春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:綾瀬はるか

ただ、月が変わっただけのような。引き続いてる感がかなり自分の中である。悪い意味で。
そのせいか、表向きのブログは大晦日で止まって新年のことも書けていないし、(書けなんてルールはどこにも存在していないが、ほぼ毎年書いていた)
Facebookも写真を少し投稿しただけ。
しかしもう2016年も半月も経ってしまった。
1月からのドラマで、久々の島谷ひとみ主題歌ということもあり、
愛おしくて|NHK ドラマ10を観ているがどうも合わないなと思い、
島谷ひとみが出るわけでもないので途中まで観て止めようと思った。
しかし地元放送局制作ということもあり、島谷ひとみがライブで来てくれないかと淡い期待はしている。



もう1本、 綾瀬はるかということで、金曜ドラマ『わたしを離さないで』|TBSテレビも観た。
いつものコメディーと違って久々のシリアス物。「白夜行」を思い出させる。
冷たい表情の演技にゾクッとさせられた。もしかするとこの人、本物の女優かもしれない。
どちらのドラマも暗くて憂うつになるのは事実である。
どちらもファンとして関係していなかったら絶対観ていないであろう。
最終回まで観れたとしても、救いがないまま終わっていくであろうことが目に見えている。





それとは引き換えに、年末年始に一挙放送していたドラマ「女くどき飯」は面白かった。
あんなオシャンティーな店が実際にあることに驚きだが、階段が多い店が目についたことも事実なのであった。



しかし最近、つくづく思うのだ。なぜか分からないが、綾瀬はるかがすごい好きになるときがある。
それは波のようにやってくる。
無心で動画、テレビ、写真を観ていることがある。
実際にああいう感じの人がいたら、混乱するかほっこりするかどちらかだと思うが。
年末にグラドル時代のずっと探していた一枚の切り抜き写真をヤフオクで見つけた。
その写真は、高校生くらいのときにキャンビーというアイドル写真サイトで(いつの間にか閉鎖)観ていたお気に入りの一枚だ。
閉鎖以来(もしかすると僕の知らないところでやってるかもしれないが)注意深くしてはいたが見つけたことはなかった。
それが何年かのときを経て、いつもは全く見ないヤフオクで見つけたのだ。
これを運命と言えようか。
ただこんなものを落札してもなと少しは思ったものの、1人の競争者も現れることもなく、
そのまま落札できた。どうやら入札者も何度か出品していたようである。
僕はたくさんの物に囲まれることが好きではないが、(ミニマリストではない)
収集心があると思う。
品が違うだけで、下着を収集する変質者と本質的には変わらないのではないだろうかと思うことさえある。
とまあ、こんなことを表立ったブログで書けることはなく、春頃にはTwitterの文字数制限も撤廃されるということで、Twitterの延長線上のこのブログも必要なくなるのかもしれない。
これが2016年の挨拶。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20:07 http://ameblo.jp/evo49masa/entry-10577910672.html
なんちゅう、かわいさなんだ・・・。

18:39 雨後の筍のように書籍PDF化サービスが出始めているな。

17:02 アップルのビデオは、全部同じオッサンが出てくるな。彼が全製品、仕切ってるのか。

16:38 バランス(中庸)が大切なことになんでみんな気づかないんだろう。

16:28 @millreef1984 宮崎出身の知り合いがいる程度で、縁もゆかりもないのですが、ほっとけない精神で、クリック募金同様やらせてもらってます。 [in reply to millreef1984]

16:09 .@dff_ClickBokin つぶやくことで無料で1円を募金できます。「宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金」にご協力ください。【ケータイ可】
http://www.dff.jp/ct/twit/dnt/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

TBS 日曜劇場「JIN -仁-」

http://www.tbs.co.jp/jin2009/



久しぶりに面白いドラマに出会ったので観ている。

はっきり言って、毒にも薬にも何の役にも立たないのですが、

観ています。



最近、妙にテレビ番組、雑誌、本、小説に対して、意味を強く求めるというか、

何でも吸収して人生に活かそう。

肥やしにしようなんて態度で臨みがちなのだが、

たまにはそうじゃなくてもいいんじゃないかと思う。



忙しくて、優先事項が山のようにあったら、そういうことをしている暇はないのかもしれないけど、



何の役にも立たないものの必要性ってあると思う。

ただ面白いから、観てて気持ちいいから観るってだけで。



そういった意味では、今度から始まる「ライアーゲーム」も楽しみ。



前言っていた「チャレンジド」は、結局、第2話で止めてた。

世界観についていけなかったんだと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ドラマ「白夜行」の深夜の再放送を録画して観ているのですが、

ぼくうみの主役の大塚ちひろさんが普通に出てて、多少驚いています。



主人公・雪穂(綾瀬はるか)の友達というか同級生と言うか、

終盤はひどいことされるのですが……。



オンエア時は、特に興味無かったんですけど、

白夜行は、重いっすね。



原作も読みました。

原作とドラマは主人公の捉え方・アプローチ方法が違うのですが。



何と言うか、東野圭吾ってすごいな。と。

僕が高校生の頃は、ぱっとしない、ごくごく普通の作家という認識だったんだけど。



ただ単に、重い話っていうだけでなくて、

主人公たちは悪いんだけど、妙に悲しいというか。

悪いけど悲しい、悲しいけど悪いということを上手く描いています。



でも、僕の結論はやっぱ悪いですよ。孔明的な悪女ですよ。



しかし、女性って小さい部分として、こういうのあるんじゃないですかね。

人が知らないところで、自分を優位に持っていくというか。



いずれにしても、綾瀬はるかと共演してる大塚ちひろは案外すごいということで。

白夜行 (集英社文庫)



白夜行 完全版 DVD-BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ICHI  スタンダード・エディション [DVD]ICHI スタンダード・エディション [DVD]
出演:綾瀬はるか
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2009-04-03
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


観たんですけど、何の琴線に触れることもない映画で、

何だったのだろう。という気持ちになってしまいました。



基本的な勧善懲悪ものと言えば、そうなんですけど。

ICHIは目が見えないから、そのことによって何か気づかされたわけでもなく。

そこのところ、ちょっと期待していたんですけど。



単なるアイドル映画かね。うーん。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

無題


このブログではなく、torahouse [トラハウス] http://trhs.cc/の方のアクセス解析なのですが、

特に触れて無いはずなのに、どうして島谷ひとみと綾瀬は―で検索されているのでしょうか。

それが分からずにいる。

どこかにページ残してたっけ。



確かに、まあ、何と言うか、

島谷ひとみと綾瀬はるかは、申し訳ないけど、めちゃくちゃ好きです。

はい。



もうちょっと、ぼくうみ関係で検索が来るとうれしいのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おすすめ度 ★★★☆☆



連続ドラマって、久しぶりに観た。

原作は知らない。

「結婚できない男」の阿部寛をイメージしていたので、

恋愛に話が流れていって、ちょっと残念。

もっと干物女の生態というか、そういうものを全面に出してほしかった。

素敵女子と言われる三枝優華(国仲涼子)との生活の違いとか、干物女であることが、同僚にばれるばれないっていう展開とか。



でも、高野部長(藤木直人)との掛け合いは面白かった。

今までに無い、綾瀬はるかの演技も見れて良かったし。



主題の恋愛に関しては、ありえないというか、

中学生ですか。。。みたいな。

あんな人いないだろうな。



原作があるから、それに沿った形なのかな。

どんな感じか読んでみたいなと思っていたけど、思いっきり少女漫画じゃないっすか……。

ホタルノヒカリ



ホタルノヒカリ DVD-BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ