

・(毎日新聞)
支える・栃木から:東日本大震災 発達障害児と一緒に避難所生活を送る家庭…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000067-mailo-l09

・(東京新聞)
【福島原発事故】20〜30キロの入所高齢者移送 施設の障害者も、厚労省
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2011031902100042.html

・(医療介護CBニュース)
被災で入院の重度障害者、生活支援利用可に−厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000010-cbn-soci

・(朝日新聞)
「災害弱者」の病人や高齢者 衣食住と心のケア不可欠
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170198.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:障害者にストレス 岩手・宮古の施設、トラブルや自傷行為も
http://mainichi.jp/select/science/news/20110318dde041040030000c.html

・(朝日新聞)
ガソリン不足、弱者支援を直撃 訪問介護、回数減る
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201103160479.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:県警、全盲78歳女性救助 4日間何も食べず−−南相馬 /福島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000105-mailo-l07

・(毎日新聞)
《東日本大震災》福島原発事故や計画停電情報などを日本手話でネット放送−−16日から…
http://mainichi.jp/universalon/report/news/20110317mog00m040011000c.html

・(朝日新聞)
福島・南相馬市で全盲の78歳女性を救助
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160237.html

・(朝日新聞)
計画停電、長期化に不安 難病患者、人工呼吸器が命綱
http://mytown.asahi.com/areanews/chiba/TKY201103150435.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:被災者受け入れ進む 県、内陸市町村に要請 /岩手
◇「音や点字で情報を」 陸前高田・視覚障害の熊谷さん、仲間の安否を気遣い
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110316ddlk03040013000c.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:視覚障害者、地震当日の体験語る /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000012-mailo-l14

・(産経新聞)
都内の救急搬送106件 ALS患者が停電で重症 東日本大震災
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000683-san-soci

・(河北新報)
在宅の障害者生活困難に 仙台
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110320t15001.htm

・(岐阜新聞)
灯油で温まって 県知的障害者支援協が福島の施設へ送る
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110320/201103200857_13334.shtml

・(朝日新聞)
被災した高校・特別支援学校生、都立校で受け入れ
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170327.html

・(カナロコ)
要援護者の受け入れ、県内400施設が計1150人可能と厚労省に回答/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103190020/


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内

★ 目次

・現地から
・報道
・行政
・障害者・福祉・医療等関係団体・機関
・障害者・福祉・医療等関係学会
・災害等対策資料・手引き・マニュアルなど
・医療・看護・健康・医療的ケア・子育て
・心のケア
・ボランティア
・生活
・お役立ち情報・資料・ツールなど
・その他

(一部は重複した項目に掲載されています)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

障害の受容とは,自己の身体障害を日常生活との関係で客観的かつ現実的に認め,心のなかにわだかまりのなくなることである。これは身体的,心理的,社会的な三つの側面から考えられる。


┌─────────────────────────────┐
│                             │
│ ┌─┐   ┌─┐   ┌─┐   ┌─┐   ┌─┐ │
│ │ │   │ │   │ │   │ │   │ │ │
│ │シ│ → │回│ → │混│ → │適│ → │適│ │
│ │ョ│   │復│   │乱│   │応│   │ │ │
│ │ッ│   │へ│ ← │と│ ← │へ│   │ │ │
│ │ク│   │の│   │苦│   │の│   │応│ │
│ │ │   │期│   │悩│ ← │努│ ← │ │ │
│ │ │   │待│   │ │   │力│   │ │ │
│ │ │   │ │   │ │   │ │   │ │ │
│ └─┘   └─┘   └─┘   └─┘   └─┘ │
│                             │
│  ├─────┤                    │
│    急性期   機能回復訓練期            │
│        ├───────────┤        │
│               慢性期           │
│        ├─────────────────┤  │
│                             │
└─────────────────────────────┘
図 障害過程の受容
http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00105/_kamoku/fukusin/sinsyo_juyo.htm


障害の受容については、いろんな学者先生が述べていると思うし、それぞれ思うことはあると思います。
僕は、特別な専門教育を受けたわけでもないんですが、
まぁ、障害がある者として、ざっくり書いてみたいと思います。

誤解をしている場合もあるかと思うので、訂正があればお願いします。

上記の図は、おそらく一般的に用いられる図だと思います。
矢印が、一方向にだけでなく、進んだり戻ったりして「適応」に向かうものと考えられます。

しかし最近、経験上思うのは、
もう「適応」していたと思っていたのに、いきなり、なにかのきっかけによって「混乱と苦悩」だったり「ショック」に移行する場合もあるような気がするのです。
一つずつ戻るのではなく、いきなり「ショック」とか。

今まで経験したことのない事例や問題に直面するとそうなります。

それでまた、ゆっくり適応に進んでいきます。

その場合、急性期とか慢性期は、あまり関係なくなる。

また、これは障害を持った人だけの問題かと言うと、そうでもないような気がするのです。
一般の人にも当てはまるかもしれませんし、
その社会や地域、支援者、家族など、周りの環境によっても、図での動きは変わってくるように思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前々から気がついていたし、知っていたことだが、

たとえば、今、健常者として普通に暮らしていたとしても、
いつか(それは明日からかもしれない)障害者、
障害を持つことになる可能性が誰にでもある。ということに、あらためて気づかされた。

それは、年を老いたことによってかもしれないし、
事故に遭ったからかもしれないし、
過度なストレスによるものかもしれないし、

先天性のものを除けば、可能性は十二分にある。

みんなが、そういう自覚を持って生きていれば、もっと福祉は良くなると
昨日会った人の話と今日機関紙を読んで思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ